>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Core i5-12500HとCore i7-12700Hを性能比較!写真・動画編集にはどっちがおすすめ?

Core i5-12500H,Core i7-12700H,比較,写真編集,RAW現像,おすすめ,どっち,性能,ベンチマーク

ノートパソコン向けの「Core i7-12500H」と「Core i7-12700H」の性能を比較します。

第12世代インテルCPUはパフォーマンスが向上し、CPU内臓のグラフィックも強いため、RAW現像や動画編集にも使えるほどです。でも「Core i5とCore i7ならどのくらい性能差があるの?」っていうのは疑問ですよね。実際にベンチマーク、RAW現像、動画編集などを行い、その差を比較していきます。

ここ最近で主流となっているCPUには比較対象として登場してもらっていますので参考にしてもらえると嬉しいです。

Core i5-12500H vs Core i7-12700H

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

注意

当記事で掲載されたスコアは性能を約束するものではございません。

第12世代インテルCPUのポイント

特徴
  • コードネーム「Alder Lake」
  • コア数増加により強力な処理能力を得た
  • ハイブリッドアーキテクチャを採用

Core i7-12700Hはパフォーマンスを求めるゲーマーやクリエイター向けのモデルです。その下位グレードとも言えるのがCore i5-12500Hなのですが、用途や使い方によっては十分な性能を発揮します。特にパフォーマンスを気にしないライトユーザーであれば安いモデルが多いCore i5を選びたいってこともありますよね。

第12世代が大きく進化した理由としてはハイブリッドアーキテクチャを採用している点です。これは高性能コアと高効率コアの2種類にわけることで、処理に合わせてパフォーマンスを引き上げたり、効率化に振ったりといったことを自動的に行ってくれるものです。

どちらのCPUでもその恩恵はありますので、さらに深掘りしないと実際のちがいは見えてきません。それではもう少し詳しく解説していきますね。

Core i5-12500H/12700Hの性能(スコア)は?

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-12700H 27581 P:2.3GHz(4.7GHz)
E:1.7GHz(3.5GHz)
14コア20スレッド
(P:6コア/E:8コア)
45W
Core i5-12500H 21801 P:2.5GHz(4.5GHz)
E:1.8GHz(3.3GHz)
12コア16スレッド
(P:4コア/E:8コア)
45W
Core i7-1260P 17054 P:2.1GHz(4.7GHz)
E:1.5GHz(3.4GHz)
12コア16スレッド
(P:4コア/E:8コア)
28W
Core i5-1240P 17306 P:1.7GHz(4.4GHz)
E:1.2GHz(3.3GHz)
12コア16スレッド
(P:4コア/E:8コア)
28W
Core i7-1165G7 10514 2.5GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 15W
Core i7-11800H 21794 2.3GHz(4.6GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10750H 12688 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W

Core i5-12500HとCore i7-12700Hのスコアを比較してみると、約27%ほどもCore i7-12700Hが高くなります。ただし、Core i5-12500Hも従来モデルのCore i7-11800Hと近いスコアになっているので決してパフォーマンスが低いという訳ではありません。

特に問題がないのであれば「価格が安い方を選びたい」というのは人間の心理です。特にこだわった作業を行う予定がないのであればその傾向が強いでしょう。ではベンチマークテストや、実際の作業でどれくらい差がつくのかをテストしていきましょう。

比較に使ったパソコン

名前 raytrek A4-A G-Tune P5 
画像 ドスパラ,raytrek A4-A,価格,比較,レビュー,ブログ,評価,開封,ベンチマーク,写真 マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,性能,GTX1650,ゲーミング,ゲーム,FF15
CPU Core i7-12700H Core i5-12500H
GPU Iris Xe GTX1650
メモリ 16GB 32GB
SSD 512GB NVMe SSD
レビュー >レビューを見る >レビューを見る

マウスコンピューターとドスパラから2モデルを用意して比較します。

ベンチマークソフトによる比較

CPU-Z

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ,開封,Core i5-12500H
Core i5-12500H

