>> RAWCOM限定パソコン販売中!

G-Tune P5レビュー!Core i5×GTX1650搭載で初心者ゲーマーの登竜門となれるか?

https://raw-pc.com/gtune-p5/

マウスコンピューターより「G-Tune P5」をお借りしました。

15.6型でCore i5-11400H×GeForce GTX1650の構成。ゲームから写真や動画編集といった作業をカジュアルに楽しむことができるパフォーマンスを持っています。スタンダードなゲーミングモデルとして幅広いユーザーを支えることができるモデルだと感じました。ただ「ちょっと惜しい」モデルでもあるんですよね…後ほど解説します。

この記事では、ベンチテストだけでなく、写真編集や動画編集に使ってみた感想も書いています。ぜひ参考にしてください。

G-Tune P5をレビュー!

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ
公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

マウスコンピューターのG-Tune P5は、ゲーマー向けに販売されているモデルです。

ゲームタイトルによってはパソコンに高負荷をかけることになりますので、ゲーミングモデルと言うのは基本的に高性能に仕上がっています。

G-Tune P5も例にもれず、Core i5-11400Hは従来のCore i7に匹敵するほど高い処理能力を持っていますし専用グラフィックもしっかりと搭載しています。それでいて税込み13万円台から購入できるというのは圧倒的コスパモデルと言っても良いと思います。

G-Tune P5の基本構成(スペック)

型番 構成 税別価格
G-Tune P5 Core i5-11400H / 16GB / GeForce GTX1650 / 256GB SSD(SATA) 131,780-
G-Tune P5-H Core i7-10750H / 16GB / GeForce GTX1650Ti / 512GB SSD 153,780-
G-Tune P5-144 Core i7-10750H / 16GB / GeForce GTX1650Ti / 512GB SSD(SATA) 159,280

表は記事執筆時の内容で、変更になる可能性があります。

G-Tune P5シリーズはいくつかラインナップがあり、今回紹介するのはその中でも最もエントリーモデルになります。価格が安いというのが最大のメリットで他モデルよりも2万円強安いです。

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

G-Tune P5 外観チェック!

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ,開封,購入

G-Tune P5の筐体は黒を基調にしたシンプルなデザインですが、光の具合でブラウンにも見えて高級感を演出。ゲーミングモデルの中にはデザインがうるさいものもありますが、シンプルなので万人受けすると思います。

冷却のための吸排気口が大きめなのも印象的です。冷却はパフォーマンス維持には欠かせませんからね。

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ,開封,購入

天面にはG-Tuneのロゴがあります。サイズは359×238×22.8mm、重量は約2.02kgです。やや厚みがあって重量も軽くはありませんが一般的なサイズだと思います。

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ,開封,電源

ACアダプターはやや大きめですが、専用グラフィックなどの高性能なパーツが搭載されているので仕方ありません。丸口がパープルっぽくなったのが印象的。

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ,開封,電源

裏側にも大きく肉抜きがされて、内部には大き目のヒートシンクが見えます。冷却性が確保されていればパフォーマンスをしっかりと引き出せるので大事なポイントです。

ディスプレイ品質は「並」

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ,開封,液晶モニター,ディスプレイ

G-Tune P5のディスプレイは発色もきれいで自然だと思います。辺に青かったり黄色かったりというのは感じません。あくまでも普通という感じで、公式サイトでもディスプレイの品質に関しては多くを語っていません。

当サイトでは、写真や動画の編集向けのクリエイトPCを多くレビューしてきました。そうしたモデルは色再現に優れていたり、高リフレッシュレートに対応していたりします。そうしたモデルを見てしまうと物足りなく感じてしまうのは仕方のないところでしょう・・・

一般的な作業で困るようなことはありませんし、こだわることで高価になることを避けた印象です。あくまでもエントリー~スタンダードモデルとして丁度良いスペックにおさめたんだと思います。

キーボード

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ,開封,電源

キーボードは日本語配列でバックライトも搭載。やわらかい素材でできており静かなタイピングができます。プラではなくゴムのような素材でできていますので、長時間タイプしても疲れない感じがしました。

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ,開封,電源

電源ボタン横にパフォーマンス切替ボタンがあるケースもありますが、このモデルには非搭載。パソコンまかせにすることで切替の煩わしさを排除した印象です。そういう意味ではユーザーに優しいモデルです。

インターフェース

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ,開封,インターフェース

・HDMI
・Mini DisplayPort
・USB2.0
・USB3.0
・USB3.1(Type-C)
・ヘッドフォン(マイク)端子、など

インターフェースも充実しているので、手持ちのゲーミング機器との接続が可能です。高速インターネット通信を可能にするWi-Fi6にも対応しているので、ゲーム中のラグなどを極力おさえることができそうです。

