>> RAWCOM限定パソコン販売中!

【比較記事】デスクトップとノートPCのCPUの性能の違いとは?

CPU対決!デスク vs ノート

パソコンを検討している人の中には「デクストップかノートパソコンどちらにしようかな?」と考えている人も多いでしょう。両者は様々な点で比較する必要があります。特にCPUはパーツの中でも要といっても良いくらい大切です。

そこでデスクトップ用のCPUである「Core i7-9700」と、ノートパソコン用の「Core i7-9750H」を比較して、スコアや処理能力にどれくらい差があるのか比較したいと思います。

※2020年2月「Core i7-8750H→Core i7-9750H」「Core i7-8700→Core i7-9700K」へと修正いたしました。

マウスコンピューター/G-Tune

デスクトップとノートパソコンのCPUの違いをチェック

デスクトップとノートだと、使用目的がちょっと変わってきます。自宅に据え置きで使うデスクトップは、処理能力を優先して性能を引き上げることができます物理的にも余裕があるので拡張性が高いのも魅力です。

一方のノートパソコンは、モバイルを想定しているので「バッテリー」「サイズ」「重量」「排熱」など様々な問題に取り組まなければなりません。必ずどこかで制限にかかりやすくなってしまうので、バランスを見極めなながら開発をされています。

これらの特徴は、CPUの特徴を見ても理解できます。

CPUの比較表

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-9700K 17696 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
Core i7-8700 15171 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i7-9750H 13740 2.6GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-8750H 12573 2.2GHz(4.1GHz) 6コア12スレッド 45W

スコアというのが処理能力を数値であらわしたものになります。この表ではPASSMARKが公開しているスコアを掲載しています。

デスクトップ用のCore i7-9700Kのスコアは「17696」で、ノート用のCore i7-9750Hは「13740」です。比較するとデスクトップCPUのほうが約30%高性能ということがわかります。

ちなみに今回のテストでは用意できなかったのですが、Core i7-9700のスコアは15989です。CPUの末に「K」の有無があるかどうかで10%程性能差があります。

クロック数を見てみると、デスクトップCPUのほうが全体的に高くなっています。消費電力やサイズのことを考えなくてはならないノートPCに比べて、純粋に性能を突き詰められるという点ではデスクトップほうが有利です。

ここで「ノートパソコンのCPUはダメ」だと早合点はしないでください。むしろ様々な課題をクリアしてこの数値に収まっているのはすごいことです。

実際の使い心地をふくめて、この後テストしていきます。

比較するパソコンのスペック

比較するパソコンは、マウスコンピューターが展開するクリエイターモデルの「DAIV」です。随所で性能の違いはありますが、デスクとノートを完全に同じ環境でテストするのは困難なので仕方がありません。

どちらのパソコンもハイスペックと呼ぶのにふさわしい性能になっています。実際に両方とも使ってみましたが、それぞれに感動のあるパソコンでした。詳細はレビューでご確認ください。

名前 DAIV-DGZ530 DAIV-5N
写真 daiv dgz520 DAIV ng5810
タイプ デスクトップ ノートパソコン
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-9700K Core i7-9750H
グラフィックス GeForce RTX 2060(6GB)
メモリ 16GB
SSD 256GB 512GB
HDD 2TB
チップセット インテルZ390 チップセット (ATX) インテルHM370 チップセット
レビュー 詳しく見る 詳しく見る

この表を見てもピンとこないという人は参考記事をご覧ください。パーツのお話がざっと理解できるかと思います。

ベンチマークソフトで比較

ここからはベンチマークソフトを使って、CPUの性能を掘り下げて見ていきます。

CPU-Zでスコアをチェック

ベンチマークソフトのCPU-Zを使ってスコアを出してみた結果です。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 cpuz Core i7-9700K
Core i7-9700K

DAIV NG5520 cpuz Core i7-9750H スコア
Core i7-9750H

  シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-9700K 566.0 4326.4
Core i7-9750H 503.0 3431.8

