>> RAWCOM限定パソコン販売中!

DAIV 5P(2020)レビュー!RAW現像や動画編集などの初心者やモバイル用途におすすめのクリエイトPC

DAIV 5P,レビュー,ブログ,評価,感想,実機

マウスコンピューターよりDAIV 5P(2020)をお借りしましたのでレビューします。

DAIV 5Pは15.6型のノートPCで、Core i7-10750H×GeForce GTX1650を搭載しています。従来モデルよりも大幅に軽量化され約1,53kgはこのクラスとしては最軽量の部類です。しかも約18.5時間のバッテリー駆動時間を誇りモバイル環境の強さがウリとなっています。

Core i7-10750Hの処理能力はクリエイトワークを快適にこなせるほど高いですし、独立グラボも搭載されておりバランス感覚に優れたモデルだと思います。

この記事では、ベンチテストだけでなく、写真編集や動画編集に使ってみた感想も書いています。ぜひ参考にしてください。

マウスコンピューター期間限定セール

DAIV 5P(2020)をレビュー!

DAIV 5P,2020,公式,写真,価格,比較
公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

マウスコンピューターのDAIV 5P(2020)は、クリエイター向けに販売されているハイスペックなモデルです。

シリーズの中堅的な役割を担う存在で、重量は約1.53kgと15.6型ノートパソコンとしては軽量です。従来モデルよりも薄型軽量化されただけではなく、パーツを最新世代に入れ替えパフォーマンスを向上、さらにバッテリーでの駆動時間を伸ばすなどモバイル適正を大幅に伸ばしてきた印象です。

それでは基本構成(スペック)を確認していきましょう。

DAIV 5P(2020)の基本構成(スペック)

型番 構成 税別価格
DAIV 5P(2020) Core i7-10750H / 16GB / GeForce GTX1650 / 512GB  SSD 139,800-
公式HP >>詳細を見る

表は記事執筆時の内容で、変更になる可能性があります。

最新世代のCore i7-10750Hを搭載しているのでクリエイトワークには十分な性能をもたせてあります。グラボはエントリークラスのGTX1650ですが写真やフルHDの動画編集といった作業には快適にこなせるレベルです。ちょっとした3Dゲームも遊べるので息抜きにも良いでしょう。こだわった作業は苦手ですが割と万能感のある構成だと思います。

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

CPU Core i7-10750Hの性能

mouse K7,CPU,Core i7-10750H,ベンチ

搭載されているCPUは第10世代のCore i7-10750Hです。6コア12スレッドのCPUで、通常は2.6GHzで動作し、負荷がかかった時にはオーバーブーストで最大5.0GHzまでオーバークロックします。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-10750H 12688 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-9750H
11427 2.6GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-8750H
10241 2.2GHz(4.1GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-9700
13726 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
Core i7-8700 13111 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W

PASSMARKの公開データによると「Core i7-1075Hが約12700」「Core i7-9750Hが約11400」です。約11%高性能化している計算になります。

コア数などは従来モデルから据え置きですが、オーバークロックの数値が上がっているので高負荷な作業では性能に期待がもてます。実際にRAW現像や動画編集で使ってどの程度変化があるのか気になるところですね。この後じっくりチェックしていきます。

CPU-Zによるベンチマークスコア

CPU-Zによるスコアは以下の通りです。

DAIV 5P,Core i7-10750H,CPUZ,性能,ベンチ

CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-10750H 471.9 3223.3
Core i7-9750H 510.7 3629.0
Core i7-7700HQ 396.1 1976.6
Core i7-8700K 508.5 3970.2

DAIV 5P(2020)は、シングルスレッドのスコアが471.9、マルチスレッドが3223.3となりました。本当にデスクトップパソコン並みですね。従来モデルに搭載されているCore i7-9750Hよりも低い数字に留まっているのが気になります。

CINEBENCHによるベンチマークスコア

CINEBENCH R15によるスコアは1132でした。

 CPU スコア
Core i7-10750H 1132
Core i7-9750H 1238
Core i7-8750H 1026
Core i7-7700HQ 723

