>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Ryzen 7 5800XとRyzen 7 3700Xの性能比較!RAW現像や動画編集におすすめなのはどっち?

Ryzen 5 5600X,おすすめ,パソコン,デスクトップ,ブログ,評価,口コミ,写真編集,RAW現像,Core i7-11700,比較,性能差,ベンチマーク,どっち

RyzenとインテルCPUではどれくらい差があるのかをチェックします。

対象は「Ryzen 7 5800X」と「Core i7-11700(K)」を比較していきます。ベンチマークやRAW現像、動画編集にどれくらいのちがいがあるのかを見ていきます。

Ryzen 9やCore i7などのCPUにも比較対象として登場してもらっていますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

Ryzen 7 5800X vs Core i7-11700(K)

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

注意

当記事で掲載されたスコアは性能を約束するものではございません。

CPUスコア(PASSMARK)性能一覧

スコアはPASSMARKが公開しているデータを参考にしています。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 7 5800X 28493 3.8GHz(4.7GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 5 5600X 22161 3.7GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Ryzen 7 3700X 22742 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 9 3900X 32860 3.8GHz(4.6GHz) 12コア24スレッド 105W
Core i7-11700K 25090 3.6GHz(5.0GHz) 8コア16スレッド 125W
Core i7-11700 21469 2.5GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 95W
Core i7-10700 17632 2.9GHz(4.8GHz) 8コア16スレッド 65W

Ryzen 7 5800XとCore i7-11700Kのスコアを比較してみると、Ryzen 7 5800Xのほうが約14%ほど高いスコアです。K無しのCore i7-11700に至っては約33%もの差になっています。

ベンチマークだけが全てではないですが、実作業での影響は比例する傾向にあります。この時点ではRyzen勢の有利さは疑いようもありません。

比較に使ったパソコン

名前 G-Tune EP-A DAIV Z7
画像 G-Tune EP-Z,公式画像,価格,
CPU Ryzen 7 5800X Core i7-11700
GPU RX6700XT RTX3060
メモリ 32GB 32GB
SSD 1TB SSD+4TB HDD 512GB SSD+2TB HDD
レビュー >レビューを見る >レビューを見る

今回の比較はマウスコンピューターのパソコンをお借りして行います。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CPU-Zによるスコア

マウスコンピューター,G-Tune EP-A-6700XT,レビュー,CPUZ,Ryzen 7 5800X
Ryzen 7 5800X

DAIV Z7,CPU,Core i7-11700,比較,性能,レビュー,ベンチマーク
Core i7-11700

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Ryzen 7 5800X 669.4 6739.4
Ryzen 5 5600X 645.4 4873.0
Ryzen 7 3700X 523.0 5565.5
Ryzen 9 3900X 525.5 8151.9
Core i7-11700K
Core i7-11700K 659.1 6127.0
Core i7-10700K 568.8 5629.0

ベンチマークでもRyzen 7 5800Xの有利さは変わらずです。Core i7-11700との比較ではシングルスレッドでは約2%も高く、マルチスレッドでは約10%高くなっています

PASSMARKスコアほどの差を感じないのが素直な印象でしょうか。Core i7-11700Kはまだテストできていないのですが、そちらなら差はもっと小さくなるでしょう。いずれテストする機会があれば追記したいと思います。

CINEBENCH R20のスコア

マウスコンピューター,G-Tune EP-A-6700XT,レビュー,CPU,Ryzen 7 5800X,R20,
Ryzen 7 5800X

DAIV Z7,CPU,Core i7-11700,比較,性能,レビュー,ベンチマーク.R20
Core i7-11700

CPU シングル マルチ
Ryzen 7 5800X 621 5993
Ryzen 5 5600X 599 4233
Ryzen 7 3700X 504 4822
Ryzen 9 3900X 516 7160
Core i7-11700K
Core i7-11700 592 3788
Core i7-10700 492 3564

CINEBENCH R20のベンチマークスコアでも傾向は変わらずです。Ryzen 7 5800 XとCore i7-11700比較で、Ryzenがシングル性能は約5%高く、マルチ性能は約58%も高くなりました。

マルチ性能を重視するような作業を行うユーザーならRyzen 7 5800X一択と言えそうです。

RAWの一括変換にかかった時間を比較

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

CPU 処理時間
Ryzen 7 5800X 3分46秒
Ryzen 5 5600X 3分55秒
Ryzen 7 3700X 4分28秒
Ryzen 9 3900X 4分52秒
Core i9-11900K 3分56秒
Core i7-11700K
Core i7-11700 4分16秒
Core i7-10700K 4分30秒

