>> RAWCOM限定パソコン販売中!

GALLERIA ZA9C-R39 レビュー!GeForce RTX3090の描画性能に驚愕するデスクトップPC

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,レビュー,ブログ,感想,クチコミ

ドスパラよりGALLERIA ZA9C-R39をお借りしましたのでレビューします。

Core i9-10850KとGeForce RTX3090を搭載したドスパラのハイエンドモデルです。税別30万以上の価格は簡単には手が出せませんが、4Kなどの高解像度を現実的に処理できる処理能力がなんと言っても魅力です。最高の環境でゲームやクリエイト作業を行いたいユーザーにはおすすめのモデルと言えるでしょう。

それでは、各ベンチソフトの結果や、実際にRAW現像、動画編集にかかった時間などを含めて実機レビューしていこうと思います。



GALLERIA ZA9C-R39 レビュー

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,RTX3090,公式,価格,比較

公式HP:https://www.dospara.co.jp

ドスパラのGALLERIA ZA9C-R39は、ハイエンドクラスのデスクトップPCです。

CPUには10コアのCore i9-10850Kを採用しているので、高負荷な作業を快適にこなせます。グラフィックには最新のRTX3090が搭載されているので、高解像の美麗グラや、高リフレッシュレートを求めるゲーマーにも最適となります。

※シャーシが共通のためGALLERIA ZA9R-R70Sの写真を含みます。内部写真はレビュー機です。

ドスパラ,GALLERIA ZA9R-R70S,デザイン,外観写真

新筐体を採用したモデルで、青の差し色がクールです。フロント部の両サイドからがっつりと新鮮な空気を吸い込むので冷却性も高そうです。(後ほど内部の写真も公開します)

この筐体の良いところは「音が静か」だという点です。大型ファンでガッツリと吸排気を行うので、少ない回転数でもしっかりと冷却性能を保つことができます。ただし高性能なので排熱も結構あります。冬場は良いでしょうが夏場とか室温が変わるレベルかもしれません。

ドスパラ,GALLERIA ZA9R-R70S,デザイン,外観写真

トップには4つもUSBが装備されています。デバイス類がついつい増えてしまうユーザーにとっても嬉しい仕様ですね。斜度がついているので抜き差しも楽々です。

GALLERIA ZA9R-R70Sのスペック

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,RTX3090,中身,パーツ,内部写真

テストで使ったモデルの内部はこんな感じ。存在感のあるパーツ類が見えますが、内部には空洞も大きくスペース的には余裕を感じます。カスタマイズの作業性とかも悪くない感じですね。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i9-10850K
グラフィックス GeForce RTX3090
メモリ 16GB
SSD 1TB NVMe SSD
電源 850W 静音電源 (80PLUS GOLD)
サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
重量 約 14kg

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

CPU Core i9-10850Kの性能

Core i9-10850K,CPU,性能,ベンチ

搭載されているCPUはCore i9-10850Kです。10コア20スレッドのCPUで、通常は3.6GHzで動作し、負荷がかかった時にはオーバーブーストで最大5.1GHzまでオーバークロックします。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 9 3900X 32860 3.8GHz(4.6GHz) 12コア24スレッド 105W
Core i9-10850K 23336 3.6GHz(5.1GHz) 10コア20スレッド 125W
Core i7-10700K 19737 3.8GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 125W
Core i7-9700K 14999 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
Core i7-8700K 14258 3.7GHz(4.7GHz) 6コア12スレッド 95W

物理コア2桁を達成していますが、PASSMARKスコアではRyzen 9 3900Xに及びません。写真現像や動画編集といったテストでどのくらい差がついてくるか楽しみです。

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,RTX3090,中身,パーツ,内部写真

デカデカCPUクーラーを内蔵しています。

CPU-Zによるベンチマークスコア

CPU-Zによるスコアは以下の通りです。

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,Core i9-10850K,CPU,性能,ベンチ

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Ryzen 9 3900X 545.4 8191.3
Ryzen 7 3700X 516.7 5560.9
Core i9-10850K 576.9 7248.2
Core i9-9900K 563.1 5552.8
Core i7-9700K 566.0 4326.4

シングルスレッドのスコアが576.9、マルチスレッドが7248.2となりました。

シングルスレッドでは、最近テストした中でも最も高いスコアをマーク。マルチスレッドではRyzen 9に及ばないものの十分に高い数値を示しています。

CINEBENCHによるベンチマークスコア

CINEBENCH R15によるスコアは2579でした。

 CPU スコア
Ryzen 9 3900X 3232
Ryzen 7 3700X 2112
Core i9-10850K 2579
Core i9-9900K 2051
Core i7-9700K 1493

CINEBENCH R15の結果を見ると、Core i9-9900Kと比較して約25%、Core i7-9700K比較なら約72%も強力です。しかしRyzen 9 3900XがCore i9-10850Kよりもさらに約25%高いスコアになっています。コスパだとRyzenに敵わない印象が強いですね。

CINEBENCH R20では6226をマーク。

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,Core i9-10850K,CPU,性能,ベンチ,R20

ストレージ性能

ドスパラ,raytrek R5,SSD,転送速度

Cドライブは1TB NVMe SSDを搭載しており、読込速度は約3500MB/s、書込速度 3000MB/s程度という結果になりました。

Gen4には及びませんが、規格内のSSDの中ではトップクラスの転送速度と言えるでしょう。このクラスのSSDが当たり前に使われるようになってきたのは素直に嬉しいです。

SSDHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

GALLERIA ZA9C-R39(RTX3090)のグラフィック性能・ゲームスコア

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,RTX3090,中身,パーツ,内部写真

GALLERIA ZA9C-R39に搭載されているグラフィックはGeForce RTX3090です。

ほとんどのゲームを最高設定で快適に遊べるレベルで、ゲーミングモニターや4Kモニターで楽しみたい人にも最適だと思います。三連ファンでしっかりと冷却性能を持たせてあるのも好印象でした。

CINEBENCHのベンチマーク

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,Core i9-10850K,CPU,性能,ベンチ,R15

結果は200.90fpsでした。

さすがにこれまで見た中でもトップクラスのスコアですね。以前GeForce RTX2070SUPERでテストした時には162fpsでしたので、RTX30系のパフォーマンスには期待感しかありません。

FF15(重たいゲーム)のベンチマーク

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,ゲーム,RTX3090,FF15

高品質 3840×2160 快適(7924)
標準品質 とても快適(9519)
1920×1080 非常に快適(17851)

重たいゲームの代表格であるファイナルファンタジー15のベンチ結果です。

4K解像度の高品質でも快適という結果には驚きしかありません。なんならまだ余裕を感じるほどだったので、ゲーム性能に拘りたいならRTX3090は最高の選択になることは間違いありません!

ちなみにRTX3070の場合、4K標準品質で快適(8572)でした。フルHD解像度だと非常に快適(18679)だったので高い解像度になるほど差がつきやすい印象を受けます。

RTX3070搭載!G-Tune EP-Zレビュー

RAW現像にかかる時間は?

150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「3分14秒」でした

現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。このソフトはかなり重たいのですが、画像の表示も速く、編集を当てても一瞬なので快適でした。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU A機 B機
Ryzen 9 3900X 4分23秒
Core i9-10850K 3分14秒
Core i7-10700K 4分18秒
Core i9-9900K 3分19秒 4分45秒
Core i7-9700K 4分56秒 4分35秒

RAW現像の処理速度に関してはピカイチといった感じで、ベンチテストで差を開けられていたRyzenにも勝利しています

従来モデルのCore i9との差が小さいのは気がかりですが、短時間で処理を終えないといけないクリエイターの人からするとCore i9-10850Kは助けになってくれると思います。

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約3分06秒でした。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

GALLERIA ZA9R-R70S Core i9-10850K×RTX3090 3分06秒
G-Tune EP-Z Core i9-10900K×RTX3080 3分02秒
DAIV Z9 Core i9-9900K×RTX2080S 3分48秒

GALLERIA ZA9R-R70Sだと3分ちょっとで処理が完了しました。処理時間だけで見るとCore i9-10900K×RTX3080との組み合わせと差はないといっても過言じゃないんですよね。

処理を完了させることが目的なのであれば、そこまでハイクラスなグラボは必要ないのかもしれません。余った予算で機材を集める方が有意義という考え方もありな気がしますね。

パソコンはうるさい?静音性は?

ドスパラ,GALLERIA ZA9R-R70S,うるさい,静音性,ファン

GALLERIA ZA9C-R39で特徴的だと思ったのが静音性です。14cm 静音FANがフロント、リア、トップに装備されているので排熱も良好ですし、とても静かで個人的にはツボでした。

ドスパラ,新筐体

ただしリアとトップフローで排熱するので、デスク下に設置したら熱がこもるかもしれません。冬場は足元があったかくて良いかもですが、夏場はのぼせないように気をつけたいところですね。もちろんパソコン上部にモノはおかないほうが良いでしょうね。

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

ドスパラは納期短縮に力をいれているので早いモデルだと翌日出荷されます。本機も翌日出荷対応モデルになっていますので、すぐパソコンが欲しいという人にも嬉しいですね。

注意

納期は当日お昼前後までに注文確定した場合の目安になります。必ず公式サイトで出荷日を確認してください。

公式サイト:https://www.dospara.co.jp


GALLERIA ZA9C-R39のインターフェース

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,インターフェース

前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4
背面:USB2.0 x2、USB3.2 Gen2 x2 (Type A x2)、 USB3.2 Gen1 x2 (Type A x2)

GALLERIA ZA9C-R39のデメリット

・サイズが大きい
・性能を考えると32GBメモリ欲しい
・爆熱

GALLERIA ZA9C-R39は性能面で不満はありません。スペック的にできることも多いので、メモリも32GBにしておくほうが安心かなというくらいでしょうか?個人的には排熱が気になりますね。テスト時は冬場でしたがほんのり部屋があったかくなったので、頭の片隅に入れておいた方が良いかもしれません。

GALLERIA ZA9C-R39はこんな人におすすめ

おすすめな人
  • 予算より性能重視な人
  • RAW現像や動画編集でフルに使いたい人
  • ゲームを最高の環境で動かしたい人
  • 長く使えるPCを探している人
  • 急ぎでパソコンが必要になった人

ドスパラ,GALLERIA ZA9C-R39,RTX3090,公式,価格,比較
公式HP:https://www.dospara.co.jp

GALLERIA ZA9C-R39の感想まとめ

ドスパラのGALLERIA ZA9C-R39をレビューしてきました。

Core i9-10850K×RTX3090の組み合わせはあらゆる作業を快適に行えるパフォーマンスです。意外と静かな筐体だったというのも個人的にはプラスに受け取りました。最高のパソコン環境構築に役立ってくれること間違いなしです!

ドスパラは国内生産ですし、万が一の時は実店舗なんかで相談もできるので安心感があります。他にも多数のパソコンを販売しているので、チェックしてみても良いかもしれません!

>>ドスパラのおすすめパソコンをもっと見る

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。