>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Ryzen 9 3950X搭載!RAW現像や写真編集におすすめのパソコンは?

Ryzen 9 3950X おすすめ パソコン 写真

パソコンパーツの中でも最も重要なのが「CPU」です。

写真編集RAW現像といった、クリエイター向けの作業はCPU負荷が高いのでできるだけ性能の良いパーツを選択しましょう。

今回はAMD製第3世代CPUのRyzen 9 3950Xが搭載されたおすすめのパソコンを紹介していきたいと思います。もちろん性能面にもしっかり目を向けていきますので参考にしてください。

マウスコンピューター/G-Tune

Ryzen 9 3950Xの性能・スコアは?

これまでは「CPUと言えばIntel」という時代が続いていましたが、ここにきてRyzenの逆襲が止まらない状況になってきています。Ryzen CPUはパフォーマンスの高さと価格の安さ、つまりコスパを武器にシェアを確実に伸ばしています。

僕がおすすめさせてもらっている「マウスコンピューター」「ドスパラ」「フロンティア」「パソコン工房」と言ったBTOショップでの取り扱いがどんどん増えている状況からもユーザーから求められていることが伝わってきます。

もはやインテル一強の時代ではなくなっていることは明確ですし、僕もRyzenに魅力を感じ自作PCのパーツの入れ替えを行ったくらいです。

Ryzen CPUのスコア(性能)

まずは簡単な比較表をご覧ください。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 9 3950X 39294 3.5GHz(4.7GHz) 16コア32スレッド 105W
Ryzen 9 3900X
32860 3.8GHz(4.6GHz) 12コア24スレッド 105W
Ryzen 7 3800XT 23954 3.9GHz(4.7GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 7 3700X
22742 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 3600 17825 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i9-9900K
18894 3.6GHz(5.0GHz) 8コア16スレッド 95W
Core i7-10700K
19737 3.8GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 125W
Core i7-9700K 14650 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
注意

掲載されたスコアはPASS MARK社が開示しているデータであり、性能を約束するものではございません。

Ryzen 9 3950Xは16コア32スレッドのハイパフォーマンスCPUです。スコアは40000に迫り、Ryzen 7やCore i9の2倍近いスコアを達成・・まさに異次元の強さを見せています。

これほど強力なCPUを必要とするのは、日常的に編集作業に追われているクリエイターのような人が多いと思いますが一般用で使うとしても優越感に浸ることができそうですね。

Ryzen 9 3900Xと比較しても約20%ほど高性能です。コア数やスレッド数も多いことからクリエイティブワークの時間短縮に貢献してくれると思います。

RAW現像の時間を比較

いくら数値で良いと言っても実際に動かしてみないと実力はわかりません。そこで、一眼レフで撮影したRAWデータ150枚をJPEGに変換する時間を計測してみました。

CPU A機
Core i9-9900K 3分19秒
Core i7-9700K 4分56秒
Ryzen 9 3950X
Ryzen 9 3900X 4分52秒
Ryzen 7 3700X
4分58秒
Ryzen 5 3600 5分39秒

Ryzen 9 3950Xをまだ試せていないので処理時間は掲載できていませんが、使う機会があれば掲載したいと思います。

RAW現像は1コアあたりの性能に依存する傾向が強く、インテルCPUが得意とする分野という印象があります。実際にRAW現像を試すとスコアで大幅に上回っていたCore i9に大きく差をあけられ、Core i7に並ばれる結果となっています。

Ryzen 9 3950XもCore i9-9900Kにせまるほどのタイムにはならないというのが個人的な予想です。 記事執筆時点ですと、CPU単体の価格で見てもCore i9-9900Kのほうが2万円ほど安かったです。

写真編集メインの自作機を検討しているならCore i9に分があるのかもしれません。

動画編集の時間を比較

CPU A機
Ryzen 9 3950X
Ryzen 9 3900X 2分59秒
Ryzen 7 3700X
3分33秒
Ryzen 5 3600 3分47秒
Core i9-9900K 3分58秒
Core i7-9700K 4分46秒

動画のレンダリングは、コア数が多いRyzenの得意とするところです。Ryzen 9 3900Xでさえ3分を切っており、動画が溶けるように処理されていくのは眺めているだけでも楽しかったです。Ryzen 9 3950Xはコア数も多いので、より作業の短縮化につながるはずです。

YouTubeに投稿するための動画編集、高解像度のデータ編集なんかをしたい人にはRyzenがおすすめということになります。

Ryzen 9 3950Xがおすすめな人

こんな人におすすめ
  • 超高性能なパソコンが必要な人
  • 最強クラスのCPU処理能力を求めている人
  • より高負荷な動画編集を快適に楽しみたい人
  • コストよりもパフォーマンス重視な人

Ryzen 9にこだわらなくても性能面では十分に満足できる可能性もあります。Ryzen 7やRyzen 5も気になっている人はこちらの記事をどうぞ。

Ryzen搭載のおすすめパソコン

Ryzen 9 3950X搭載のおすすめPC

G-Tune HP-A-O

G-Tune HP-A

CPU Ryzen 9 3950X
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ 1TB SSD(Gen4) + 4TB HDD

マウスコンピューターのゲーミングブランドG-Tuneの最高峰クラスのデスクトップパソコンです。水冷CPUクーラーが採用されていたり、爆速のGen4 SSDが搭載されているなどパフォーマンス面を限界まで引き上げる工夫が見られます。RTX2080 SUPERにもカスマム可能です!


パソコン工房 SENSE-RMX5-R93X-QIR

パソコン工房 SENSE

CPU Ryzen 9 3950X
メモリ 16GB
グラボ Quadro P400
ストレージ 240GB SSD +2TB HDD

グラフィックにQuadroを搭載したクリエイター向けのSENSEです。グラフィックはそこまで強力ではありませんが忠実な色で写真編集やイラスト作成におすすめです。クリアサイドパネルが印象的で視覚でも楽しめるパソコンになっています。


ASUS ROG Strix G35

ROG Strix G35 ASUS

CPU Ryzen 9 3950X
メモリ 64GB
グラボ GeForce RTX 2080Ti
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD

ASUSのゲーミングブランドROG Strix G35です。ほぼ最強と言えるパーツ構成でパフォーマンスに妥協したくないユーザー必見のPCです。50万円という価格はハードルが高いですが、このクラスを検討する人には攻めの姿勢を見せてほしいところ。


パソコン工房 STYLE-Q0X5-R93X-DXX

パソコン工房 STYLE

CPU Ryzen 9 3950X
メモリ 16GB
グラボ Radeon RX 5700 XT
ストレージ 500GB NVMe SSD

Ryzen 9 3950X×RX 5700 XTの組み合わせなので高解像データと戦えるパフォーマンスをもち、税別23万円代という現実的な価格が良心的なモデルです。必要に応じてメモリやHDDを追加するのがおすすめです。


まとめ

・Ryzen 9 3950Xは最高クラスの処理能力!
・最高のパソコン体験を求めるユーザーにおすすめ!

Ryzen 9 3950Xは高いパフォーマンスが魅力のCPUです。搭載されているパソコンは多くありませんが、性能は感動すること間違いありません。

少しでもお安く手に入れたいなら「BTOパソコンショップのキャンペーン・セール情報まとめ」というページも参考にしてください。

他のRyzen CPUが気になる方はこちらの記事もどうぞ。>「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】