>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Ryzen 5 5600XとCore i7-11700の性能比較!AMDとIntelはどっちがクリエイト作業におすすめ?

Ryzen 5 5600X,おすすめ,パソコン,デスクトップ,ブログ,評価,口コミ,写真編集,RAW現像,Core i7-11700,比較,性能差,ベンチマーク,どっち

AMDとIntel CPUの性能差をチェックします。

対象は「Ryzen 5 5600X」と「Core i7-11700」を比較していきます。ベンチマークやRAW現像、動画編集にどれくらいのちがいがあるのかを見ていきます。

Ryzen 9やRyzen 7などのCPUにも比較対象として登場してもらっていますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

Ryzen 5 5600X vs Core i7-11700

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

注意

当記事で掲載されたスコアは性能を約束するものではございません。

CPUスコア(PASSMARK)性能一覧

スコアはPASSMARKが公開しているデータを参考にしています。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 9 3900X 32860 3.8GHz(4.6GHz) 12コア24スレッド 105W
Ryzen 7 5800X 28493 3.8GHz(4.7GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 5 5600X 22161 3.7GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Ryzen 7 3700X 22742 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 3600 17825 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i7-11700 21469 2.5GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 95W
Core i7-10700 17632 2.9GHz(4.8GHz) 8コア16スレッド 65W

Ryzen 5 5600XとCore i7-11700のスコアを比較してみると約3%の差にとどまっています。これくらいの差であれば体感的にはほとんどわからないかもしれません。

とは言え、Ryzen 5 5600XとCore i7-11700は性格がちがうCPUです。コア数やクロック、TDPなどにもちがいがありますので、RAW現像や動画編集といった実作業においてどの程度差がでるかをチェックしていきます。

比較に使ったパソコン

名前 DAIV Z7 GALLERIA XA5R-67XT
画像 ドスパラ,新筐体,GALLERIA RM5C-R36T
CPU Core i7-11700 Ryzen 5 5600X
GPU RTX3060 RX6700XT
メモリ 32GB 16GB
SSD 512GB SSD 1TB SSD
レビュー >レビューを見る >レビューを見る

今回の比較は、マウスコンピューターとドスパラのデスクトップパソコンで比較を行います。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CPU-Zによるスコア

DAIV Z7,CPU,Core i7-11700,比較,性能,レビュー,ベンチマーク
Core i7-11700

ドスパラ,GALLERIA XA5R-67XT,ガレリア,,Ryzen 5 5600H,レビュー,CPU,性能,ブログ,比較
Ryzen 5 5600X

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Ryzen 9 3900X 525.5 8151.9
Ryzen 7 5800X 669.4 6739.4
Ryzen 5 5600X 645.4 4873.0
Ryzen 7 3700X 523.0 5565.5
Ryzen 5 3600 499.3 3970.2
Core i7-11700 659.1 6127.0
Core i7-10700
559.4 4841.8

Core i7-11700のほうが全体的にスコアは高く、シングルスレッドでは約2%、マルチスレッドでは約26%も差があります

最新の第11世代を投入したことでインテルが攻勢に出たかと思われるも、実際はRyzen 5 5600XとRyzen 7 5800Xの間あたりに着地という感じになりそうです。

CINEBENCH R20によるベンチマークスコア

DAIV Z7,CPU,Core i7-11700,比較,性能,レビュー,ベンチマーク.R20
Core i7-11700

ドスパラ,GALLERIA XA5R-67XT,ガレリア,,Ryzen 5 5600H,レビュー,CPU,性能,ブログ,比較,R20
Ryzen 5 5600X

 CPU シングル マルチ
Ryzen 7 5800X 621 5993
Ryzen 5 5600X 599 4233
Ryzen 7 3700X 504 4822
Ryzen 5 3600 485 3435
Core i7-11700 592 3788
Core i7-10700 492 3564

CINEBENCH R20のテストでは、シングルスレッドは同等、マルチスレッドではRyzen 5 5600Xが約12%高くなりました。

マルチ性能ではRyzen 5 5800Xが高くなっており意外な結果という感じはしましたが、シングル性能だけなら両者に大きな差はないのかもしれませんね。

RAWの一括変換にかかった時間を比較

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

CPU 処理時間
Ryzen 9 3900X 4分52秒
Ryzen 7 5800X 3分46秒
Ryzen 5 5600X 3分55秒
Ryzen 7 3700X 4分28秒
Ryzen 5 3600 5分39秒
Core i7-11700 4分16秒
Core i7-10700 4分30秒

RAW現像を行ったところRyzen 5 5600XとCore i7-11700で20秒差でした。

Core i7-11700搭載機が32GBメモリ、Ryzen 5 5600X搭載機は16GBメモリであることを考慮すると、まだまだ差は開きそうです。Ryzen 5 5600X強い・・・

