>> RAWCOM限定パソコン販売中!

GeForce MX250の性能とおすすめのノートパソコン。写真編集や動画に耐えられるスペックなのか?

GeForce MX250 おすすめ ノートパソコン

GeForce MX250は、ノートパソコンのグラフィック性能を高めるためのパーツです。

CPU内蔵グラフィックは、写真編集(RAW現像)やイラスト、動画編集といったクリエイティブな作業には心許ないです。そこでGeForce MX250のような専用グラフィックが必要になるのですが、実際どれくらいの作業ができるのかは気になるところですよね。

実際にRAW現像動画編集といったクリエイティブな作業から、ゲームまでテストしてみましたので紹介します。カジュアルな使い方なら満足できるグラフィック性能は備えていますが、人によっては選ばないほうが良い場合もあると感じました。

そこで「MX250搭載のおすすめのノートパソコン」と一緒に、注意点なんかも書いて見たいと思います。

マウスコンピューター/G-Tune

GeForce MX250の性能比較

GeForce GTX1060 (6GB) 7836
GeForce GTX1050Ti (4GB) 5939
GeForce GTX1050 (2GB) 4440
GeForce MX250(2GB)
2635
GeForce MX150(2GB) 2208

※PassMark社が公開しているスコアを掲載

旧シリーズのMX150と比較すると、1割ほど高性能化しているのがスコアからわかります。

GeForce MX250は、いわゆる高性能なノートパソコンに採用されているケースが多いです。予算で言えば10万円強といったところでしょうか。

MX250を搭載することで映像系の処理をサポートできます。例えば、プロジェクターを使ったプレゼンでカクカクしなくなったり、ゲームを快適にプレイできたりといったことに期待がもてます。とは言え、性能はそこまで高くないので過度な期待は禁物です。

結論から言うと、GeForce MX250は静止画編集用途(写真編集、RAW現像、イラスト)としては充分な性能があります。動画編集やネットゲームのプレイに関しては冷静に見極めが必要だと感じます。

写真やイラストを趣味で楽しんでいる人、出先でちょこちょこっとデータを触りたい人とは相性が良いと思います。日常的に大量のデータを扱う人、高画素フルサイズ機をお使いの人、4K動画編集、最新のゲームをプレイしたいと考えているなら避けたほうが無難です。少なくとも、より高い性能をもったグラフィックを選択しましょう。

ゲーム性能

MX250搭載のノートパソコンは、カジュアルな使い方にぴったりです。フルHDクラスの軽量なゲームだと比較的快適に動作します。タイトルによっては多少のもたつきを感じるものの、設定さえ落とせば何とか遊べるかなといった印象です。外出時にサクッとゲームを遊びたい人からすると、魅力的に映るでしょう。

STYLE-15FX062-i7-KSX DQ10
ドラゴンクエストXの場合は、前モデルのMX150で最高品質にしても「普通」という結果が出ています。MX250は1割ほど高性能化しているのでもちろん快適にプレイできます。

 

DAIV-NG5300S1-S2 FF15 FHD MX250
FF15のような重量級タイトルは厳しめ。解像度を1280×720に下げて、画質も落とせば「普通」になるのでプレイ自体は可能なはず。

 

総合的にはゲームを快適にプレイするには役不足という印象です。ドラクエ10やLOLなど比較的軽量なものなら良いですが、ゲーム自体が目的なのであれば他の高性能なグラフィックがおすすめです。

動画編集は可能?

動画編集を試みましたが、快適とは言えませんでした。短いカットをつないで、1-2分くらいの簡単な動画に仕上げるなら問題ないかもしれません。効果を当てたりといった、こだわった動画は諦めたほうが良いです。

一眼レフで撮影した4Kデータはそもそもリアルタイムで動作しません。仕方なくフルHDに一度変換して編集を試しましたが、もたつきを感じます。一連の動作に関してもストレスを感じることが多いと思ったので、僕なら動画編集目的でMX250を選ぶことはしません。

GeForce MX250がおすすめな人

こんな人におすすめ
  • RAW現像初心者の方
  • 価格重視の方
  • 動画編集は考えてない方
  • ドラクエ10など軽めのゲームがしたい方
  • スタイリッシュなノートPCが欲しい方

GeForce MX250に関して「もう少し詳しく知りたい」と言う人は、以下のレビュー記事を参考にしてください。

>MX250搭載!DAIV-NG5300シリーズをレビュー

MX250搭載のおすすめノートパソコン

DAIV 5D

DAIV ng5300

CPU Core i5-9400~Core i7-9700
メモリ 16~32GB
グラボ GeForce MX250 (2GB)

MX250を搭載したパソコンでイチオシなのが、DAIV 5Dシリーズです。ノートなのにデスクトップCPUを採用し、処理能力が抜群に高いです。しかもNTSC比 約94%(参考値 Adobe RGB比換算 約98%)に相当するディスプレイを採用。よりリアルな色で編集を楽しめます。写真用ならコレというくらいマッチする製品です。


ドスパラ ガレリアGWL250YF

ドスパラ ガレリア GWL250YL

CPU Core i5-8265U
メモリ 8GB
グラボ GeForce MX250 (2GB)
ストレージ 256GB NVMe SSD

アルミ合金製のフラットな外観、ベゼルレス仕様のモバイル性にも優れた14型ノートパソコンです。厚さが16mmを切っており、カバンにすっと収納できるのも嬉しいポイントです。実売価格が税別8万円台なので、学生さんやサブパソコンにもおすすめ。


DAIV 4N

DAIV ng4300

CPU Core i7-10510U
メモリ 16GB
グラボ GeForce MX250 (2GB)
ストレージ 256GB NVMe SSD

ナローベゼル採用の14型ノートパソコンです。最大の特徴は軽いということで、わずか1.13Kgしかありません。バッテリー駆動時間も、約12時間と長く、USB PD対応のためType-Cポートからの給電も可能。パワーよりもモバイル性を重視する方におすすめです。


パソコン工房 SOLUTION-15FXM25-i7-MLX

パソコン工房,SOLUTION-15FXM25-i7-MLX

CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce MX250 (2GB)
ストレージ 500GB NVMe SSD

CPUにCore i7-9750Hを搭載したパフォーマンスモデル。15型フルHDのディスプレイと、MX250が使い勝手の良いパソコンに仕上がっている。税別9万円台からの低価格でビジネスシーンでも大活躍してくれるはず!


まとめ

・GeForce MX250はモバイル性能の高さが魅力!
・より高度で専門的な処理には力不足なので注意が必要

MX250を搭載したモデルが市場に出回ってきているのは個人的に歓迎です。ちょっとしたグラフィック性能のおかげで、用途がグンと広がるからです。しかも省電力なのでバッテリーのもちも良く、より長く使えるというのは魅力的。

MX250はサポート的な意味合いが強いので、処理能力を優先したい場合は別のモデルを選ぶ様にしましょう。

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

おすすめのノートパソコン