デスクトップCPUがシングルスレッドで約12%、マルチスレッドでは約26%高いスコアになっています。CPUの性能は掛け算的なところがあるので、実際に使ってみるともっと大きな差を感じる可能性はあります。

CINEBENCHによるスコア

CINEBENCHを使ってテストしてみます。ここではDAIV 5P(ノート)のスコアを掲載していますのでご了承下さい。結果は以下の通りです。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 cinebench rtx2060
Core i7-9700K

DAIV NG5520 cinebench Core i7-9750H gtx1650
Core i7-9750H

Core i7-9700K 1493
Core i7-9750H 1133

Core i7-9700Kが「1493」で、Core i7-9750Hが「1133」となりました。デスクトップCPUのほうが30%ほど高性能です。

参考までに従来製品のCore i7-8700が1405、Core i7-8750Hが1151です。

処理能力の差を比較!

ベンチマークソフトでは、CPUの性能を数値化して見ることができますが「実際に使ってどうなの?」ということが見えてきません。ここからは「RAW現像」と「動画編集」にかかった時間を計測しながら、使い心地を見ていきます。

RAWの一括変換にかかる時間は?

RawTherapeeというソフトを使って、約150枚(5GB)のRAWデータを一括返変換した時間を計測しました。JPEG品質は90%、高画質での変換です。

Core i7-9700K Core i7-9750H
4分53秒  5分44秒

その差は約1分で、大量のデータを扱う人には無視できない差なのではないでしょうか。毎日RAW現像をするような人なら、この積み重ねが大きな時間を生み出すか、浪費に繋がるか?明暗を分けそうです。

もちろんノートパソコンはモバイルも可能ですし、液晶一体型で場所をとらないというメリットもあるので、天秤にかけるのは処理能力だけではありません。ノートPCの処理能力は、十分に妥協できるラインだと判断する人もいるはずです。僕はどちらかと言えばそっち派ですね。

動画のレンダリングにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはDAIVが推奨パソコンを販売しているResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間を計測します。データ容量は3.67GBです。

書き出しの条件は以下の通り。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

CPU Core i7-9700K Core i7-9750H
時間 4分46秒  5分14秒

動画のレンダリングは、CPU性能だけではなくGPU(グラボ)の性能にも影響されます。今回はRTX2060という同じグラボを使っていますが、ノートのほうが若干性能が落ちる点は加味しなくてはいけません。

5分の動画を作成する場合、デスクトップなら約30秒の短縮化につながります。と言っても、個人的には目くじらをたてるほどの差には思えないんですよね。

ノート用CPUはボトルネックに注意

両者を比較している時に感じたのですが、ノートパソコンの場合は熱にも注意しなければなりません。あまり高熱になってしまうとパソコンは本来の性能を発揮できないからです。

ノートパソコンはボトルネック(熱やサイズ)に足を引っ張られるケースは少なからず発生することを覚えておきましょう。特に長時間継続して作業するような人は、注意が必要だと思います。

まとめ

・デスクトップ用CPUのほうが安定して性能を発揮できる
・ノート用CPUは様々な課題をクリアしないとならない
・ノートパソコンも十分な処理能力を有している!

今回の比較テストの内容では「デスクトップ用のCPUがおすすめ」というような結果になりました。排熱や電力などの条件をクリアできれば、ガンガン性能があげれるデスクトップはやはり有利ですね。安定して負荷のかかる処理もこなしてくれるでしょう。

僕個人としては、メインでノートパソコンを使っていますし、ブログを書いたり、写真を現像したり、簡単な動画を作る分には充分です。むしろ技術の凝縮感を感じるノートパソコンが大好きです(笑)

もし悩まれている人がいれば、参考になれば幸いです。

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

比較したパソコン

DAIV-DGZ530

daiv dgz500

CPU Core i7-9700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060 (6GB)
ストレージ 256GB SSD + 2TB HDD

DAIV 5N

daiv ng7510

CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060 (6GB)
ストレージ 512GB  SSD

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】