RAW現像ならIntel!というのがこれまでの定説でしたが、ここに来てRyzen 5 5600Xにも敗れる結果となってしまいました。

Intelの第11世代 Core i9-11900Kですら、Ryzen 7 5800Xの足元に追いつくのがやっとという印象。アプリの親和性などでインテルを選ぶ理由にはなるでしょうが、パワーバランスだけならRyzenという結果になっています。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
Ryzen 7 5800X×RX6700XT 3分02秒
Ryzen 5 5600X×RX6700XT 4分04秒
Ryzen 7 3700X×RTX3060 3分26秒
Ryzen 9 3900X×RTX2070S 2分56秒
Core i9-11900K×RTX3070Ti 3分24秒
Core i9-10900K×RTX3080 3分02秒
Core i7-11700×RTX3060 4分40秒
Core i7-10700K×RTX2070S 3分34秒

動画編集においてはRyzenの強さは変わらずです。というかここまできたらインテルを比較に出すのがかわいそうなどほです。

Core i7-11700はRyzen 7にすら追いつくことはできず、性能面ではちょっと魅力に欠けると言わざるを得ないのかもしれません。

Ryzen 7 5800X vs Core i7-11700(K) まとめ

・Ryzen 7 5800Xがベンチ、実作業ともに強い!
・シングル性能はさほど差がない!
・第11世代インテルは旧世代Ryzenに並ぶのがやっと!
・コスパでも性能でもRyzen一択です!

ベンチ結果でもRAW現像や動画編集といった実作業でも確実に差をつけられてしまったインテル・・安定性や過去の実績は無視できないものの、今のタイミングで「インテルを選びましょう」とは実際言い難いところがあります。

最新の第11世代Intel CPUでさえRyzen3000番台に並ぶのがやっとという印象で、ベンチマークでも性能でもコスパでも厳しい戦いを強いられそうです。せめて第11世代が安ければいいのですが、そういう訳でもなさそうです。

Ryzen搭載のおすすめパソコンをチェックする

おすすめパソコン

G-Tune EP-A

G-Tune EP-Z,公式画像,価格,

CPU Ryzen 7 5800X
メモリ 32GB
グラボ Radeon RX 6700 XT
ストレージ 1TB NVMe SSD + 4TB HDD

今回のテストでは良好な結果を示したRyzen 7 5800Xが採用されています。グラボの性能も高くゲームや動画編集をしっかり楽しむことができます。またRAW現像や動画編集も没頭できるパフォーマンスで、ストレスなく作業ができるのが特徴です。


ドスパラ GALLERIA XA7R-R36

ドスパラ、ガレリア、XA7C-R70S

CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 1TB NVMe SSD

新筐体を採用したドスパラのデスクトップです。旧世代とは言えRyzen 7 3700Xの人気は根強いですし、性能面でも現役で戦えます。その証拠にドスパラではこのモデルが長く売れ筋ランキングに入っていました。税込みで18万円台ですので、なんとか20万円以下に抑えたい人にもおすすめですね。


 

フロンティア GAシリーズ(台数限定モデル)

フロンティアGAシリーズ

CPU Ryzen 7 5800X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060Ti
ストレージ 1TB NVMe SSD

フロンティアの台数限定セール対象のGAシリーズです。Ryzen 7 5800X×RTX3060Tiなら高解像データ編集にも対応できます。価格はマウスコンピューターやドスパラよりもお安いですので競争力はやや高めです。ただ、売り切れても補充が入ることもあるため定期的にチェックすることをおすすめします!


ドスパラ GALLERIA ZA7R-R37

ドスパラ、ガレリア、XA7C-R70S

CPU Ryzen 7 5800X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3070
ストレージ 1TB NVMe SSD

Ryzen 7 5800X×RTX3070の組み合わせで、高解像領域でも安定した性能を発揮できるのが特徴。税込26万円台と良いお値段ですが、まだなんとか現実的に手に入る価格だと思います。最高クラスのゲーミング環境を構築したい人にはおすすめですね!


パソコン工房 LEVEL-R0X6-R93X-VAX-L

パソコン工房 LEVEL

CPU Ryzen 9 3900X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3080
ストレージ 1TB NVMe SSD

Ryzen 9 3900X×RTX3080の組み合わせで、マルチコア性能と描画性能の高さがウリのパソコンです。価格も税込で25万円台なのに、他のPCでよりもグレードが上なRTX3080が選べるのがポイントです。実は賢い買い方なのかもしれません…


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? [card id=Ryzen