>> RAWCOM限定パソコン販売中!

DAIV A5レビュー!Ryzen 5 5600X搭載でRAW現像や動画編集に最適なデスクトップPC

DAIV A5,レビュー,ブログ,評価,感想,口コミ,比較,おすすめ,

マウスコンピューターより「DAV A5」の実機をお借りしましたのでレビューします。

Ryzen 5 5600X×GTX1650(GDDR6版)を搭載しており、RAW現像や動画編集といった作業を楽しめます。無骨でカッコいいデザインの筐体は所有欲を満たしてくれますし、描画性能もそこそこ高いのでライトゲーマーにもおすすめです。

各ベンチソフトの結果や、実際にRAW現像にかかった時間なども掲載していますので参考にして下さい。

DAIV A5の特徴

DAIV A5,レビュー,ブログ,評価,感想,比較,価格,公式写真
公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

マウスコンピューターのDAIV A5はライトユーザー向けのデスクトップPCです。

ライトユーザー向けとは言え、クリエイター向けのモデルなので基本的に性能は高めに仕上がっています。Ryzen 5 5600Xは処理能力が高く人気を集めています。このCPUは、DAIV Aシリーズの上位モデルにも採用されているので、DAIV A5は「処理能力が高いパソコンを安く手に入れたい人におすすめ」となっています。

GeForce GTX1650(GDDR6版)は描画性能もそこそこ高く、従来のミドルクラスに匹敵するほどです。そのため軽めのゲーム、フルHDクラスの動画編集くらいは快適にこなせます。また、ハンドルやタイヤを標準装備しているので事務所間の移動や、デスク下から引き出して背面へアクセスが簡単になっています。

一言で表すなら、コスパ抜群のモデルと言えるでしょう。

DAIV A5のスペック

DAIV A5,レビュー,ブログ,評価,感想,口コミ,比較,おすすめ,分解,増設

型番 DAIV A5
OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Ryzen 5 5600X
グラフィックス GeForce GTX 1650(GDDR6版)
メモリ 16GB(最大64GB)
ストレージ 256GB NVMe SSD + 1TB HDD
 電源 500W 【80PLUS BRONZE】
サイズ 約190×490×410
重量 約10.8kg
価格 164,780円〜
リンク >詳細を見る

DAIV Aシリーズの中では下位モデルに位置しますが、一般向けモデルとはちがいグラボが搭載されていたり、メモリやストレージの拡張性に優れるなどの特徴があります。

DAIV A5には複数のバリエーションが存在しており、GeForce RTX3060やRadeon RX6600XTを搭載したモデルも確認できました。描画性能を求めるならこうしたモデルを購入するのもありだと思います。ちなみに世代が少し前のGTX1050T搭載PCも存在しており、さらにお安く購入できます。ただしセール状況によっては価格が逆転したり、パーツ供給が安定しないことからいつ販売が終了するか予測がつきませんので注意してください。

公式サイトでDAIV A5を確認する
公式サイトでセール状況を確認する

また、この他にもIntel CPUを採用したDAIV Zシリーズがあります。→Coore i7-12700搭載!DAIV Z7レビュー

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

DAIV A5の外観チェック

DAIV Z7,本体写真,価格,比較,公式画像,マウスコンピューター

DAIVのデスクトップはモデルに限らず筐体は共通となっています。ツヤ消しのブラックカラーで無骨なイメージを演出。BTOメーカーの中でもトップクラスにカッコいいデザインだと思っています。

DAIV Z7,本体写真,価格,比較,公式画像,マウスコンピューター

電源スイッチはダイヤル式となっており、車やバイクにキーを刺して点火させるイメージなんだとか。電源ボタンに1つにしても工夫があるので気分が上がってしまいますよね!

フロント部はUSBコネクタ、イヤホンジャックなどの各種デバイスを接続しやすいようになっています。少しだけ斜度をつけているのも「こだわり」なんだとか。

DAIV Z7,本体写真,価格,比較,公式画像,マウスコンピューター

エアフローはフロントとサイド側から吸気し、熱をもちやすいグラフィックに直接風があたるような設計になっています。フロントにはメッシュパネルも付属していますのでホコリの侵入を防ぐ徹底ぶり。

DAIV Z7,本体写真,価格,比較,公式画像,マウスコンピューター

スタジオ内での移動を想定しているため、ハンドルやキャスターが標準装備されています。仮にそうしたクリエイターではなくても、デスク下から引き出す際や、パソコンをかつぐ際に上下のハンドルを両手でつかめたりと便利です。

重量があるモデルなので少し心配ですが、形成部分とつなぎ目には板金補強しているので重量を気にすることなく使っても平気なんだとか。

DAIV A5のインターフェース

・DisplayPort×3、HDMI×1
・USB3.0×8(前面 Type-A×2 / 背面 Type-A×6)
・ネットワーク×1(背面 2.5GBASE-T/1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応(RJ-45)×1)
・ヘッドフォン出力、マイク入力、等

