>> RAWCOM限定パソコン販売中!

デスクトップに負けない!おすすめゲーミングノートパソコン

ゲームしたいな…

パソコンでゲームをするならデスクトップが人気です。それは性能が良いマシンが比較的安価で手に入るからです。しかし設置場所で悩んだり、どうしてもモバイルしたいのでノートパソコンを選びたいという人も中にはいらっしゃるでしょう。

そしてパソコンゲームをしたいと言っても性能はピンキリ。「ゲーミングPCはどれを選べば良いかわらかない?」という人も多いのではないでしょうか?そこで今回は「デスクトップに負けない!ゲーム向けのノートパソコン」をご紹介したいと思います。

ゲーム向けノートパソコンでチェックすべきポイント

G-Tune H5,ディスプレイ

ノートパソコンの悩ましいところは、性能と重さをはかりにかけないといけない点です。高性能になれば重くなりますし、軽量すぎて非力なパソコンでは本来の目的を果たせないかもしれません。

しかもゲームによって推奨スペックが違うので、1つのパソコンに絞ることは非常に困難に思えてきます。買おうと思っているパソコンが、やりたいゲームに対応しているかチェックする方法は「ベンチマーク」「推奨スペック」です。→ゲームに必要なスペックの確認方法とおすすめPC

そしてノートパソコンには必ずチェックしてほしいことがあります。

これだけはチェック!
  1. 重さと性能が釣り合っているか?
  2. 液晶は長時間プレイでも快適か?

少なくともこの2つはチェックするようにしましょう。この2つをもう少し詳しく解説してみます。

重さと性能が釣り合っているか?

ノートパソコンならなんでも持ち歩けるというのは誤解です。性能がよくなればなるほど重たくなっていくのが普通です。3Kgを超えるようになってくると現実的に持ち歩くのは困難になってくるでしょう。

忘れてはいけないのがACアダプターで、中には2つ付いてくるようなノートパソコンも存在します。ちなみに当ブログでよく紹介しているマウスコンピューターの「DAIV」シリーズのACアダプターは比較的大きいです。

DAIV_NG5500 ACアダプター

モバイルできるのがノートパソコンのメリットでもありますし、自宅で気分を変えるために場所を変えたいということだってあるはずです。たまに持ち運ぶのか?それとも頻繁に持ち運ぶのか?その辺もよく考えて性能と重さのバランスを見極めましょう。

液晶は長時間プレイでも快適か?

重さに直結するもう1つの要因が液晶のサイズです。ノートパソコンの主流は13型、14型、15型、17型あたりです。中でも15型が最も普及しているサイズになります。液晶が大きくなると迫力のある画面でゲームを楽しむことができますが、当然重たく大きくなります。

17型のノートPCは、はっきり言ってモバイルには向きません。僕が使っているのは主流の15型ですが、それでも大きめのカバンを用意する必要があります。1日持ち歩くと背中が痛くなることもあるので、大きなパソコンを持ち歩いても後悔ばかりつのるだけでしょう。

13/14型のおすすめノートPC
15型のおすすめノートPC
17型のおすすめノートPC

液晶をチェックする3つのポイント

  1. 解像度
  2. 光沢・非光沢
  3. リフレッシュレート

結構語り尽くされている感もあるのですが、液晶つきのノートパソコンだからこそ良いものが搭載されたモデルを選びましょう。

おすすめは反射や写りこみの少ない非光沢(ノングレア)タイプで、長時間の視聴でも目の負担が小さくなります。解像度はフルHD(1920×1080)が一般的です。

画面の解像度は年々よくなって、WQHD(2560×1440)や4K(3840×2160)に対応したものもあります。解像度が高いと作業性があがるのでクリエイティブな作業をする人にはおすすめですが、ゲームがメインだとそこまで必要ありません。

せっかくの高解像でも性能が追い付かずに生かせないようでは意味がありませんし、価格も跳ね上がってしまうのでフルHDを選ぶのが一般的です。

リフレッシュレートは1秒間に何回描画してくれるかを表した数値です。普通の液晶は60Hzで1秒に60回描画してくれます。高性能なものは120Hz以上で描画してくれるので画面が滑らかに見えます。FPSやアクション系の動きの激しいゲームがしたいなら120Hzがおすすめです。

CPU・メモリ・グラフィック・ストレージ・パーツの優先順位は?

ゲームを快適に遊びたいならグラボを優先して高性能なものにしましょう。最近のゲームはCPU性能も求められるのも忘れてはいけません。読み書きが高速なSSDなら、パソコン全体のキビキビ感が劇的に変わります。

あえて順位をつけるなら「グラボ」「CPU」「SSD」「メモリ」ということになるでしょうか。

考え方は色々ですが「Core i5」「8GBメモリ」「GPU搭載」「SSD」あたりが最低ラインだと考えてもらって差し支えないと思います。

パーツのことがよくわからない人は以下の記事が参考になります。

グラボはどれを選べばいいの?

