>> RAWCOM限定パソコン販売中!

ドスパラ GALLERIA UL7C-R36レビュー!ゲームもクリエイトもこなせる高性能ノートPC

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,ブログ,評価,感想,ベンチマーク,,

ドスパラを展開するサードウェーブとインテルの共同設計となるゲーミングノート「GALLERIA UL7C-R36」をレビューします。

Core i7-11800H×GeForce RTX3060を搭載した高性能ゲーミングノートPCで、15.6型フルHD/240Hzモニター採用により最高クラスのゲーミング体験を味わえる製品に仕上がっています。高性能ながら重量は2kgを切っており場所を選ばずにゲームやクリエイティブ作業を楽しむことができます。

各ベンチマークソフトの結果や、実際にRAW現像、動画編集にかかった時間などを掲載してレビューしておりますので参考にしてもらえたらと思います。


ドスパラ GALLERIA UL7C-R36の性能

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,ブログ,価格,比較,公式写真,GALLERIA UL7C-R37,

公式HP:https://www.dospara.co.jp

ドスパラで販売されているGALLERIA UL7C-R36は、最高のゲーム体験を味わえることをコンセプトに販売されています。

CPUにはCore i7-11800Hが採用されており、デスクトップパソコン並みの処理能力を発揮します。性能面でボトルネックを感じることはほぼなく、強力なグラボと合わせて高解像データ処理もこなせるほどになっています。ゲームはもちろん4K解像度の映像処理、RAW現像など幅広い用途に対応できます。

駆動時間は10時間にせまるほど(約9.6時間)でモバイル面でも優秀。重量は約1.96kgと従来モデルよりもわずかに重たくなってしまったものの性能を考えると軽い部類でしょう。ビジネスシーンだとカフェやホテルのロビーで作業を行ったり、学生なら場所を選ばずにゲームがプレイできるというのは有難いはずです。

薄型でスタイリッシュなデザイン、性能面から考えると妥当な価格(ダブルネーミングなら安いとさえ感じる)、無難なパーツ構成などなどほとんど完璧なノートパソコンだと言えるでしょう。

レビューでは、じっくりと性能面や使ってみた感想を正直に書いていますので参考にしてもらえると幸いです。

GALLERIA UL7C-R36のスペック・パーツ構成

テストで使ったモデルの詳細はこちらです。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-11800H
グラフィックス GeForce RTX 3060
メモリ 16GB
SSD 500GB NVMe SSD
駆動時間 約9.6時間
液晶 15.6型フルHDノングレア(240Hz)
サイズ 356(幅)× 234(奥行き)× 21.6(高さ 最薄部) mm
重量 約 1.96kg

他にGeForce RTX3070を搭載した「GALLERIA UL7C-R37」という上位機種が存在します。パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

CPU Core i7-11800Hの性能

G-Tune H5,Core i7-11800H,比較,性能,CPU性能,ベンチマーク,

搭載されているCPUは第11世代のCore i7-11800Hです。8コア16スレッドのCPUで、通常は2.3GHzで動作し、負荷がかかった時にはオーバーブーストで最大4.6GHzまでオーバークロックします。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-11800H 21794 2.3GHz(4.6GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10875H 15812 2.3GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10750H 12688 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-9750H 11600 2.6GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-11700 21469 2.5GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 95W

Core i7-11800Hはパフォーマンスが非常に高く、デスクトップCPUのCore i7-11700に匹敵するほどの性能となっています。ノートパソコンにデスクトップの性能を詰め込んでると考えるとすごいことですよね。

従来製品は2世代前のCore i7-9750Hになりますが約88%ものスコアアップ…ほとんどダブルスコアみたいになっています。多くの作業で快適性を得られるだけでなく購入後も長く愛用できるはずです。

Core i7-11800Hの性能については、別記事でもまとめていますので参考にしてください。

Core i7-11800H搭載!写真編集やRAW現像におすすめのノートパソコンは?

CPU-Zによるベンチマークスコア

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,CPU,Core i7-11800H,比較,性能,レビュー,ベンチマーク

CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-11800H 621.3 5381.9
Core i7-10870H 543.1 4754.4
Core i7-10750H 503.1 3169.5
Core i7-9750H 510.7 3629.0
Core i7-11700 659.1 6127.0

シングルスレッドのスコアが621.3、マルチスレッドが5381.9となりました。従来モデル(Core i7-9750H)よりもシングルスコア、マルチスコアともに大きく伸びています。

デスクトップCPUのCore i7-11700と比較しても良い勝負になっています。さすがにマルチスレッドでは劣るもののシングルでは体感でちがいがわからないほど…デスクトップに負けないノートパソコンと考えると、とてもとても魅力的・・・

CINEBENCH R20によるベンチマークスコア

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,CPU,Core i7-11800H,比較,性能,レビュー,ベンチマーク,R20

