>> RAWCOM限定パソコン販売中!

G-Tune「NEXTGEAR-MICRO」開封レビュー!スコアも内部も全部見せます!

NEXTGEAR-MICRO

マウスコンピューターが販売しているゲーミングパソコンに「G-Tune」があります。その中の「NEXTGEAR-MICRO」をお借りすることができました。

RAW現像や動画編集といった負荷のかかる作業もサクサクこなしてくれるのに、10万円そこそこで購入できるというコスパが異常なほど高いデスクストップパソコンです。G-Tuneの購入を検討している人は参考になるかと思います。

それでは「NEXTGEAR-MICRO am550SA1」を開封しながらスコアをとってレビューしていきます。

マウスコンピューター/G-Tune

NEXTGEAR-MICRO am550SA1の性能

ng am550sa
出典:G-Tune

G-Tuneには、CPU、メモリ、ストレージやグラボなどの搭載されているパーツでラインナップが豊富にわけられています。なので好みに合わせたパソコンを見つけやすいという訳です。(もちろんカスタマイズ可能)

ちなみにNEXTGEAR-MICRO am550SA1は、ラインナップの中ではエントリー向けのパソコンです。価格的にはずいぶんと安いのですが、CPU、グラフィックが高性能で満足感のある性能になっています。安いのに幅広い用途で使えそうなパソコンなので、実は一時期ずっと欲しくて検討していました。

NEXTGEAR-MICRO am550SA1

NEXTGEAR-MICRO am550SA1のスペック表

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU AMD Ryzen 7 1700
グラフィックス GeForce GTX1050(2GB)
メモリ 8GB→16GBに変更
SSD 256GB M.2SSD を追加
HDD 1TB
チップセット AMD B350 チップセット
電源 500W【80PLUS BRONZE】
サイズ 188.8×410.5×400
重量 約 10.8kg

カスタマイズをしてもらって、メモリ8GBを16GBに、256GBのM.2 SSDを追加していただきました。

CPU「AMD Ryzen 7 1700」の性能

搭載されているCPUがAMDのRyzen 7 1700です。ちょっと聞きなれない人もいるかもしれませんが実績のあるCPUです。

インテルのCPUならTDPが同じの「Core i7-8700」あたりになります。ただしインテル製のCPUでこの価格はあり得ません。価格帯的にはCore i5-8400と同じくらいでよく見かけますので、いかにAMD製のCPUがコスパに優れているかがわかります。

名前 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 7 1700 13745 3.0GHz(3.7GHz) 8コア16スレッド 65W
Core i7-8700 15171 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i5-8400 11745 2.8GHz(4.0GHz) 6コア6スレッド 45W

スコア的にはCore i7 > Ryzen 7 1700 > Core i5という結果になっています。Ryzen CPUはOB時のクロック数が低く、コア数が多いのも特徴です。

・IntelとAMDのCPU比較テストをしてみました

 

CPU-Zによるスコアは以下の通りです。

ng am550sa CPUスコア

シングルスレッド マルチスレッド
402.9 3948.4

 

CINEBENCHによるスコアは以下の通りです。2回テストしてみましたが、スコアは1400強となりました。以前にテストしたCore i7-8700とほぼ変わらない数字で驚きました。

ng am550sa CPU CINE

 

ストレージ性能

メインストレージは3000MB/sを超える連続読み出しのSSDが搭載されています。DライブのHDDと比較すると読み込みや書き込みが早いのがわかります。パソコンの起動がとにかく速く、少し目を離しているとホーム画面が立ち上がっています。初回起動時はなにかとソフトを入れることになりますが、インストールもあっという間で助かりました。

よく使うソフトやデータはSSDに入れて使い、写真などの保存用のデータはHDDに入れて使いましょう。

・Cドライブのスコア

ng am550sa Cドライブ
爆速とはこのこと!