ドスパラ,raytrek A4-A,価格,比較,レビュー,ブログ,評価,Core i7-12700H,CPUZ
Core i7-12700H

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-12700H 746.1 6370.0
Core i5-12500H 717.3 6286.0
Core i7-1260P 641.8 4709.8
Core i5-1240P 687.1 4782.7
Core i7-11800H 618.1 5186.6
Core i7-10750H 503.1 3169.5

Core i5-12500HとCore i7-12700Hを比較すると、シングル性能で約4%、マルチスコアで約1%ほどの差にとどまります。

意外と大きな差はないんだな・・というのが素直な印象です。PASSMAEKスコアではほぼ同等だったCore i7-11800Hと比較すると、シングル、マルチともに高いスコアをマークしています。

CINEBENCH

DAIV 5D,Ryzen 7 3700,GTX1660Ti,R20,,
Core i5-12500H

ドスパラ,raytrek A4-A,価格,比較,レビュー,ブログ,評価,Core i7-12700H,CPUZ
Core i7-12700H

 CPU シングル マルチ
Core i7-12700H 687 5259
Core i5-12500H 648 4560
Core i7-1260P 615 3407
Core i7-1260P 632 3207
Core i7-11800H 582 3869
Core i7-10750H 471 2566

Core i5-12500HとCore i7-12700Hを比較すると、シングル性能で約6%、マルチスコアで約15%の差があります。

これまでの比較と比べると、はっきりと結果に差がつきましたね。高い負荷がかかった場合は、Core i7-12700Hが有利というのは間違いないので、本格的な処理を行うクリエイターさんはCore i7-12700Hを選択するのが良さそうです。

Core i7-12700H搭載!写真編集やRAW現像におすすめのノートパソコンは?

RAW現像

参考までにRAW現像(150枚)の処理時間を計測した時間です。

CPU 処理時間
Core i7-12700H 3分42秒
Core i5-12500H 3分59秒
Core i7-1260P 4分27秒
Core i5-1240P 4分00秒
Core i7-11800H 4分23秒
Core i7-10750H 5分10秒

まともに処理性能の差が出るRAW現像では、当然のことならがCore i7-12700Hが速くなります。しかしCore i5-12500Hとの差は20秒と大きくありません。

Core i5-12500Hのテスト機が32GBメモリであることを考慮すると、実際にはもう少し差がつくものと思われます。それでも特別な差であるとは個人的にはあまり感じませんでした。

現像作業を毎日のように行っている人はCore i7-12700Hを選択すべきですが、趣味程度ならCore i5-12500Hでも全く問題はありません。

動画編集の時間を計測

一眼レフで撮影した4K動画5分のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

モデル 構成 処理時間
raytrek A4-A Core i7-12700H×Iris Xe 9分31秒
mouse K7 Core i7-12700H×GTX1650 4分06秒
G-Tune P5 Core i5-12500H×GTX1650 3分54秒
DAIV 4P Core i7-1260P×Iris Xe 7分43秒
mouse B4-i5 Core i5-1240P×Iris Xe 10分00秒
raytrek R5-AA6 Core i7-12700H×RTX3060 3分20秒
DAIV 5P Core i7-11800H×RTX3050 4分15秒

Core i7-12700Hを搭載したraytrek A4-Aは、10分近くも処理に時間がかかってしまいました・・さすがに4Kの編集作業ともなるとCPU内臓グラフィックで作業を行うには無理があります。

Core i7-12700H×GTX1650搭載のmouse K7が4分06秒、Core i5-12500H×GTX1650搭載のG-Tune P5が3分54秒です。ここでもメモリ容量の差が出たものと思われますが、Core i5-12500Hは決して侮れない性能をもっていることがわかりました。

Core i5-12500H vs Core i7-12700H まとめ

・Core i7-12700Hが最大25%ほど優秀!
・こだわりがないならCore i5-12500Hでも十分

・ベンチ、実作業での差はそれほど大きくない
・動画編集するならグラボ搭載機を!

