>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Ryzen搭載のおすすめパソコンは?写真・動画編集に最適なモデルをチェック

Ryzen 搭載 おすすめパソコン

「AMD」の逆襲が止まりません!

第3世代Ryzenを搭載したノートパソコンが市場に投入。デスクトップ並みのパフォーマンスと安さ(コスパ)でノートPC界に新しい風を巻き起こしています。僕も個人的にRyzen搭載ノートを購入してしまいました(笑)

そんなAMD製の「Ryzenを搭載したおすすめのノートパソコン」を紹介していきたいと思います。 RAW現像や、動画編集の処理時間も掲載しているので参考にしてもらえると嬉しいです。

Ryzen搭載のおすすめデスクトップパソコンをチェックする

AMD製CPU「Ryzen」とは?

第3世代に入ったAMD CPUは、最大64コア/128スレッドという驚異的なCPUです。コア数の多さはクリエイト作業に有利ですし、処理速度の短縮化につながる重要な要素でもあります。そう考えるとAMD CPUは「RAW現像や動画編集にぴったり」というわけです。

ユーザーにとって最もうれしいのは、性能の割に価格が安いことです。

デスクトップを不要にしてしまうくらいパフォーマンスが高いのに、なぜかRyzen搭載機は安く買えてしまいます。つまりコストパフォーマンスが最高って訳ですね。

Ryzenの性能(スコア)は?

それでは実際に数字を見ながら、CPUの性能を見ていきましょう。スコアはPassMarkが公開しているデータになります。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
【デスクトップCPU】
Ryzen 9 5900X
39462 3.7GHz(4.8GHz) 12コア24スレッド 105W
Ryzen 7 5800X 28493 3.8GHz(4.7GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 5 5600X 22161 3.7GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Ryzen 7 3700X
22742 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 3600X 18309 3.8GHz(4.4GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i7-12700 32117 2.1GHz(4.9GHz) 12コア20スレッド 65W
Core i5-12400 19333 2.5GHz(4.4GHz) 6コア12スレッド 65W
【ノートCPU】
Ryzen 7 6800H
23651 3.2GHz(4.7GHz) 8コア16スレッド 45W
Ryzen 7 5800H 21724 3.2GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 45W
Ryzen 5 5600H 17681 3.3GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 45W
Ryzen 7 4800H 19292 2.9GHz(4.2GHz) 8コア16スレッド 45W
Ryzen 5 4600H 15000 3.0GHz(4.0GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-12700H 27581 2.3GHz(4.7GHz) 14コア20スレッド 45W
Core i7-11800H
21794 2.3GHz(4.6GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10750H 12688 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W

第三世代と言われる、Ryzen 3000番台は大きく性能が引きあがったことで話題を集めました。それはここ数年でパソコンを購入した人でも、入れ替えしたいと思うくらいのパフォーマンスです。

Ryzen 9 5900Xにいたっては40000に迫るスコアを見せており、他を圧倒する性能になっています。Ryzen 5 5600XだとRyzen 7 3700Xに迫るスコア。世代を重ねるごとにしっかりと性能を上げているところは好印象です。

インテル製CPUとの比較でいえば、第12世代が非常に優秀なので選択は難しくなっています。この後でも解説していきますが、クリエイト系の作業だとCore i7-12700がかなり強いです。また、3000番台では価格面で優秀でしたが、Ryzen 5000番台はややコストが上がった印象も受けます。性能も高くなってきてシェアもとれているので「安くする理由がない」といったところかもしれません。

Ryzenのベンチマークや処理時間を計測

CPU-Z ベンチマークスコア

raytrek XV,ドスパラ,レビュー,ブログ,Core i7-12700,性能,感想,ベンチマーク,cpuz

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
【デスクトップCPU】
Ryzen 7 5800X 669.4 6739.4
Ryzen 5 5600X 645.4 4873.0
Core i7-12700 782.5 9021.6
Core i5-12400 703.6 5007.6
Core i7-11700 659.1 6127.0
【ノートCPU】
Ryzen 7 5800H 580.7 5731.2
Ryzen 5 5600H 558.6 4256.8
Core i7-11800H 621.3 5381.9
Core i7-10750H 503.1 3169.5

