>> RAWCOM限定パソコン販売中

RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説

しずく

写真編集やRAW現像に使えるノートパソコン」と一口に言っても、たくさん製品から、自分に最適な物を選ぶのは簡単ではありません。

CPU、グラフィック、ストレージ、メモリなどの主要部品はもちろん、ディスプレイやキーボードの品質にだってこだわりたいからです。それら全てをはかりにかけて価格的な妥協点を見つけるのも骨が折れる作業です。パソコンを久しぶりに購入する人や、もともと詳しくない人からすると未知の世界と感じるかもしれませんね。

そんな人のために、当サイトがおすすめするショップの中から厳選したパソコンを紹介してみました。選び方のコツも書いているので参考にしてください。

ノートパソコンの選び方

RAW現像をはじめクリエイティブな作業は、ネットや動画視聴、ワードやエクセルといった一般的な作業に比べるとパソコンにとって負荷がかかります。つまり一般的なパソコンよりも高性能な物を選ぶ必要があります。

一昔前だと高性能をキープするためにデスクトップ一択というような流れもありましたが、ここ数年でノートパソコンの性能はグンと上がり、デスクトップパソコンと比べても遜色ないところまできています。

小型で持ち運べるので外で執筆活動をする人はもちろん、写真編集や動画編集をしたいクリエイターにも選ばれています。また住宅事情から「パソコンを置くスペースが限られてる」という人も設置スペースを確保できるありがたい存在でもあります。

僕が考える選び方のコツとしては「各ショップの人気ランキングを参考にする」ことです。たくさんの人に選ばれているというのは信頼や実績の証でもあるからです。性能や価格面をはかりにかけて「コスパが良い!」「買いだ!」と判断されたもの、つまりOKサインが出たものがランクインしているので大きく失敗することはありません。特にパソコンに詳しくない人の場合は有効なので、ランキング上位のパソコンを狙うようにしてください。

RAWCOMがおすすめする厳選ノートパソコン!

時間がない人のために、最初に当サイトイチオシのパソコンをご紹介します。この他のモデルも後半に紹介していますので、ぜひご覧ください。

DAIV-NG5520M1-M2S5

daiv ng5510

CPU Core i7-9750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1650 (4GB)
ストレージ 512GB NVMe対応 SSD

ベゼルレス仕様の15.3型ディスプレイを搭載。NTSC比約72%で色再現にも優れているので、忠実な編集が可能。CPUもインテル製の第9世代になったことで、処理能力が向上。もちろんグラフィックも搭載なのでクリエイティブな作業に向いています。高性能なのに重量も2.1kgとさほど重くありません。非常にバランス感覚に優れたパソコンです!


MSI PRESTIGEシリーズ(PS42 8RC-009JP)

MSI PS42 8RB-005JP

CPU Core i7 8550U
メモリ 8GB(カスタマイズ可能)
グラボ GeForce GTX 1050 Max-Q (4GB)
ストレージ 512GB SSD

たった1.19kgの重量で、クリエイティブな作業を可能にするスペックまで備えたノートパソコンです。14インチのシルバーベースの筐体は満足感の得られる仕上がりです。ゴリゴリ作業するにはパフォーマンス不足は否めませんが、モバイル性やフットワークを重視する方にはおすすめです。パソコンSHOPアークなら、メモリやストレージのカスタマイズが可能です!


DAIV-NG5820U1-M2SS

DAIV ng5810

CPU Core i7-9750H
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 2060 (6GB)
ストレージ 512GB NVMe対応 SSD ×2

4K有機ELディスプレイを搭載したことで、コントラストやグラデーションの美しさを実現したモデル。作業領域の広さを確保しつつ、sRGBより広色域のDCI-P3比100%も満たしているので本格的な編集作業に使えます。グラフィックも高性能なRTX2060を搭載しているので、動画やゲームも快適!

