>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Core i7-12700搭載おすすめパソコン!RAW現像や動画編集におすすめのパソコンは?

Core i7-10700,おすすめ,パソコン,デスクトップ,ブログ,評価,口コミ,写真編集,RAW現像,Core i7-11700,比較,性能差,ベンチマーク,どっち,Core i7-12700

パソコンパーツの中でも最も重要なのが「CPU」です。

写真編集RAW現像といった、クリエイター向けの作業はCPU負荷が高いのでできるだけ性能の良いパーツを選択しましょう。

今回はIntel製第12世代CPUの「Core i7-12700(K)が搭載された、おすすめのパソコン」を紹介していきたいと思います。

第12世代Core i7-12700(K)の性能は?

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-12700K 32935 2.7GHz(5.0GHz) 12コア20スレッド 125W
Core i7-12700 32117 2.1GHz(4.9GHz) 12コア20スレッド 65W
Core i5-12400 19333 2.5GHz(4.4GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i7-11700K 25090 3.6GHz(5.0GHz) 8コア16スレッド 125W
Core i7-11700 21469 2.5GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 95W
Core i7-10700K 19737 3.8GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 125W
Core i7-10700 17632 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 65W

インテル製のCore i7-12700は、第11世代のCore i7-11700と比較すると約50%スコアが向上しています。PASSMARKの須加尾だけを見るとK付きとの差は小さいので、無印版が良さそうに思えます。

第12世代Core i5なら、2世代前(第10世代)のCore i7に匹敵するほどの性能をもっていそうです。第12世代・・かなり良さそうな感じしかしませんね。

パーツの選び方がピンとこない方については「パソコン・スペックの選び方」という記事で解説しているので参考にして下さい。

CPU-Z ベンチマークスコア

DAIV Z7,CPU,Core i7-12700,比較,性能,レビュー,ベンチマーク

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-12700 749.2 8889.5
Core i5-12400 703.6 5007.6
Core i7-11700 659.1 6127.0
Core i7-10700 559.4 4841.8
Core i5-11400 588.1 4374.8
Ryzen 7 5800X 669.4 6739.4
Ryzen 5 5600X 645.4 4873.0
Ryzen 7 3700X 523.0 5565.5
Ryzen 5 3600 499.3 3970.2

Core i7-12700のほうがスコアは高く、Core i7-11700と比較してもシングルスレッドでは約13%、マルチスレッドでは約45%も高いです

Ryzen 5000番台と比較しても高いスコアを見せており、RAW現像や動画編集といった作業を効率的に行えるようになりました。これまではRyzenに押され気味でしたが、処理能力だけでなくアプリの親和性を加味すると「インテルを選ぶのが無難」という答えになってきそうです。

CINEBENCH R20 ベンチマークスコア

DAIV Z7,CPU,Core i7-12700,比較,性能,レビュー,ベンチマーク.R20

 CPU シングル マルチ
Core i7-12700 726 6751
Core i7-12400 659 4724
Core i7-11700 592 3788
Core i7-10700 492 3564
Core i5-11400 536 3225
Ryzen 7 5800X 621 5993
Ryzen 5 5600X 599 4233
Ryzen 7 3700X 504 4822
Ryzen 5 3600 485 3435

CINEBENCH R20のテストでもCore i7-12700が高いスコアを見せます。Core i7-11700との比率で言うとシングルで約23%、マルチでは約78%ものスコアアップです。

個人的にはシングルの数値の高さに注目しています。シングル性能が高いと多くの作業で快適性を得られる可能性が高く、RAW現像での処理の短縮化、ゲーミング性能の向上などが期待できます。この後チェックしていきましょう。

RAW現像性能チェック

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

CPU 処理時間
Core i7-12700 3分13秒
Core i5-12400 4分06秒
Core i7-11700 4分16秒
Core i7-10700 4分30秒
Core i5-11400 4分45秒
Ryzen 7 5800X 3分46秒
Ryzen 5 5600X 3分55秒
Ryzen 7 3700X 4分28秒
Ryzen 5 3600 5分39秒

正直Core i7-11700はライバルにも押されてパッとしない印象がありましたが、第12世代はしっかりと進化っぷりを見せてくれています。

RAW現像ではCore i7-11700より1分近く処理の短縮化に成功していますし、大量の現像処理を日常的に行う人には恩恵がありそうです。むしろ積極的に取り入れてよいレベルじゃないでしょうか!

