>> RAWCOM限定パソコン販売中

AMD製Ryzen搭載のおすすめパソコンは?写真・動画編集向けの1台を探せ

Ryzen 搭載 おすすめパソコン

インテルと人気を二分するCPUメーカー!それが「AMD」です。そんなAMDから「Ryzen」という新しいCPUが登場したことで話題をさらっています。インテル製のCPUが搭載されたパソコンよりも圧倒的に数が少ないので「このまま消えてしまうのかな」と思ったりもしましたが、決してそんなことはありません!

個人的には自作パソコンにAMDのCPUを搭載していますし、コスパの良さからも選んで損はないCPUだと思っています。

そんなAMD製の「Ryzen5、Ryzen7を搭載したおすすめのパソコン」を紹介していきたいと思います。

AMD製CPU「Ryzen」とは?

第2世代に入ったAMD Ryzen Threadripper(ライゼン・スレッドリッパー)は、最大32コア/64スレッドという驚異的なCPUです。コア数の多さはクリエイト作業にとっては、パフォーマンスを左右するくらい重要なのでAMD製のCPUは「RAW現像や動画編集にぴったり」というわけです。

またCPUとGPUを1つのチップに統合した「APU」のおかげで、グラフィック性能が高いのも魅力的です。おまけに性能の割には比較的安いので、パソコンを少しでも安く買いたい人にもおすすめです。

Ryzenの性能(スコア)は?

それでは実際に数字を見ながら、CPUの性能を見ていきましょう。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 7 3700X
23907 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 3600 20036 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 65W
Ryzen 7 2700X 16918 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 7 2700 15096 3.2GHz(4.1GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 7 1700 13745 3.0GHz(3.7GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 2600X 14475 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 95W
Ryzen 5 2600 13541 3.4GHz(3.9GHz) 6コア12スレッド 65W

コア数はソフト側が対応しているかも重要なので、多ければ良いというものでもありません。むしろ8コアを動かすような動作をする人は稀かもしれません。それでもおすすめしたいのは、動画のエンコードなどではやはりコア数が多い方が有利だからです。

Ryzen搭載のおすすめPC

mouse AG400X2N-M2S5

CPU AMD Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1660Ti (6GB)
ストレージ 512GB M.2 SSD

Intel製CPUの上位クラスCore i9-9900Kに匹敵するとまで言われている、Ryzen 7 3700Xを搭載。マルチコアで効率的にデータを処理します。グラフィックにGTX1660Tiを採用しているので、フルHDクラスの画質なら難なく扱えます。これで税別12万円台は破格でしょう。


フロンティア GAシリーズ(台数限定)

フロンティア GAシリーズ 写真

CPU Ryzen 9 3900X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070SUPER(8GB)
ストレージ 1TB NVMe M.2 SSD + 2TB HDD

フロンティアの台数限定セールには、超絶パフォーマンスの1台があります。物理コアが2桁台で、12コア24スレッドという暴力的な処理能力を有しています。グラフィックもRTX2070SUPERですから、4K動画編集などにも使えます。爆速の1TB SSDなども搭載されて、税別20万円を切る価格で販売されています。


G-Tune NEXTGEAR-MICRO am560SA1

G-Tune

CPU AMD Ryzen 5 3600X
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1660 (6GB)
ストレージ 512GB M.2SSD

CPUには第3世代のRyzen 5 3600Xを搭載しています。グラフィックもミドルクラスのGTX1660が搭載されているのでパフォーマンスも良好。この構成で税別10万円を切るという安さが光るモデルです。できるだけ手ごろにゲームや編集作業などに使えるパソコンが欲しい人や、サブマシンやカスタムベースにもおすすめです。


G-Tune LITTLEGEAR a340GA4

LITTLEGEAR a340PA1 公式

CPU AMD Ryzen 7 2700
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060 (6GB)
ストレージ 256GB M.2 SSD + 1TB HDD

CPUには8コア16スレッドのRyzen 7 2700、グラフィックにはRTX2060が搭載という本格的なゲーミングマシンです。動画のレンダリングや、最新ゲームなど幅広く使っていけます。これだけ高性能で税別109,800というのはお買い得です。そろそろ終了する気配も感じますので、検討はお早めに。


パソコン工房 SENSE-R0X5-R93X-QZA

CPU Ryzen 9 3900X
16GB
グラボ Quadro P2000 (5GB)
ストレージ 480GB SSD + 2TB HDD

グラフィックにプロフェッショナル向けのQuadroを搭載しています。CPUには最高峰のRyzen 9 3900Xが搭載されていますし、メモリも16GBと充分です。毎日パソコンと向き合ってクリエイト作業をする人におすすめしたいPCです。


ドスパラ ガレリア AXG

ドスパラ ガレリア

CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2080SUPER(8GB)
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD

グラフィック性能を求めたい人には、RTX2080 SUPERが搭載されたガレリアAXGがおすすめ。3Dゲームを高設定で遊びたい人や、日常的に重たい動画データを扱う人に最適な1台になっています。


まとめ

・Ryzenは高性能なCPUで選ぶ価値がある!
・激安モデルが多いのでパソコンを安く買いたい人におすすめ!
・動画編集にはコア数の多いRyzenが有利!

いかがでしたか?Ryzenの魅力が少しでも伝わったでしょうか?

高性能な割に「え?これでいいの?」と思うくらい安いモデルもあるので、穴場のパソコンとして覚えておいても損はないはずです。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてくださいね。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】