モデルによって表記内容と異なる場合があります。

CPU Ryzen 5 5600Xの性能

DAIV A5,CPU,Ryzen 5 5600X,比較,性能,レビュー,ベンチマーク

DAIV A5に搭載されているCPUはRyzen 5 5600Xです。6コア12スレッドのCPUで、通常は3.7GHzで動作し、負荷がかかった時にはオーバーブーストで最大4.6GHzまでオーバークロックします。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 7 5800X 28493 3.8GHz(4.7GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 5 5600X 22161 3.7GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Ryzen 7 3700X 22742 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 3600X
18309 3.8GHz(4.4GHz) 6コア12スレッド 95W
Core i7-12700 32117 2.1GHz(4.9GHz) 12コア20スレッド 65W
Core i5-12400 19333 2.5GHz(4.4GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i7-11700 21469 2.5GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 95W
Core i7-10700 17632 2.9GHz(4.8GHz) 8コア16スレッド 65W

PASSMARKの公開データによると「Ryzen 5 5600Xは22161」となっており、従来のRyzen 7に匹敵するほどのスコアです。従来モデルの「Ryzen 5 3600X」よりも約21%高いスコアなの進化を感じられますよね!

スコアだけで見るならCore i7-11700とも勝負ができるレベルで、クラス以上の処理能力を有しているCPUといった印象を受けます。ただし最新の第12世代には逆転を許しています。(今後のRyzenの動きが気になります)

デスクトップとノートPCCPUの性能の違いとは?

CPU-Z ベンチマークスコア

DAIV A5,CPU,Ryzen 5 5600X,比較,性能,レビュー,ベンチマーク

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Ryzen 7 5800X 669.4 6739.4
Ryzen 5 5600X 638.5 5000.6
Core i7-12700 749.2 8889.5
Core i7-11700 659.1 6127.0
Core i9-11900K 713.5 6546.1

シングルスレッドのスコアが638.5、マルチスレッドが5000.6となりました。

他のCPUスコアが高すぎるので見劣りするように感じるかもしれませんが、多くのユーザーにとっては十分すぎる処理能力です。逆に高いお金を払っても持て余してしまう(オーバースペック)可能性もあるので、しっかりと落としどころは判断したいところです。

CINEBENCH R20 スコア

DAIV A5,CPU,Ryzen 5 5600X,比較,性能,レビュー,ベンチマーク,R20

CPU シングル マルチ
Ryzen 7 5800X 621 5993
Ryzen 5 5600X 595 4415
Ryzen 7 3700X 504 4822
Core i7-12700 726 6751
Core i7-11700 592 3788
Core i7-10700 492 3564

CINEBENCH R20のスコアはシングルで595、マルチで4415となりました。

従来のRyzen 3000番台はコスパは良かったものの、シングル性能がそこまで高くなかったので作業によっては良い結果が見られないこともありました。それが5000番台になりシングル性能が高まったので、弱点は消えたといってよいでしょう。(その代わり価格が上がってしまいましたが・・)

RAW現像や動画編集といった実作業でどれくらい差が出てくるのか?この後にしっかりと確認していきましょう。

ストレージ性能

SSD,転送速度,実測,ストレージ,容量,増設

ストレージは実測値で2500MB/s程度の読み込み速度でした。この規格としては標準的な速度ですが、パソコンの起動も速く、サクサク快適に動作してくれます。逆にこれ以上の速度を求めても、一般ユーザーには体感レベルでちがいが感じられない可能性が高いですので十分かと思います。

SSDHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

GeForce GTX1650のグラフィック性能・ゲームスコア

DAIV A5,性能,ベンチマーク,グラボ,GTX1650,メーカー,ゲーミング性能,ゲーム,比較

DAIV A5に搭載されているグラフィックはGeForce GTX1650(GDDR6版)です。

ゲーム(FF15)のベンチマーク

DAIV A5,性能,ベンチマーク,グラボ,GTX1650,メーカー,ゲーミング性能,ゲーム,比較

モデル 設定 結果
DAIV A5
(GTX1650 GDDR6)
1920×1080(標準品質) やや快適(5658)
DAIV X7
(GTX1660)
1920×1080(標準品質) 快適(7441)
DAIV Z7
(RTX3060)
3840×2160(標準品質) 普通(4331)
1920×1080(標準品質) とても快適(11613)
GALLERIA RM5C-R36T
(RTX3060Ti)
3840×2160(標準品質) 普通(5341)
1920×1080(標準品質) とても快適(12738)

重量級タイトルのFF15ですが、4Kでは当然の如く動作困難、フルHD標準品質でやや快適という結果になりました。フルHDでも画質を調整しながら遊びたい(画質は気にしない)層向けといったところでしょうか。

上位のGTX1660との差は約32%と小さくありません。最新タイトルをプレイしたり、長く使うことを想定しているなら少しグレードを上げても良い気がします。

特にRTX3060Ti以上になると一気にゲーミングスコアも向上します!RTX3060TiやRTX3070なら、最新ゲームでも高設定、高フレームレートが期待できます。

RTX3080搭載!おすすめパソコン
RTX3070搭載!おすすめパソコン
RTX3060Ti搭載!おすすめのパソコン

RAW現像にかかる時間は?

