>> RAWCOM限定パソコン販売中!

【モバイル版】GeForce GTX1650とGeForce GTX1650Tiの性能比較!おすすめパソコンは?

GTX1650,1650Ti,比較,性能差,おすすめ

モバイル版の「GeForce GTX1650」と「GeForce GTX1650Ti」の性能比較をします。

ライトユーザー向けのグラフィックではありますが、オンラインゲームや動画編集といった用途でどれくらい効果を発揮するのかをテストしていきます。

ゲームのベンチスコアはもちろん、写真編集や動画のレンダリングにかかった時間も掲載していますので参考にしてください。

マウスコンピューター/G-Tune

GeForce GTX1650 vs GeForce GTX1650Ti

解説に入っていく前に「GPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「GPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

ちなみにこの記事では、仕様や規格といった情報はあえて紹介しておりません。その代わり「実行速度」をできるだけ重視してお伝えしておりますので参考にしてもらえると嬉しいです。

注意

掲載されたスコアは参考データであり性能を約束するものではございません。

GPUスコア(PASSMARK)

名称 PASSMARK 3DMark(FS)
GeForce GTX1650 7002 9200
GeForce GTX1650Ti 7796 9900
GeForce GTX1060 8153 11500

GTX1650(Ti)搭載のおすすめパソコン
GTX1060搭載のおすすめパソコン

GeForce GTX1650とGeForce GTX1650Tiの性能差をざっくり見てみると、およそ10%ほどの差があることがわかります。GTX1650Tiに至っては、GTX1060に迫る勢いなのでかなり期待がもてます。

単純に考えるとGTX1650Tiを選択すれば良いということになりますが、CPUやメモリ、価格面のバランスを見ながら決断に迫られることがあるでしょう。そうした時にこれから検証したことが道標的な役割になれば幸いです。

比較に使ったパソコン

名前 GCL1650TGF GCR1650GF7
画像 ドスパラ GALLERIA GCR1650GF7 ドスパラ GALLERIA GCR1650GF7
CPU Core i5-10300H Core i7-9750H
GPU GTX1650Ti GTX1650
メモリ 16GB 8GB
SSD 500GB NVMe SSD
価格 99,980 99,800-
レビュー レビュー記事 レビュー記事
ドスパラ:https://www.dospara.co.jp/

今回のテストではドスパラのゲーミングブランド「ガレリア」からノートパソコンを2台準備しています。

どちらも税別10万円を切るハイコスパモデルですが「GALLERIA GCR1650TGF」はグラフィック性能とメモリが多く、CPU性能はやや控えめとなっています。一方の「GALLERIA GCR1650GF7」はCPUにCore i7-9750Hを採用しているのが特徴的です。

どちらもしっかりとレビューで使っていますので、気になるモデルがあればリンクからチェックしてください。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CINEBENCHによるスコア

GALLERIA GCL1650TGF,Core i5-10300H,CINEBENCH,,
GTX1650Ti

GALLERIA GCR1650GF7,グラボ,性能,ベンチ
GTX1650

GPU  OpenGL
GTX1060
112.54
GTX1650Ti 111.62
GTX1650 114.03

CINEBENCHのテスト結果では、GTX1650が最も良好な結果となっています。

おそらくCPU性能が最も高いためこのような結果に繋がったのだと思います。ちなみにGTX1060を搭載したDell G5 15はCore i7-8750Hです。

つまり複合的な処理に関してはGPUの性能だけを重視したところで意味がないということです。最大限のパフォーマンスにもっていくためにもCPU×GPUのバランスが大切ということですね。

ゲーム(FF15)のベンチ結果

GALLERIA GCL1650TGF,GTX1650Ti,FF15,ゲーム,ベンチ

GPU  標準画質(1920×1080)
GTX1060
やや快適(5694)
GTX1650Ti やや快適(5670)
GTX1650 やや快適(5211)

FF15のベンチソフトの結果は、GTX1060=GTX1650Ti>GTX1650といった感じです。GTX1650無印が1割ほどスコアを落とす結果になりました。

この結果をみると「GeForce GTX1650Tiのコスパは良い」と感じられますね。フルHD環境ならほとんどのゲームを動作させることができるはずです。ただどのモデルを選んでも環境を飛び越えるほどの違いはないので、他のポイントも重視したほうが良さそうです。

