>> RAWCOM限定パソコン販売中

Lenovo Legion T530レビュー!クリエイトもゲームもこなせる優良コスパモデル

Lenovoのゲーミングノートパソコン、Legion T530をお借りして使う機会をいただきましたので紹介します。

28Lのハンドル付き筐体に、第9世代インテルCPUと、最新のグラフィックを搭載したハイパフォーマンスモデルです。それでいて実売6万円台~という価格も魅力。カスタマイズベースとしても活用できます。

実際にベンチテストを行ったり、RAW現像、動画編集にも使ってみましたが快適でした。少し気をつけたいポイントなんかもあったので、合わせて紹介していきたいと思います。

それでは、Legion T530のレビューをどうぞ。

レノボのレギオンT530の性能

Lenovo legion T530 レビュー
Lenovo:https://www.lenovo.com

Lenovoは個人・法人向けにパソコンを販売しています。ビジネスマンの方だとThinkPadと聞けばピンとくる人もいるかもしれませんね。

今回はそんな中でもゲーミングモデルの「LEGION」に注目していくわけですが、その理由はクリエイト作業にも最適なパフォーマンスの高さです。

最新のCPUと、専用グラフィックが搭載されているため、事務的な処理はもちろん快適ですし、動画、オンラインゲーム、写真、動画編集といったクリエイティブな領域までカバーできます。

縦長の筐体は、よくあるゲーミングモデルのような騒がしい印象は皆無です。スリムでハンドルも備えているため、割とどんな場所でもセッティング可能。男性なら片手で持ち運びが可能です。

シンプルでありながら全く主張しないという訳でもありません。前面に施された赤のLEDがスタイリッシュな印象を与えます。無機質なパソコンとは一線を画し、対話を楽しむような余韻を感じました。

LEGION T530のラインナップ

Lenovo legion T530 レビュー

ハンドルを備えるため設置がしやすい

Legion T530のラインナップは複数あります。同じような価格帯なのに、性能のちがう新旧のパーツが入り乱れているので注意が必要です。

製品番号 パーツ構成 eクーポン適用後の価格
90JL002WJM Core i5-8400 / 8GBメモリ / iintel UHD 630 / 256GB SSD / 450W 63,767
90L3008BJM Core i5-9400F / 8GBメモリ / GTX1660Ti / 512GB SSD+1TB HDD / 500W 105,754
90L3008CJM Core i7-9700 / 16GBメモリ / GTX1650 / 1TB SSD+1TB HDD / 500W 121,722
公式HP 詳細を見る

今回お借りしたモデルは、CPUにCore i5-9400F、GPUにGTX1660Tiを搭載した真ん中のモデルです。最も安いモデルなら6万円台で購入が可能です。これに好きなグラボを単体で購入してのせてしまうのも有りな気がします。

Legion T530の場合、ほとんどのモデルが10~12万円台あたりです。およそミドルクラスあたりのパソコンになりますが、ほとんどの人にとっては満足できる性能。4こだわった4K動画編集、VR、最新ゲームを最高の環境で・・・という人でもない限りまず問題ありません。

もしハイエンドモデルが欲しいなら、上位モデルの「Legion T730」から選んでねということでしょう。

Lenovoの特徴の1つとしては、お得なクーポンがあげられます。割引率は変更される可能性がありますが、数万円単位の割引が入ることがほとんどなので、ぜひチェックしてください。

LEGION T530のスペック表

Lenovo legion T530 レビュー

内部には十分なスペースがあり冷却性にも期待できる

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i5-9400F
グラフィックス GeForce GTX 1660Ti(6GB)
メモリ 8GB(最大32GB)
SSD 512GB SSD
HDD 1TB HDD
チップセット インテル® B360 チップセット
電源 500W
サイズ 約 185x456x440mm
重量 約 15kg

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

CPU Core i5-9400Fの性能

Lenovo T530 CPUZ Core i9-9400F

搭載されているCPUは、第9世代のCore i5-9400Fです。6コア6スレッドのCPUで、通常は2.9GHzで動作し、負荷がかかった時にはオーバーブーストで最大4.1GHzまで周波数があがります。

内蔵グラフィックを搭載しないモデルになるので、GPUは必須です。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-9700K 17696 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
Core i7-8700 15171 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i5-9400F 12256 2.9GHz(4.1GHz) 6コア6スレッド 65W
Core i5-8400 11745 2.8GHz(4.0GHz) 6コア6スレッド 45W

前モデルのCore i5-8400と比較すると、約10%程度の性能向上が見られます。より負荷のかかるシーンなどでは、最新CPUが頼りになるでしょう。

CPU-Zによるベンチマークスコア

CPU-Zによるスコアは以下の通りです。

Lenovo T530 CPUZ Core i9-9400F スコア

  シングルスレッド マルチスレッド
Core i5-9400F 474.9 2689.2
Core i5-8400 438.7 2442.8

第8世代のCore i5-8400は、そのコスパの高さから人気があったCPUです。(一時は供給が追いつかずに在庫切れしてしまうほど)そんなCPUから順当に進化しているCore i5-9400Fは、多くのシーンで不満のないパフォーマンスを見せてくれます。

CINEBENCHによるベンチマークスコア

CINEBENCHによるスコアは957となりました。

 CPU スコア
Core i7-8750H 1026
Core i7-8700K 1402
Core i5-9400F 957
Core i5-8400 914

CINEBENCHを使ったテストでも、安定の結果というところ。モバイル版のCore i7と遜色ないレベルです。

日常的に動画編集やRAW現像をするなら、Core i7-9700のような高パフォーマンスのCPUを選択する価値はありますが、そうでないならCore i5-9400Fでも十分すぎます。