CPUやマザーボードに搭載されているグラフィック機能は「オンボード」と呼ばれます。独立したグラボと比較すると性能が低いため、ゲームを快適に遊びたいのであれば避けましょう。

つまりグラフィックボードは必須だと考えてください。ユーザー層によって人気が分散しているのでよく考えてチョイスしたいパーツがグラボです。

エントリー(初心者)層に人気のグラボ→GTX1650シリーズ
ミドル(中級者)層に人気グラボ→GTX1660、RTX2060シリーズ
ハイエンド(上級者)層に人気のグラボ→RTX2070シリーズ以上

グラボの選び方を解説!ベンチマークまとめ

【参考:グラボのベンチマーク】

※クリックで、そのグラボが搭載されたおすすめパソコンの紹介ページへと移動します。

GPU スコア
GeForce RTX2080
15129
GeForce RTX2070 12860
GeForce RTX2060 11458
GeForce GTX1080 14691
GeForce GTX1070 10589
GeForce GTX1660Ti
10215
GeForce GTX1060 8153
GeForce GTX1650Ti 7796
GeForce GTX1650
7002
GeForce GTX1050Ti 5914
GeForce GTX1050 4464
GeForce MX250
2576
GeForce MX150 2382

知りたいグラボが表にない場合は「GPUベンチマークまとめ」を参照ください。

注意

各ベンチマークはPassMark社が公開しているスコアを参考にさせていただいております。性能を保証するものではございませんのでご了承ください。

GTX1650シリーズは価格重視の人におすすめ

とにかく少しでも安くゲームが遊べるノートパソコンが欲しいという人にはGTX1650シリーズが搭載されているモデルがおすすめです。画質は多少落としてもゲームが動けばOKという人に向いています。

DAIV 5P

DAIV 5P,公式,写真,価格

CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 512GB NVMe M.2 SSD

Core i7-10750H×GTX1650×16GBでバランスの良い構成が魅力的!写真や画像の編集も快適で、ディスプレイはNTSC比約72%液晶です(参考値 sRGB比換算 約102%に相当)


ドスパラ ガレリア GCR1650GF7

ドスパラ GALLERIA GCR1650GF7

CPU Core i7-9750H
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 500GB NVMe SSD

処理能力に優れたCore i7-9750Hを軸に、GTX1650をからめて描画生を高めたモデル。10万円を切る価格ながらこれだけの構成にもっていっているのはさすがドスパラという感じ。動画編集やゲームも楽しめるコストパフォーマンスに優れたノートパソコンです。


ミドルクラスがスタンダード!悩んだらここから選ぼう

これからゲームをやってみたいなという人や、そこそこ安くて性能がよいパソコンが欲しい人におすすめなのがミドルクラスのグラボを搭載したモデルです。国内のオンラインゲームのほとんどで快適な動作をします。性能と価格も釣り合っていて人気があるのも特徴です。

RAW現像や動画編集と言ったクリエイト用途でも使えますし、悩んのであればミドルクラスを選びましょう。

G-Tune E5

G-Tune i5565

CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1660Ti
ストレージ 512GB NVMe SSD

最新のCPUとGTX1660Tiの組み合わせでパフォーマンスを高めたノートパソコンです。定番の15.6型ディスプレイはナローベゼル採用でスタイリッシュ。バッテリーでの駆動時間も10時間に迫るほどタフ仕様なのも嬉しいポイント。


DAIV 5N

DAIV 5N

CPU Core i7-10875H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060
ストレージ 512GB NVMe SSD

15.6型の中では軽量な1.77gでありながら、8コア16スレッドのCore i7-10875Hを採用!RTX2060との組み合わせでパワフルに動作します。モバイル環境で本格的なクリエイティブワークを行う人におすすめです。


ドスパラ GALLERIA GCL2060RGF5

ドスパラ、GALLERIA GCR1650GF7

CPU Core i5-10300H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060
ストレージ 500GB NVMe SSD

RTX2060搭載で税別10万円台という圧倒的安さが魅力のゲーミングノートです。144Hzリフレッシュレートにも対応しておりしっかりとゲームを楽しめる仕様になっている点も見逃せません。


RTX2070シリーズなら重たいゲームも快適!

現実的な価格で高性能が手に入れられるのがRTX2070シリーズです。どのゲームでも性能不足に陥ることはまずないでしょうし、フルHDなら100fpsを超える場合がほとんどです。ゲーミングモニターを接続して遊ぶのも良いでしょう。

画質や性能に少しでもこだわりがあるならRTX2070シリーズ以上を選んでおくことをおすすめします。

G-Tune H5

G-Tune H5,ディスプレイ

CPU Core i7-10875H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ 512GB NVMe SSD

イチオシはマウスコンピューターのG-Tune H5です。ノートのは珍しいメカニカルキーボードを採用したモデルで、GPUはより高性能なRTX2070 SUPERです。CPUもCore i7-10875Hが採用され全体的にワンランク上の仕上がりになっています。満足度の高いゲーミングパソコンと言えます。


ドスパラ GALLERIA GCL2070RGF

GCL2070RGF gcl2070rgf

CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070
ストレージ 1TB NVMe SSD

第10世代Core i7-10750H× RTX2070の王道的な構成です。144Hz対応のディスプレイの性能をしっかり活かせるパフォーマンスでゲームを快適にプレイしたい人におすすめです。


フロンティア ZNシリーズ

フロンティア,ZNシリーズ,

CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070SUPER
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD

ヤマダ電機の系列になるフロンティアからはZNシリーズがおすすめ!税別17万円代と良心的な価格で高性能なパソコンが手に入ります。フロンティアでは頻繁にセールを開催していますので、一度サイトをチェックするだけでも得られるものがあるかもしれませんよ。


まとめ

・ノートパソコンも性能に妥協することなかれ!
・重視するのはグラボ!レベルや用途にあわせて賢い選択を!

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】