>> RAWCOM限定パソコン販売中!

予算20万円で買えるおすすめのノートパソコンは?写真・動画編集向け

写真編集やRAW現像に使えるパソコン」と一口に言っても、たくさんの製品から、自分に最適な物を選ぶのは簡単ではありません。

今回は「予算20万円で選ぶおすすめのノートパソコン」というテーマで、厳選したパソコンを紹介していきたいと思います。

デスクトップパソコンを探している人はこちら→本格派も満足!20万円で探すデスクトップPC

【予算20万円】ノートパソコンの選び方

現実的に予算が20万円以下という人はかなりの数になるかと思います。このくらいのパソコンになってくるとRAW現像でストレスを感じることはほとんどないでしょう。それだけハイスペックなパソコンが選べるということです。

クリエイター向けのパソコンを、パソコン工房や、マウスコンピューター、ドスパラでチェックすると、売れ筋は15万円前後であるとわかります。しかしこれらの多くはクリエイターモデルのエントリークラスに属します。

つまり予算20万円は、多くの人が選んでいるパソコンよりも性能が高いので、選べる幅も広くなってきますプロ思考のクリエイターや、趣味を極めたい写真愛好家に使ってもらいたいラインです。高性能だと多用途で使えるだけでなく、自分の成長にも長く対応してくれるはずです。

予算20万円で選べる性能

スペック
  • CPUはCore i7
  • メモリは16GB以上!
  • グラボはハイエンドクラスを選ぼう!
  • SSDは標準搭載!

この構成をクリアして、20万円を切ってくるようであればコスパ良し!と判断できます。

CPU・メモリ・グラボ・SSD パーツの優先順位は?

優先順位は人にもよるでしょうが、写真編集メインなら「メモリ」「CPU」「グラフィック」の順番で良いと思います。ただしSSDが搭載されている前提です。

メモリやCPUを優先しても、予算に余裕があるので、カスタマイズでパワーアップをすることもできます。メモリをにしたり32GB、グラボにこだわってみるのも良いでしょう。好みに合わせてどこの性能を引き上げるか考える楽しみもでてきます。

RAW現像だけでなく、「動画編集」「ゲーム」など幅広く使っていけるので、仕事だけでなくプライベートや遊びで使うのにもおすすめです。

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

こんな人におすすめ!

  • 長く使えるパソコンが欲しい人
  • クリエイト作業に没頭したい人
  • RAW現像にストレスを感じたくない人
  • 動画編集・ゲームも視野に入れている人

おすすめのRAW現像パソコン

それでは僕が各ショップから厳選した、おすすめのパソコンを見ていきましょう。

DAIV 5N

DAIV 5N

CPU Core i7-10875H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

DAIV 5NはCPUやグラフィックボードが一新されてより高性能になりました。液晶パネルはWQHDに高解像化し作業性が大幅にUP!さらにsRGB比で100%をカバーで忠実な編集作業を楽しむことができます。編集用に別のモニターを買う必要もないので、結果的にコストを抑えられます。デスクトップ並みの性能なのに約1.73kgという軽量さもポイント!


ドスパラ raytrek R5-CA

ドスパラ,raytrek R5

CPU Core i7-10875H
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

ドスパラのクリエイターモデルです。DAIV 5Nと似たようなパーツ構成ですが、メモリが32GBで価格は税込18万円台と少しお安めです。より高負荷な環境だとメモリ容量も大切になってきますので、しっかりと結果を出したいならこちらのモデルがおすすめです。


フロンティア XNMシリーズ(台数限定モデル)

フロンティア XNM

CPU Core i7-10870H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3060
ストレージ 1TB NVMe SSD

ドスパラよりさらに安いのがフロンティアのXNMシリーズ(台数限定)です。高解像モニターや薄型といったトレンドはおさえていませんが、税込16万円台という安さが魅力です!もちろんパフォーマンスは高いので処理能力を優先したい人にもおすすめのモデルです。


パソコン工房 LEVEL-15FR105-i7-TASX-D

パソコン工房 LEVEL

CPU Core i7-10870H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3070
ストレージ 500GB SSD

今回紹介する中では最もグラフィック性能が高いモデルでRTX3070を採用しているのがポイント!税込21万円台とちょっと予算オーバーですが、4Kを超える領域での処理を考えているならグラフィック性能が高くて損はありません。


まとめ

・予算20万円はRAW現像に余裕ができる性能!
・優先順位を決めて高性能なパーツを選ぼう!
・人とは違うパソコンが欲しい人におすすめ!

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてくださいね。

関連記事

10万円 RAW現像におすすめ!予算10万円で買えるパソコンは? 15万円 RAW現像におすすめ!予算15万円で買えるデスクトップパソコンは? 25万円 RAW現像におすすめ!予算25万円で買えるデスクトップパソコンは? 30万円 RAW現像におすすめ!予算30万円で買えるデスクトップパソコンは?