 CPU シングル マルチ
Core i7-11800H 581 4162
Core i7-10870H 490 3869
Core i7-10875H 492 3418
Core i7-10750H
465 3089
Core i7-11700 592 3788

CINEBENCH R20でもシングル性能は高いスコアをマーク。マルチ性能ではCore i7-11700をしのぐスコアを見せてくれました。性能面に関しては心配は無用といった感じですね。

より快適性を求めるなら高性能なCPUは必須ですし、従来モデルのファンはこれを機に入れ替え・・なんていうのも悪くないでしょう。

ストレージ性能

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,SSD,転送速度,実測

ストレージは500GB SSD搭載で、読込速度は約5000MB/s, 書込速度 約2500MB/sと爆速です。

容量的に500GBだとゲームは数本、写真や動画の大量保存には向きませんが速度を重視した構成になっていますね。できたら外付けHDDなどで容量はカバーしたいところです。

SSDHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

GeForce RTX3060のグラフィック性能・ゲームスコア

GALLERIA UL7C-R36に搭載されているグラフィックはGeForce RTX3060です。RTX2070 MAX-Qを搭載した従来モデルからどれくらい性能アップしているか見ものです。

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,ゲーミング,ゲーム,RTX3060,RTX3070,比較,どっち,おすすめ,

GPU 設定(標準品質) スコア
RTX3070 3840×2160 やや快適(5305)
1920×1080 とても快適(11373)
RTX3060 3840×2160 普通(4011)
1920×1080 とても快適(10191)
RTX2070 3840×2160 重い(2007)
1920×1080 やや快適(5343)
GTX1660Ti 3840×2160 やや重い(2839)
1920×1080 快適(7858)

RTX3060らしいパフォーマンスで理論値なりの性能が出ていると思いますが、より高解像領域で結果を出したいならRTX3070を選ぶのが良いでしょう。

逆にフルHDクラスのデータしか扱わない人や、動画編集がメインといった人ならRTX3060で足りるケースのほうが多いかもしれません。価格差が5万円近くあることを考えても、モニターやキーボード/マウスといった周辺機器に予算を回したほうがPC環境としては整うということもありそうですよね。

RAW現像にかかる時間は?

無料現像ソフトの「RawTherapee」で約150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「4分13秒」でした

CPU A機
Core i7-11800H 4分13秒
Core i7-9750H
5分33秒
Core i7-8750H 5分53秒
Core i7-7700HQ 7分34秒
Core i7-11700 4分16秒

RAW現像は従来モデルよりも大幅に処理の短縮化に成功。納得のいく結果に終わりました。

どちらかと言うとCPU依存の高い作業なので、Core i7-9750Hの性能がしっかり発揮できた結果が見られて安心しました。旧モデルCPUよりも短縮化に成功、デスクトップCPUと比較しても遜色ないのは大きなメリットだと思います。

動画の書き出しにかかる時間は?

動画編集ソフトResolveを使って4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は約4分49秒でした。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

モデル 構成 処理時間
GALLERIA UL7C-R36 Core i7-11800H×RTX3060 4分49秒
DAIV 5P Core i7-11800H×RTX3050 4分15秒
DAIV 5N Core i7-10870H×RTX3060 4分36秒
DAIV Z7(デスクトップ) Core i7-11700×RTX3060 4分40秒

高解像データ編集もしっかり行えるパフォーマンスで、編集作業中や書き出し中にストレスを感じるようなシーンはありませんでした。

デスクトップのDAIV Z7と比較しても遜色ない処理時間ですし、モバイル環境での作業が多いユーザーにとっては武器になるモデルだと思います。

パソコンはうるさい?静音性は?

負荷のかかるシーンではファンはそれなりの音がしますが、個人的にはうるさいと感じるほどではありませんでした。従来モデルは薄型のためか上位モデルだと冷却面がやや足りていなかったような印象もありましたが、本モデルはしっかりと性能を引き出しつつ静音性のバランスもうまくとれていると感じます。

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

ドスパラは翌日出荷に力をいれており、今回紹介するモデルも翌日出荷に対応しています。半導体不足が叫ばれる中でもパソコンがすぐ手に入るというのはうれしいですね!外資系メーカーだと1ヶ月くらい待つのは普通ですが、これも国産ならではのスピード感といったところでしょうか。

注意

当日お昼前までに注文が確定した場合の目安になります。必ず公式サイトで出荷日を確認してください。

公式サイト:https://www.dospara.co.jp


GALLERIA UL7C-R36を開封!