最近の傾向としてインテルCPUのシングルスレッドの高さがあります。デスクorノート問わずにRyzenよりも高い数値を示すので、シングル性能を重視する方はインテルCPUを選ぶメリットが高そうです。(一般用途やRAW現像など)

逆に「Ryzenが悪いか?」と言われたらそんなこともなく、ベンチマークを走らせるなどしない限りは顕著な差を感じないはずです。パーツ構成や価格面など、全体を見比べながらしっかりと選択をすると良いでしょう。

CINEBENCH R20 スコア

マウスコンピューター,G-Tune EP-A-6700XT,レビュー,CPU,Ryzen 7 5800X,R20,

CPU シングル マルチ
【デスクトップCPU】
Ryzen 7 5800X 621 5993
Ryzen 5 5600X 599 4233
Ryzen 7 3700X 504 4822
Core i7-12700 710 6485
Core i5-12400 659 4724
Core i7-11700 592 3788
【ノートCPU】
Ryzen 7 5800H 558 4691
Ryzen 5 5600H 528 3607
Core i7-11800H 581 4162
Core i7-10750H
465 3089

Ryzen 3000→5000で順当に性能を上げていますが、特にシングルスレッドの進化はめざましいものがあります。特にコスパを重視する人にはRyzen 5 5600Xあたりは魅力的に見えるでしょう。ただしそれ以上をいくのがインテルの第12世代CPUです・・・

ノートパソコンではRyzen 7 5800Hがシングル、マルチともに高めの数字になっていますので選択肢としてはアリだと思います。もちろんコスパを重視してRyzen 5を選択するのもアリ。デスクトップほど顕著な差がないのがノートCPUと言えるでしょう。

RAW現像の処理時間を比較

約150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した処理時間を計測しました。

CPU 処理時間
Ryzen 7 5800X 3分46秒
Ryzen 5 5600X 3分55秒
Core i7-12700 3分30秒
Core i5-12400 4分06秒
Ryzen 7 5800H
4分42秒
Ryzen 5 5600H 4分23秒
Core i7-11800H 4分13秒
Core i7-10750H
5分10秒

RAW現像はシングル性能が生きやすい作業ですので、第12世代インテルCPUが有利なのは間違いありません。とは言え、思ったほど大きな差は出ていないという印象を受けませんか?編集作業事態はどのCPUでも問題なく行えますし、あとは処理時間にどれくらいこだわるかになってきます。

毎日多くの現像作業を行うようなプロなら選択はシビアになるでしょうが、週末にカジュアルに現像作業を行うだけなら神経質に選ばないといけないという印象は受けません。(むしろRyzen 5やCore i5で十分かも?)

動画編集の時間を計測

RAW現像とはちがって、マルチコアの性能が結果に左右する動画編集をチェックします。ミラーレスカメラで撮影した5分程度の4K映像をレンダリングする時間を計測しました。

CPU 処理時間
Ryzen 7 5800X×RX6700XT 3分02秒
Ryzen 5 5600X×RX6700XT 4分04秒
Core i7-12700×RTX3060 2分52秒
Core i5-12400×RTX3050 4分14秒
Ryzen 7 5800H×RTX3060 4分13秒
Ryzen 5 5600H×RTX3060 5分01秒
Core i7-11800H×RTX3060 4分49秒

動画編集はグラボによるところも大きく、高負荷が続くためかデスクトップCPUが有利です。物理的に余裕のあるデスクトップとちがって、制限のあるノートでは処理に時間がかかるのはどうしても仕方ないところです。

最近のノートも性能が上がって来ているので、よほど高解像度でこだわった編集を行わないのであれば十分すぎるくらいになってきてます。おそらく一般ユーザーで不満を感じる人は少ないでしょうし、持ち運べるというのはデスクトップにない大きなメリットです。

Ryzen搭載のおすすめのPC

ドスパラ GALLERIA ZA7R-R37

ドスパラ、ガレリア、XA7C-R70S

CPU Ryzen 7 5800X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3070
ストレージ 1TB NVMe SSD