GTX1060が型落ちで狙えるなら・・という感じがしないでもないですが、他のパーツのバランスも考えると最新世代のモデルを選んでおくほうが後悔しなさそう。きっとCPUの世代もちがうでしょうし、最近のトレンドのベゼルレスで軽さも取り入れられてそうです。

RAW現像で比較

RawTherapeeというソフトを使ってRAWの一括変換150枚にかかった時間を測定します。

RAW現像はどちらかと言えばCPU性能が重視される作業ですが、GPUやメモリでどれくらい差が出るのか見てみましょう。

GCL1650TGF Core i5-10300H
GTX1650Ti
16GBメモリ
6分12秒
GCR1650GF7 Core i7-9750H
GTX1650
8GBメモリ
6分10秒
Dell G5 15
Core i7-8750H
GTX1060
16GBメモリ
6分18秒

どのモデルも似たり寄ったりといったところで、はっきりいって体感的な差を感じることは不可能と言って良いでしょう。ただし8GBメモリはRAW現像をするにはちょっと少ないかなという感じがします。

このテストではGPUの性能差を見極めるに至りませんでした。やはりパーツ全体のバランスが大切ですね。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

GCL1650TGF Core i5-10300H
GTX1650Ti
16GBメモリ
データなし
GCR1650GF7 Core i7-9750H
GTX1650
8GBメモリ
6分44秒
Dell G5 15
Core i7-8750H
GTX1060
16GBメモリ
5分14秒

GCL1650TGFだけデータがなくて申し訳ないのですが、動画編集なら旧モデルでも最新モデルと戦えることがわかりました。メモリ容量が8GBというのはかなり足を引っ張っていそうな感じもしますね。

結論:GTX1650Tiモデルがおすすめだがバランスも重視しよう

GTX1650とGTX1650Tiは理論値で10%ほどの性能差
・パーツ構成次第で逆転はあり得る
・RAW現像にはあまり影響しない
・コスパだけならGTX1650Tiがおすすめ!

新旧のGPUも含めて比較していきましたが、なかなか面白い結果を得られたと思います。

単純に性能をグラフィック性能を求めるならGTX1650Tiがおすすめですが、GTX1650無印でもパーツ構成次第で逆転はあり得えます。

予算に余裕があるならGTX1650Tiモデルを選んでスペックモリモリにすれば済む話ですが、このラインを選ぶ人はコスト意識もかなり高いはずなので「バランスが大切」という結論になります。同じ価格帯ならメモリとかCPUを重視したほうが良いと思います!

では、ここからは僕が厳選したおすすめパソコンを紹介します。

GTX1650(Ti)搭載のおすすめパソコン

ドスパラ GALLERIA GCR1650GF7

ドスパラ GALLERIA GCR1650GF7

CPU Core i7-9750H
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 500GB NVMe SSD

本記事にも登場したGALLERIA GCR1650GF7が個人的にはおすすめ!弱点はメモリだけなので16GBにカスタマイズしてやれば、より良好な結果を残せたはずです。もう1〜2万円高くてもおかしくないくらいのスペックだと思います!


ASUS TUF Gaming FX505DT

ASUS TUF Gaming FX505DT

CPU Ryzen 5 3550H
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 512GB SSD

ASUS Store限定モデルで登場しており執筆時点では72,545円という訳のわからない価格で販売されていました・・・CPUやメモリなどパフォーマンスは若干落ちるものの価格を重視という人にはかなりおすすめ!たぶん一瞬で売り切れる・・・


フロンティア LNシリーズ(セール対象モデル)

フロンティア LNシリーズ

CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650 (4GB)
ストレージ 1TB M.2 NVMe SSD

フロンティアの台数限定セール品で税別11万円台と圧倒的に安いのが魅力的!しかも大容量SSDが搭載されているので容量不足にすぐに陥らないのもポイント。在庫がきれてしまっても定期的にチェックすることで復活する場合もあるので見逃せません!


DAIV 5P

DAIV ng5520

CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650 (4GB)
ストレージ 512GB NVMe M.2 SSD

Core i7-9750H×GTX1650×16GBでバランスの良い構成が魅力的!写真や画像の編集も快適で、ディスプレイはNTSC比約72%液晶です(参考値 sRGB比換算 約102%に相当)


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】