動画編集能力チェック

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
Core i7-12700×RTX3060 2分52秒
Core i5-12400×RTX3050 4分14秒
Core i7-11700×RTX3060 4分40秒
Core i7-10700×RTX3080 4分31秒
Core i5-114000×RTX3060Ti 5分39秒
Ryzen 9 3900X×RTX2070S 2分56秒
Ryzen 7 5800X×RX6700XT 3分02秒
Ryzen 5 5600X×RX6700XT 4分04秒
Ryzen 7 3700X×RTX3060 3分26秒

動画編集では第11世代より2分近く処理を短縮化しています。なにをやらせても本当に速いという印象で、第12世代CPUを搭載したパソコンが欲しいという気持ちがムクムク湧いてきます!

Core i7-12700(K)がおすすめな人

こんな人におすすめ
  • 処理能力の高いPCが欲しい人
  • 最新CPUを使ってみたいという人
  • RAW現像や動画編集を日常的にする人
  • 快適性と安定性を両立したい人

Core i7-12700(K)に惹かれる人は、プロカメラマンやセミアマのような大量のRAW現像を日常的に行っている人たちかもしれません。またゲーマーや動画クリエイターにとっても魅力的に映るでしょう・・これは全方位に間違いのないCPUなのかも?

ただしご祝儀価格でまだまだ高いため、価格が落ち着いてきているRyzen CPU搭載モデルを選ぶのも手です。コスパ重視の方はこちらの記事をどうぞ。>「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

Core i7-12700(K)搭載のおすすめPC

マウスコンピューター DAIV Z7

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 外観写真

CPU Core i7-12700
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD

マウスコンピューターのクリエイターモデルである「DAIV」のミドルクラスデスクトップパソコンです。第12世代Core i7-12700×RTX3060はクリエイターに人気の組み合わせです。高解像データ編集も視野に入るほど高性能です。


フロンティア GAシリーズ(台数限定モデル)

フロンティアGAシリーズ

CPU Core i7-12700F
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060Ti
ストレージ 1TB NVMe SSD

フロンティアの台数限定セール対象のGAシリーズです。この構成で21万円台となっており、セール対象品なだけあってお得感があります。売り切れても補充が入ることがあるので、欲しい人は定期的にチェックすることをおすすめします!


ドスパラ raytrek MX

ドスパラ,raytrek,

CPU Core i7-12700
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 500GB NVMe SSD

CPUに処理能力は求めるけど描画性能はそこまで必要ないという人におすすめなのが「raytrek MX」です。グラボをGTX1650にすることで価格をぐっと抑えることができ、税込みで15万円を切るのは魅力です。写真編集など静止画中心に作業される方におすすめです。


ドスパラ GALLERIA XA7C-R36T

ドスパラ、ガレリア、XA7C-R70S

CPU Core i7-12700
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060Ti
ストレージ 1TB NVMe SSD

第12世代Core i7-12700にRTX3060Tiを組み合わせた最新のゲーミングパソコンです。DAIV Z7よりも描画性能が高く、より高度な編集作業やゲーミング性能を求める方にはおすすめです。価格は23万円台とコスパ的にもかなり優秀!


G-Tune EN-Z

G-Tune HN-Z,写真

CPU Core i7-12700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD

より高次元の処理能力を求めるユーザーへ向けたモデルです。処理能力がさらに高いCore i7-12700Kを採用、レイトレーシング技術でよりリアルなビジュアル処理を実現しています。より高負荷な作業に耐えてくれるパソコンが欲しい方向けです。


パソコン工房 LEVEL-R969-LC127K-UAX

iiyama,level,おすすめ,LEVEL-R969-LC127K-UAX,

CPU Core i7-12700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3070Ti
ストレージ 1TB NVMe SSD

パソコン工房にはCore i7-12700KとRTX3070Tiを搭載したモデルが登場!税込27万円台は決してお安くはありませんが処理能力で上をいく快適性が得られます。高解像データ編集に耐えるためにもメモリは32GBにカスタマイズするのがおすすめ!


まとめ

・Core i7-12700(K)は次世代のパフォーマンス!
・作業時間の短縮化に大きく貢献してくれる!
・クリエイティブ用途におすすめ!

Core i7-12700は性能の高さももちろん、全体的にバランスよく仕上がっているCPUだと感じます。特にシングル性能が高いので写真編集にも強さを見せてくれました。もちろん高解像動画編集にも耐えられるので、多くのクリエイターさんに検討してもらいたいCPUだと感じました。

もし他のCPUが気になるのであれば「RAW現像・写真編集におすすめのCPUは?」という記事をご覧ください。BTOパソコンショップのキャンペーン・セール情報まとめをご覧いただくとお得なパソコンが見つかるかもしれません。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。