>> RAWCOM限定パソコン販売中!

GeForce RTX3060(Ti)搭載のおすすめパソコン!RAW現像や動画編集におすすめは?

GeForce RTX3060 おすすめ パソコン

GeForce RTX3060、GeForce RTX3060Tiを搭載したパソコンを紹介します。

GeForce RTX3060(Ti)は、レイトレーシング技術によるリアルな描画体験や、DLSSによるフレームレート向上など多くのメリットがあるパーツです。メモリ量が12GBと多く、余裕のある動画編集を楽しめるメリットもあります。

性能的にはRAW現像写真編集だけに使うのはもったいないくらいですが、ゲームも快適に遊びたい、4K動画編集を楽しみたいというニーズも満たしてくれる良コスパっぷりです。

それでは「GeForce RTX3060(Ti)搭載のおすすめパソコン」を紹介していきたいと思います。

>RTX3070搭載のおすすめデスクトップPC
>RTX3060搭載のノートパソコン
>GTX1660Ti搭載のノートパソコン

GeForce RTX3060(3060Ti)の性能比較

GPU スコア(PassMark)
GeForce RTX3070 21650
GeForce RTX3060Ti 19684
GeForce RTX3060 16616
GeForce RTX2070SUPER 18095
GeForce RTX2060SUPER 16319
GeForce GTX1660Ti 12803

RTX3060(Ti)はフルHDクラスでは60fpsをしっかり出せる性能で、重量化の傾向にある最新タイトルを遊びたいユーザーにとっては良い選択肢の1つです。

RTX3060無印とRTX3060Tiを比較すると、3060Tiが約18-20%ほど高スコアです。

RTX2060SUPERとRTX3060がほぼ同等スコアというのは少々拍子抜けというのが素直な印象でしょうか。もちろん動画編集などにおいても十分なパフォーマンスを見せてはくれるのですが、選べるならRTX3060Tiを選びたいところです。

ちなみにRTX3060Tiは、従来のハイエンドモデルと勝負できるほど強力なグラフィックになっています。

RTX3060(Ti)のゲーム性能はどれくらい?

RTX3060のゲーミング性能を知るためにFF15を動かしてみました。

ドスパラ,GALLERIA XA7R-R36,CPUZ,Ryzen 7 3700X,ベンチマーク,FF15,RTX3060,ゲーム,ゲーミング

GPU 設定 スコア
RTX3070 3840×2160(標準品質) 快適(6705)
1920×1080(標準品質) とても快適(16314)
RTX3060 3840×2160(標準品質) 普通(4260)
1920×1080(標準品質) とても快適(11440)
RTX2070S 3840×2160(標準品質) やや快適(4925)
1920×1080(標準品質) 非常に快適(12983)

RTX3060のスコアは、4Kで普通、フルHDでとても快適となりました。4K解像度にも対応できるパフォーマンスですが、どちらかというとフルHDクラスを快適にする意味合いが強いような印象を受けます。

テスト環境が整わずRTX3060Tiは試せていないのですが、PASSMARKスコアを鵜呑みにするのであれば、RTX2070SUPERとRTX3070の間くらいのスコアに落ち着くはずです。

記事執筆時点で販売されているデスクトップは、RTX3060搭載モデルが約13~17万円、RTX3060Tiが15~20万円です。価格差が意外とあるので、性能を求めてRTX3060Tiを選択するもよし、コスパを求めてRTX3060を選びデバイス類を充実させるのも有りでしょう。ミドルクラス帯はこうした幅広い選択肢があるのも楽しみの1つです。(ゆえに悩むのですが笑)

【テスト機】
GALLERIA XA7R-R36のレビューを見る(RTX3060)
GALLERIA ZA9R-R70Sのレビューを見る(RTX2070SUPER)

GeForce RTX3060(Ti)がおすすめな人

こんな人におすすめ
  • RAW現像・動画編集をしっかり楽しみたい人
  • 最先端の技術が搭載されたPCが欲しい人
  • 4K動画編集を視野に入れている人
  • ゲームをフルHD環境でストレスなく楽しみたい人
  • コストパフォーマンス重視でパソコンを選びたい人

GeForce RTX3060が搭載されたパソコンもテストしていますが、RAW現像や動画編集目的なら十二分に活躍してくれるという印象をもっています。ゲーミング性能を求めるなら、このクラスでも上位のパソコンや、もう少し上のランクを視野に入れたいところです。

GeForce RTX3060(Ti)搭載のおすすめノートパソコン

ドスパラ GALLERIA XA7R-R36

ドスパラ、ガレリア、XA7C-R70S

CPU Ryzen 7 3700X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

今回の検証でも登場したドスパラのゲーミングPCです。パーツ構成もよくまとまっており、スタイリッシュな外観も見ものです。内部には大型のファンが搭載されており、負荷時でも静かに動作するのが好印象でした。


マウスコンピューター DAIV Z7

DAIV-DGZ530M1-SH5 開封

CPU Core i7-10700
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD

RAW現像や動画編集といったクリエイト系の作業を行うなら、マウスコンピューターのDAIVブランドもはずせません。信頼のインテルCPUでアプリとの親和性もばっちりですし、メモリも32GBと余裕があります。ストレージ容量も多く、追加も簡単にできるのでスキがありません。


パソコン工房 STYLE-R0X6-R58X-RBX 

パソコン工房 STYLE

CPU Ryzen 7 5800X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 500GB SSD

市場ではなかなか手に入らないRyzen 7 5800Xを軸に構成されたデスクトップパソコンです。8コア16スレッドのパワフルな処理能力で、RAW現像や動画のレンダリングを短時間で完了できます。


Dell ALIENWARE AURORA R12

Dell ALIENWARE AURORA R12

CPU Core i7-11700F
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060Ti
ストレージ 2TB HDD

RTX3060Tiを搭載したモデルで近未来的なデザインが特徴。第11世代Core i7-11700FF15との組み合わせで、より重たい作業を行うこともできます。ただしお値段が25万円オーバーなのでコスパはあまりよくありません。


まとめ

・GeForce RTX3060(Ti)は最強クラスのコスパ!
・従来のSUPERネーミング以上の性能を発揮!
・性能をしっかり発揮するためにCPU選びも鍵!

RTX3060やRTX3060Tiは、従来の上位クラスと戦えるパフォーマンスでコストパフォーマンスが高いのが魅力的です。近年はグラフィック高騰の波を受けている傾向もあるので、下手に高いモデルに手を出さずにBTOメーカーのカスタマイズで対応するというのも手かもしれません。

RAW現像や動画編集をしっかり行えるパフォーマンスはあるという判断ですが、ゲーミング性能についてはもうワンランク上を狙うのも面白いです。特に4Kモニターやゲーミングモニターを使いたいユーザーならRTX3070クラスがおすすめです。

RTX3070搭載のおすすめパソコン

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

【GPU別】おすすめパソコン

関連記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】