Core i7-9750Hと比較しても約9%スコアを落としています。実作業に及ぼす影響は多少なりともありそうですね。

本来ですと約10%ほどスコアを伸ばしても良いと思うのですが、DAIV 5Pには足かせとなっている面が潜んでいるのかもしれません。

CINEBENCH R20によるスコアも計測してみました。

DAIV 5P,Core i7-10750H,性能,ベンチ,R20

 CPU スコア(シングル/マルチ)
Core i7-10875H 495/4151
Core i7-10750H 471/2566

上位モデルのCore i7-10875Hと比較するとさすがに物足りない数字ですが、処理がもたつくといったことはありません。普通に快適に使えています。

ストレージ性能

DAIV 5P,2020,SSD,転送速度,

CドライブはNVMe対応のSSDですので2000MB/s程度の読み込み速度になっています。速度にこだわりたい人は、最大3,000MB/sを超えるNVMe SSDにカスタマイズするのがおすすめです。

SSDHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

DAIV 5Pのグラフィック性能・ゲームスコア

DAIV 5P(2020)に搭載されているグラフィックはGeForce GTX1650です。

CINEBENCHのベンチマーク

DAIV 5P,Core i7-10750H,性能,ベンチ,R15,GTX1650

結果は120.05fpsでした。

過去にテストした結果ですと、GTX1660Tiで118.94fps、デスクトップのRTX2060SUPERで142.87fpsという結果もあります。意外と悪くないんじゃないでしょうか。

FF15(重たいゲーム)のベンチマーク

DAIV 5P,性能,ベンチ,ゲーム,GTX1650,FF15

GPU 設定(標準品質) スコア
RTX2060 3840×2160 普通(4055)
1920×1080 とても快適(11166)
GTX1650 3840×2160 動作困難(1866)
1920×1080 やや快適(5128)

フルHDの標準設定なら「やや快適」にプレイ可能なので、国内タイトルを動かすという意味では活躍してくれそうです。画質は適宜調整が必要でしょうが非力なマシンという印象は受けません。

ただし、ここでも同程度のパソコンと比較すると約10%ほどスコアを落とす結果になっています。おそらくメモリがシングルチャンネルになっているためだと思われます。

GTX1650はエントリー向けのグラボになるので、高解像データ(4K)の処理とかを求めるのは酷です。ベンチ中もカクカクとした描写だったのでプレイに支障が出るレベル。

RAW現像にかかる時間は?

150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「4分55秒」でした

無料ソフトの「RawTherapee」を使って現像。JPEG品質は90%、高画質での変換になります。このソフトはかなり重たいのですが、画像の表示も速く、編集を当てても一瞬なので快適でした。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU A機 B機
Core i7-10750H 6分10秒(DAIV 5P) 5分10秒
Core i7-9750H 5分25秒 5分35秒
Core i7-8750H 6分19秒 6分32秒
Core i7-7700HQ 7分34秒 7分22秒

Core i7-10750HのRAW現像処理能力はノートパソコンではトップクラスです。

しかしほとんど同じ構成のノートパソコンに1分近く差をあけられる結果に・・・パフォーマンス重視の人からするとネガティブなニュースかもしれませんが、DAIV 5Pの本領が発揮できるのはモバイル環境下です。

軽さと長いバッテリー駆動時間を考えると、このくらいのことは目をつぶっても良い気はします。

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約7分54秒でした。データ容量は3.67GBですが、正直実用範囲を超えています。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

モデル 構成 処理時間
DAIV 5P(2020) Core i7-10750H×GTX1650 7分54秒
G-Tune H5 Core i7-10875H×RTX2070S 4分39秒
DAIV 5N Core i7-10875H×RTX2060 4分58秒

本来4K動画編集には足りないスペックだと思いますが、ちょっと色味を変えたり、動画をつないだりといった簡単な処理ならリアルタイムで行うことができました。処理時間はやはりちょっと長めです。

ただし本格的な4K動画編集は避けたほうが無難だと思います。フルHDクラスなら快適なので動画クリエイターの持ち出し用としても活躍が期待できそうだと思いました。

PCMARK10のスコア

DAIV 5P,性能,PcMark

PCMark10 score Essentials Productivity Digital Content Creation
4928 8746 7507 4949
  • Essentials:基本的な性能を測定
  • Productivity:office系の性能を測定
  • Digital Content Creation:写真・動画編集などの性能を測定

結果は4928でスタンダードクラスのクリエイトノートかなといった印象。高くも低くもありません。

パソコンはうるさい?静音性は?

