>> RAWCOM限定パソコン販売中!

【予算15万円】写真・動画編集におすすめ!コスパ最強のノートパソコン

15万円

クリエイター向けのノートパソコンは高い!と思っている人は結構多いかと思います。実際にBTOショップをみていくと、デスクトップと比較してもどうしても割高感を感じてしまいます。

RAW現像写真編集動画編集などのクリエイト用途だと、高性能なパソコンが必要ですし余計にそう感じるかもしれません。ちょっと性能をあげただけで20万円を超えてくるケースも多々あります。

そこで今回は「コスパを重視した15万円前後でおすすめのノートパソコン」に絞ってご紹介したいと思います。

デスクトップパソコンを探している人はこちら→コスパ最強!15万円で探すデスクトップPC

マウスコンピューター/G-Tune

なぜ15万円はコスパ最高なのか?

10万円前後で販売されている格安ノートPCは、どうしても性能的に非力です。快適に編集作業を行えないばかりか、下手をすると使いたいソフトの基準を満たさな場合だってあるかもしれません。

少しくらいの我慢なら平気だから・・・と思って安いPCを購入して後悔しては何も生み出せません。

そうなるとしっかりとした性能のパソコンが必要。快適に作業ができるようなミドルクラス以上のクリエイター向けモデルのほとんどが20万円前後で売られているような現状です。例えばパソコン工房で販売されている「SENSE-15QX094-i7-RNRX」だと、CPUにはCorei7-8750H、グラボはGTX1060(6GB)、16GBメモリで税別20万円弱です。

性能的には申し分なく、広い範囲でクリエイティブな用途に使っていけるパソコンです。しかしながらそこまで予算をくめないという場合には高嶺の花でしかありません。

そこで10万円と20万円のちょうど間にある、15万円が狙い目になってくるという訳です。

15万円で狙えるノートPCのスペック

性能的には問題なくしかも安い。そんな夢のような価格帯が15万円だと思っています。個人的に狙ってもらいたいスペックは以下のあたりです。

狙いたいスペック

・CPUはCorei7!

・グラボはミドルクラスを狙える!

・メモリ16GBは必須!

・SSD+HDDのデュアル構成

この基準を満たすパソコンなら、RAW現像、動画編集、ゲーム、イラストなど広範囲で使っていくことができます。少しづつ簡単に解説していきたいと思います。

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

CPUはCorei7!

クリエイト作業ってCPU負荷がとてつもなくかかります。しかも年々その傾向は高まっており、高性能なCPUを選ばない理由が見つからないくらいになってきています。

場合によってはCore i5-8400のようなスタンダードなCPUでも使えるでしょうが、長期的な目でCPUにお金をかけておくのは悪い選択ではありません。

処理が早いパソコンは時間的余裕も生み出してくれます。RAWデータを一括現像する場合や、動画のレンダリングなどで有効になってくるでしょう。

・CPUの選び方(スコア)

グラボはGTX1050以上!独立GPU搭載モデルを選ぼう

もしあなたのやりたいことが静止画メインであれば、グラボはそこまで高性能なものでなくても良いかもしれません。写真編集用途などのクリエイティブ向けだとGTX1050が人気だという話もよく聞きます。実際に各ショップをみて回るとわかるのですが、15万円という価格帯のパソコンにはほとんどGTX1050が搭載されています。

CPUと同様にグラフィックボードにも年々求められる性能は高まっていますし、自分の成長とともに物足りなさを感じることも考えられます。ゲームを快適にプレイしたいなら余計にその傾向は高まります。

RAW現像だけで見ると優先度はさほど高くありませんのでGTX1050シリーズでも良いもの、GTX1060あたりを選べると安心感があります。

・グラボの選び方(ベンチマーク)

メモリ16GBは必須!