あまりに魅力的でおすすめしたいので、メーカーさんにお願いして当サイト限定モデルを販売してもらうことになりました!普通に買うよりもお得な構成になっています。


ノートパソコンのメリット

ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E 写真

メリット
  • 小型で液晶一体型
  • デスクトップ並の性能がある
  • どこでも使える
  • 電源がない場所でも使える

RAW現像はある程度の性能が求められる作業ですが、ノートパソコンでも十分に処理できるまでになってきています。

小型ですから外への持ち出しも楽ですし、充電式なので電源がない場所でも使えます。「場所を選ばない」という点は、デスクトップにはない魅力です。

体1つ、パソコン1台で仕事をする生活に憧れている人は、ノートパソコン一択です!

液晶が一体型で持ち運べる!

DAIV NG7700 ディスプレイ

ノートパソコンの最大の特徴は、パソコンと画面が一体式になっているということでしょう。当然バッテリーでも駆動しますので、電源がなくても外に持ち出して使えます。

液晶ディスプレイの色域にもこだわろう

聞きなれない人もいるかもしれませんが、ディスプレイのsRGBやAdobe RGB比といった項目にも着目しておきましょう。これはディスプレイが表示できる色の範囲の広さを表しています。

一眼レフでこだわって撮影していても、ディスプレイの品質がついてこなければ正確な表現はできません。間違った色で編集してしまうと正確なゴールにもたどり着けません。この環境で作業を続けていると自己の成長の機会を逃しかねません。

また、せっかくRAW現像したのにプリントした時に「色がおかしい」「ディスプレイの色と違う」といった事態に陥ることも多くなってしまいます。

srgb adobergb

出典:Eizo

  • sRGB ⇒国際標準化団体のIEC(国際電気標準会議)が制定した標準規格
  • Adobe RGB ⇒米アドビシステムズが制定した色空間

図の通りsRGBよりもAdobe RGBのほうが色域が広く、青や緑の領域が広くなっています。sRGBは ネットやWindows環境で標準の色域として定着していますので、趣味で使う分にはsRGBに対応させておけば基本的に大丈夫です。

プリント前提で画作りをする人や、お仕事で納品するといった、より緻密な色表現を求めるのであればAdobeRGBに対応させていきましょう。

僕は素人ですがAdobeRGBに対応できる環境を一応整えています。なぜかと言うと、単純にその色域で見た写真がきれいだからです。自分で撮った写真だから、どうせなら見た目にも楽しく味わったほうが良いはずだと思ってそうしています。

クリエイティブな作業をする上では、最低でもsRGB100%などの記載があるモデルを選ぶほうが無難だと思います。(外部ディスプレイで対応するのもOK)

液晶サイズは13インチ?15インチ?17インチ?

液晶のサイズは13インチのような小さいものならモバイル性に優れますし、17インチのような大きなものなら高性能なパーツが搭載できてデスクトップにも負けない性能をもっています。

関係性は下記のようなイメージになります。

13インチ 15インチ 17インチ
軽い 普通 重い
普通 ミドルスペック ハイスペック

価格も性能もピンキリではありますが、ほぼこの構図にあてはまります。ハイスペックなパソコンが欲しいなら17インチがおすすめですし、コスパに優れたモデルが欲しいければ15インチです。13インチは軽くて良いですがほとんど種類がないがネックです。

・13/14インチのおすすめノートパソコン
・15インチのおすすめノートパソコン
・17インチのおすすめノートパソコン

こんな人におすすめ!

  • 場所を選ばずに作業したい人
  • デスクトップを置く場所がない人
  • ノマド生活に憧れをもっている人
  • 編集作業だけでなく、執筆もする人

 

CPU・GPU・メモリなどの主要パーツの目安は?

MEMO

CPU:Core i7~
GPU:GTX1050~
メモリ:16GB~
ストレージ:SSDは必須

CPUはCore i7がおすすめ!