 

・Dドライブのスコア

ng am550sa Dドライブ

標準搭載のHDDです

 

このように、カスタマイズでM.2規格に対応したSSDにカスタマイズすると快適性がグンとアップします。

グラフィック性能・ゲームスコア

NEXTGEAR-MICRO am550SA1に搭載されているグラフィックは「GTX1050」です。独立のグラフィックが搭載されていればプレビュー表示が早かったり、動画の書き込み時間が短くなるなどのメリットがあります。

RAW現像、ライトゲーム、ちょっとした動画編集なら充分に使っていける性能です。

ng am550sa cpuz グラ

ここからはベンチソフトを使って実際どのくらいの3D性能があるのかをテストしていきます。

CINEBENCHのベンチマーク

ng am550sa CINEBENCH GL

結果は81.49fpsでした。

FF15のベンチマーク

DAIV DD15 最高画質 4K

標準品質 3840×2160 動作困難(1017)
標準品質 1920×1080 普通(3157)

GTX1050では4Kを扱うのは難しいという結果になりました。

このパソコンの上位モデルにはGTX1080を搭載したモデルもあるので、高性能なグラボが必要な方はそちらを選ぶと良いと思います。大人気のGTX1060も1万円程プラスするだけで選べるので、僕が買うとしたらそちらのモデルかな。

ドラゴンクエストXのベンチマーク

ng am550sa DQ

最高品質 1920×1080 すごく快適

ドラクエXに関しては品質を変えても快適に遊べます。

これらの結果から国内で人気のタイトルは、フルHDで遊べるといってほぼ間違いないでしょう。

RAW現像にかかる時間は?

約150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「7分50秒」でした

撮影につかったのは2400万画素の一眼レフで、データ容量は5GBでした。現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee5.4」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。

イメージしていたよりも時間がかかったので、パソコンを再起動して再テストしました。結果は8分弱と同じような時間になっています。

CPU性能に依存しやすいRAW現像では、クロックが低めのRyzen CPUでは思ったようにスコアが伸びないのかもしれません。

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約3分40秒でした。データ容量は3.67GBです。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

Ryzenの動画レンダリングはかなり速いです

少し前にCore i7-8700+GTX1070Tiでテストした時とほぼ同等です。価格的には圧倒的にNEXTGEAR-MICRO am550SA1のほうが安いのに驚きました。できるだけ安く動画編集用のパソコンが欲しいならRyzen搭載のパソコンは良い選択肢になってくれるでしょう。

 

出荷日は?

ng am550sa 出荷日

パソコンがいつ手に入るか気になる人も多いでしょう。このパソコンの出荷予定日は「注文が確定してから一週間程で出荷」です。これはカスタマイズをした場合でも変わりませんでした。すぐにパソコンが欲しい人からすると一週間は長いかもしれません。ここは残念なポイントですが、安くて性能も良いので仕方のないところでしょうか。

注意

当日15時までに注文が確定した場合の目安で、土日祝は注文が確定されません。早く手元にパソコンが欲しい場合は注意しましょう。

NEXTGEAR-MICRO am550SA1を開封!

それでは届いたパソコンを開封していきたいと思います。

ng am550sa 開封

付属品はシンプルで「電源ケーブル」「サポートマニュアル」「保証書」「変換コネクタ」です。

段ボールを空けると黒い布につつまれたパソコンが登場します。布をとったらパソコンの裏側でした。個人的にはパソコンでこうした布が使われているのはうれしいです。まるでブランド品でも開けるような高揚感があります(笑)

ng am550sa 開封

大きなメッシュ加工が施されているので、冷たい空気をたくさんとりこめそうですね。

NEXTGEAR-MICRO am550SA1の外観写真

NEXTGEAR-MICROの外観はとてもシンプルです。フロント上部に電源ボタンやUSB、HDMIがついているだけです。ゲーミングモデルにはガチャガチャとしてるデザインの物も多い中でシンプルなのは好印象でした。

ng am550sa 開封

電源ボタンは白く光り、起動中に点滅を繰り返すタイプです。デスク上に置いてあると几帳面な人は気になるかもしれません。

 