G-Tune P5 ベンチマーク

CPU Core i5-11400Hの性能

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,レビュー,性能,Core i5-11400H,CPUZ,

G-Tune P5に搭載されているCPUは、第11世代のCore i5-11400Hです。6コア12スレッドのCPUで、通常は2.2GHzで動作し、負荷がかかった時には最大4.5GHzまでオーバークロックします。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i5-11400H 14475 2.2GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-10875H 15997 2.3GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10750H 12688 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-9750H
11427 2.6GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-9700
13726 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W

PASSMARKの公開データによると、Core i5-11400Hは約14500のスコアをマークしています。Core i5とは言え6コア12スレッドと多いですし、従来のCore i7と比較しても負けない遜色ないスコアです

ざっと触ってみた印象でも「これは本当にCore i5なの?」と思うほどキビキビと動作します。

CPU-Zによるベンチマークスコア

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,性能,Core i5-11400H,CPUZ,

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i5-11400H
G-Tune P5
604.3 4253.4
Core i7-10870H
DAIV 5N
542.4 4900.0
Core i7-10750H
DAIV 5P
503.1 3169.5

シングルスレッドのスコアが604.3、マルチスレッドが4253.4となりました。マルチスレッドの数値もCore i5としては高いですが、シングルスコアのパフォーマンスは素晴らしいです。

Core i7-10750Hと比較してもシングルで約20%、マルチで約34%も高いスコアです。

ちょっと信じられないくらい高いスコアですね。本当にCore i5??2世代くらい前のCPUをお使いの人なら入れ替えを検討しても良いレベルですね。

CINEBENCH R20のスコア

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,性能,Core i5-11400H,R20
Core i5-11400H

CPU シングル マルチ
 Core i5-11400H 563 3369
Core i5-10300H 447 2179
Core i7-10750H 465 3089

CINEBENCH R20のスコアは、シングルで563、マルチで3369となりました。ここでも驚異的なシングル性能ですが、マルチスコアも良いですよね!

ストレージ性能

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,性能,SSD,転送速度,実測

ストレージは560MB/s程度の読み込み速度ですが正直ちょっと物足りないですね。

ローディング時間はゲーマーにとってはストレスですし、写真や動画といった大容量なデータ転送も行うならNVMe ( M.2 PCI Express 接続 )タイプを選ぶほうが無難です。個人的には最大3,000MB/sを超えるSAMSUNG PM9A1を選ぶのがおすすめです。

SSDHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

G-Tune P5のグラフィック性能・ゲームスコア

G-Tune P5に搭載されているグラフィックは、GeForce GTX1650です。ゲーミングPCとしては特別パフォーマンスが高いわけではありませんが、軽量設定ならほとんどのタイトルを動かすことができます。画質やFPSに強いこだわりがない人なら価格的メリットは強いと思います。

FF15(重たいゲーム)のベンチマーク

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,性能,GTX1650,ゲーミング,ゲーム,FF15

GPU 設定 スコア
G-Tune P5
(GTX1650)
1920×1080(標準品質) やや快適(5464)
DAIV 4N
(GTX1650Ti)
1920×1080(標準品質) やや快適(5137)
DAIV 5P
(RTX3050)
1920×1080(標準品質) 快適(7336)

FF15でテストを行ったところ、フルHD標準設定で「やや快適」という結果を得られました。これだけのスコアが出せるなら設定次第でほとんどのゲームは動かせるでしょう。フォートナイトやAPEXもいけます。

ただ本格的なゲーミング性能と言うにはちょっと物足りないので、予算が許せば上位モデルを選ぶほうが良いかもしれません。また競合他社には同価格帯でもグラフィック性能が高いモデルが存在しますので合わせて検討ください。

おすすめモデル

型番 構成 税別価格
GALLERIA RL5C-R35 Core i5-11400 / 16GB / GeForce RTX3050 / 512GB SSD 109,980-
GALLERIA XL7R-R36 Ryzen 7 4800H / 16GB / GeForce RTX3060 / 512GB SSD 139,980-
ASUS TUF Gaming F15 Core i5-11400 / 16GB / GeForce RTX3060 / 512GB SSD 149,800-
MSI GF63-10UD-628JP Core i5-10500H / 16GB / GeForce RTX3050Ti / 512GB SSD 104,800

RAW現像にかかる時間は?