ストレージ性能

Lenovo legion T530 レビュー

ヒートシンク付きなのが好印象

メインストレージは512GBの大容量SSD、保存領域として1TBのHDDが搭載されています。

ストレージのスコア

Lenovo T530 Cドライブ

Cドライブの速度

Lenovo T530 Dドライブ

Dドライブの速度

SSDに関してはトップクラスの性能で、転送速度が3400MB/sを超えています。体感的にもキビキビ動作をしてくれるので気持ちよくパソコンを使うことができます。

保存領域が512GBと余裕がありますので、一時的に処理するデータが膨れてしまっても神経質になることもありません。処理が完了すれば1TBのHDDに移動もできますので、扱うデータの多いフォトグラファーやビデオグラファーでもすぐさま枯渇することはないはず。

Lenovo legion T530 レビュー

いざとなったら拡張も可能

GeForce GTX1660Tiのグラフィック性能・ゲームスコア

Lenovo legion T530 レビュー

1クーラータイプなので冷却性はそこそこ

LEGION T530に搭載されているグラフィックは「GeForce GTX1660Ti」です。ミドルクラスのグラフィックボードなので、フルHDクラスのデータなら問題なく扱うことが可能。

扱うデータにもよりますが、4K領域に差し掛かっても多少なら問題なく処理ができるなという印象をもちました。

CINEBENCHのベンチマーク

Lenovo T530 CINEBENCH Core i9-9400F GTX1660Ti

結果は118.94fpsでした。フルHD領域ならほとんどのゲームタイトルで60fpsは確保可能、ゲーミングモニターを活かせる性能です。

FF15(重たいゲーム)のベンチマーク

Lenovo T530 FF15 gtx1660ti 4K

標準品質 3840×2160 普通(3046)
標準品質 2560×1440 やや快適(5729)
標準品質 1920×1080 快適(8137)

重量級タイトルのFF15では、4K解像度の標準品質でなんとか「普通」のスコアに到達しました。意外にスコアが伸びたので、Legion T530はバランス取りがうまいのかもしれません。

ほとんどのタイトルで期待通りの働きをしてくれるでしょう。

RAW現像にかかる時間は?

約150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「6分18秒」でした

現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee5.4」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。

僕が過去にテストした結果では、Core i7-8700でも6分18秒という結果がありました。これは極端に悪い例ではありますが、メモリも8GBの中ではよくやってるほうだと思います。

数年前のパソコンを使っている人はもちろん、ゴリゴリに毎日RAWデータ現像でもしない人なら普通に満足できる性能です。

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約8分15秒でした。データ容量は3.67GBです。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

レンダリングに関しては「さすがに無理をさせたな」という印象をもちます。4Kでも短めの動画ならなんとか処理は可能でしたが、本格的に効果を入れたりするならもう少し上のクラスを選択しましょう。メモリも8GBでは足りません。

フルHDクラスの動画編集なら、こなせると思います。

パソコンはうるさい?静音性は?

Legion T530をデスク上に使ってテストに使いましたが、動作音は気になるほどではありませんでした。むしろテスト中に動かしていたお掃除ロボットのほうがうるさいくらいです(笑)

要注意ポイント!レノボは出荷が遅い

レノボのパソコンは出荷に3-4週間かかるというモデルもありますが、Legion T530は1-2営業日で出荷になります。かなり速いのは助かるのですが、代わりカスタマイズができないのがネックです。

過去にLenovoのパソコンを購入したことがありますが、その時は注文から到着まで19日かかりました。

LEGION T530のインターフェース

Lenovo legion T530 レビュー

  • HDMI
  • USB 3.0
  • USB 3.1 Gen 2
  • USB 2.0
  • イーサネットコネクター
  • ライン出力
  • Displayport
  • HDMI出力
  • Dual link DVI-D

インターフェースは一通り揃っている・・と言いたいところですがType-Cは非搭載なのが寂しい気がします。

Lenovo legion T530 レビュー

フロント上部には電源、USB3.0、ヘッドフォン、マイク端子などがあります。上部にチョイ起きできる程度のスペースがあるので、ゲーミングデバイスとかも置けるかもしれません。

Legion T530の気になったところ【デメリット】

  • カスタマイズができない
  • 新旧パーツが入り乱れており選びにくい
  • インターフェースがType-C未対応

Legion T530は12万円前後で購入できるパソコンとしては、最高峰のコスパになっていると思います。特に今回お借りしたモデルは、幅広い層が満足に使える性能になっていると感じました。

ただしもう一歩上のところを求めると不満を感じるでしょう。日常的にクリエイト作業をする人、ゲームを高設定で遊びたい人は別のモデルを選択しましょう。

LEGION T530はこんな人におすすめ

Lenovo legion T530 レビュー

おすすめな人
  • コスパに優れたパソコンが欲しい人
  • 写真編集やRAW現像向けのパソコンが欲しい人
  • ゲームもそこそこ遊びたいという人
  • 予算12万円程度で買えるパソコンを探している人

Legion C530もおすすめ

Legion c530 公式

もう少しコンパクトなパソコンが欲しい人は、Legion C530がおおすすめ!8万円台から購入できるキューブ型のPCです。

Lenovo LEGION T530シリーズの感想まとめ

LEGION T530シリーズをテストしてきましたが、いかがでしたか?

ミドルクラスのノートパソコンとしては、そこそこ安く、パフォーマンスも高い製品。ゲームでも、写真編集でも、動画でも満足できる結果でした。

このクラスのパソコンとしては、コスパはトップクラスだと感じます。CPUの処理能力は十分で、グラボの描画性能も高い、SSDの速度も容量も問題ありません。唯一メモリが少し少ないので、自力で追加するのがおすすめ!

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。