DAIV 5P(2020)で高負荷な作業を行っているとファンの音は気になりました。耳障りという感じでもありませんでしたが、薄型ボディなので割とデリケートな管理をしている印象も。冷却機能を最大にした場合は外で人目をひいちゃうかもしれません。

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

パソコンがいつ手に入るか気になる人も多いでしょう。記事執筆時点での出荷予定日はだいたい「注文が確定してから3営業日」でした。これはカスタマイズをした場合でも変わりません。BTOパソコンとしては早い方だと思いますが、すぐにでも手元に欲しいといった人は直営店で購入するのがいいかもしれませんね。

注意

当日15時までに注文が確定した場合の目安で、土日祝は注文が確定されません。早く手元にパソコンが欲しい場合は注意しましょう。

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV 5P(2020)を写真でチェック!

性能面の話が続きましたが、ここからは外観やデザインなどを含めて使ってみた感想に移りたいと思います。

DAIV 5P,写真,デザイン,

DAIV 5P(2020)はシルバーでDAIVのロゴが入っているのみ。マグネシウム合金採用のボディに安っぽさはなく、薄型なのでPCバッグへの収まりも良さそうです。軽さと剛性を両立しているのが嬉しいですよね!

サイズは356×233×17.9 mmで重量1.53kgです。持ってみるとズシっとした重量感は感じますが、リュックなどに入れるとそれほど重量は感じなくなります。軽くて非力なマシンは市場にたくさんありますが、DAIV 5Pのようにほどよく高性能で、ほどよく軽いモデルはアドバンテージがあると思います。

DAIV 5P,写真,キーボード

DAIV 5P,写真,ACアダプター

ACアダプターはやや大きめですが、バッテリー駆動時間は約18.5時間と長いので意外と必要とせずに乗り切れるシーンは多いと思います。仕事で使っても1日乗り切れるはず。

DAIV 5P,写真,キーボード

キーボードは一番右側の縦一列にキーが搭載された独特な配列。これはすぐになれますが、せっかくの15.6型なのでテンキーは欲しかったかもしれない。

インターフェース

DAIV 5P,写真,インターフェース

・microSDメモリーカード
・HDMI
・USB2.0
・USB3.0(Type-A/Type-C)
・ヘッドフォン(マイク)端子、など

最大2.4Gbpsの高速通信を可能にするWi-Fi 6にも対応しているのでオンラインゲームを存分に楽しむことができます。

DAIV 5P(2020)のイマイチなポイント

・理論値に届かない性能
・メモリがシングル
・PD非対応

DAIV 5P(2020)は薄型志向に向いたからか、理論値に届かない印象を受けました。似た構成のライバル機よりもパフォーマンスを落とす傾向にあり、性能が絶対正義!というような人には向きません。

GTX1650はライトなフルHD映像を扱うには十分ですが、ゲーミングや本格的な動画編集にはやや物足りない印象もあります。そこらへんを求める方には別のモデルも検討の余地ありかもしれません。

DAIV 5P(2020)はこんな人におすすめ

おすすめな人
  • コスパの良いノートパソコンが欲しい人
  • グラフィック性能はそこそこで良い人
  • RAW現像や動画編集にも使いたい人
  • ビジネスやカジュアル用途でPCを使いたい人

DAIV 5P,2020,公式,写真,価格,比較
公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

DAIV 5P(2020)の感想まとめ

DAIV 5P(2020)をレビューしてきました。

15.6型の見やすい液晶と、ほどよいパフォーマンスでまさにスタンダードノートという印象。RAW現像や写真編集もこなせ、モバイル性も非常に高い。これで税込み15万円というのはなかなかのコスパだと思います。色域もNTSC比約72%とウェブコンテンツ制作なら十分すぎるでしょう。

カジュアルに楽えるので初心者にもおすすめですし、モバイル専用パソコンとしての可能性も感じました。

マウスコンピューターは国内生産ですし、サポート体制や、アフターフォローも手厚いので万が一のトラブルの時にも誠心誠意対応してもらえるだろうという期待感がもてますから安心です。ラインナップは豊富なので、他にも気になるモデルがあれば要チェックですよ!

>>マウスコンピューターのおすすめパソコンをもっと見る

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由