>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Core i7-13700KとCore i7-12700Kを性能比較!RAW現像、動画編集するならどっちがおすすめ?

Core i7-12700K,Core i7-13700K,比較,写真編集,RAW現像,おすすめ,どっち,性能,ベンチマーク

Intel 第13世代CPUが発売されたので従来CPUと性能差をチェックします。

対象は「Core i7-13700K」と「Core i7-12700K」を比較していきます。ベンチマークやRAW現像、動画編集にどれくらいのちがいがあるのかを見ていきます。

Ryzen CPUにも比較対象として登場してもらっていますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

Core i7-13700K vs Core i7-12700K

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

注意

当記事で掲載されたスコアは性能を約束するものではございません。

CPUスコア(PASSMARK)性能一覧

スコアはPASSMARKが公開しているデータを参考にしています。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-13700K 47156 4.2GHz(5.4GHz) 16コア24スレッド 125W
Core i9-12900K
41556 3.2GHz(5.2GHz) 16コア24スレッド 125W
Core i7-12700K 34700 2.7GHz(5.0GHz) 12コア20スレッド 125W
 Core i7-12700 32117 2.1GHz(4.9GHz) 12コア20スレッド 65W
Core i5-12400 19333 2.5GHz(4.4GHz) 6コア12スレッド 65W
Ryzen 7 5800X 28493 3.8GHz(4.7GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 5 5600X 22161 3.7GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W

(※Pコアのみを表示)

Core i7-13700KとCore i7-12700Kのスコアを比較してみると約36%の差です

第12世代CPUは大幅にパフォーマンスがアップしており、どのモデルを使ってもこれまで以上の結果を出してくれていました。そう考えると第12世代で十分な訳ですが、3割以上もの性能アップとなれば見逃せませんよね。RAW現像や動画編集を実際に試してみてどっちがおすすめか見ていきますね。

ちなみに第13世代Core i7-13700K(F)搭載モデルは20万円くらいからで、メインの価格帯は30万円以上。第12世代Core i7-12700Kだと下は20万円くらいからと変わりませんが、メインの価格帯は20万円台後半あたりになっています。

比較に使ったパソコン

名前 G-Tune XP-Z raytrek ZQ-A4000
画像 G-Tune HP-A ドスパラ,raytrek,
CPU Core i7-13700K Core i7-12700K
GPU RTX4090 RTX A4000
メモリ 64GB 32GB
ストレージ 2TB SSD+4TB HDD 1TB SSD
レビュー >レビューを見る レビューを見る

マウスコンピューターとドスパラのデスクトップパソコンで比較を行います。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CPU-Zによるスコア

ドスパラ,レイトレック,raytrek ZQ-A4000,レビュー,感想,口コミ,評価,ブログ,Core i7-12700K,CPUZ
Core i7-12700K

G-Tune XP-Z,性能,レビュー,感想,ブログ,比較,Core i7-13700KF,CPUZ
Core i7-13700KF

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-13700K 858.0 12329.8
Core i7-12700K 785.5 9430.8
Core i7-12700 749.2 8889.5
Core i5-12400 703.6 5007.6
Ryzen 7 5800X 669.4 6739.4
Ryzen 5 5600X 645.4 4873.0

Core i7-13700Kのほうが全体的にスコアは高く、シングルスレッドでは約9%、マルチスレッドでは約31%も高いスコアです

第12世代Core i7-12700Kの性能がもともと低い訳でもなく、第11世代から比較して飛躍的に性能を高めていました。そこからさらに伸ばしてきたというのは素晴らしいですね。マルチスレッドに至っては10000オーバーのスコアで、まさに桁違いのパワーを見せてくれました。

CINEBENCH R20によるベンチマークスコア

ドスパラ,レイトレック,raytrek ZQ-A4000,レビュー,感想,口コミ,評価,ブログ,Core i7-12700K,R20
Core i7-12700K

G-Tune XP-Z,性能,レビュー,感想,ブログ,比較,Core i7-13700KF,R20
Core i7-13700KF

 CPU シングル マルチ
Core i7-13700K 816 11501
Core i7-12700K 747 8726
Core i7-12700 726 6751
Core i5-12400 659 4724
Ryzen 7 5800X 621 5993
Ryzen 5 5600X 599 4233

CINEBENCH R20のテストでもCore i7-13700KFが高スコアを出しています。Core i7-12700Kと比較するとシングルスレッドは約9%高く、マルチスレッドでは約32%高くなりました。

傾向としてはCPU-Zに近いですね。このことからもシングルで約10%ほど、マルチで約30%ほど性能がアップしていると考えて良さそうです。

RAWの一括変換にかかった時間を比較

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

CPU 処理時間
Core i7-13700K 2分40秒
Core i7-12700K 3分10秒
Core i7-12700 3分13秒
Core i5-12400 4分06秒
Ryzen 7 5800X 3分46秒
Ryzen 5 5600X 3分55秒

