>> RAWCOM限定パソコン販売中

RAW現像・写真編集におすすめのCPUは?【選び方・スコア】

CPUの選び方

パソコンの最も大切なパーツであるCPU。しかし型番を見ても「なんのことかわからない」という人も決して少なくないはず。

そこで、できるだけ簡単にCPUの説明をした後で「写真編集やRAW現像で選ぶべきCPU」をスコアも掲載しつつ、おすすめの搭載パソコンも書いていこうと思います。

CPUの役割は?

CPUとは「Central Processing Unit」の略で、日本語にすると「中央処理装置」となります。たくさんの集積回路からできているパーツで、演算を担当しています。命令系統や全体の動作を管理するパーツでもあるので、人間だと「頭脳」に例えられることもあります。

最近のCPUはどんどん高性能化しており、他のパーツが担っていた仕事もこなすようになってきています。映像や動画の再生を滑らかにしてくれる、グラフィックを内臓しているものが増え、そういう意味ではますます重要になってきているパーツでもあります。

しかしながらCPU単体で快適な動作をさせるまでには至っていないのが現状です。専用のグラフィックボードを搭載しているモデルを選ぶことをおすすめします。

参考)グラボの選び方(ベンチマーク)

 

写真の編集作業においてはCPU負荷がかかります。全ての処理の大元と言っても大げさではないので、予算が許せば少し余裕をもって高性能なものを選んでおくのがおすすめです。

CPUメーカーは「Intel」と「AMD」

CPUの2大メーカーは「Intel」と「AMD」です。

シェア率もIntelが圧倒的に多いので、ほとんどの人がIntel製のCPUから選択することになるでしょう。「おすすめのBTOショップ」で紹介しているようなパソコンメーカーも。ほとんどがIntel製のCPUを搭載して販売しています。つまり違いをウンウン言うまでもなく「AMDを選ぶチャンスがほとんどない」という現状です。

では「AMDのCPUが悪いのか?」ということは全くありません。ちなみに僕の自作PCはAMD製です。主力は「Ryzenシリーズ」と呼ばれ、コア数が多く、Intel製のCPUよりもグラフィック性能が高いのが魅力です。しかも比較的安いので、激安PCを組む場合には良い選択になるという訳です。

とは言え、残念ながらクリエイターモデルのパソコンを見ても、AMD製のCPUは少ないので、ここからはIntel製のCPUを中心に話を進めていきたいと思います。

・IntelとAMDのCPU比較テストをしてみました

CPUのスペックはこうやって決まる!

※やや専門的になるので、おすすめPCが見たい人は飛ばし読み推奨。

MEMO
  • 動作周波数(クロック)
  • コア(スレッド)数

動作周波数(クロック)

動作周波数(クロック)は「GHz」の単位で表され、処理の回数を表しています。クロック数が高いほど処理能力が高くなるので、高負荷な写真編集には高性能なCPUが向いています

クロックは通常時と高負荷時で変化します。たとえばCore i5-8400だと、定格は2.8GHz、オーバーブースト時には4.0GHzまで上昇します。(4.0GHzだと1秒間に40億回の処理が可能)必要な時には処理能力をあげて、負荷がかかっていない時は省エネでパソコンを動かしてくれているんですね。

バッテリー寿命が大切なノートPCだと「定格クロックは小さいけど高負荷時はデスクトップ並」ということもあります。このことからわかるように、重視すべきはオーバーブースト時のクロックです。

コア(スレッド)数

コア数は、平行して処理を進められる能力だと思ってください。多ければ多いほど、平行してたくさんの処理を行えるので、結果的に処理が早く終わります。動作周波数が同じでも、コア数が多いほうがより高性能というわけです。

引っ越しで例えるなら、荷物が負荷量、人がコア、両手がスレッドです。1人でやるよりも4人でやったほうが、当然早く引っ越しが終わりますよね。

動画編集や書き出しといった作業にはとても有力で、高性能なCPUは助けになってくれるでしょう。ただ、コア数が多ければ良いというわけでもなく、マルチ(複数)コアの処理に対応していないソフトは高速化できないので注意が必要です。

CPUの型番の数字の意味は?

Intel製のCPUだと「Core i○」という数字で表されています。数字が大きくなるほど高性能なCPUで、Core i3< Core i5<Core i7となります。さらに「Core i5-8400」「Core i5-8500」と続き、こちらも数字が大きい方が高性能になります。

そして末尾に「サフィックス」と呼ばれる、アルファベット一文字が付いている場合があります。これは「ノートPC用のCPUですよ」「高性能ですよ」「省電力ですよ」という意味を持っています。

サフィックスの意味
  • X:超高性能
  • K:オーバークロック対応
  • H:モバイル用
  • HQ:モバイルクアッドコア
  • HK:モバイル用でOC対応
  • T or U:省電力

実際に見かけるのはオーバークロックができる「K」や、モバイルの「H」などだと思います。覚える必要はありませんが、気になった時に確認しれもらえれば幸いです。

RAW現像はIntelの最新世代CPUを選ぼう!

CPUには世代があって、2018年現在ですと第7世代「Kaby Lake」か、第8世代「Coffee Lake」から選ぶことになります。当然ながら後から発売されたCPUのほうが高性能です。

※追記)第9世代のCPUが発売されました!

