>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Ryzen 7 3700XとCore i9-10900Xを性能比較!RAW現像や動画編集におすすめなのはどっち?

Core i9-10900X,Ryzen 7 3700X,性能比較,おすすめ,

インテル第10世代CPUが登場!Ryzen CPUとどれくらい差があるのかをチェックします。

対象は「Ryzen 7 3700X」と「Core i9-10900X」を比較していきます。ベンチマークやRAW現像、動画編集にどれくらいのちがいがあるのかを見ていきます。

Ryzen 9 3900XやCore i7-9700KあたりのCPUにも登場してもらっているので参考にしてもらえると嬉しいです。それではどうぞ!

マウスコンピューター/G-Tune

Ryzen 7 3700X vs Core i9-10900X

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

注意

当記事で掲載されたスコアは性能を約束するものではございません。

CPUスコア(PASSMARK)

Ryzen CPUの性能一覧

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i9-10900X 23618 3.7GHz(4.7GHz) 10コア20スレッド 165W
Core i9-9900X 21873 3.5GHz(4.5GHz) 10コア20スレッド 165W
Core i7-9700K 14612 3.0GHz(4.7GHz) 8コア8スレッド 65W
Ryzen 9 3900X 31950 3.8GHz(4.6GHz) 12コア24スレッド 105W
Ryzen 7 3700X 23907 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 65W

スコアはPASSMARKが公開しているデータを参考にしています。

Ryzen 7 3700XとCore i9-10900Xのスコアを見てみると、ほぼ同等のスコアだとわかります。記事執筆時点の価格ですと、Core i9-10900Xが6万円、Ryzen 7 3700Xが4万円弱です。コスパだけでなく消費電力を考えてもCore i9-10900Xの燃費がやや悪い印象を受けてしまいます。

ただ1つの結果ですべてが決まる訳でもないので、もう少し実機を使ったテストで比較していきます。

比較に使ったパソコン

名前 DAIV X7  LUV MACHINES AG
画像 DAIV-DGZ530M1-SH5 開封  LUV MACHINES,mouse,マウスコンピューター
CPU Core i9-10900X Ryzen 7 3700X
GPU GTX 1660 GTX1660Ti
メモリ 32GB 16GB
SSD 256GB NVMe SSD 512GB SSD
レビュー >レビューを見る >レビューを見る

今回のチェックでは、マウスコンピューターより2モデルをお借りして比較していきます。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CPU-Zによるスコア

LUV MACHINES AGシリーズ CPUZ Ryzen 7 3700X
Ryzen 7 3700X

DAIV X7,Core i9-10900X,CPUZ,ベンチ
Core i9-10900X

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Ryzen 9 3900X 525.5 8151.9
Ryzen 7 3700X 516.7 5560.9
Core i9-10900X 517.7 5870.2
Core i9-9900K 582.0 5755.1

シングルスレッドでは誤差の範囲ですが、マルチスレッドでは若干Core i9-10900Xが良いスコアを出しています。とは言え、この差を体感できる人はほぼいないでしょう。

CINEBENCH 15のスコア

LUV MACHINES AGシリーズ CINEBENCH Ryzen 7 3700X GTX1660Ti
Ryzen 7 3700X

DAIV X7,Core i9-10900X,R15,ベンチ
Core i9-10900X

 CPU スコア
Ryzen 9 3900X 3232
Ryzen 7 3700X 2112
Core i9-10900X 2290
Core i9-9900K 1983

CINEBENCHのスコアでは、Core i9-10900Xが約8%の差をつけて勝利しています。上位モデルとしてのプライドを保った形になるでしょうか。

RAWの一括変換にかかった時間を比較

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

CPU A機 B機
Ryzen 9 3900X 4分52秒
Ryzen 7 3700X 4分58秒
Core i9-10900X 4分40秒
Core i9-9900K 4分45秒 3分19秒
Core i7-9700K 4分43秒 4分56秒

RAW現像ではCPU性能がとても大切になる作業です。これまで数々のパソコンをレビューしてきた体感的なことを言うと、比較的インテルCPUのほうが良い結果を出す傾向にあります。

