>> RAWCOM限定パソコン販売中!

G-Tune EP-Zをレビュー!RTX3080の性能が光るゲーミングパソコン

G-Tune EP-Z,性能,レビュー,感想,ブログ,比較

マウスコンピューターより「G-Tune EP-Z」の実機をお借りしましたのでレビューします。

Core i9×RTX3080の構成はゲーミングマシンとしてだけではなく、高解像データの編集などにも最適!映像の美しさや快適性にこだわりたいユーザーにはピッタリのモデルと言えます。

各ベンチソフトの結果や、実際にRAW現像にかかった時間なども掲載していますので参考にして下さい。

G-Tune EP-Zの特徴

G-Tune EP-Z,公式画像,価格,
公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

マウスコンピューターのG-Tune EP-Zはヘビーゲーマー向けのデスクトップPCです。

高解像度、高設定で美麗なグラフィックを楽しんだり、競技性の高いゲームで一瞬の勝負にかけたり、ゲーム実況を楽しんだりと、とにかくなんでもできるパソコンです。もちろんRAW現像や動画編集といったクリエイティブ領域での活躍も期待できます。

G-Tune EP-Zのスペック

G-Tune EP-Z,中身,内部,写真

型番 G-Tune EP-Z
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i9-10900K
グラフィックス GeForce RTX 3080
メモリ 32GB(最大64GB)
ストレージ 1TB NVMe SSD + 2TB HDD
 電源 800W 【80PLUS TITANIUM】
サイズ 215×490×501
重量 約17.5kg
価格 299,800円〜
リンク 詳細を見る

価格もそれなりになっていますが、全てのパーツが最高クラスのものを装備。今後発売される超重量級のゲームにも対応できるはずです。

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

G-Tune EP-Zの外観チェック

G-Tune EP-Z,公式画像,価格,

G-Tuneのフラッグシップモデルでエッジのきいたデザインが特徴。フロント部にはダーククロム強化ガラスがあしらわれており、ブラックとレッドのアクセントがきいたカラーリングも存在感を演出しています。

前面にはUSBやイヤホンジャックなどが装備されアクセスがしやすく、光学ドライブも標準搭載されている点も良いですね。

G-Tune EP-Z,冷却,エアフロー

エアフローは底面とサイド側から吸気し、熱をもちやすい電源やグラフィックに直接風が来るような設計になっていると感じます。

高性能なPCだけに冷却性も気になるところですが、本製品には水冷クーラーが採用されておりキッチリと熱を逃す設計になっているところも流石だと感じます。ホコリの進入を防ぐダストフィルターもしっかり搭載されており、水洗いも可能なので定期的にクリーニングを行うと良いでしょう。

G-Tune EP-Z,ストレージ,SSD,HDD

ストレージは最大で 2.5インチ×2、3.5インチ×1、スリム光学ドライブを同時搭載可能です。

G-Tune EP-Zのインターフェース

G-Tune EP-Z,インターフェース

・DisplayPort×3、HDMI×1
・DVDスーパーマルチドライブ
・USB2.0×2
・USB3.0×6(背面×4、前面×2)
・USB3.1×2(Type-A/背面×1、Type-C/背面×1)
・ネットワーク×1(1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))
・ヘッドフォン出力、マイク入力、等

モデルによって表記内容と異なる場合があります。

CPU Core i9-10900Kの性能

G-Tune EP-Z,Core i9-10900K,性能,CPUZ

G-Tune EP-Zに搭載されているCPUは、第10世代のCore i9-10900Kです。10コア20スレッドのCPUで、通常は3.7GHzで動作し、負荷がかかった時にはオーバーブーストで最大5.3GHzまでオーバークロックします。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i9-10900
24227 3.7GHz(5.3GHz) 10コア20スレッド 125W
Core i7-10700K 19737 3.8GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 95W
Core i7-9700K
14650 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
Core i7-8700K 13865 3.7GHz(4.7GHz) 6コア12スレッド 95W

PASSMARKの公開データによると「Core i9-10900Kは24227」となっており、フラッグシップに相応しいスコアを叩き出しています。同世代の「Core i7-10700K」よりも約23%も強力になります。

消費電力こそ多少大きいものの、コア数やスレッド数の多さは動画編集に有利ですし、OBクロックも高いので瞬間的な処理にも期待が持てます。最近はRyzenが注目されつつありますが、インテルの意地を見せられるかこの後チェックしていきます。

デスクトップとノートPCCPUの性能の違いとは?

CPU-Zによるベンチマークスコア

CPU-Zによるスコアは以下の通りです。

G-Tune EP-Z,Core i9-10900K,性能,CPUZ

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i9-10900K 627.4 7510.1
Core i7-10700K 568.8 5629.0
Core i7-9700K
526.3 5755.1
Core i7-8700K 508.5 3811.7

シングルスレッドのスコアが627.4、マルチスレッドが7510.1となりました。いずれの数値も非常に高くパフォーマンスには期待感があります。

CINEBENCHによるベンチマークスコア

CINEBENCH 15によるスコアは2556でした。

 CPU スコア
Core i9-10900K 2556
Core i7-10700K 2045
Core i7-9700K
1508
Core i7-8700K 1402