パソコンの世界でも上位モデルのほうが有利なのは間違いないので、迷ったらCore i7-12700Hを選べば間違いありません。とは言え、RAW現像や動画編集を行っても意外と大きな差にはならなかったというのが素直な印象です。

処理能力やベンチ結果をシビアに求めないならCore i5-12500Hでも十分。従来CPUのCore i7-11800Hよりも良好な結果を残してくれているのも好印象でした。

ただし満足度の点や、Core i5搭載モデルも意外と高いことから、Core i7-12700Hにしておけば安心というのは間違いありません。>Core i7-12700H搭載のおすすめパソコンをチェックする

搭載おすすめパソコン

ドスパラ raytrek A4-A

ドスパラ,raytrek A4-A,価格,比較,レビュー,ブログ,評価,開封,ベンチマーク,写真

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ Iris Xe
ストレージ 500GB NVMe SSD

約1.3kgの軽量なボディーに14コア20スレッドのCPUを搭載。アルミニウム製の高品質なシャーシ、モニターはsRGBカバー率99%、おまけでThunderboltまでついて16万円台!Core i7-12700Hが気になるならこのモデルがおすすめ!

マウスコンピューター G-Tune P5

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,性能,GTX1650,ゲーミング,ゲーム,FF15

CPU Core i5-12500H
メモリ 32GB
グラボ GeForce GTX1650
ストレージ 512GB M.2 SSD

15.6型スタンダードサイズで使い勝手の良さと、Core i5-12500Hの高いパフォーマンスを備えたモデルです。ゲーミングモデルとしての扱いですが、32GBメモリと余裕があるので大量のデータ処理にも向いています。ただしお値段がちょっと高め・・・


ドスパラ raytrek R5-AA5

ドスパラ,raytrek G5,おすすめ,価格,比較,性能,スペック

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050
ストレージ 1TB NVMe SSD

Core i7-12700H×RTX3050の組み合わせなので、描画性能はそこそこといったところ。目的がゲームや4K解像度の動画編集じゃないよという人なら性能は足りるでしょう。sRGBカバー率99%の性格なモニターを採用しているので、RAW現像などの利用におすすめですね。

マウスコンピューター DAIV 6N

マウスコンピューター,mouse,DAIV 6N,おすすめ,性能,スペック,評価,公式写真,比較,レビュー

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

16型WQXGA(2560×1600)モニターを採用しながらも、重量を約1.64kgに抑えた意欲的なモデルです。パフォーマンス面の心配は全くなく、モバイル性をフルに生かした活動が行えます。バッテリー駆動時間は約11.5時間、ACアダプターもコンパクト、PD対応など利便性も兼ねそろえています。


Dell NEW ALIENWARE X14 プラチナ

ALIENWARE x14,性能,価格,比較,おすすめ

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050Ti
ストレージ 512GB M.2 SSD

CNC機械加工のアルミニウム、マグネシウム合金、ステンレス製の素材の独自な組み合わせを採用した14インチのゲーミングパソコンです。軽さと耐久性を備えながら、パフォーマンスもしっかり引き出せるのが特徴です。時間や場所にとらわれたくないクリエイターやゲーマーにおすすめです!


ASUS TUF Gaming F17/F15

ASUS TUF Gaming F17/F15

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050Ti
ストレージ 512GB SSD

ASUSのTuf Gamingシリーズはコスパが魅力のモデルです。このパーツ構成で18万円台で販売されていますが、セール時期にうまくハマれば15万円前後というのも確認済みです。最新モデルかつ高性能なパソコンが安く手に入る可能性もあるのでASUSは一度チェックすると良いことあるかもしれません。


ASUS ROG Flow Z13

ASUS,ROG Flow Z13 GZ301ZA GZ301ZA-I5UMA,おすすめ,ブログ,レビュー,性能,ベンチ

CPU Core i5-12500H
メモリ 16GB
グラボ Iris Xe
ストレージ 512GB SSD

13.4型2in1ゲーミングノートパソコンで、キーボードは取り外してタブレット的な使い方ができます。約1.12kgの軽さに薄さ14.5mmのスリムボディなのでモバイル性も抜群!Thunderbolt 4も装備しているほか、別売りの外付けGPUモジュール「ROG XG Mobile」にも対応しています。


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】