>> RAWCOM限定パソコン販売中!

【新旧比較】Ryzen 7 2700XとRyzen 5 3600はどちらが高性能?

パソコンのコアパーツであるCPUに、AMD製のRyzenがあります。Ryzen CPUも第3世代(Zen2)に突入しパフォーマンスが向上。Gen4に対応するなど新しい扉を開いた感があります。

そこで新旧CPUを比較してみたいと思います。対象は「Ryzen 7 2700X」「Ryzen 5 3600」です。「実際にどこが変わったの?」「性能はあがったの?」「買い替えは必要?」という疑問もあるかと思います。

ベンチスコアをとったり、写真編集動画のレンダリングにかかった時間も計測しました。同ラインでの比較はよく見ますが、このような比較はあまり目にしなかったので是非参考にしてください。

マウスコンピューター/G-Tune

Ryzen 7 2700X vs Ryzen 5 3600

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

CPUスコア

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 5 3600
20036 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 65W
Ryzen 7 2700X 16918 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 105W

「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

注意

掲載されたスコアはPASS MARK社が開示しているデータであり、性能を約束するものではございません。

第3世代で進化したポイント

特徴
  • Zen2アーキテクチャを採用
  • PCI-Express Gen.4に対応
  • 世界初の7nm製造プロセスを採用

一番の特徴はプロセスルールが変更されたことで、これにより高クロック化に成功しています。全体的なクロックが上がったことで、効率的に処理が行えるようになりました。これによりAMDのCPUが、Intelの勢力図を塗り替える勢いで増殖しています。

CPUスコアを見ると「Ryzen 7 2700が16918」「Ryzen 5 3600が20036」で、横並びどころか完全に性能を上回っているということがわかります。グレード的には下でも、新製品は高性能というわけですね。

Gen4では、より高速なNVMe SSDや、グラフィックカードを搭載できるとあって新時代の風を感じます。第3世代Ryzen では、新たにRyzen 9シリーズも準備されプロユース向けとしても注目されています。

電力効率が大幅に新開しており、従来と同等の性能を半分の電力でまかなえるという説もあります。ミドルクラスのRyzen 5 3600であっても、ライバルのIntel製Core i7-9700あたりに匹敵するといわれています。確実にこれまでとは違う次元を提供していますね。AMD恐るべし。。

比較に使ったパソコン

名前 LITTLEGEAR a340PA1
自作パソコン
画像 G-Tune LITTLEGEAR NO PHOTO
CPU Ryzen 7 2700X
Ryzen 5 3600
GPU GTX1080(8GB) RX570(8GB)
メモリ 16GB
SSD 256GB NVMe SSD
HDD 1TB
チップセット AMD B320 チップセット
AMD B450 チップセット
電源 500W【80PLUS BRONZE】
マウスコンピューター:https://www.mouse-jp.co.jp/

CPU、GPU以外はできるだけスペックを揃えて比較ができました。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CPU-Zによるスコア

LITTLEGEAR a340PA1 CPUZ  Ryzen 7 2700Xスコア
Ryzen 7 2700X

CPUZ Ryzen 5 3600 スコア
Ryzen 5 3600

  シングルスレッド マルチスレッド
Ryzen 7 2700X 474.6 4690.6
Ryzen 5 3600 499.3 3970.2

CPU-Zのテスト結果では、シングルスレッドではRyzen 5 3600が、マルチスレッドではRyzen 7 2700Xが高いスコアになっています。コア数の多さが結果に影響しているので、動画編集などの処理を考えているならRyzen 7 2700Xのほうが有利と言えそうです。

CINEBENCH 15のスコア

LITTLEGEAR a340PA1 CINEBENCH GPU
Ryzen 7 2700X

CINEBENCH Ryzen 5 3600 スコア
Ryzen 5 3600

Ryzen 7 2700X 1751
Ryzen 5 3600 1529

CINEBENCHのスコアは約1.15倍の差となりました。以前にテストしたCore i7-8700は1400ほどだったので、Ryzen 5 3600はそれを上回る形になりました。2万円台半ばのCPUでこれはスゴイ!

