>> RAWCOM限定パソコン販売中!

RAW現像におすすめ!予算15万円で買えるデスクトップパソコンは?

15万円

写真編集やRAW現像に使えるパソコン」と一口に言っても、たくさん製品から、自分に最適な物を選ぶのは簡単ではありません。

今回は「予算15万円で選ぶおすすめのパソコン」というテーマで、厳選したパソコンを紹介していきたいと思います。

ノートパソコンを探している人はこちら→コスパ最強!15万円で探すノートPC

【予算15万円】パソコンの選び方

予算が15万円だと、性能的に余裕のあるパソコンが選べるようになってきます。

クリエイター向けのパソコンを、パソコン工房や、マウスコンピューター、ドスパラでチェックすると、売れ筋は15万円前後であるとわかります。

15万円という予算も、余裕があるようでないので、パーツ構成をしぼって賢い選択をしてください。

予算15万円で選べる性能

スペック
  • CPUはCore i7
  • メモリは16GB
  • グラボはミドルクラス以上!
  • SSD搭載モデルを選ぼう!

この構成をクリアして、15万円を切ってくるようであればコスパ良し!と判断できます。

いわゆるミドルクラスに入ってきますので、性能的にも満足のいくパソコンがたくさん見つかるはずです。そこから「メモリを追加してサクサク感を増したい」「CPUパワーは正義だよね」といった感じで、好みに合わせてスペックアップすると良いでしょう。

優先順位は人にもよるでしょうが、写真編集メインなら「メモリ」「CPU」「グラフィック」の順番で良いと思います。(SSDが搭載されている前提)

例えばCPUのスペックを下げて、グラフィックをGTX1070に強化するのもありですが、CPUのほうが優先度が高いので、写真編集用途で見るとベストな選択とは言いにくいです。

RAW現像や静止画の編集なら快適ですが、「4K動画をバリバリ編集する」「最新のゲームをがっつり遊びたい」という人はもう少し上位のモデルを選ぶ方が無難です。

・予算20万円で選ぶおすすめのパソコンは?

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

こんな人におすすめ!

おすすめ!
  • コスパ最高のパソコンが欲しい人
  • カスタマイズでスペックアップした人
  • RAW現像を継続的に続けていきたい人
  • 動画編集も視野に入れている人

おすすめのRAW現像パソコン

それでは僕が各ショップから厳選した、おすすめのパソコンを見ていきましょう。

マウスコンピューター DAIV A5

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 外観写真

CPU Ryzen 5 5600X
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 256GB NVMe SSD+1TB HDD

DAIV Aシリーズの中でもエントリー向けの構成になっているのがDAIV A5です。税別14万円(税込16万円)台でエントリー向けとはいえ、CPUには高性能なRyzen 5 5600Xが搭載されておりパフォーマンス不足は感じません。写真編集やイラストなど、そこまでグラフィックを必要としない作業なら基本構成のままでも十分使えます。ゲームや動画編集に使いたいなら、グラボをカスタマイズするのも良いでしょう。


フロンティア GAシリーズ(台数限定モデル)

フロンティアGAシリーズ

CPU Core i5-12400F
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 1TB NVMe SSD

第12世代Core i5-12400F×RTX3060搭載で税込15万円台というのは破壊的な安さです。高画素データ処理や最新ゲームもプレイ可能ですし、しっかりとした性能のパソコンが欲しいならこのラインといった感じ。台数限定なので欲しい人は急ぎましょう!在庫切れでも補充が入る可能性があるので定期的にチェックを推奨します。


ドスパラ raytrk XT

CPU Core i7-11700
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX1660SUPER
ストレージ 500GB NVMe SSD

ドスパラのクリエイト向けモデル「raytrk XT」です。15万円台でCore i7と専用グラフィックを採用。CPU処理能力が高めかつ、インテル製なので編集アプリとの相性が良いです。特に写真編集(RAW現像)を中心に考えている人とは相性が良いでしょう。


パソコン工房 LEVEL-M056-117-RJX

パソコン工房 即納

CPU Core i7-11700
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1660 SUPER
ストレージ 500GB NVMe SSD

コンパクトなミニタワー型を採用したデスクトップパソコンです。Core i7-11700×GTX1660SUPERの組み合わせなら大抵のデータ処理で困ることはありません。4K動画編集などを想定している方はもうワンランク上のモデルを購入しましょう。


ドスパラ GALLERIA RM5C-R36

ドスパラ,新筐体,GALLERIA RM5C-R36T

CPU Core i5-11400F
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3060
ストレージ 500GB NVMe SSD

ドスパラのゲーミングモデルは高い性能を誇っており、ゲームだけでなくクリエイト用途への転用が可能。グラフィックはRTX3060ですので、高解像データとも戦えるパフォーマンスは備えています。現実的に十分な処理能力をもっていますし、冷却性、静音性にも優れています。

まとめ

・予算15万円定はRAW現像が満足にできる性能!
・優先順位を決めてパーツを選ぼう!
・4K動画や最新ゲームなら上位モデルを選ぼう!

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてくださいね。

関連記事

10万円 RAW現像におすすめ!予算10万円で買えるパソコンは? RAW現像におすすめ!予算20万円で買えるデスクトップパソコンは? 25万円 RAW現像におすすめ!予算25万円で買えるデスクトップパソコンは? 30万円 RAW現像におすすめ!予算30万円で買えるデスクトップパソコンは? 15万円 【予算15万円】写真・動画編集におすすめ!コスパ最強のノートパソコン