現像に使ったソフトは無料ソフトのRawTherapeeで、JPEG品質は90%、高画質での変換です。このソフトはかなり重たいのですが、画像の読み込みも速く、編集を当ててストレスなく反映されるので快適に感じました。

150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「4分30秒」でした。

CPU 処理時間
Core i5-11400H 4分30秒
Core i5-10300H 5分54秒
Core i7-10750H 5分10秒

Core i5-10300Hと比較すると1分以上、Core i7-10750Hと比較しても30秒ほど処理が速いです。RAW現像でも確かな実力を発揮しており、G-Tune P5のRAW現像処理能力の高さは目をみはるものがあります。

ちょっとしたデスクトップCPU並みの処理能力を持っているのもポイントと言えそうで、もはやノートパソコン=非力という構図は成り立たなくなってきていますね。

数年パソコンを更新していない人なら処理時間の短縮に一役買ってくれるでしょう。

動画の書き出しにかかる時間は?

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

製品 構成 処理時間
G-Tune P5 Core i5-11400H×GTX1650 5分48秒
raytrek G5 Core i5-10300H×GTX1650 7分48秒
GCL2060RGF-T Core i7-10750H×RTX2060 5分51秒

動画編集においてもそこそこの処理速度だと思います。ただし高解像動画編集はグラフィック性能が不足しますので荷が重くなります。フルHD動画編集までにとどめておくのが無難でしょう。

パソコンはうるさい?静音性は?

高負荷時はファンがしっかりと回ります。スペックの割には思った以上に大きな音だなと感じました。冷却がしっかりしている証拠でもあるので、どちらを重視するかになると思います。

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

パソコンがいつ手に入るか気になる人も多いでしょう。出荷予定日はだいたい「注文が確定してから45日程で出荷」です。これはカスタマイズをした場合でも変わりません。

注意

当日15時までに注文が確定した場合の目安で、土日祝は注文が確定されません。早く手元にパソコンが欲しい場合は注意しましょう。

G-Tune P5のイマイチなポイント

・普通止まりのスペック!
・競合他社よりも割高

G-Tune P5のイマイチなポイントは、あくまでもスタンダードなスペックにおさまることです。CPU性能はそれなりに高くクラス以上のパフォーマンスを感じましたが、それ以外には特筆すべきポイントも見つからない印象です。

せめてモニターが144Hzリフレッシュレートに対応していたり、NVMe SSDだったら良かったんですが・・・そういう意味でも競合他社製品よりも割高であることは否めず、国産品やサポート体制がしっかりしているとは言え強くおすすめしづらい印象はあります。

G-Tune P5はこんな人におすすめ

おすすめな人
  • CPU性能が高いPCが欲しい人
  • カジュアルにPCを使いたい人
  • ライトゲーマー、趣味クリエイター
  • 15万円以下でノートを探している人

マウスコンピューター,G-Tune P5,レビュー,公式写真,比較,価格,ブログ
公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

G-Tune P5の感想まとめ

G-Tune P5をレビューしてきました。

15.6型のスタンダードクラスとしては、割と普通のスペックをもったゲーミングモデルです。スペックなりのパフォーマンスがしっかり得られるところは素晴らしいですが「ゲーミングらしいこだわりを感じられない」のが残念ポイントです。

ゲームにゴリゴリ使うにはグラフィックが心もとないですし転送速度も物足りません。ライトゲーマー向けモデルとしては他社製品におされている印象が正直ぬぐえません。ただ、RAW現像やフルHD動画編集なども楽しめますし製品自体は悪いものではなく、使い勝手の良さ、ハードルの低さは魅力的だと思います。

マウスコンピューターは国内生産ですし、サポート体制や、アフターフォローも手厚いので万が一のトラブルの時にも誠心誠意対応してもらえるだろうという期待感がもてますから安心です。

おすすめモデル

型番 構成 税別価格
G-Tune P5 Core i5-11400H / 16GB / GeForce GTX1650 / 256GB SSD(SATA) 131,780-
GALLERIA RL5C-R35 Core i5-11400 / 16GB / GeForce RTX3050 / 512GB SSD 109,980-
GALLERIA XL7R-R36 Ryzen 7 4800H / 16GB / GeForce RTX3060 / 512GB SSD 139,980-
ASUS TUF Gaming F15 Core i5-11400 / 16GB / GeForce RTX3060 / 512GB SSD 149,800-
MSI GF63-10UD-628JP Core i5-10500H / 16GB / GeForce RTX3050Ti / 512GB SSD 104,800

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。