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
Ryzen 9 3900X×RTX2070S 2分56秒
Ryzen 7 5800X×RX6700XT 3分02秒
Ryzen 5 5600X×RX6700XT 4分04秒
Ryzen 7 3700X×RTX3060 3分26秒
Core i7-11700×RTX3060 4分40秒
Core i7-10700×RTX3080 4分31秒

動画編集においてはマルチ性能が重視されるのですが、結果的にはRyzen 5 5600Xが速く処理を完了しました。Core i7-11700がCPU-Zのベンチマークで見せたマルチスレッドの強さはなんだったのか?うまく反映できていない気がしますね。

ただし動画編集においてはRyzen 7 3700Xのほうが強さを発揮できます。もしも頻繁に動画編集を行ってコスパも求めたいということであればRyzen 3000番台を狙うのも手だと思います。

Ryzen 5 5600X vs Core i7-11700 まとめ

・シングル性能はほぼ同等
・マルチ性能はテスト内容によって勝敗が分かれる

・RAW現像や動画編集などの実作業はRyzen 5 5600X

・Ryzen 5 5600Xがおすすめ!

PASSMARKスコアがほぼ同等の両者をじっくり比較してきましたが、なかなか面白い結果だったと思います。

シングル性能的には両者は近い存在であるものの、ベンチマークソフトによってはマルチ性能で勝敗が分かれました。そして肝心の実作業ではRyzen 5 5600Xが良好な結果を出しています。と言うことは、ベンチマークやスコアなどの数字にごまかされることなくRyzen 5 5600Xを選ぶほうがおすすめということになるでしょう。

ちなみに動画編集能力(マルチ性能)を重視するなら、Ryzen 7 3700XやRyzen 9 3900Xあたりを選ぶのも面白いですよ。

Ryzen搭載のおすすめパソコンをチェックする

おすすめパソコン

ドスパラ GALLERIA XA5R-67XT

ドスパラ、ガレリア、XA7C-R70S

CPU Ryzen 5 5600X
メモリ 16GB
グラボ Radeon RX 6700XT
ストレージ 1TB NVMe SSD

今回のテストに使ったドスパラのゲーミングパソコンです。Ryzen 5 5600X×Radeon RX 6700XTの組み合わせで高解像データ処理にも対応ができます。写真や動画編集、ゲームなど広い用途で楽しめるモデルになっています。静音性にも優れておりコスパは抜群です!


フロンティア GAシリーズ(台数限定モデル)

フロンティアGAシリーズ

CPU Ryzen 5 5600X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060Ti
ストレージ 1TB NVMe SSD

フロンティアの台数限定セール対象のGAシリーズです。この構成で18万円台とセール対象品なだけあって価格は相場よりもお安くなっている印象です。売り切れても補充が入ることがあるので、定期的にチェックすることをおすすめします!


マウスコンピューター DAIV Z7

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 外観写真

CPU Core i7-11700
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD

マウスコンピューターのクリエイターモデルである「DAIV」のミドルクラスデスクトップパソコンです。第11世代Core i7-11700×RTX3060はクリエイターに人気の組み合わせです。高解像データ編集も視野に入るほど高性能です。


フロンティア GAシリーズ(台数限定モデル)

フロンティアGAシリーズ

CPU Ryzen 5 5600X
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1660Ti
ストレージ 1TB NVMe SSD

イラストや写真などの静止画中心のクリエイターや、フルHDゲーミングが楽しめれば良いという人には高性能なグラボは不必要です。GTX1660Tiにすることで税込15万円を切ることもでき、さらにコスパがよくなります。ゆくゆく高性能なパーツに載せ替えても良いですし、初心者、ライトユーザーがここから始めるのもおすすめです。


DAIV A7

CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB M.2 SSD

Ryzen 7 3700XとRTX3060の構成で、マルチ性能をしっかり生かした作業を行うことが可能。メモリにも余裕があるところがいかにもクリエイターモデルという印象ですよね。無骨なボディはデスクトップでもトップクラスにカッコいいですし、マウスコンピューターは国産生産、手厚いアフターサービスも魅力です!


パソコン工房 LEVEL-R0X6-R93X-VAX-L

パソコン工房 LEVEL

CPU Ryzen 9 3900X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3080
ストレージ 1TB NVMe SSD

Ryzen 9 3900X×RTX3080の組み合わせで、マルチコア性能と描画性能の高さがウリのパソコンです。価格も税込で25万円台なのに、他のPCでよりもグレードが上なRTX3080が選べるのがポイントです。実は賢い買い方なのかもしれません…


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】