高負荷なクリエイト作業には、CPU性能に依存するところが多いです。そのためCPUは最優先で予算をかけたいパーツです。作業に耐えられる性能がなければ、いつまでも処理が完了しないといった不要なストレスと付き合うハメになってしまいます。

ですのでCore i7を選択しましょう。もはやほぼ一択と言っても過言ではないくらいです。例えばCore i7-8750Hや、Core i7-9750Hといった中から選ぶのが、後々の後悔を避けるポイントです。逆にCore i3やCeleronなどは推奨しません!

ちなみに、僕はメーカーさんの協力を得てパソコンをレビューする機会をもらっています。CPU別にRAW現像にかかった時間を計測してみたところ以下のような結果になりました。

【CPU別】RAW現像にかかった時間

約150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間を計測。

CPU A機 B機
Core i7-8750H 5分53秒 4分54秒
Core i5-8300H 7分01秒
Core i7-8550U 9分45秒

カンの良い方はわかるかと思いますが、Core i7でも時間がかかってしまうのもあります。Core i7-8550Uですね。末にあるUは省電力を意味し、パフォーマンスが犠牲になっているところがあります。

「Core i7だから大丈夫」とはならないので、1つ1つのCPUに対して充分なリサーチをかけたほうが良いと思っています。

GPUはGTX1050あたりでも充分だけどミドルクラスを推奨

RAW現像やイラストといった静止画がメインであればGTX1050あたりのエントリークラスのグラフィックでも充分です。その理由は、編集ソフトのグラフィック支援がそこまで強力ではないからです。とは言え効果がない訳でもないので、しっかりと独立グラフィックが搭載されたモデルを選ぶべきだと思ってます。

個人的には、GTX1060やRTX2060あたりのミドルクラスのグラフィックをおすすめします。少しの予算で高い効果を見込めるからです。グラフィックが良くなることで使える範囲が広がりますし、特にゲームで遊ぼうと思っている人や動画編集まで考えている人ならなおさら快適性が高まるでしょう。

ノートパソコンのGPUスコア

GeForce GTX1070 (8GB) 11351
GeForce RTX2060 (6GB) 13158
GeForce GTX1660Ti (6GB)
GeForce GTX1060 (6GB) 9096
GeForce GTX1050Ti (4GB) 7954
GeForce GTX1050 (2GB) 6035
GeForce MX150(2GB) 3338

数字が赤色になっているのがミドルクラスのグラフィックです。コスパが良いので、悩んだらここから選ぶことをおすすめします。

メモリは16GB以上を推奨

メモリは多いほど正義とされていますが、実際は16GBあたりもあれば充分です。最近はウインドウズなどのOSだけでも数GB消費してしまいます。Lightroom Classic の最小システム構成をチェックすると「12 GB 以上を推奨」とはっきりと書かれています。このことからも8GBでは不足すると思っておきましょう。

32GBが必要になる人は、高画素カメラを使っている人、4K動画編集をする人、ソフトを複数起動して常用する人、ざっくり言えば重たい処理をする人になってくるでしょうか

ノートパソコンの場合は、後からメモリを簡単に追加できないケースがほとんどです。購入時にしっかりと検討して、必要な容量をキープしましょう。

メインストレージにSSDは必須

OSが入るメインストレージには、必ずSSDを搭載したモデルを選びましょう。パソコンの起動やソフトのインストールが速くなります。格安モデルではコストを下げるためにHDDが採用されるケースもありますが、はっきりいってメリットはありません。

SSD・HDDの速度比較

HDDとSSDの速度比較

パーツの選び方がよくわからないという人

パーツの話がよくわからない、もう少し詳しく知りたいという人は参考記事をご覧ください。

おすすめのRAW現像パソコン

それではBTOショップの人気ランキングを参考にしながら、おすすめのパソコンを見ていきましょう。

DAIV-NG5300S2-S2

CPU Core i5-9400
メモリ 16GB
グラボ GeForce MX 250 (2GB)
ストレージ 256GB M.2 SSD

色再現の高いAdobe RGB比換算約98%のディスプレイを搭載。デスクトップCPUを採用し処理能力が高いのが特徴的ですが、グラフィックはそこまで強力ではありません。RAW現像や写真、イラストを扱うクリエイターのためのパソコン。