メモリはクリエイティブな処理で大量に消費されます。いわゆるメモリ喰いが止まらない作業なのです。多ければ大いにこしたことはなく、予算内で全力投入したいパーツでもあります。8GBでは不足といわざるを得ないでしょう。

優先して16GB以上のモデルを選びましょう。ノートPCは後からのカスタマイズ性が乏しいケースもあるので、注文時に増やしておくのがおすすめです。

SSD+HDDのデュアル構成

高速なSSDとHDDではパソコン自体のキビキビ感に雲泥の差があります。システム系のデータは高速なSSDに、大量の写真データは大容量のHDDといった具合に別々に管理しましょう。

▼SSDのスコアです

▼HDDのスコアです

読み出し、書き出しともに大きな差があるのがわかりますね?SSD非搭載モデルを選ぶメリットは、もはや皆無だと思って良いです。

パーツの優先順位はどうする?

パーツの優先度は「メモリ」「CPU」「ストレージ」「グラボ」の順番です。メモリとCPUに極力予算をかけてあげるのがおすすめです。

 

コスパ最強!おすすめのノートパソコン

DAIV 5D

CPU Core i5-9400/Core i7-9700
メモリ 16GB
グラボ GeForce MX 250 (2GB)
ストレージ 240GB M.2 SSD

DAIV 5DはデスクトップCPUを採用したノートパソコン。もちろん処理能力は高く、液晶は色域の広いAdobeRGB比98%の15.6型モニターを搭載しています。標準ではCore i5ですが、Core i79700にカスタマイズして税別136,860円になります。これだけの構成が15万円を切るというのはクリエイター目線で美味しいと言えます。個人的に15万円台前後で最もおすすめしたいノートPCです。


DAIV 4N

DAIV ng4300

CPU Core i7-10510U
メモリ 16GB
グラボ GeForce MX250 (2GB)
ストレージ 256GB SSD

今回紹介するノートパソコンの中で最も軽量(1.09kg)なモデル!第10世代CPUになったことで全体のパフォーマンスが向上し、独立グラボも搭載しているのでモバイル環境下でのクリエイト作業に強くなりました。さらに長時間バッテリーやUSB Power Delivery対応なので、外出時のバッテリー問題にたいして柔軟に対応することもできます。アクティブなクリエイターをささえるパソコンで、サブとしてもおすすめです。


フロンティア XNRシリーズ(台数限定)

フロンティア XNRシリーズ

CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX2060(6GB)
ストレージ 1TB NVMe SSD

ベゼルレスのスタイリッシュボディに、Core i7-9750H×RTX2060を採用。最新技術のリアルレイトレーシング技術にも対応できるグラボなので、ゲームなどでよりリアルな表現を楽しむことができます。さらに爆速大容量のSSDを搭載しており、ゲームをいくつもダウンロードしても安心できます。写真や動画を高速にたくさんとりためているクリエイターにもおすすめの1台。


ドスパラ GALLERIA GCR1660TGF-QC

GALLERIA GCR2070RGF-QC

CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1660Ti (6GB)
ストレージ 512GB NVMe SSD

インテルとドスパラの共同設計により生み出されたスタイリッシュなノートパソコン。性能は申し分ありませんし、重量も1.87kgと比較的軽量。さらに10時間の駆動時間や、薄型ボディなどモバイル性能も高い、ひじょうに使い勝手がよく、満足度も得られる1台になっています。


パソコン工房 LEVEL-15FXR20-i7-ROFX

パソコン工房 Level

CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX2060 (6GB)
ストレージ 500GB M.2 SSD

第9世代の6コアCPUとRTX2060を搭載して高いパフォーマンスを発揮!この価格帯としてはグラフィックが強力なので、最新ゲームや4K動画編集も楽しめるくらい高い性能をもっています。特にボトルネックになりそうなところもなく税別139,980円というコストパフォーマンスに優れるモデルです。


最後にひとこと

・コスパ抜群の15万円台のノートパソコンがお得!
・性能を犠牲にするとクリエイティブ作業に支障が出る場合もある!
・DAIV-NG5500H2-M2SH2が圧倒的におすすめ!

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてくださいね。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

関連記事

10万円 RAW現像におすすめ!予算10万円で買えるパソコンは? RAW現像におすすめ!予算20万円で買えるデスクトップパソコンは? 25万円 RAW現像におすすめ!予算25万円で買えるデスクトップパソコンは? 30万円 RAW現像におすすめ!予算30万円で買えるデスクトップパソコンは?