>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Core i5-11400HとCore i7-10750Hを性能比較!写真・動画編集にはどっちがおすすめ?

Core i5-11400H,Core i7-10750H,比較,写真編集,RAW現像,おすすめ,どっち,性能,ベンチマーク

インテル第11世代CPUが登場!従来世代とどれくらい進化したのかチェックします。

今回の比較対象は「Core 5-11400H」「Core i7-10750H」で、ベンチマークやRAW現像、動画編集にどれくらいのちがいが生まれるのかを比較していきます。

それではどうぞ!

Core i5-11400H vs Core i7-10750H

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

注意

当記事で掲載されたスコアは性能を約束するものではございません。

Core i5-11400Hのポイント

特徴
  • コードネーム「Tiger Lake」
  • 従来のCore i7に匹敵する性能
  • RAW現像や動画編集などクリエイト作業もこなせる

第11世代になったことで性能がUPしており、最近は押され気味だったライバルのRyzen CPUに立ち向かう姿勢を見せています。

Core i7-10750Hと比較しても、コア数スレッド数やTDPに大きな違いはありません。Core i5-11400Hの方がクロック数が低いので、単純に考えるとCore i7-10750Hに分がありそう。この辺りの差が実行速度にどれくらい影響が出てくるのかをチェックしていきます。

CPUスコア(PASSMARK)

CPU スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i5-11400H 14475 2.2GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-10750H
12811 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-9750H 11442 2.6GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Ryzen 5 4600H 15022 3.0GHz(4.0GHz) 6コア12スレッド 45W

PASSMARKが公開しているデータを見てみると、Core i5-11400Hの方が約12%スコアが高いことがわかります。これが本当であれば、Core i5-11400Hは「羊の皮をかぶった狼」といえるかもしれません。

ライバルにあたるであろうRyzen 5 4600Hあたりと比較しても同等のスコアとなっています。

比較に使ったパソコン

製品名 RL5C-R35T GCL2060RGF-T
写真 ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T, ドスパラ,gcl2060rgft
CPU Core i5-11400H Core i7-10750H
GPU RTX 3050Ti RTX 2060
メモリ 16GB
SSD 512GB NVMe SSD
レビュー >レビューを見る >レビューを見る

今回のチェックは、ドスパラのゲーミングノートを使って行います。ドスパラのGALLERIAシリーズは、性能の高さ、コスパの優秀さで人気がありますので注目している人も多いのではないでしょうか。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CPU-Zによるスコア

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,レビュー,性能,Core i5-11400H,CPUZ,
Core i5-11400H

Core i7-10750H,CPUZ,GALLERIA GCL2060RGF-T,CPU
Core i7-10750H

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i5-11400H 607.4 3876.2
Core i7-10750H 514.3 3779.6

CPU-Zのテスト結果では、Core i5-11400Hがシングルスレッドで約18%、マルチコアで2%ほど高性能だとわかりました。

マルチコアでは差を感じることはありませんが、シングルスレッドが600超えは良い意味でやばいですね。

CINEBENCH R20のスコア

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,レビュー,性能,Core i5-11400H,R20
Core i5-11400H


Core i7-10750H

CPU シングル マルチ
 Core i5-11400H 565 3000
Core i7-10750H 465 3089

CINEBENCH R20でも傾向はあまり変わらず、シングルではCore i5-11400Hが約21%高く、マルチではCore i7-10750Hが約3%高くなりました。

Core i5-11400Hのシングル性能は眼を見張るべきものがあり、マルチ性能はCore i7-10750Hと同等クラスと考えても良さそうです。

RAWの一括変換にかかった時間を比較

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

CPU 処理時間
Core i5-11400H 4分40秒
Core i7-10750H 5分10秒
Core i7-9750H 6分10秒

RawTherapeeというソフトを使ってJPEGへの一括変換をテストしたところ、Core i5-11400Hがトップに躍り出るという結果に!本当にすごいぞCore i5-11400H!!もはや実力は本物と言えるでしょう。

ちょっとしたデスクトップCPUにも勝利するでしょうし、150枚だけでも30秒以上差が出てくるのですから選ばない理由もないという感じですね。これといった弱点が見当たりません。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

製品 構成 処理時間
RL5C-R35T Core i5-11400H×RTX3050Ti 6分10秒
GCL2060RGF-T Core i7-10750H×RTX2060 5分51秒

Core i5-11400H×RTX3050Tiの組み合わせなら、軽めの4K動画編集ならこなせるレベルです。Core i7-10750H×RTX2060搭載モデルとも遜色ない性能と言えば言い過ぎでしょうか。

色々とテストして感じたのはRTX3050TiがRTX2060には及ばないということですね。感覚的にはGTX1660Tiあたりに近い性能だと感じました。動画編集では描画性能が重要ですので、そう考えるとこの結果もうなずけます。

Core i5-11400H vs Core i7-10750H まとめ

・Core i5-11400Hがシングル性能で約20%ほど高性能
・RAW現像や動画編集などにも強さを見せる
・パーツ構成次第で従来CPU×GPUに逆転を許すケースもある
・CPUだけでなくパソコン全体のパフォーマンスが重要!

理論値や期待値で言うと、Core i5-11400Hが優れているのはわかります。それにしてもCore i7-10750Hと比較いしても、これだけ良好な結果を残すとは思いませんでした。

シングル性能が重要になるようなRAW現像(写真編集)や、ゲームでは良好な結果を出すことは間違いありません。「Core i5だから選ばない」という図式はCore i5-11400Hに限っては関係ないな・・という感じです。

Core i5だからこそ価格的に抑えられているモデルもあるでしょうし、パーツ全体の構成を見ながらCore i7-10750Hあたりと比較しながら選別するのはありだと思います。

おすすめパソコン

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35T

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,

CPU Core i7-11400H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3050Ti
ストレージ 512GB NVMe SSD

今回の比較に登場したモデルです。一見するとエントリーモデルのようなスペックですが、その実は従来のミドルクラスに匹敵する性能をがあり、メインマシンとしても十分通用します。144Hzリフレッシュレートにも対応しており、ゲームからクリエイトまでこなせるコスパ優良なゲーミングPCです。


GALLERIA XL7C-R36

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,

CPU Core i7-10875H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

今回のCPU比較には登場しないモデルですが、先に紹介したGALLERIA RL5C-R35Tの上位モデルにあたり、価格差もさほど大きくありません。少しの投資で大きな性能アップが見込めますので、本命はこちらになるかもしれません。


DAIV 5P

DAIV 5P,公式,写真,価格

CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX1650Ti
ストレージ 512GB NVMe SSD

マウスコンピューターのDAIV 5Pレビューは、バランスの良いパーツ構成で重量が約1.53kgと軽いのが特徴です。さらに約18.5時間のバッテリー駆動を誇り、ACアダプターがなくても1日乗り越えられるほど!モバイル性の高さを重視するなら視野に入れてほしいモデルです。


Razer Blade 15 (パソコン工房)

Razer Blade 15,RZ09-03289J21-R3J1

CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX1660Ti
ストレージ 256GB NVMe SSD

ゲーミングで高い人気を誇るのがRazer Blade 15!グラボがGTX1660Tiと他のモデルよりも劣りますが、ルックスは断然勝っています。高性能なだけでなくどうせならカッコいいパソコンを使いたい人におすすめですね。パソコン工房で取り扱いがあります。


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】