>> RAWCOM限定パソコン販売中

4K動画編集におすすめのパソコン!快適作業ができる必要なスペックとは?

4K動画編集

最近ではiPhoneでも4K動画を撮影できるようになりました。簡単に動画を編集したいけど、今使っているパソコンは古くて固まってしまう、カクカクするという悩みもあるでしょう。

今回はそんな人に「4K動画編集に必要なスペックとおすすめのパソコン」を解説したいと思います。リアルタイムで4K動画編集をしようと思うと、パソコンにはかなり負荷がかかります。そうなると高性能なパソコンを選ぶ必要が出てきますが、パソコンは高い買い物です。

性能に妥協してしまったがために後悔・・・というようなことがないように慎重に決断をしてくださいね。

4K動画編集に必要なスペック

4Kのようなきれいな映像で動画編集ができるようになったのは、割と最近のことです。一眼レフやミラーレスカメラだけでなく、スマホも4Kの時代ですから技術の進化ってすごいですよね。となると、パソコンも最新のものを選ぶ必要が出てきます。フルHDの4倍とも言われる解像度に対応するのですから当然といえば当然ですね。

今後も技術の進化は止まらないはずなので、ここで紹介するのは「なんとか編集できる」ではなく「快適に編集できる」スペックです。現時点で快適であれば、数年先もそれなりに現役で使える可能性が高いからです。

おすすめのスペック
  • CPUはCore i7
  • メモリは16GB以上
  • グラボはGTX1070Ti以上
  • ストレージはSSD + HDD

動画をつないだり、エフェクトをかけたり、テロップを入れたりと、動画で編集したいことは無限にあります。それらを快適にするには、このスペックと同等クラスは必要になるでしょう。

これ以上を求めると、予算が跳ね上がるので現実的ではなくなってきます。予算のために我慢やストレス覚悟で使うのもあまりおすすめしたくないので、着地点はやはりこの性能になってくると思います。どうしても予算的にこの構成が厳しいという人は「動画編集におすすめのパソコン」を参考にしてください。

CPUはCore i7がおすすめ

4K動画が快適になるかはCPUにかかっていると言っても過言ではありません。デスクトップ型でもノートタイプでも4コア以上のCPUを選択しましょう。第8世代と呼ばれるインテルのCPUなら条件を満たすので心配要りません。気になるのであれば「最新CPUのスコア」を記事にしていますので参考にしてください。

妥協ができるほど4K動画編集は甘くないので「Core i7」一択になります。他のパーツよりも優先して高性能なものをチョイスしましょう。

メモリは16GB以上でサクサク編集

4K動画対応のグラフィック機能を備えているだけでは、編集は快適になりません。メモリは最低でも16GB以上のメモリが搭載されているパソコンを選びましょう。なんなら32GBでも良いくらいです。もちろんデュアルチャンネル対応の高速なメモリーにしておくのが良いです。

後から増設すると相性問題が発生することもあるので、購入時に増やしておくのがおすすめです。

グラボはGTX1070Ti以上を推奨

グラフィックボードは、動画の表示を滑らかにしたり、動画の処理をスムーズにしてくれる働きをしてくれます。貧弱なグラボだとプレビューでさえ、画像表示が追いつかなかったり、止まってしまうことも考えられます。

パソコンショップの店員さんに聞いても「4K動画編集をするならGTX1060じゃ足りません」と言われましたし、僕も同意見です。4K動画をリアルタイムで編集するにはGeforce GTX1070Ti以上を選びましょう。

注意

動画編集ソフトによっては対応していない物もあるので、注意が必要です。使いたい動画編集ソフトの推奨スペックを必ず確認するようにしましょう。

ストレージはデュアルストレージ構成に!

大量のデータを扱う動画編集では、データの移行の速度も重要になります。メインのストレージがSSDになっていれば、パソコンがサクサク動いてくれます。特に爆速のM.2 SSDがおすすめです。

常時扱うソフトやすぐに処理したいデータはSSDに入れて、保管用にHDDを選ぶのがスマートです。

余裕があればディスプレイにもこだわろう!

余談ですが、予算が許すのであれば液晶ディスプレイにもこだわったほうが良いでしょう。色再現に優れたディスプレイは正確な編集に不可欠ですし、4Kに対応したモデルなら作業スペースも確保できます。

小さな画面で編集していると気づかないことや、見落としてしまうことも多くなってしまいます。せっかく見てもらうための動画を作るなら、美しい色を忠実に再現できるディスプレイで作業をした方が良いです。いつかは必要になるので頭の片隅にでもおいておいてください。

動画編集におすすめのパソコン

それではここからは、条件を満たしたおすすめのパソコンを紹介していこうと思います。ノートパソコンを検討されている方は「動画編集におすすめのノートPC」をご覧ください。

DAIV-DGZ530M1-SH5

CPU Core i7-9700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070 (8GB)
ストレージ 480GB SSD + 2TB HDD

「Core i7-9700K」と「GeFroce RTX2070」を搭載した、DAIVのDGZ530シリーズです。動画編集ソフトはそれなりに重たいですが、4K編集もサクサクの高性能デスクトップパソコンです。レンダリングの大幅な時間短縮に、新しい技術のすさまじさを感じずにはいられませんでした。


DAIV-DGZ530S3-SH2-RAW

daiv dgz500

CPU Core i7-9700K
メモリ 32GB
グラボ GeForce GTX 1070Ti (8GB)
ストレージ 240GB SSD + 2TB HDD

第9世代CPU+GTX1070Tiによる処理能力の高さが魅力の1台。RAW現像や動画のレンダリングといった負荷のかかる作業も快適にこなすことができます。高速なカードリーダーと、フロントからアプローチが可能な3.5インチHDD用リムーバブルケースも搭載されておりデータの取り扱いが容易にできます。


ドスパラ ガレリア XV キャンペーンモデル

CPU Core i7-8700K
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1070 Ti(8GB)
ストレージ 720GB SSD + 2TB HDD

ドスパラの大人気モデルで、頻繁にセールやキャンペーンの対象になっています。チェックした時にはCPUとSSDがアップグレードされていました。メモリが少ないので追加してあげる必要はありますが、GTX1070Tiも搭載されいるこの構成で16万円台(税別)は爆安です。


パソコン工房 SENSE-R037-i7K-TXR

パソコン工房 SENSE

CPU Core i7-8700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1070Ti (8GB)
ストレージ 120GB SSD + 2TB HDD

パソコン工房のSENSEもクリエイターにはおすすめです。メインストレージが少ないのは気になりますが、それ以外のパーツ構成はパーフェクトです。税別で17万円台というのはかなり頑張っていると思います。


まとめ

・4K動画編集するなら構成に妥協はするな
・ハイスペックなパソコンは多用途で使えて長寿命!

いかがでしたか?4K動画編集に必要なスペックをおさえることはできましたか?

4K動画編集は一般用途でもかなりハイレベルになりますので、どうしても高性能なパソコンが必要になってしまいます。性能に妥協してしまったばっかりに「やりたかったことが快適にできない」というのは本末転倒です。決して安い買い物ではないので、慎重に検討してくださいね。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。

関連記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】