>> RAWCOM限定パソコン販売中!

【モバイル版】GeForce RTX3050(Ti)搭載のおすすめノートパソコン!RAW現像や動画編集におすすめは?

GeForce RTX3050,3050Ti,おすすめ,ノートパソコン,写真編集,RAW現像

GeForce RTX3050/RTX3050Tiを搭載したノートパソコンを紹介します。

GeForce RTX3050(Ti)は、フルHDゲーミングを快適にする性能を実現しており、レイトレーシング技術によるリアルな描画体験や、DLSSによるフレームレート向上など多くのメリットがあるパーツです。

RAW現像写真編集だけに使うのはもったいないくらい高性能ですが、ゲームを快適に遊びたい、動画編集を楽しみたいというニーズも満たしてくれるので幅広い用途で使えます。構成次第では割とお安く入手できる製品もありコスパは抜群です!

それでは「GeForce RTX3050(Ti)搭載のおすすめノートパソコン」を紹介していきたいと思います。

RTX3060(Ti)搭載のおすすめデスクトップPC
>RTX3070搭載のノートパソコン
>GTX1660Ti搭載のノートパソコン

GeForce RTX3060の性能比較

GPU スコア(PassMark)
GeForce RTX3050Ti 9534
GeForce RTX3050 9330
GeForce RTX3060 12151
GeForce RTX2060 11458
GeForce GTX1660Ti 10215

RTX3050シリーズは2021年春に発表されたパーツで、従来のミドルクラスに匹敵するほどの性能をもたせてあります。RTX3050とRTX3050Tiではほとんど差が見られませんので、あまり神経質になる必要はないでしょう。

GTX1660Tiと比較して約7-9%ほど低いスコアですが、リアルタイムレイトレーシング技術やDLSSに対応しているあたりはメリットがあります。

WQHDクラスの解像度まで視野にはいってくるRTX3060あたりも魅力的ですが、多くのノートパソコンがフルHDを採用していることを考えるとRTX3050(Ti)も選択肢としてはアリだと思います。

>RTX3060搭載のノートパソコン

RTX3050(Ti)のゲーム性能はどれくらい?

RTX3050(Ti)のゲーミング性能を知るためにFF15を動かしてみました。

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,レビュー,感想,写真,ゲーム性能,RTX3050Ti
1920×1080(標準品質)

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,レビュー,感想,写真,ゲーム性能,RTX3050Ti
3840×2160(標準品質)

GPU 設定 スコア
RTX3050Ti 3840×2160(標準品質) やや重い(2739)
1920×1080(標準品質) 快適(7495)
RTX3050 1920×1080(標準品質)
RTX3060 3840×2160(標準品質) 普通(4433)
1920×1080(標準品質) とても快適(10672)
RTX2060 3840×2160(標準品質) 普通(3314)
1920×1080(標準品質) 快適(8899)
GTX1660Ti 3840×2160(標準品質) やや重い(2839)
1920×1080(標準品質) 快適(7858)

RTX3050(Ti)搭載モデルは、WQHD以上の高解像には対応せず、フルHDゲーミングを目的としていることが結果からわかりました。性能的にはGTX1660Tiとかなり近いこともわかります。

RTX3050搭載モデルはまだ触れていませんが、RTX3050Tiから数%ほど落とす程度になるでしょう。エントリークラスのグラボは、フルHDと言えど設定を落としたり、我慢を強いられるところがありました。RTX3050シリーズならかなり快適にゲームを遊ぶことができそうです。

GeForce RTX3050(Ti)がおすすめな人

こんな人におすすめ
  • RAW現像・動画編集を楽しみたい人
  • 最先端の技術が搭載されたPCが欲しい人
  • フルHDゲーミングをストレスなく楽しみたい人
  • コストパフォーマンス重視でパソコンを選びたい人

GeForce RTX3050Tiが搭載されたノートパソコンをテストしましたが「意外と遊べるじゃん」という印象。これまでのエントリークラスとは一線を画する性能です。フォートナイトやApexといった人気のバトロワ系ゲームでも、そこそこ高いフレームレートを出せるはずです。

これで価格が抑えられるのであれば、選ばない手はないですよね!

GeForce RTX3050(Ti)搭載のおすすめノートパソコン

msi GF63 Thin -10UC- 429JP

msi,GF63-10UD-059JP

CPU Core i7-10750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050
ストレージ 512GB NVMe SSD

税込139,800という低価格ながらパーツ構成にスキがなく、安心して使えるスペックに仕上がっているのが特徴。重量も1.86kgと比較的軽量ですし、フルHDモニターは144Hzリフレッシュレートにも対応しています。


ドスパラ GALLERIA RL5C-R35T

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,

CPU Core i7-11400H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3050Ti
ストレージ 512GB NVMe SSD

一見するとエントリーモデルのようなスペックですが、その実は従来のミドルクラスに匹敵する性能をがあります。144Hzリフレッシュレートにも対応しており、ゲームからクリエイトまでこなせるゲーミングPCです。


ASUS ROG Flow X13

CPU Ryzen 9 5900HS
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 3050Ti
ストレージ 1TB NVMe SSD

約1.35kgの軽量ボディにRyzen 9やRTX3050Tiを搭載。さらに13.4型のモニターは4K解像度にも対応!これでもかと言うほどハイスペックを凝縮したマシンです。モバイル環境でもしっかりと作業をしたいクリエイターには特におすすめのモデルです。


マウスコンピューター DAIV 5P

DAIV 5N

CPU Core i7-11800H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050
ストレージ 512GB NVMe SSD

Core i7-11800H×RTX3050搭載で、より高負荷な処理を可能にしたDAIV 5Pです。従来モデルの約2倍近い性能をもち、パソコン更新を考えている人にはうってつけの理由になるでしょう。重量も約1.73kgと軽くモバイル性にも長けているのもポイントです。


msi GF63-10UD-628JP

msi,GF63-10UD-059JP

CPU Core i5-10500H
メモリ 8GB
グラボ GeForce RTX 3050Ti
ストレージ 512GB NVMe SSD

RTX3050Tiを搭載したモデルの中で、最安値クラスなのがmsiのGF63シリーズです。メモリが少ないのが気になりますが、11万円台という安さを実現しているのが魅力です。パソコンショップArkはmsiの認定店舗なのでカスタマイズも可能になっています。


まとめ

・GeForce RTX3050(Ti)はコスパ良し!
・GTX1660Tiと同等クラスの性能を発揮!
・コスパ重視、軽さ重視など多数のモデルが選べる!

RTX3050シリーズは、ゲームや動画編集などで快適性をもたらしてくれるグラボです。従来のミドルクラス並みの性能なのに、価格がお安いモデルが多いのもポイントですよね。コスパ重視なだけでなく、凝縮感のあるモデルも存在しており、幅広い用途から選べる自由度の高さも魅力だと思います。

高フレームレート、高解像度を狙うようなパーツではないので、そういった人はRTX3060以上を検討することをおすすめします。

RTX3060搭載のおすすめノートパソコン

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

【GPU別】おすすめパソコン

関連記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】