CINEBENCH R15のテストでも大幅にスコアを伸ばしていますね。

CHINEBENCH R20ではシングル548、総合6180となっております。ちなみにR23はシングル1423、マルチ14677です。

G-Tune EP-Z,Core i9-10900K,R20

ストレージ性能

G-Tune HN-Z,SSD,転送速度,

画像は別モデルのものですが、実測値でも3500MB/sに迫る読み込み速度でした。この規格のSSDとしては上限あたりになるので体感的にもサクサクです。

SSDHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

GeForce RTX3080のグラフィック性能・ゲームスコア

G-Tune EP-Z,RTX3080

G-Tune EP-Zに搭載されているグラフィックはGeForce RTX3080です。従来のグラボよりも大幅に性能がアップしているということで期待している人も多いはず。貸出機は3連ファンですので冷却性静音性的にも良い感じです。

CINEBENCHのベンチマーク

G-Tune EP-Z,Core i9-10900K,R15,RTX3070

結果は208.88psでした。

RTX2060 SUPERでは142.87fpsだったので、異次元のスコアといって良いでしょう。まさか200を超えてくるとは思いませんでした。

FF15(重たいゲーム)のベンチマーク

G-Tune EP-Z,ゲーム,FF15,RTX3070,比較,

モデル 設定 結果
G-Tune EP-Z 3840×2160(標準品質) 快適(8572)
1920×1080(標準品質) 非常に快適(18679)
DAIV Z7(限定モデル) 3840×2160(標準品質) 普通(4055)
1920×1080(標準品質) とても快適(11166)

重量級タイトルのFF15ですが、4K解像度でも快適という結果になりました。いよいよ高解像度が身近になってきたという感じがしますね。

ゲーミングモニターで高リフレッシュレートで遊びたいとか、グラフィックの設定にこだわりたいという人にもおすすめできる製品になっています。むしろこれ以上のパフォーマンスを求めるとややコスパが悪くなるので、落とし所としてはちょうど良いのかもしれません・

RTX3080搭載!おすすめパソコン
RTX2070搭載!おすすめパソコン

RAW現像にかかる時間は?

現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。このソフトはかなり重たいのですが、画像の読み込みも速く、編集を当ててストレスなく反映されるので快適に感じました。

150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「3分56秒」でした。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU A機 B機
Core i 9-10900K 3分56秒  
Core i7-10700K 4分30秒  
Core i7-9700K 4分43秒 4分56秒
Core i7-8700 6分18秒 5分31秒
Ryzen 9 3900X 4分23秒

Core i7-10700KとライバルのRyzen 9 3900Xよりも30秒ほど速く処理を完了します。フラッグシップとしての立場を見せつけたという感じでしょうか。

RAW現像処理がメインならRyzenよりもインテルCPUを狙う価値はまだまだあると感じます。

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約3分02秒でした。データ容量は3.67GBです。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU A機
Core i 9-10900K×RTX3080 3分02秒
Core i7-10700K×RTX2070S 3分34秒
Core i9-9900K×RTX2080S 3分48秒
Core i7-9700K×RTX2060S 4分49秒
Ryzen 9 3900X×RTX2070S 2分56秒

動画編集能力も非常に高く、Ryzen 9 3900Xに迫るスコアをマーク。ただしグラボ面で大幅に有利なため、実質的にはRyzen  9が上回っていると考えられます。

コストパフォーマンスの面を含めて考えても、動画編集能力はRyzenなのかなという印象を受けました。とは言え、トップクラスの処理能力を有していることには間違いないので心配する方が無粋なのかもしれません。

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

パソコンがいつ手に入るか気になる人も多いでしょう。マウスコンピューターの出荷予定日はだいたい「注文が確定してから4~5日程で出荷」です。これはカスタマイズをした場合でも変わりません。

今回G-Tune EP-Zの出荷予定日を確認してみると5日程度で出荷が可能となっていました。

注意

当日15時までに注文が確定した場合の目安で、土日祝は注文が確定されません。早く手元にパソコンが欲しい場合は注意しましょう。→納期を確認する

G-Tune EP-Zのデメリット

・ボディが大きくスペースを圧迫する
・ストレージの数が少ないかも

G-Tune EP-Zはかなり大きめのパソコンなので事前にある程度しっかりと計測してから購入を決めたほうが良いでしょう。少なからずデスク上にゆとりを持って置けるなんて人は少ないはずです。個人的に気になったのはストレージの数で、クリエイター目線だともう少し数を載せられると安心材料になります。

パフォーマンス面では文句のつけようがないですが、Ryzenもちらほら気にはなるかなという印象。決してコスパの良いモデルではないので性能重視で選びたい人向けと言えるでしょう。

G-Tune EP-Zはこんな人におすすめ

おすすめな人
  • 最高の環境でゲームを楽しみたい人
  • ゲーム、写真現像、動画編集など1台でなんでもやりたい人
  • 専門的な作業をするクリエイター
  • 費用よりも性能面を重視したいという人

G-Tune EP-Z,公式画像,価格,

G-Tune EP-Zの感想まとめ

G-Tune EP-Zをレビューしてきました。

ゲームを快適にプレイできるのはもちろん、高解像度のRAW現像や動画編集といったクリエイティブ領域もしっかりカバー!トップクラスの処理能力は所有した人を新しい次元に導くことでしょう。

マウスコンピューターは国内生産ですし、サポート体制や、アフターフォローも手厚いので万が一のトラブルの時にも誠心誠意対応してもらえるだろうという期待感がもてますから安心です。

>>マウスコンピューターのおすすめパソコンをもっと見る

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。