ng am550sa 開封

側面側にも風が通る穴があいています。こちらに側には基板などのパーツ類が固まっているので、冷たい外気に触れさせてあげたいところ。

反対側には穴がなく、G-Tuneの刻印があります。パーツの交換やメンテナンス時には、刻印無しのほうからアクセスしましょう。

am550SA1のインターフェース

ng am550sa 開封

・USB3.0 6個 (背面×4、前面×2)
・USB3.1 2個 (Type-A 背面×2)
・DVI-D×1、DisplayPort×1、HDMI×1

有線キーボード・有線マウス、LAN、サウンド類の端子も確認でいます。

NEXTGEAR-MICRO am550SA1内部写真

それでは次は内部の構造を見ていきたいと思います。

内部は丁寧に組付けられている印象で、配線もほとんど見当たらないくらいです。

ストレージ増設には限界あり

ng am550sa 内部

右上のストレージベイは3.5型×1台と2.5型×2台を同時搭載することができます。拡張性が高いという訳ではありませんが、実用的な範囲でしょう。

電源をつけるとCPUクーラーが回転し、赤色に点灯します。パソコンのかっこいい姿が見たければ、サイドパネルを強化ガラスにカスタマイズ可能です。

メモリは16GBからさらに増設可能!

ng am550sa 内部

メモリスロットは2箇所空きがあるので増設が可能です。16GBにカスタマイズしても余裕があります。しばらく使ってメモリ不足を感じるようなら増設しましょう。

エアフローも良く、冷却効果は高め!

ng am550sa 内部

大きな丸い穴が見えます。ここにはファンが2基取り付け可能です。写真には写っていませんが、手前側にファンが1基はじめからついています。ベンチテストなど負荷がかかる場面でも、音はそれほど気になりませんでした。

電源容量は充分に確保

写真左に大きく見える電源は500Wですので、このスペックなら問題はないでしょう。後々高性能なグラボにしたいなら電源容量の多い物を選びましょう。

グラボを守れ!グラフィックカードホルダー

グラボは運送時の衝撃や振動などで、歪みで破損や接触不良などが発生する場合があります。これは故障の原因となるので「グラフィックスカードホルダー」で破損のリスク減らしいます。

ところがなんとGTX1050のような小さなグラボだとホルダーに当たらず、残念ながら恩恵にあずかれないようです(涙)

ng am550sa 内部

 

ここまで内部を見た印象としては、外観と同じようなシンプルな構造になっているなということです。無駄を省いて、効率的にパーツが配置されているように感じました。

拡張性はさほど高くないものの、ほとんどの人にとって実用性に欠けるようなことはないでしょう。

NEXTGEAR-MICRO am550SA1はこんな人におすすめ

出典:G-Tune

おすすめな人
  • 安くて性能の良いパソコンが欲しい人
  • 動画編集で使いたい人
  • 高負荷な作業を日常的にする人
  • メンテナンス性に優れたPCが欲しい人
  • サブパソコンが欲しい人
  • カスタムベースになるPCが欲しい人

NEXTGEAR-MICRO am550SA1シリーズの感想まとめ

NEXTGEAR-MICRO am550SA1」を開封しながらスコアをとってきましたが、かなり気に入ってしましたました。外観はシンプルで、インテリアとしても邪魔にならないデザインですし、性能的にもまったく不満がないパソコンです。カスタマイズ無しなら全部込みでも約9万円のパソコンで、よくぞこれだけの性能になったなという印象です。Ryzen CPUの実力を垣間見た気がします。

CPUがRyzen 7 1700、グラボにGTX1050を搭載しているので、少しカスタマイズしただけで本格的に使えます。そもそも7万円台でグラボが乗っていること自体が驚きなのですが・・・すでにSSDやメモリを持っているような人はカスタムベースや、サブパソコンとして使ってみるのも良いかもしれません。ぜひ検討してみてください!

ちなみにマウスコンピューターは評判の良いBTOパソコンメーカーですし、アフターサービスもばっちりです!mouse / DAIVの口コミや評判

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由