新筐体を採用したドスパラのデスクトップです。Ryzen 7 5800X×RTX3070の組み合わせで、安定した性能を発揮できるのが特徴。税込26万円台と現実的な価格ですし、高負荷な4K動画編集なども楽しみたいという本格派におすすめのモデルです。


ASUS ROG Zephyrus G14 GA402RJ

ROG Zephyrus G14,ASUS,Ryzen

CPU Ryzen 9 6800HS
メモリ 16GB
グラボ Radeon RX 6700S
ストレージ 512GB NVMe SSD

個人的にイチオシなのがASUSのROG Zephyrus G14です。14型WQXGA(120Hz)液晶搭載で作業スペースも縦に広く、リフレッシュレートも高いです。重量も1.65kgと軽く、PD対応なので充電周りの柔軟さも兼ねそろえています。モバイル製とパフォーマンスをハイレベルに両立したモデルです。


ドスパラ GALLERIA XL5R-R36 5600H搭載

GALLERIA XL5R-R36 5600H,ドスパラ,レビュー,ブログ,評価,性能,感想,ベンチマーク、ノートパソコン

CPU Ryzen 5 5600H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

15.6インチの液晶は144Hzに対応しなめらかな映像を楽しめます。価格も14万円代からとなっており手を出しやすいのも魅力的かと思います。重量も2kgとモバイル性も悪くありません。少し予算を足せばRyzen 7搭載の「XL7R-R36」が購入できます。


フロンティア GAシリーズ(台数限定モデル)

フロンティアGAシリーズ

CPU Ryzen 7 5800X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060Ti
ストレージ 1TB NVMe SSD

フロンティアの台数限定セール対象のGAシリーズです。台数限定なだけあって価格はマウスコンピューターよりもお安く、税込20万円台は安いです!売り切れても補充が入ることがあるので、定期的にチェックすることをおすすめします!


ドスパラ raytrek MX

ドスパラ,raytrek,

CPU Core i7-12700
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650
ストレージ 500GB NVMe SSD

CPUに処理能力は求めるけど描画性能はそこまで必要ないという人におすすめなのが「raytrek MX」です。グラボをGTX1650にすることで価格をぐっと抑えることができ、税込みで15万円を切るのは魅力です。写真編集など静止画中心に作業される方におすすめです。


ドスパラ GALLERIA XA5R-67XT

ドスパラ、ガレリア、XA7C-R70S

CPU Ryzen 5 5600X
メモリ 16GB
グラボ Radeon RX 6700XT
ストレージ 1TB NVMe SSD

今回のテストに使ったドスパラのゲーミングパソコンです。Ryzen 5 5600X×Radeon RX 6700XTの組み合わせで高解像データ処理にも対応ができます。写真や動画編集、ゲームなど広い用途で楽しめるモデルになっています。静音性にも優れておりコスパは抜群です!


パソコン工房 LEVEL-M0B5-R56X-RBX

パソコン工房,level

CPU Ryzen 5 5600X
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 500GB NVMe SSD

Ryzen 5 5600X×RTX3060を搭載している国産のパソコンです。品質やアフターサービスでの安心感があります。ミドルユーザーに最適な構成で、ゲームや動画編集などにもしっかり対応していきたいユーザーにおすすめです。


まとめ

・Ryzen CPUは高性能で選ぶ価値がある!
・コスパに優れたモデルが多いのでお得にPCを買いたい人におすすめ!
・動画編集にはコア数の多いRyzenが有利!

Ryzenの魅力が伝わったなら嬉しいです。ノートパソコンと言えど高い処理能力を有しており、最新モデルなら並のデスクトップを凌駕する性能だと気づいてもらえたら嬉しいです。

それでいて価格は安く「本当に大丈夫?」と心配しちゃいそうなくらい安いモデルもあるので、予算が限られていても十分な性能を手にする可能性は高いです。

もちろんRyzen搭載デスクトップも魅力的なので合わせて検討ください。

Ryzen搭載のおすすめデスクトップパソコンをチェックする

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてくださいね。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】