>> RAWCOM限定パソコン販売中

Core i7-8750H搭載!写真編集やRAW現像におすすめのノートパソコンは?

Core i7-8750H

パソコンパーツの中でも最も重要なのが「CPU」です。

写真編集RAW現像といった、クリエイター向けの作業はCPU負荷が高いのでできるだけ性能の良いパーツを選択しましょう。

今回はノートパソコン用に開発された、Intel製第8世代CPUの「Core i7-8750Hが搭載された、おすすめのパソコン」を紹介していきたいと思います。

第8世代「Core i7-8750H」の性能(スコア)は?

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-8700K 15846 3.7GHz(4.7GHz) 6コア12スレッド 95W
Core i7-8700 15171 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i7-8750H 12573 2.2GHz(4.1GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i5-8500 12075 3.0GHz(4.1GHz) 6コア6スレッド 65W
Core i5-8400 11745 2.8GHz(4.0GHz) 6コア6スレッド 45W

ノートパソコンには一昔前まで「Core i7-7700HQ」が使われていました。そんなCPUも第8世代の「Core i7-8750H」になり、デスクトップと同等の6コア12スレッドになりました。それだけでもかなり高性能化したことがわかります。

ノート用のCPUは「小型化」はもちろん「排熱」「消費電力」など様々な問題をクリアしなければなりません。これまでずっと4コアのCPUしかなかったことを思うと、相当難しかったことが想像できます。

6コアになった「Core i7-8750H」は正に待望のCPUだというわけです。写真・動画編集だけでなく、ゲームや様々な用途への扉を開いたCPUと言っても過言ではないでしょう。

パーツの選び方については「パソコン・スペックの選び方」という記事でも解説しているので参考にして下さい。

Core i7-8750Hがおすすめな人

こんな人におすすめ
  • 高性能なノートパソコンが欲しい人
  • 写真編集(RAW現像)をがっつりしたい人
  • デスクトップ並みの性能を持ち歩きたい人

ちなみに、少しでもお得に高性能なCPU搭載パソコンを手に入れたいなら、キャンペーンを狙ってみるのも手です。>BTOパソコンショップのキャンペーン・セール情報まとめ

Core i7-8750H搭載のおすすめPC

DAIV-NG5510M1-S5

daiv ng5510 写真

CPU Core i7-8750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1050 (4GB)
ストレージ 512GB M.2 SSD

DAIVのノートパソコンが一新されてスタイリッシュなベゼルレスになりました。ベゼルレス仕様のおかげで作業に集中できる上、コンパクトで軽量になったのも見逃せません。sRGB比換算で約102%に相当する高品質なディスプレイも搭載しており、忠実な色を見ながら作品作りをすることができます。


DAIV-NG5800U1-M2SH5

daiv_ng5800 写真

CPU Core i7-8750H
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 2060 (6GB)
ストレージ 512GB M.2 SSD + 2TB HDD

GeForce RTX2060を搭載しグラフィック性能を高めたノートパソコンです。RTX2060なら比較的重たいデータを処理することが可能なので、ライトな4K動画編集や、重たいゲームも快適に処理ができます。メモリ容量も多いので大量の処理をするクリエイターも安心ですね。


フロンティア XNシリーズ(台数限定)

フロンティア XNシリーズ 写真

CPU Core i7-8750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1060(6GB)
ストレージ 500GB NVMe M.2 SSD

ノートパソコンでCPUとグラフィック性能が高い物を探そうと思うと、どうしても価格が上がってしまいますがXNシリーズは税別15万円を切っています。台数限定のモデルとは言え、狙ってみる価値はあるのではないでしょうか。(構成や価格は記事執筆時の物ですのでご注意ください)


Lenovo Legion Y530

レノボ Y530

CPU Core i7-8750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1050Ti(4GB)
ストレージ 256GB SSD + 1TB HDD

GTX1050Tiを搭載し、Core i7、16GBメモリ、SSD搭載と構成が完璧な1台です。ベゼルが狭く、薄いボディは実際よりもコンパクトな印象をもたせます。黒を基調としたデザインも万人受けするでしょう。CPUとGPUを個別に冷却するデュアルチャンネルサーマルシステムによりパフォーマンスの低下を防いでいるのもポイントです。


パソコン工房 SENSE-15QX094-i7-RNRVI

パソコン工房 sense

CPU Core i7-8750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1060 (6GB)
ストレージ 250GB M.2 SSD + 1TB HDD

SENSEのノートパソコンも4K液晶を搭載。15.6型なのでモバイル性を優先させたい方におすすめ!パーツ構成がまとまっており、税別で20万円を切る価格も魅力に感じる人は多いはず。イラスト・画像・動画編集と多用途に使っていけるパソコンです。


ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF

ドスパラ ガレリア GCF1050TNF

CPU Core i7-8750H
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1050Ti (4GB)
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

グラフィック性能はそれほど必要ないから、コストを下げたいという人におすすめなのがGCF1050TNFです。静止画編集に充分なスペックで、税別15万円を切ってきますのでコスパ重視の方にもおすすめです。17.3型ディスプレイで迫力のある映像も楽しめます!


ドスパラ GALLERIA GCF1060GF

CPU Core i7-8750H
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1060 (6GB)
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

GCF1060GF最大の特徴は、リフレッシュレート120Hzで映像を滑らかに見れる点です。残念ながら4Kではありませんが、動画編集やゲームをメインに考えている人にはポイントになるはずです。人気モデルに間違いありませんが、メモリがやや少ないので補ってあげると良いでしょう。


まとめ

・Core i7-8750Hはデスクトップ並みの性能が魅力!
・Core i7-8750Hではじめて6コアになった!

いかがでしたか?Core i7-8750Hの魅力が伝わったでしょうか?もし他のCPUが気になるのであれば「RAW現像・写真編集におすすめのCPUは?」という記事でチェックしてください。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてくださいね。