>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Core i7-9700とRyzen 5 3600を比較!コスパで語れない性能をチェック

パソコンのコアパーツであるCPUに、AMD製のRyzenがあります。Ryzen CPUも第3世代(Zen2)に突入しパフォーマンスが向上。Gen4に対応するなど新しい扉を開いた感があります。

そこでIntelとAMDのCPUを比較してみたいと思います。対象は「Core i7-9700K」「Ryzen 5 3600」です。「実際にどこが変わったの?」「性能はあがったの?」「買い替えは必要?」という疑問もあるかと思います。

ベンチスコアをとったり、写真編集動画のレンダリングにかかった時間も計測しました。このような比較はあまり目にしなかったので是非参考にしてください。

マウスコンピューター/G-Tune

Core i7-9700K vs Ryzen 5 3600

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

CPUスコア

CPU スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 5 3600
20036 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i7-9700K 17696 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W

「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

注意

掲載されたスコアはPASS MARK社が開示しているデータであり、性能を約束するものではございません。

AMDが第3世代で進化したポイント

特徴
  • Zen2アーキテクチャを採用
  • PCI-Express Gen.4に対応
  • 世界初の7nm製造プロセスを採用

一番の特徴はプロセスルールが変更され高クロック化したことです。クロックが上がったことで、より効率的に処理が行えるようになりました。これによりAMDのCPUが、Intelのシェアを奪いつつあります。

CPUスコアを見ると「Core i7-9700Kが17696」「Ryzen 5 3600が20036」となっています。グレード的にはRyzen 5のほうが下でも、Core i7と同等・・というかちょっと上ですね。

第3世代Ryzenが搭載できるマザーボードは、全てではありませんがGen4にも対応しています。より高速なNVMe SSDや、グラフィックカードを搭載できるとあって、CPUの性能差だけで語れない面もあります。

DAIV A7,SSD,gen4,Cドライブ

Gen4 SSDは理論値で5000MB/s

さらには、新たにRyzen 9や、64コアのRyzen Threadripper 3990Xも投入され勢いは止まるところを知りません。プロユースとしても注目されています。

ちょっとAMDよりの情報が続きましたが、実際にテストを重ねていくとインテルCPUの良さも出てきます。特に安定性といった面では信頼感がありますので、この後のテスト結果も楽しんで読んでもらえると嬉しいです。

比較に使ったパソコン

名前 DAIV DGZ530
自作パソコン
画像 DAIV-DGZ530S4-M2SH2 外観写真 NO PHOTO
CPU Core i7-9700K Ryzen 5 3600
GPU RTX 2060(6GB) RX570(8GB)
メモリ 16GB
SSD 256GB NVMe SSD
HDD 2TB 1TB
チップセット Intel Z390チップセット AMD B450 チップセット
電源 700W 500W
マウスコンピューター:https://www.mouse-jp.co.jp/

CPU、GPU以外はできるだけスペックを揃えて比較ができました。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CPU-Zによるスコア

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 cpuz Core i7-9700K
Core i7-9700K

CPUZ Ryzen 5 3600 スコア
Ryzen 5 3600

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-9700K 566.0 4326.4
Ryzen 5 3600 499.3 3970.2

CPU-Zのテスト結果では、シングル・マルチコアともにCore i7-9700Kが10%ほど良いスコアを出しました。このスコアはRAW現像などの処理に直結するイメージもあるので、無視できない結果です。

CINEBENCH 15のスコア

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 cinebench rtx2060
Core i7-9700K

CINEBENCH Ryzen 5 3600 スコア
Ryzen 5 3600

Core i7-9700K 1493
Ryzen 5 3600 1529

CINEBENCHのスコアは、Ryzen 5 3600のほうが若干上。とは言え誤差程度ですので、ほとんど差はないと言ってもよいでしょう。

Ryzen 5 3600が2万円台半ばのCPUだということを思えば、すごいことだと思います!