性能面の話が続きましたが、ここからは外観やデザインなどを含めて使ってみた感想に移りたいと思います。

GALLERIA UL7C-R36の外観写真

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,開封,ブログ,外観,写真

マグネシウム合金製のシャーシを採用したスタイリッシュなデザイン。安っぽさもなく、ガレリアのロゴが入っているだけなのでシーンを選ばずに使えそうです。

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,開封,ブログ,外観,写真

幅356×奥行234×最薄部21.6mmと決してコンパクトという訳ではないのですが数字以上にコンパクトな印象を受けます。15.6型だと2kgを超えるパソコンも多いですが、本機は1.96kgと軽さを保っているからかもしれません。持ち運びもスムーズでしょう。

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,開封,ブログ,外観,写真

背面はしっかりと肉抜きが施されており、冷却性の高さにも期待がもてます。音は決して高音質という訳ではありませんが、割としっかりと鳴ってくれる印象。ゲーム音やセリフもしっかりと聞こえました。

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,開封,ブログ,外観,写真,アダプター,電源

やや大きなACアダプターですが、RTX3060搭載モデルは約9.6時間のバッテリー駆動時間をもっています。(RTX3070は約8.8時間)ビジネスワークをふるでカバーするのは難しいかもしれませんが、ちょっとした作業ならバッテリーのみで乗り越えられます。

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,開封,ブログ,外観,写真,モニター

ヒンジ部は剛性をもたせつつ指一本で開閉できるほどスムーズです。

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,開封,ブログ,外観,写真,モニター

画面占有率は94.5%で240Hzリフレッシュレートに対応しています。非常に滑らかな映像が楽しめるので動きの速いゲームなんかも楽しめます。

キーボードは独自配列

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,開封,ブログ,外観,写真,キーボード

キーボードはメカニカル式と同等の打鍵感で心地がよいのですが、Enter横に縦一列ボタンが用意されている不思議仕様。こういうタイプも今や珍しくなくなってきましたが、需要がそれほどあるのか?ちょっと謎です。

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,開封,ブログ,外観,写真,キーボード

電源ボタン横にパフォーマンス切替ボタンが設置されています。一発で性能を引き上げられるのは楽です。

トラックパッドもそこそこ広さがあり、マウス無しでも結構快適に作業ができました。

GALLERIAのインターフェース

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,ブログ,価格,比較,公式写真,GALLERIA UL7C-R37,,インターフェース

  • ①Thunderbolt™ 4 / USB4 Type C (DP1.4 対応 / PD 非対応)
  • ②HDMI2.0b Type A
  • ③有線 LAN ( RJ-45 ) 10/100/1000/2.5GBASE-T
  • ④電源ジャック
  • ⑤SDカードリーダー(SD/SDHC/SDXC、UHS-I対応、USB 3.2 (Gen1) 接続)
  • ⑥USB 3.2(Gen2)Type A
  • ⑦ケンジントンロック
  • ⑧USB 3.2 (Gen2) Type A
  • ⑨音声出力/マイク入力ジャック(3.5mm 4極 CTIA)

Thunderbolt 4にも対応していますし、次世代規格のWi-Fi 6も搭載されています。ゲームでは避けたい遅延などを防ぐ意味でも、これらの高速通信があるというのは大きなポイントでしょう。

GALLERIA UL7C-R36のデメリット

・ACアダプターが大きくモバイル性が削がれる
・カスタマイズ性が乏しい

パフォーマンスが高い分だけACアダプターは巨大になってしまっています。持ち運ぶにはちょっと大きいのがややマイナスポイントでしょうか。それにほぼ吊るしモデルとしての購入となっているのも残念。せめてメモリやストレージ容量だけでも変更できるとより好みに仕上がったと思います。

GALLERIA UL7C-R36はこんな人におすすめ

おすすめな人
  • 気軽にも本格的な作業にも使えるPCが欲しい人
  • RAW現像や動画編集を頻繁に行う人
  • デザイン性に優れたノートPCが欲しい人
  • ゲーミング性能の高いモデルが欲しい人
  • 急ぎでパソコンが必要になった人

ドスパラ,GALLERIA UL7C-R36,レビュー,ブログ,価格,比較,公式写真,GALLERIA UL7C-R37,
公式HP:https://www.dospara.co.jp

GALLERIA UL7C-R36の感想まとめ

GALLERIA UL7C-R36をレビューしてきました。

Core i7-11800H×RTX3060の高いパフォーマンスを備え、240Hzリフレッシュレートに対応するなど本格的なゲーミング体験を味わえるノートパソコンです。本体は割と軽量ですし、カジュアルにも使えるけどややタフな作業にも耐えられることから使い勝手の良い製品だと感じました。

インテルと共同設計のプレミアムノートというのは伊達ではありません。ダブルネームなら20万円を超えてくるかと思いましたが税込17万円台は良心的だと思います。ゲームだけじゃなく、RAW現像や動画編集といった幅広い目的で検討できる製品です!旧モデルから劇的に進化しており、個人的にもおすすめですね。

RTX3070を搭載した上位モデル「GALLERIA UL7C-R37」と一緒にぜひ検討してください!

ドスパラは国内生産ですし、万が一の時は実店舗なんかで相談もできるので安心感があります。他にも多数のパソコンを販売しているので、チェックしてみても良いかもしれません!

>>ドスパラのおすすめパソコンをもっと見る

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。