>> RAWCOM限定パソコン販売中!

RAW現像におすすめ!予算10万円で買えるパソコンは?

10万円

写真編集やRAW現像に使えるパソコン」と一口に言っても、たくさん製品から、自分に最適な物を選ぶのは簡単ではありません。

今回は「予算10万円で選ぶおすすめのパソコン」というテーマで書いていきたいと思います。

【予算10万円】パソコンの選び方

予算が10万円だと、性能的にはエントリークラスのパソコンになってきます。予算的には少しきびしいので、どこかに目をつむる必要が出てくるかもしれません。

クリエイター向けのパソコンを、パソコン工房や、マウスコンピューター、ドスパラでチェックすると、売れ筋は15万円前後であるとわかります。

より負荷のかかる作業をしたり、快適さを求めるなら上位のパソコンがおすすめですが、10万円前後のパソコンも悪いわけではありません。現に10万円以下のパソコンを購入される方は多くいらっしゃいますし諦めたくないですよね。

色々求めてしまうと10万円を一気に超えてしまうので、パーツ構成や、注意するポイントなどをしぼって賢い選択をしてください。

予算10万円で選べる性能

スペック
  • CPUはCore i5 or Ryzen 5
  • メモリは可能なら16GB
  • グラボはGTX1650 or 1660
  • SSDは必須です!

予算が10万円になると高性能なパーツは選べませんが、写真編集などの一般用途には十分です。目安として上のパーツ構成をクリアしつつ、10万円を切ってくるようであればコスパ良し!と判断できます。

このクラスのパソコンはSSDを採用したタイプが増えてきていますが容量が少ないケースがあるので、必要に応じてカスタマイズしておくことをおすすめします。

常に大量のRAWデータを現像するようなハードユーザーは、もう少し予算をあげて上位モデルから選びましょう。

・予算15万円で買えるおすすめパソコンは?
・予算20万円で買えるおすすめパソコンは?

 

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

こんな人におすすめ!

  • とにかく激安のパソコンが欲しい人
  • カスタムパーツを持っている人
  • 多少の我慢は平気だよという人
  • RAW現像初心者やライトな編集作業がメインの人

おすすめのRAW現像パソコン

それでは僕が各ショップから厳選した、おすすめのパソコンを見ていきましょう。

mouse DT6-G

CPU Ryzen 5 3500
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 256GB SSD

Ryzen 5×GTX1650の組み合わせは意外とパフォーマンスが高く、RAW現像や動画編集に強いこだわりがない方なら検討範囲に入ります。この構成で税別6万円台とお得なデスクトップPCです。スタートがお安めなので用途に合わせてCPUやグラフィックを強化して好みの1台に仕上げやすいのも本モデルの特徴です。


フロンティア GAシリーズ(台数限定モデル)

フロンティアGAシリーズ

CPU Core i5-10400
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 512GB NVMe SSD

10万円前後でお得にパソコンを手に入れたいならセール品などをうまく活用したいところ。フロンティアのGAシリーズは、Core i5-10400×GTX1650の組み合わせで税込8万円台という破格のお値段!台数限定ではあるものの、グラフィックまで搭載しているパソコンを購入できれば長く使うことができますし、少し無理をしてでもこのクラスのパソコンを手にするメリットはあるはずです。売り切れ後も在庫が追加される可能性があるので定期的なチェックをおすすめします。


GALLERIA GR1650TGF-T

ドスパラ,gcl2060rgft

CPU Ryzen 5 4600H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650Ti
ストレージ 512GB NVMe SSD

Ryzen 5 4600Hを搭載し価格を税込10万円台に抑えたコスパ抜群のノートPCです。グラボがGTX1650Tiとややグレードもよく、ゲームや動画編集といった作業でより期待がもてます。リフレッシュレートは120Hz、重量も約1.9kgと軽めです。ライトユーザーやクリエイターの持ち出し用(サブPC)としてもおすすめです。


パソコン工房 LEVEL-M056-114-RFX

パソコン工房,level

CPU Core i5-11400
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 500GB SSD

処理能力を最大限に高めつつコストを抑えたいならパソコン工房のLEVELがおすすめ。第11世代インテルCPU採用なので、多数のアプリケーションとの親和性がありますし、もちろん処理能力も旧世代よりパワーアップしています。


マウスコンピューター mouse K5

mouse K5、マウスコンピューター

CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce MX350
ストレージ 512GB NVMe SSD

マウスコンピューターのmouse K5シリーズは、第10世代Core i7-10750Hを採用。一般向けモデルとしては珍しく独立グラボを搭載し、パフォーマンス面での優秀さが魅力です。写真編集やイラストなどを中心に作業する人にお勧めで、簡単な動画編集くらいなら対応できます。セール対象で10万円台になることも珍しくなく、人気で売り切れ続出するほどのモデルです。


ドスパラ raytrek G5

ドスパラ,raytrek G5

CPU Core i5-10300H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650Ti
ストレージ 512GB NVMe SSD

Core i5×GTX1650Tiを搭載した、ドスパラのクリエイターモデル「raytrek G5」です。10万円を切る価格ながらこれだけの構成にもっていっているのはさすがドスパラという感じ。動画編集やゲームも楽しめるコストパフォーマンスに優れたノートパソコンです。


ASUS ZenBook 13 OLED UX325JA (UX325JA-KG22ET)

CPU Core i5-1035G1
メモリ 8GB
グラボ インテル UHD グラフィックス (CPU内蔵)
ストレージ 512GB NVMe SSD

13.3型有機EL(OLED)を採用したモニターで、約1.14kgの軽さを実現。シネマグレードの100%DCI-P3対応、PANTONEカラー準拠と表現力も高いです。性能は控えめですが、これだけ高品質なモニターを搭載しながら税込10万円を切る意欲的なモデルです。約16.2時間のバッテリー駆動時間を実現し、プライベートからビジネスでまで幅広く活用できます。


まとめ

・予算10万円ならある程度性能は限定されてしまう!
・狙いをしぼって賢い選択をしよう!
・ゆくゆく不満を感じたら自分でカスタマイズしよう!

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてくださいね。

関連記事

15万円 RAW現像におすすめ!予算15万円で買えるデスクトップパソコンは? RAW現像におすすめ!予算20万円で買えるデスクトップパソコンは? 25万円 RAW現像におすすめ!予算25万円で買えるデスクトップパソコンは? 30万円 RAW現像におすすめ!予算30万円で買えるデスクトップパソコンは?