現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。このソフトはかなり重たいのですが、画像の読み込みも速く、編集を当ててストレスなく反映されるので快適に感じました。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
Ryzen 7 5800X 3分46秒
Ryzen 5 5600X 3分55秒
Ryzen 9 3900X 3分51秒
Ryzen 7 3700X 4分58秒
Core i7-12700 3分13秒
Core i7-11700 4分16秒
Core i7-10700K 4分30秒
Core i9-11900K 3分56秒

150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「3分55秒」でした。

従来のRyzen 9やCore i9と同等クラスの処理能力を見せてくれています。乱暴な言い方をしてしまえば、RAW現像目的ならRyzen 5 5600Xで十分と思いますし、そのように考える人も多いはずです。

RAW現像はシングル性能が高いと良い結果が出やすい傾向もありますので、従来の3000番台で感じたちょっとした苦手意識も消えているように感じました。

動画の書き出しにかかる時間は?

Resolveを使ったテストです。書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
Ryzen 7 5800X×RX6700XT 3分02秒
Ryzen 5 5600X×RX6700XT 4分04秒
Ryzen 5 5600X×GTX1650 4分06秒
Core i7-12700×RTX3060 2分52秒
Core i7-11700×RTX3060 4分40秒
Core i9-11900K×RTX3070Ti 3分24秒
Core i7-10700K×RTX2070S 3分34秒

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は4分06秒でした。

書き出し時間だけでみると悪くはないのですが、さすがに高解像データ編集は苦しい印象。こだわった編集を行う人ならもう少しグレードの高いグラボを選ぶほうが無難です。

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

パソコンがいつ手に入るか気になる人も多いでしょう。マウスコンピューターの出荷予定日はだいたい「注文が確定してから4~5日程で出荷」です。これはカスタマイズをした場合でも変わりません。

試しに公式サイトでDAIV A5の出荷予定日を確認してみると5日程度で出荷が可能となっていました。年末年始の需要で工場が混んでいる可能性もあるので、急ぎの人は早めの注文をしたほうが良いかもしれません。今年は雪も多いですから・・・

注意

当日15時までに注文が確定した場合の目安で、土日祝は注文が確定されません。早く手元にパソコンが欲しい場合は注意しましょう。→納期を確認する

DAIV A5のデメリット

・3000番台のようなコスパ抜群さはない
・カスタマイズが選べない
・マウス・キーボードが付属しない

DAIV A5はしっかりと処理能力で、一般ユーザーが納得して使えるだけのしっかりとしたパフォーマンスが備わっています。ただし16万円ほどとなっておりミドルクラスに手が届く価格帯であることがネックです。

クリエイトモデルらしいこだわり(拡張性)や、国産生産であることを考えてももう少し安くできなかったのか・・・と感じてしまいます。Ryzenの性能が上がったことや、PCパーツの供給不足、昨今の事情を考えても高騰するのは仕方ないのですが・・・そういった事情はカスタマイズ項目にも影響しているのか上位パーツを選択できないのも自由度が低いと感じますね。

※記事執筆時点では22000円OFFのセール対象に入っています!この価格なら納得できますのでセールをうまく活用してお得にPCをゲットしましょう。公式サイトのセールをチェックする

DAIV A5はこんな人におすすめ

おすすめな人
  • ほどよい性能のクリエイトPCが欲しい人
  • 写真現像、動画編集などカジュアルに楽しむ人
  • 自分でカスタマイズして楽しめる人
  • コスパを重視したいという人

DAIV A5の感想まとめ

DAIV A5をレビューしてきました。

Ryzen 5 5600Xのしっかりとした処理能力を土台に、RAW現像や動画編集も楽しめるデスクトップに仕上がっていると感じました。トップクラスの処理能力という訳ではありませんが、一部のプロを除いて多くのユーザーに受け入れられるモデルだと思います。価格は少ししますがセールなどをうまく活用すれば、納得感のある買い物ができるでしょう。

マウスコンピューターは国内生産ですし、サポート体制や、アフターフォローも手厚いので万が一のトラブルの時にも誠心誠意対応してもらえるだろうという期待感がもてますから安心です。

>>マウスコンピューターのおすすめパソコンをもっと見る

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。