Ryzen 7よりもCore i9のほうが約20秒ほど処理時間は短くなっています。最近はRyzenの勢いに押され気味とはいえ、これまでのアプリケーションで培った信頼性や親和性はさすがといったところです。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

製品 構成 タイム
DAIV X7 Core i9-10900X×GTX1660 3分22秒
 LUV MACHINES AG Ryzen 7 3700X×GTX1660Ti 3分33秒

動画編集においてはCore i9-10900Xを搭載したDAIV X7の処理時間が速くなっています。

CPUがほぼ同程度のスコアなので、GTX1660Tiを搭載した LUV MACHINES AGが有利になるかと予想していましたが結果はちがいましたね。メモリ容量が大きく働いた(16GBと32GBの差が出た)可能性もありますが、グラボが劣っているにも関わらずより速いタイムを出したCore i9-10900Xの処理能力も相当だということがわかります。

ただし気を付けないといけないのは価格で、DAIV X7は LUV MACHINES AGの2倍近い価格になっているということ・・・コスパで考えると圧倒的にRyzen 7 3700X搭載機ということになります。

Ryzen 7 3700X vs Core i9-10900X まとめ

・CPU性能(ベンチ結果)はほぼ同等
・実行タイムではインテルが有利なところもある
・コスパは圧倒的にRyzen 7 3700Xに分がある!
・Ryzen 7 3700XはCore i9並みの性能です!

ややグレードのちがうCPUを比較してきましたが、やはりRyzenは強かった・・・価格で上回るインテルCore i9に匹敵する性能を見せてくれました。

仮に価格が全く同じであれば、信頼性の面でインテルを選択する価値は大いにありますが、価格比で考えるとちょっと勝負にならないかもしれません。Ryzenなら下手をすれば半額程度の値段で同性能のパソコンが買えてしまうのですから。。

Ryzen搭載のおすすめパソコンをチェックする

おすすめパソコン

DAIV A5

DAIV-DGZ530M1-SH5 開封

CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650 SUPER
ストレージ 256GB SSD +1TB HDD

DAIVのエントリークラスデスクトップPCです。エントリーと言いながらコスパ抜群のRyzen 7 3700Xが搭載されているので処理能力で不満はありません。グラボもSUPERに変更されたので、ちょっとした息抜きにゲームで遊んだり、動画編集を楽しむこともできます。


DAIV X7

DAIV-DGZ530M1-SH5 開封

CPU Core i9-10900X
メモリ 32GB
グラボ GeForce GTX1650SUPER
ストレージ 256GB NVMe SSD

ややコスパは悪いものの予算が許せば手を出したいのがDAIV X7です。水冷クーラーでよく冷えますし、Core i9の信頼性はちょっとやそっとで揺らぎません。パソコン選びにロマンを求める人におすすめですね!


フロンティア GAシリーズ(台数限定モデル)

フロンティアGAシリーズ

CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ 500GB NVMe SSD+2TB HDD

フロンティアのGAシリーズです。20台限定ですがRTX2070SUPER搭載で税別15万円を切る価格は激安です!一瞬で売り切れることも多いフロンティアのセール品ですが、記事執筆時点では在庫が追加されていました。


ドスパラ GALLERIA ZA9C-R70S

ドスパラ、ガレリア、XA7C-R70S

CPU Core i9-10900K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ 1TB NVMe SSD

新筐体を採用したドスパラのデスクトップです。Core i9を搭載しておりあらゆるゲームで安定した性能を発揮できるのが特徴。高負荷な4K動画編集なども楽しみたいという本格派におすすめのモデルです。


パソコン工房 LEVEL-R0X6-R73X-VWVI

パソコン工房 LEVEL

CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2080SUPER
ストレージ 500GB SSD

パソコン工房にはグラボを最大限に強化したモデルが存在します。RTX2080SUPERを搭載しておりゲームを余裕をもって遊びたい人におすすめです。税別20万円を切る価格設定も魅力!


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】