>> RAWCOM限定パソコン販売中!

【新旧比較】Ryzen 7 1700とRyzen 5 2600はどっちが高性能?

パソコンのコアパーツであるCPUに、AMD製のRyzenがあります。Ryzen CPUも第2世代(Zen+)に突入し、コードネームは「Pinnacle Ridge」と改められました。

「Ryzen 7 2700」「Ryzen 5 2600」のいわゆる2000番台と呼ばれていますが、「実際にどこが変わったの?」「性能はあがったの?」という疑問もあるかと思います。

そこで今回は第1世代の「Ryzen 7 1700」と第2世代の「Ryzen 5 2600」を比較していきます。実際にスコアをとったり、写真編集動画のレンダリングにかかった時間も計測しました。同ラインでの比較はよく見ますが、このような比較はあまり目にしなかったので是非参考にしてください。

マウスコンピューター/G-Tune

Ryzen 7 1700 vs Ryzen 5 2600

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

CPUスコア

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 7 2700X 16918 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 7 2700 15096 3.2GHz(4.1GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 7 1700 13745 3.0GHz(3.7GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 2600X 14475 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 95W
Ryzen 5 2600 13541 3.4GHz(3.9GHz) 6コア12スレッド 65W

「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

注意

掲載されたスコアはPASS MARK社が開示しているデータであり、性能を約束するものではございません。

第2世代で進化したポイント

特徴
  • プロセスルールが14nm→12nmになった
  • 高クロック化した
  • より高速なメモリに対応した

一番の特徴はプロセスルールが変更されたことで、これにより高クロック化に成功しています。全体的なクロックが上がったことで、効率的に処理が行えるようになりました。これによりAMDのCPUが、IntelのCPUに脅威をあたえる存在になりつつあります。

CPUスコアを見ると「Ryzen 7 1700が13745」「Ryzen 5 2600が13541」と、ほぼ横並びの性能だということがわかります。グレード的には下でも、新製品は高性能というわけですね。

キャッシュの変更はありませんが「DDR4-2933という高速なメモリに対応している」と言う点も見逃せません。上位モデルのRyzen 7 2700Xのように光らないのが少し残念です(笑)上位モデルが価格が下がったのに対し、このグレードはほぼ据え置きなのも少し残念ですね。

LITTLEGEAR a340BA1 内部

比較に使ったパソコン

名前 LITTLEGEAR a340PA1
NEXTGEAR-MICRO am550SA1
画像 G-Tune LITTLEGEAR G-Tune
CPU AMD Ryzen 5 2600
AMD Ryzen 7 1700
GPU GeForce GTX1050(2GB)
メモリ 8GB→16GBに変更
SSD 256GB M.2SSD を追加
HDD 1TB
チップセット AMD B320 チップセット
AMD B350 チップセット
電源 500W【80PLUS BRONZE】
詳細 レビューを見る レビューを見る
マウスコンピューター:https://www.mouse-jp.co.jp/

CPU以外はできるだけスペックを揃えて比較できました。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CPU-Zによるスコア

LITTLEGEAR a340BA1 CPUZ スコア
Ryzen 5 2600

ng am550sa CPUスコアRyzen 7 1700

  シングルスレッド マルチスレッド
Ryzen 5 2600 436.3 3321.4
Ryzen 7 1700 402.9 3948.4

CPU-Zのテスト結果では、シングルスレッドではRyzen 5 2600が、マルチスレッドではRyzen 7 1700が高いスコアになっています。コア数が多いからでしょうかね?こういうのはやってみないとわからないので面白い結果です。

CINEBENCH 15のスコア

LITTLEGEAR a340BA1 CINEBENCH CPUスコア
Ryzen 5 2600

ng am550sa CPU CINERyzen 7 1700

Ryzen 5 2600 1183
Ryzen 7 1700 1417

CINEBENCHのスコアは約1.19倍の差となりました。以前にテストしたCore i7-8700は1400ほどだったので、Ryzen 7 1700は旧世代とは言え充分に高性能なCPUということがわかります。

RAWの一括変換にかかった時間を比較

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

Ryzen 5 2600 7分18秒
Ryzen 7 1700 7分50秒

RawTherapeeというソフトを使ってJPEGへの一括変換をテストしたところ、Ryzen 5 2600 が30秒速いという結果になりました。予想ではコア数の多いRyzen 7 1700が有利だと思ったのですが、単純に今回使ったソフト(RawTherapee)がクロック数の高さが有利になるソフトなのかもしれません。

150枚でこれだけの差になので、枚数が増えると大きな差になってきます。時間の節約をしたいなら高性能なCPUを選びましょう。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

Ryzen 5 2600 4分05秒
Ryzen 7 1700 3分40秒

動画のレンダリングではRyzen 7 1700が25秒速いという結果になりました。こうなってくると「旧世代でも性能が良いRyzen 7 1700」「上位CPUとあまり変わらない性能のRyzen 5 2600」という見方ができて、両方ともにコストパフォーマンスが良いように思えます。

感想

・Ryzen 5 2600 vs Ryzen 7 1700は近い性能
・RAW現像では第2世代のRyzen 5 2600が速い
・動画レンダリングはRyzen 7 1700が速い
・コスパで見ると両方とも優秀!

新旧のCPUでもっと大きな差が出てくるかと思いましたが、ベンチソフトや実際の作業ではどちらも譲らない結果となりました。あまり差が顕著ではないので、どちらのCPUを選んでも後悔はしないという結果になったとも言えるでしょう。

Ryzen搭載のおすすめパソコン

G-Tune LITTLEGEAR a340BA1

G-Tune LITTLEGEAR

CPU AMD Ryzen 5 2600
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1050 (2GB)
ストレージ 1TB HDD

今回テストしたRyzen CPU搭載パソコンの中でも、エントリー向けのモデルにあたります。メモリやSSDをカスタマイズで追加すると快適性が高まります。もともと8万円台で販売されていますし、カスタマイズをしても10万円強なので、かなりお得なモデルだと思います。サブマシンとしてもおすすめですね。

レビューを見る


G-Tune NEXTGEAR-MICRO am550SA1

G-Tune

CPU AMD Ryzen 7 1700
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1050 (2GB)
ストレージ 1TB HDD

Ryzen 7 1700が搭載されてお値段がなんと脅威の7万円台〜という超がつくほどのお買い得モデルです!8コア16スレッドという高性能なCPUを搭載していますし、動画のレンダリングもサクサクでした。安いだけじゃなく、ちょっとグレードの良いパソコンを使いたい人におすすめのパソコンです。

価格を見る


「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】