>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Core i5-11400搭載おすすめパソコン!RAW現像や動画編集におすすめのパソコンは?

Core i5-11400,おすすめ,パソコン,デスクトップ,ブログ,評価,口コミ,写真編集,RAW現像

パソコンパーツの中でも最も重要なのが「CPU」です。今回はIntel製 第11世代Core i5-11400が搭載された、おすすめのパソコンを紹介していきたいと思います。

写真編集RAW現像といった、クリエイター向けの作業はCPU負荷が高いのでできるだけ性能の良い(後悔しない)パーツを選択しましょう!ベンチテストの結果や、RAW現像にかかった時間なども計測していますので参考にしてください!

第11世代Core i5-11400の性能(スコア)は?

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i5-11400
17507 3.6GHz(4.4GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i5-10400
12915 2.9GHz(4.3GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i5-9400
9395 2.9GHz(4.1GHz) 6コア6スレッド 65W
Core i7-10700 17632 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 65W
Core i7-9700 14612 3.0GHz(4.7GHz) 8コア8スレッド 65W

インテル製のCore i5-11400は、従来モデルとコア数やスレッド数は同じですが、クロック数が大きくなりました。

Core i5-10400と比較すると約35%も高性能化していることになります。スコアだけで見るとCore i7-10700にせますスコアと言うこともあり性能不足に陥ることはまずなさそう。

第10世代の時にも「本当にCore i5?」と感じるほどでしたが、第11世代になってますます高性能になってきました。

パーツの選び方がピンとこない方については「パソコン・スペックの選び方」という記事で解説しているので参考にして下さい。

CPU-Zによるベンチマークスコア

ドスパラ,GALLERIA RM5C-R36T,レビュー,CPU,Core i5-11400,性能,ブログ,CPUZ

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i5-11400 588.1 4374.8
Core i5-10400 491.9 3626.8
Core i5-9400 450.5 2524.0
Core i7-10700 559.4 4841.8
Ryzen 7 3700X 516.7 5560.9
Ryzen 5 3600 499.3 3970.2

シングルスレッドのスコアが588.1、マルチスレッドが4374.8です。非常に高いシングル性能がウリといった感じでしょうか。

RAW現像や多くのゲームではシングル性能の高さが生きるシーンは多いので、最新世代のCPUではシングル性能を高めにチューニングする傾向にあるようです。

CINEBENCH R20によるベンチマークスコア

ドスパラ,GALLERIA RM5C-R36T,レビュー,CPU,Core i5-11400,性能,ブログ,R20

 CPU シングル マルチ
Core i5-11400 536 3225
Core i5-10400 448 3059
Core i5-9400 426 2370
Core i7-10700 492 3564
Ryzen 7 3700X 504 4822
Ryzen 5 3600 485 3435

シングルスレッドのスコアが536、マルチスレッドが3225です。

PASSMARKスコアでは同等だったCore i7-10700を見てみると、Core i5-11400の方がシングル性能が高く、マルチコアは近い数字が出ています。Core i7と比較するとCore i5はクロックが抑えられているので、実際の作業ではやや劣るでしょうが十分納得できるパフォーマンス。(むしろコスパ良すぎないか?)

Core i5-11400のRAW現像性能をチェック

約150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した処理時間を計測しました。

CPU 処理時間
Core i5-11400 4分45秒
Core i5-10400 5分29秒
Core i5-9400 6分01秒
Core i7-10700 4分40秒

旧世代のCore i5-10400と比較すると45秒ほど処理が速く完了し、Core i7-10700に迫る処理時間を実現しています。

「Core i7-10700の方がさすがに速いだろう」と考えていたのですが、顕著な差が出ていないことに驚きを隠せません。すごい!すごいぞCore i5-11400!!

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはResolveを使って書き出し時間を計測します。条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

モデル 設定 スコア
GALLERIA RM5C-R36T Core i5-114000×RTX3060Ti 5分39秒
DAIV Z5 Core i7-10700×GTX1650S 6分08秒
G-Tune XM-Z Core i7-10700K×RTX3070 3分02秒
GALLERIA XA7R-R36 Ryzen 7 3700X×RTX3060 3分26秒
G-Tune EP-A Ryzen 7 5800X×RX6700XT 3分02秒

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は5分39秒で、少し時間がかかってしまったイメージでしょうか。

高解像度領域の処理も行えましたが性能的にはギリギリというか、ライトな編集作業にとどめておくほうが無難という感じがします。フルHD領域のデータなら苦もなく処理が行えるので、やはりライトユーザー向けのCPUといえるでしょう。

