>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Core i7-9700搭載おすすめパソコン!RAW現像や動画編集に感動を覚える処理能力の高さ

Core i7-9700,おすすめ,パソコン

パソコンパーツの中でも最も重要なのが「CPU」です。

写真編集RAW現像といった、クリエイター向けの作業はCPU負荷が高いのでできるだけ性能の良いパーツを選択しましょう。

今回はIntel製第9世代CPUの「Core i7-9700が搭載された、おすすめのパソコン」を紹介していきたいと思います。

第9世代「Core i7-9700」の性能(スコア)は?

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-9700K 14999 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
Core i7-9700 14612 3.0GHz(4.7GHz) 8コア8スレッド 65W
Core i7-8700K 14258 3.7GHz(4.7GHz) 6コア12スレッド 95W
Core i7-8700 13683 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W

インテル製の「Core i7-9700」は、第8世代の「Core i7-8700」よりもコア数が増えて、スレッド数は減りました。一方でクロック数は定格が下がり、オーバーブースト時は上がっています。これだけを見てもどんなパフォーマンスを見せるか想像ができませんね(笑)

スコアは第8世代が「13683」に対し、第9世代が「14612」で約1.07倍と、ほんのりアップしています。思ったほどの進化はしていないな…と感じたのは僕だけでしょうか?

パーツの選び方がピンとこない方については「パソコン・スペックの選び方」という記事で解説しているので参考にして下さい。

Core i7-9700KとCore i7-8700を比較

「Core i7-8700」と「Core i7-9700」のちがいが気になったので、手持ちのデータを元に比較をしたい…と思ったのですが、Core i7-9700Kのデータしか見つかりませんでした。参考までにCore i7-9700Kと比較したデータを掲載させていただきます。

Core i7-9700K Core i7-8700
CINEBENCH 1408 1405
CPU-Z 568.3(4140.2) 397.4(3646.1)
RAW現像(150枚) 4分40秒 5分31秒

CPU-Zを使ったベンチマークテストでは、コアあたりの性能の進化を感じます。もちろんマルチスコアの数値も10%ほどアップしていました。

RAW現像での実行速度をテストした結果は、ベンチテストの数値以上のモノを感じることができ「大幅な時間短縮」につながりました。毎日データ処理を実行するクリエイターにとってはCore i7-9700を選択する価値は大いにありそうです。

一般的な処理にとどまるのであれば、2つのCPUに大きな差はみられませんので買い替えるほどの理由にはならないかもしれませんね。

Core i7-9700がおすすめな人

こんな人におすすめ
  • ハイスペックなパソコンが欲しい人
  • 最新CPUを使ってみたいという人
  • 写真編集(RAW現像)を日常的にする人
  • どんな作業もストレスなくこなしたい人

Core i7-9700に惹かれる人は見せかけの数字ではなく、あくまでも処理速度短縮化につなげたいプロ志向の強いユーザーだ思います。Core i7-8700から入れ替えも十分に視野に入れても良いと思います。

Core i7-9700搭載のおすすめPC

DAIV Z7

CPU Core i7-9700
メモリ 16GB
グラボ Radeon RX 5700 (8GB)
ストレージ 256GB NVMe SSD + 2TB HDD

マウスコンピューターのクリエイターモデルである「DAIV」から新しいデスクトップパソコンが登場しました。第9世代CPU「Core i7-9700」と「Radeon RX 5700」の組み合わせです。4K解像度データ処理に対応したいユーザーは、このあたりのスペックがおすすめです。


ドスパラ ガレリアXV

ドスパラ ガレリア

CPU Core i7-9700
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060SUPER
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD

税別15万円台から購入可能なガレリアXVのRTX2060SUPER搭載モデルです。ドスパラのガレリアは、ゲーミングPCとして信頼できる実績を構築。起動も速く、処理能力も高いので、写真、動画コンテンツ制作におすすめです。


フロンティア GAシリーズ

フロンティアGAシリーズ

CPU Core i7-9700F
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 2080 SUPER
ストレージ 1TB NVMe SSD + 3TB HDD

フロンティアのGAシリーズは、税別179,800円という価格ながら性能の高さが魅力です。特に最高クラスのグラフィック性能をもつ、RTX2080SUPERを搭載している点が見逃せません。高負荷な作業を行うクリエイターにとっては助けになるはずです!台数限定ですので要チェックです。


パソコン工房 iiyama LEVEL-M0B6-i7-TWSX

パソコン工房,level

CPU Core i7-9700
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ 512GB NVMe SSD

パソコン工房にはCore i7-9700と2070SUPERを搭載していながら、税別17万円台というモデルがります。マルチ処理が必要となる動画編集などにおいてパフォーマンスを発揮してくれます。


まとめ

・Core i7-9700は高パフォーマンス!
・第8世代とのスコア差は僅かだが体感はそれ以上!
・クリエイティブ用途なら載せ替えを検討OK!

Core i7-9700の素晴らしさが伝わったでしょうか?一般的な作業や、ボリューム感がない作業でしたら旧世代とはあまり変化ありません。しかし大量のデータを扱ってみれば、その違いは如実に表れてきます。そういう意味では、ちょっと感動的なCPUでもありました。

もし他のCPUが気になるのであれば「RAW現像・写真編集におすすめのCPUは?」という記事をご覧ください。BTOパソコンショップのキャンペーン・セール情報まとめをご覧いただくとお得なパソコンが見つかるかもしれません。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。