DAIV-NG7700S1-M2S5

daiv_ng7800 写真

CPU Core i7-9700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2080
ストレージ 512GB M.2 SSD

4K-UHD解像度に対応した17.3型液晶パネルは、AdobeRGB比100%を達成!爆速のM.2 SSDも搭載される贅沢仕様です。グラボもRTX2080で強力で動画コンテンツの作成にも向いています。プロフェッショナル志向の人におすすめです。


Razer Blade 15

ドスパラ Razer Blade 15 写真

CPU Core i7-8750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070 MAX-Q (8GB)
ストレージ 512GB SSD

超高性能なパソコンながら、デザイン性にも優れているRazer Blade 15です。sRGB100%をサポートし、144Hzのリフレッシュレートにも対応するなどディスプレイの性能も満足できるものです。アルミ製のスタイリッシュでコンパクトなボディにも定評があり持ち運びにも便利です。カフェで使いたいパソコンですね。ドスパラで取り扱いがあります。


パソコン工房 SENSE-15FX079-i7-LNSV

sense n850

CPU Core i7-8750H
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1050 (2GB)
ストレージ 240GB M.2SSD + 1TBHDD

パソコン工房のクリエイターモデルの「SENSE」からおすすめを1台。性能的にはエントリー向けのパソコンですが、CPUやメモリに余裕があるので、負荷のかかる作業も快適です。人気のデュアルストレージ構成で、価格は11万円台(税別)なので驚くべきコスパです。


パソコン工房 SENSE-14FH054-i7-QZSS

SENSE-14FH054-i7-RNSS-公式

CPU Core i7-8550U
メモリ 16GB
グラボ Quadro P2000(5GB)GPU BOX付属
ストレージ 240GB SSD

外付けでグラフィックを強化できる、GPU BOXが付属しているノートパソコンです。しかもQuadroなので、色表現に優れておりリアルな描写を楽しむことができます。液晶は14型でモバイルにも最適ですし、家で使う時には強力なグラフィック性能で編集を楽しむことができます。GPU BOXのデザインはシンプルでおしゃれです!


フロンティア XNシリーズ

フロンティア XNシリーズ 写真

CPU Core i7-8750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1070 Max-Q(8GB)
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

フロンティアのXNシリーズは、税別179,800円という価格ながら性能の高さが魅力です。GTX1070搭載で描画性能が高いのも魅力的です。最新ゲームや4K動画編集を考えている人は検討の余地ありでしょう。


DAIV-NG4300H1-M2S5

DAIV ng4300

CPU Core i7-8765U
メモリ 16GB
グラボ GeForce MX250(2GB)
ストレージ 512GB NVMe SSD

14型液晶を採用し軽量薄型を実現、重量はわずか1.13Kgしかありません!さらに約14.7時間のロングライフバッテリーを搭載しており、1日中内蔵電源だけで使えるタフ仕様。外でちょっとしたクリエイティブ作業に使える性能がありながら、最高クラスのモバイル性能を持っている使い勝手の良い1台。


ドスパラ ガレリア GCF1060GF

ドスパラ gcf1060gf

CPU Core i7-8750H
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1060 (6GB)
ストレージ 250GB SSD + 1TBHDD

ドスパラのノートパソコンの売れ筋No1は「GeForce GTX 1060」が搭載されており、RAW現像だけでなく、動画編集にも使える性能になっています。メモリが8GBはさみしいので、長い目で見て16GBにカスタマイズしておくとお得感が強まります。


まとめ

・外での作業が多いならノートパソコンを購入しよう!
・各BTOショップの人気ランキングを参考に選ぶと失敗が少ない!
・ノートパソコンの売れ筋は、エントリーからミドルクラス!

本記事ではしっかりとRAW現像などのクリエイト作業に使えるノートパソコンを紹介しました。より軽いモデルを求めている人は「クリエイター向け!軽さ重視のノートパソコン」という記事もご覧ください。

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】