RAW現像では第13世代Core i7-13700Kが、Core i7-12700Kよりも30秒ほど速く処理を終えました。処理自体はどちらのCPUでも問題なく行えるため、50枚で10秒の短縮化という差を大きくみるか小さいと見るかで判断が分かれそうですね。

日常的に大量のRAW現像を行うなら小さい差ではないはずですが、週末に処理を行う程度というなら旧世代でも問題はないはずです。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
Core i7-13700KF×RTX4090 2分02秒
Core i7-12700K×RTX A4000 2分17秒
Core i7-12700×RTX3060
2分52秒
Core i5-12400×RTX3050 4分14秒
Ryzen 9 3900X×RTX2070S 2分56秒
Ryzen 7 5800X×RX6700XT 3分02秒
Ryzen 5 5600X×RX6700XT 4分04秒

動画編集は組み合わせるグラボによっても差が生まれますが、Core i7-13700KFとRTX4090の組み合わせだけは異次元だと感じました。処理時間そのものより「本当に4Kデータを扱っているのか?」と思うくらい作業が軽く感じました。

ただ4K動画編集を行うだけなら、クリエイト向けPCとしてはスタンダードと言われるCore i7-12700×RTX3060あたりで十分ですが、その先は何を求めるかによって変わってきそうです。第13世代は時間に限りのあるプロの動画コンテンツ制作にも役立ってくれることは間違いありません。

Core i7-13700K vs Core i7-12700K まとめ

・処理能力重視ならCore i7-13700Kを選ぶべし!
・シングル約10%、マルチ約30%ほどの差がある!
・趣味使いなら第12世代でも十分
・第11世代以前のCPUを選ぶ理由はない!

第12世代CPUと比較してきましたが、処理能力だけならCore i7-13700K一択と言う感じですね。ただほとんどの一般ユーザーからするとCore i7-12700Kでもオーバースペックと感じる人もいるはずです。そういう意味では、Core i7-13700Kが必要な人はプロレベルの人なのかもしれません。(あとはパソコン好き、新しいモノ好きな人)

Ryzenと比較しても安定性やアプリとの親和性の面ではインテルが強いでしょうし、第12~第13世代はかなり狙い目だと思います。

Ryzen搭載のおすすめパソコンをチェックする

おすすめパソコン

マウスコンピューター G-Tune XP-Z

G-Tune HP-A

CPU Core i7-13700KF
メモリ 64GB
グラボ GeForce RTX 4090
ストレージ 2TB NVMe SSD + 4TB HDD

今回のベンチテストにも使わせてもらったマウスコンピューターのゲーミングパソコンです。Core i7-13700KF×RTX4090はこれまでやってきたような処理だけでは物足りなく感じるレベル。8Kクラスの次世代環境も視野に入るレベルです。


ドスパラ raytrek 4CXVi

ドスパラ,raytrek,

CPU Core i7-12700K
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX A4000
ストレージ 1TB NVMe SSD

CADや3Dデータの処理にも向いているRTX A4000を採用したモデルです。シングルスロットながらプロフェッショナル作業のためにパワフルに動作してくれるのが特徴。Core i7-12700Kとの組み合わせで効率的に処理が行えるモデルに仕上がっています。


ドスパラ raytrek MX

ドスパラ,raytrek,

CPU Core i7-12700
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX1650
ストレージ 500GB NVMe SSD

Core i7-12700の高い処理能力を活かして、効率的にRAW現像を行えるPCです。グラボをあえてエントリークラスにすることで、税込み13万円台という価格を実現。ゲームや動画編集もライト作業なら可能で、できないという訳でもありません。日常的に大量の現像作業を行うならメモリを32GB以上にするのもおすすめ!


フロンティア GAシリーズ

フロンティア,FRGA,価格,おすすめ,性能,感想,ブログ,ベンチマーク

CPU Core i7-13700KF
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 4080
ストレージ 1TB NVMe SSD

フロンティアのセールモデルで、この構成でありながら30万円後半は結構安いです。Core i7-13700KF×RTX4080なら処理能力不足を感じることはまずないでしょう。フロンティアのセールは台数限定が多かったのですが、記事執筆時点では受注生産になっていました。お得なPCが確実に手に入るのは嬉しいポイントですよね。


パソコン工房 LEVEL-R779-LC137KF-NAX

パソコン工房,Level,価格,おすすめ,性能,感想,ブログ,ベンチマーク

CPU Core i7-13700KF
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050
ストレージ 1TB NVMe SSD

パソコン工房にはCore i7-13700KFとRTX3050を搭載したモデルが登場!税込25万円とまだ手を出しやすい価格帯となっています。CPU処理能力を生かした処理で快適性が得られます。電源が700Wと余裕があるので、後々グラボを載せ替えて使うことで長期間使える相棒になってくれるでしょう。


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? [card id=DAIV Z