新世代の傾向と特徴
  • コア数が増えて、より効率よく処理を行えるようになる
  • 高負荷(オーバーブースト)時の、クロックが上がる

良いことづくめですね(笑)

Intel製CPU

写真編集用にはやっぱり高性能な「Core i7」搭載のパソコンがおすすめです。一般用途であれば「Core i5」でも充分かもしれませんが、自分のレベルアップとともに物足りなく感じる可能性も高いからです。

Core i3を搭載しているパソコンは少なく、性能的にも魅力的ではないので省かせてもらいました。逆に超高性能なCore i9も一般的ではないので除外しています。

CPUスコア

Intel製デスクトップCPUの性能

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-9700K 17696 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
Core i7-8086K 17131 4.0GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 95W
Core i7-8700K 15846 3.7GHz(4.7GHz) 6コア12スレッド 95W
Core i7-8700 15171 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i7-9750H 13740 2.6GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-8750H 12573 2.2GHz(4.1GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i5-9600K 14444 3.7GHz(4.6GHz) 6コア6スレッド 95W
Core i5-9400F 12256 2.9GHz(4.1GHz) 6コア6スレッド 65W
Core i5-8500 12075 3.0GHz(4.1GHz) 6コア6スレッド 65W
Core i5-8400 11745 2.8GHz(4.0GHz) 6コア6スレッド 45W

・【CPU比較】デスクトップとノートの性能差はどれくらい?

Intel製モバイル(ノートPC)CPUの性能

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-9750H 13740 2.6GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-8750H 12573 2.2GHz(4.1GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i5-9300H 9673 2.4GHz(4.1GHz) 4コア8スレッド 45W
Core i5-8300H
9488 2.3GHz(4.0GHz) 4コア8スレッド 45W
Core i7-8565U
8932 1.8GHz(4.6GHz) 4コア8スレッド 15W
Core i7-7700HQ 8798 2.8GHz(3.8GHz) 4コア8スレッド 45W
Core i5-8265UC 8016 1.6GHz(3.9GHz) 4コア8スレッド 15W
Core i5-8250U 7677 1.6GHz(3.4GHz) 4コア8スレッド 15W

 

AMD製CPU

AMDのCPUは、Ryzenの第2世代が発売され、電力効率や、性能の高さから注目を集めています。最大で8コア16スレッドというコア数の多さが売りで、動画エンコードにも有利です。

CPUスコア

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 7 3700X
23907 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 3600 20036 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 65W
Ryzen 7 2700X 16918 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 7 2700 15096 3.2GHz(4.1GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 7 1700 13745 3.0GHz(3.7GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 2600X 14475 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 95W
Ryzen 5 2600 13541 3.4GHz(3.9GHz) 6コア12スレッド 65W

「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

注意

掲載されたスコアはPASS MARK社が開示しているデータであり、性能を約束するものではございません。

インテルCPU搭載のおすすめPC

DAIV-DGZ530S4-M2SH2

daiv dgz500

CPU Core i7-9700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060 (6GB)
ストレージ 256GB NVMe M.2 SSD + 2TB HDD

もともとはデジタルカメラグランプリ金賞モデルの後継機で、DAIVの中でもトップクラスの人気モデルです。CPUはCore i7で、グラフィックには人気のGTX1060が搭載されています。これだけのパフォーマンスがあれば、RAW現像や、動画編集、最新ゲーム、イラスト、などなどあらゆる用途で快適に使えます。価格のバランスもよく、ラインナップやカスタマイズも豊富なので「欲しかった1台」が見つかりやすいのもポイントです。


ドスパラ ガレリア XF

CPU Core i7-9700K
メモリ 8GB
グラボ GeForce RTX 2070(8GB)
ストレージ 500GB SSD + 2TB HDD

フロンティア GRシリーズ

フロンティア GR

CPU Core i7-8700
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070(8GB)
ストレージ 250GB NVMe M.2 SSD +1TB HDD

Core i7とRTX2070という安定の組み合わせで、データを快適に処理してくれます。しかも水冷CPUクーラーが搭載されているので、冷却性、静音性に優れているのもポイントが高いです。このモデル以外にもフロンティアでは頻繁にセールが開催されているので、ぜひチェックしてみてください!


AMD CPU搭載のおすすめPC

G-Tune LITTLEGEAR a340GA3

LITTLEGEAR a340PA1 公式

CPU AMD Ryzen 7 2700
メモリ 8GB
グラボ GeForce RTX 2070 (8GB)
ストレージ 240GB SSD + 1TB HDD

パソコン工房 SENSE-M0B3-R72X-QZS

CPU Ryzen 7 2700X
メモリ 32GB
グラボ Quadro P2000 (5GB)
ストレージ 240GB SSD

CPUにはトップクラスの性能を誇る「Ryzen 7 2700X」、プロの現場を意識したグラフィックQuadro搭載されています。メモリも32GBなので、あらゆる作業をサクサクにこなすことができます。大容量のHDDを追加して使いたいです。


マウスコンピューター LUV MACHINES AG350S4D-SH2

CPU Ryzen 5 2600
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1060 (3GB)
ストレージ 240GB SSD + 1TB HDD

マウスコンピューターの一般向けモデルの中にも掘り出し物があります。6コア12スレッドの高性能なCPUと、GTX1060の組み合わせでバランス良く仕上がっています。


最後に

いかがでしたか?CPUのことが少し理解してもらえたでしょうか?

CPUはRAW現像や、写真・動画編集だけでなく、全ての動作に関連する大切なパーツですので慎重に選んで欲しいと思います。またパーツ構成でも予算がとられるパーツなので、賢い選択をしてくださいね。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。

関連記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】