RAWの一括変換にかかった時間を比較

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

Ryzen 5 3600 5分39秒
Core i7-9700K 4分35秒

RawTherapeeというソフトを使ってJPEGへの一括変換をテストしたところ、Core i7-9700Kが速いという結果になりました。

写真現像は1コアあたりの性能が重要な部分があるので、その点ではインテル製のCPUが有利に働いたようです。

ポイントは150枚の現像で1分の差を大きいと見るか?小さいと見るか?です。日常的に写真現像を行う人ならCore i7-9700Kがおすすめですが、一回当たりの処理枚数が少ない人はあまり気にならないような気もします。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

Core i7-9700K 4分46秒
Ryzen 5 3600 3分47秒

動画のレンダリングではRyzen 5 3600がおすすめ!

1分近くも処理時間に差が出てしまいました。動画編集においてはグラボも重要ですが、Core i7-9700Kに組み合わせていたRTX2060のほうが高性能なのに・・・

マルチコア(スレッド)が多く、並行処理が得意なRyzenらしいと言えばそうですが、ここまで差が出るとは思いませんでした。

Core i7-9700 vs Ryzen 5 3600 まとめ

・Ryzen 5 3600 vs Core i7-9700Kはすみわけが可能
・RAW現像ではCore i7-9700Kがおすすめ
・動画レンダリングはRyzen 5 3600がおすすめ
・コスパで見るとRyzen 5は優秀なCPU!

記事執筆時点の価格は「Core i7-9700Kが4.5万円」「Ryzen 5 3600が2.5万円」となっています。約2万円も差がありながら並べて語れるというのも皮肉なものです。

2万円でSSDを高速化したり、メモリを追加、グラボを強化したほうが快適性は高まるかもしれません。少なくとも数年前のパソコンを使っている人なら、その性能の進化っぷりに感動するでしょう。

「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする
「Core i7-9700」搭載のおすすめパソコンをチェックする

おすすめパソコン

DAIV Z7

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 外観写真

CPU Core i7-9700
メモリ 16GB
グラボ Radeon RX 5700 (8GB)
ストレージ 256 SSD + 2TB HDD

マウスコンピューターのクリエイターモデル「DAIV Z7」です。安定性の高いインテルCPUを採用したミドルクラスモデル。グラフィックの性能も高いので、映像編集やゲームもカバーできる点が嬉しい。


ドスパラ ガレリアXF

ドスパラ ガレリア

CPU Core i7-9700F
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX2070SUPER
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD

ドスパラの「ガレリアXF」はゲーマーにも高い人気があるモデル。高性能なパーツを使用することで、ノンストレスで快適なPCライフをおくれます。


G-Tune PM-A

G-Tune

CPU AMD Ryzen 5 3600
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1650 (4GB)
ストレージ 256GB M.2 SSD

Ryzen 5 3600とGTX1650のライトユーザー向けの構成。税別で8万円台という低価格が魅力的!カスタマイズベースとしてもおすすめできる1台です。


フロンティア GAシリーズ(台数限定モデル)

フロンティアGAシリーズ

CPU Core i7-9700F
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 2080SUPER
ストレージ 1TB NVMe SSD + 3TB HDD

フロンティアのGAシリーズの台数限定モデルです。フロンティアはあまり知られていませんが、国内生産の高品質なパソコンを提供しています。グラフィック性能が高いので、4K動画編集や最新タイトルを遊びたいならおすすめ!


ドスパラ ガレリアRF5

ドスパラ ガレリア

CPU Ryzen 5 3600
メモリ 8GB
グラボ GeForce RTX2070SUPER (8GB)
ストレージ 240GB SSD + 1TB HDD

グラフィク性能をさらに求めたいなら、ドスパラのガレリアRF5がおすすめ!RTX2070SUPER搭載なので、動画重視のパーツ構成にしたい人や、144Hzでゲームをプレイしたい人なんかにおすすめです。


パソコン工房 LEVEL-M0B4-R52X-ROR-RTC

パソコン工房 Level

CPU Ryzen 5 3600
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX2060 (6GB)
ストレージ 240GB SSD + 1TB HDD

少し小さなパソコンが欲しいならパソコン工房のLevelブランドもおすすめ。グラフィックがRTX2060なので、ちょっとした4K動画編集が可能です。ゲーミング性能も高く、最新ゲームを高設定で遊びたいならこれでしょう。赤いラインもカッコいい。


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】