>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Intel「Core i7-9700K」「Core i7-8700K」比較!写真・動画編集におすすめは?

インテル i7-9700k vs i7-8700k

2018年の末に発売になった、インテルの第9世代CPUCore i7-9700K」を使う機会がありました。コードネームは「Coffee Lake Refresh」です。「新しいCPUってどうなの?」「第8世代と比較してどれくらい高性能なの?」という疑問をもっている人も多いのではないでしょうか?

ベンチマークソフトによる比較、実際にRAW現像や動画編集などの処理をかけてみて使い心地をテストしてみました。言わば「Core i7-9700K」「Core i7-8700K」の比較記事ということになります。

ベンチテストだけでは見えてこなかった部分もあったので、ぜひ参考にしてください。

マウスコンピューター/G-Tune

Intel「Core i7-9700K」「Core i7-8700K」のちがいは?

インテルのCore i7と言えば、パソコンの愛好家やプロしか使わないんじゃないの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。スマホやデジタル一眼レフを始めとしたガジェット類の進化によって、簡単に高品質なデータが手に入るようになってきているからです。高品質なデータを扱うためには、高品質なパソコンが必要になるので、Core i7のようなパフォーマンスが求められるという訳ですね。

前置きばかりが長くなってしまうので、まずは「Core i7-9700K」「Core i7-8700K」の簡単な比較表を作ってみました。

「Core i7-9700K」「Core i7-8700K」比較表

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-9700K 17696 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
Core i7-8700K 15846 3.7GHz(4.7GHz) 6コア12スレッド 95W
Core i7-8700 15171 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W

旧世代の「Core i7-8700K」と比較して「Core i7-9700K」は、コア数が多くスレッド数は減少しています。クロック数に関しても若干の違いがありますね。スコアに関しては約10%程スコアが伸びています。さすが新しいだけはありますね。

先に言ってしまうと各ベンチスコアの結果以上に、RAW現像や、動画編集で進化を感じます。そのパフォーマンスの高さは素直に感動を覚えるレベルですので、ぜひ実際に処理をしている数字にも目を通してください。

比較に使ったパソコン

名前 DAIV-DGZ530M1-SH5 SENSE-R037-i7K-QZR
画像 daiv dgz520
CPU Core i7-9700K Core i7-8700K
GPU GeForce RTX 2070(8GB) Quadro P2000 (5GB)
メモリ 16GB
SSD 480GB 120GB
HDD 2TB 2TB
チップセット インテルZ390 チップセット (ATX) インテル Z370 Express
電源 700W【80PLUS BRONZE】 500W【80PLUS BRONZE】
詳細 レビューを見る レビューを見る
公式HP 公式HPをチェックする 公式HPをチェックする

パーツ構成がちがう個体のため、完全にフェアな比較とは言えないかもしれません。ただ、変化があるおかげで見えてくることもあるかと思いますので、今回はこれですすめていきます。

CPU-Zによるベンチスコアの比較

Intel Core i7-9700K CPUZ スコア

  シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-9700K 537.1 3806.6
Core i7-8700K 508.5 3811.7

シングルスレッドに関しては、約5~6%ほどスコアが伸びています。マルチスレッドに関しては横並びの印象ですね。

CHINEBENCHによるベンチスコア比較

Core i7-9700K CPUスコア CINEBENCH

  スコア
Core i7-9700K 1479
Core i7-8700K 1402

CINEBENCHの結果でも約5~6%ほどスコアが伸びています。大幅な進化という訳ではないですが、順当に進化しているというところでしょうか?

×264によるベンチスコア比較

DAIV-DGZ530M1-SH5 x264

  スコア エンコードタイム
Core i7-9700K 51.9 49秒
Core i7-8700K 45.8 55秒

スコアやエンコード時間に関しては、約10%ほどスコアが伸びています。

動画編集の機会が多い人や、長編の作品を作っている人なら10%の違いは結構大きく感じるはずです。

RAW現像にかかる時間を比較

約150枚のRAWデータを一括返還する時間を計測しました。現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee5.4」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。

  RAW現像時間
Core i7-9700K 4分56秒
Core i7-8700K 5分57秒

第9世代のCore i7-9700Kでは「4分56秒」、第8世代のCore i7-8700Kでは「5分57秒」です。1分近くの差が出てきているので決して無視はできません。各ベンチスコアでは、5~10%の違いが見えていました。しかし実際に処理をかけるとベンチ結果よりも良好な結果になっていると感じます。

新世代CPUの良さは使ってみてこそ感じられる!といったところでしょう。今後市場にあるモデルが新世代CPUに切り替わってくることを考えると、Core i7-8700Kを今からチョイスする理由は価格以外にないと言い切れますね。

動画編集にかかる時間を比較

ミラーレス一眼で撮影した4K(24P)約5分間のデータのレンダリングにかかった時間を計測してみました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

  レンダリングタイム
Core i7-9700K 1分57秒
Core i7-8700K 3分30秒

動画のレンダリングに関しては、新世代CPUが2分を切る結果が出ました。あまりの処理の速さに思わず「うそでしょ?」と笑ってしまったくらいです(笑)

各ベンチソフトだけを見て「新世代CPUはたいしたことないな」と思うのは非常にもったいないことだと思います。パソコンも道具なので「使ってナンボ」なとことはあるかと思いますが、Core i7-9700Kは高負荷な処理とは切っても切り離せないクリエイターにとっては大きな助けになるでしょう。

Core i7-9700K搭載のおすすめパソコン

DAIV-DGZ530M2-SH5

daiv dgz500

CPU Core i7-9700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070 (8GB)
ストレージ 480GB SSD + 2TB HDD

ドスパラ ガレリア ZGシリーズ

ドスパラ ガレリア

CPU Core i7-9700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2080 (8GB)
ストレージ 500GB SSD + 3TB HDD

Core i7-8700K搭載のおすすめパソコン

パソコン工房 SENSE-R037-i7K-LX-CMG

パソコン工房 SENSE

CPU Core i7-8700K
メモリ 32GB
グラボ GeForce GTX 1050Ti (4GB)
ストレージ 1TB HDD

ドスパラ ガレリア XV

CPU Core i7-8700K
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1070Ti (8GB)
ストレージ 720GB SSD + 2TB HDD

まとめ

・第9世代CPU「Core i7-9700K」は順当な進化を遂げている
・ベンチスコア以上に使ってみると進化に気づく
・新CPUの処理能力には感動をするレベル

いかがでしたか?Core i7-9700KとCore i7-8700Kのちがいが伝わったでしょうか?もし他のCPUが気になるのであれば「RAW現像・写真編集におすすめのCPUは?」という記事でチェックしてください。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてくださいね。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

関連記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】