RAWの一括変換にかかった時間を比較

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

Ryzen 5 2600 5分39秒
Ryzen 7 2700X 6分13秒

RawTherapeeというソフトを使ってJPEGへの一括変換をテストしたところ、Ryzen 5 3600が速いという結果になりました。予想ではもう少し接戦になるかRyzen 7 2700X有利かと思いましたが、意外な結果ですね。

テストに使ったG-TuneのLITTLEGEARが、うまく性能を引き出せていないのかもしれません。なんせ持ち運べるくらいコンパクトなので排熱まわりがネックになっているのかも?他のテストでも少々ふるわなかったんですよね・・・

150枚でこれだけの差になので、枚数が増えると大きな差になってきます。時間の節約をしたいなら高性能なCPUを選びましょう。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

Ryzen 7 2700X 3分05秒
Ryzen 5 3600 3分47秒

動画のレンダリングではRyzen 7 2700Xが42秒速いという結果になりました。RAW現像時の不名誉な結果を払拭する形になっています。少し安心しました。

感想

・Ryzen 5 3600 vs Ryzen 7 2700はすみわけが可能
・RAW現像では第3世代のRyzen 5 600が速い
・動画レンダリングはRyzen 7 2700Xが速い
・コスパで見ると両方とも優秀なCPU!

新旧のCPUとは言え、グレードがちがうので面白い結果を得られたと思います。もう少し似たり寄ったりの数字になるような気がしていたんですけどね。

単純に瞬発力が求められるような処理は第3世代Ryzen 5 3600が有利、動画編集のようなマルチコアが効くシーンではRyzen 7 2700Xに軍配が上がるっていう感じですね。

使っているシーンをイメージしてみると、RAW現像って一度に100枚以上とか処理しない気もします。そういうユーザーなら、たまにやる動画編集の時間を短くしたいからRyzen 7 2700Xを選ぶというのも手かもしれませんね。

Ryzen搭載のおすすめパソコン

G-Tune LITTLEGEAR a340GA4

G-Tune LITTLEGEAR

CPU AMD Ryzen 7 2700
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX1660Ti (6GB)
ストレージ 256 NVMe SSD + 1TB HDD

Ryzen 7 2700とGeForce GTX1660Tiを搭載。この構成で税別10万を切るという激安モデル。CPUが世代交代の時期に入っているとはいえ、安すぎるので一瞬で売り切れることが予想されます。コンパクトなPCが欲しい人は急いだほうがいいかも。

>LITTLEGEARのレビューを見る


フロンティア GAシリーズ(台数限定)

フロンティアGAシリーズ

CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ 1TB NVMe SSD + 2TB HDD

Ryzen 7 3700X+RTX2070 SUPERの本格派に人気の構成。これで税別15万円台だからお買い得すぎる!一度は売り切れていましたが在庫が復活していました。(記事執筆時点)

公式HPで詳細を見る


G-Tune NEXTGEAR-MICRO am560SA1

G-Tune

CPU AMD Ryzen 5 3600X
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1660 (6GB)
ストレージ 512GB M.2 SSD

Ryzen 5 3600とGTX1660のコスパに優れた組み合わせが魅力の1台。税別で10万円を切ってくるのもうれしい!自作の手間を考えるとコレを買っておいたほうがお得だと思います。


ドスパラ ガレリアRF5

ドスパラ ガレリア

CPU Ryzen 5 3600
メモリ 8GB
グラボ GeForce RTX2070SUPER (8GB)
ストレージ 240GB SSD + 1TB HDD

グラフィク性能をさらに求めたいなら、ドスパラのガレリアRF5がおすすめ!RTX2070SUPER搭載なので、動画重視のパーツ構成にしたい人や、144Hzでゲームをプレイしたい人なんかにおすすめです。


パソコン工房 LEVEL-M0B4-R73X-RJS

パソコン工房 Level

CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER
ストレージ 240GB SSD

パソコン工房のLevelは、Ryzen 7 3700X搭載で税別10万円台から。グラフィックもミドルクラスなので、フルHD動画編集くらいなら快適にこなせる。カスタマイズベースとしてもおすすめの1台。


「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】