高解像度データ編集ならCore i7、Ryzen 7 以上を選びたいところです。

「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

ゲーミング性能(ゲームのベンチマーク)

ドスパラ,GALLERIA RM5C-R36T,レビュー,ブログ,RTX3060Ti,ゲーミング性能,ゲーム,ベンチマーク,FF15,4K

モデル 設定 スコア
GALLERIA XA7R-R36
(R7 3700X×RTX3060)
3840×2160(標準品質) 普通(4260)
1920×1080(標準品質) とても快適(11440)
GALLERIA RM5C-R36T
(i5-11400×RTX3060Ti)
3840×2160(標準品質) 普通(5341)
1920×1080(標準品質) とても快適(12738)
raytrek ZF
(i9-10900K×RTX3070)
3840×2160(標準品質) 快適(6705)
1920×1080(標準品質) とても快適(16314)

Core i5-11400×RTX3060Tiの組み合わせで、FF15(4K標準品質)が普通という結果になりました。ゲーム性能も高く、今回のテストではボトルネックになっているような印象は受けませんでした。

ただし動画編集でもそうだったように、高解像領域ではやや不安を感じるのは否めません。また、RTX3070以上のハイエンドグラボを使いたいなら、よりグレードの高いCPUを選んでおくほうが無難という印象を持ちました。

つまりCore i5-11400が目指すところはフルHDゲーミングでしょう。フルHD領域なら最高クラスのコスパを発揮してくれると感じます。

Core i5-11400がおすすめな人

こんな人におすすめ
  • コスパが良いパソコンが欲しい人
  • フルHDデータ編集が中心の人
  • RAW現像や動画編集を楽しみたい人
  • 予算が15万円前後の人

Core i5-11400は、2万円半ばという価格を考えると非常に高いパフォーマンスだと思います。なんなら今回のテストを通してCore i5-11400で自作PCを組みたいと思ったほどです(笑)

4Kなどの高解像領域ではもう一歩という印象ですが、その領域に無縁な人や、ライトユーザーなら十二分に満足できる性能だと感じます。ゲームはもちろん、RAW現像、動画編集など広い範囲で活躍してくれるCPUです!

Core i5-11400搭載のおすすめPC

ドスパラ GALLERIA RM5C-R36T

ドスパラ,新筐体,GALLERIA RM5C-R36T

CPU Core i5-11400
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060Ti
ストレージ 512GB SSD

グラフィックにGeForce  RTX3060Tiを採用し、Core i5-11400の性能がしっかり活かせる構成です。ゲーミングでもクリエイト作業でも安定した結果を見せてくれる人気のデスクトップです。ちなみに今回のテストの数値はこのPCの結果を掲載しています。


ドスパラ GALLERIA RM5C-G60

ドスパラ,新筐体,GALLERIA RM5C-R36T

CPU Core i5-11400
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1660SUPER
ストレージ 512GB SSD

グラフィック性能がそこまで必要ない人には、GeForce GTX1660SUPERを採用したコチラのモデルがおすすめ。よりカジュアルに使える構成で、RTX3060Ti搭載モデルよりも安く購入できるのがポイントです。


DELL ALIENWARE AURORA R12

DELL,ALIENWARE AURORA R12

CPU Core i5-11400F
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1660Ti
ストレージ 2TB HDD

サイバー感あふれるDELLのゲーミングパソコンです。フルカスタマイズモデルなので好みに合わせて「最高の1台」を目指すことも可能!ストレージがHDDなのでSSDを追加することで快適に使えます。セールやクーポン状況次第ではかなり安く買えるかも?


パソコン工房 LEVEL-R059-114-TAX

パソコン工房、Level

CPU Core i5-11400
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3070
ストレージ 1TB SSD

RTX3070を搭載し高い描画性能をもたせたデスクトップPCです。20万円という価格は高く感じるかもしれませんが、大容量のストレージを搭載していたりカスタマイズの必要性がないほど完成されている点に注目です。どちらかと言うとゲーマー向けの製品ですね!


まとめ

・Core i5-11400はコスパ抜群!
・第10世代Core i7に匹敵する性能!
・予算15万円前後で購入可能!

Core i5-11400は、Core i5とは思えないほどのパフォーマンスです。ゲームや写真編集などにもしっかりと使えて、安いモデルなら13万円くらいでグラフィック搭載モデルも選べるのでコスパ抜群と言えるでしょう。

もし他のCPUが気になるのであれば「RAW現像・写真編集におすすめのCPUは?」という記事をご覧ください。BTOパソコンショップのキャンペーン・セール情報まとめをご覧いただくとお得なパソコンが見つかるかもしれません。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。