※本サイトはアフィリエイト広告を活用しています

Core i7-1360P搭載おすすめパソコン!RAW現像や動画編集におすすめのパソコンは?

Core i7-1360P,1260P,比較,写真編集,RAW現像,おすすめ,どっち,性能,ベンチマーク

パソコンパーツの中でも最も重要なのが「CPU」です。

写真編集RAW現像といった、クリエイター向けの作業はCPU負荷が高いのでできるだけ性能の良いパーツを選択しましょう。

今回はIntel製第13世代CPUの「Core i7-1360Pが搭載された、おすすめのパソコン」を紹介していきたいと思います。

Core i7-1360Pの性能(スコア)は?

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-1360P 19726 P:2.2GHz(5.0GHz)
E:1.6GHz(3.7GHz)
12コア16スレッド
(P:4コア/E:8コア)
28W
Core i7-1260P 17054 P:2.1GHz(4.7GHz)
E:1.5GHz(3.4GHz)
12コア16スレッド
(P:4コア/E:8コア)
28W
Core i5-1240P 17306 P:1.7GHz(4.4GHz)
E:1.2GHz(3.3GHz)
12コア16スレッド
(P:4コア/E:8コア)
28W
Core i7-1165G7 10514 2.5GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 15W
Core i7-12700H 27581 P:2.3GHz(4.7GHz)
E:1.7GHz(3.5GHz)
14コア20スレッド
(P:6コア/E:8コア)
45W
Core i7-11800H 21794 2.3GHz(4.6GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10750H 12688 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W

Core i7-1360Pは20000に迫るスコアで一般向けCPUとしては十分に高いパフォーマンスを備えています。これはデスクトップCPUのCore i5-12400(スコア19537)に近い数字です。

Core i7-1260Pと比較すると約15%の差で堅実に性能を伸ばしている印象です。

第12世代あたりのCPUからは、それ以前の世代と比べても大きく性能を伸ばしています。買い替えのタイミングとしてもベストですし、性能不足を感じるのはよほどこだわりの強い人くらい。安心して選んでもらって大丈夫です。

パーツの選び方がピンとこない方については「パソコン・スペックの選び方」という記事で解説しているので参考にして下さい。

CPU-Z

DAIV Z4,DAIV 4P,レビュー,感想,ブログ,RAW現像,動画編集,ブログ,おすすめ,比較,Core i7-1360P

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-1360P 722.1 4260.1
Core i7-1260P 641.8 4709.8
Core i5-1240P 687.1 4782.7
Core i7-1165G7 613.7 2788.8
Core i7-12700H 725.7 7462.5
Core i7-10750H 503.1 3169.5

Core i7-1360Pは、シングルスレッドが722.1、マルチスレッドが4260.1となりました。Core i7-1260Pと比較するとシングルが約13%高く、マルチが約10%ほど低いスコアになっています。

特にマシングルのスコアが伸びているため、一般用途はもちろん写真編集などの作業で有利に働きます。内臓グラフィックも強力なので、軽めのゲーム(画質調整は必要)やフルHDクラスの動画編集も楽しめるでしょう。

CINEBENCH

DAIV Z4,DAIV 4P,レビュー,感想,ブログ,RAW現像,動画編集,ブログ,おすすめ,比較,Core i7-1360P

 CPU シングル マルチ
Core i7-1360P 714 3787
Core i7-1260P 615 3407
Core i5-1240P 632 3207
Core i7-1165G7 569 2315
Core i7-12700H 700 5316
Core i7-10750H 471 2566

CINEBENCH R20スコアはシングル714、マルチ3787でした。Core i7-1260Pと比較するとシングルが約16%高く、マルチが約11%高いスコアになっています。

CPU-ZではCore i7-1260Pにマルチスレッドで負けていて不安がよぎりましたが、こちらのテストではしっかりと上回ってくれました。とは言えマルチ性能に関しては手放しでほめられるほど高いスコアではありません。

動画編集などを頻繁にするような人、マルチ性能もしっかり重視したいという人はCore i7-12700Hあたりのほうが良いかもしれません。

Core i7-12700H搭載!写真編集やRAW現像におすすめのノートパソコンは?

RAW現像

参考までにRAW現像(150枚)の処理時間を計測した時間です。

CPU 処理時間
Core i7-1360P 4分04秒
Core i7-1260P 4分27秒
Core i5-1240P 4分00秒
Core i7-1165G7 5分17秒
Core i7-12700H 3分42秒
Core i7-10750H 5分10秒
Core i7-10510U 8分45秒

Core i7-1360Pは4分04秒で処理を完了。Core i7-1260Pと比べて40秒近くも処理が速いです。なぜかCore i5-1240Pの処理時間が速すぎますが、Core i7-12700Hはさらに上をいきます。

Core i7-1360Pに関しては、軽量モバイルノート向けのCPU(非力)という印象は全くありませんね。非常にパワフルに動作してくれるので多くの作業を快適にこなせるはずです。

動画編集の時間を計測

一眼レフで撮影した4K動画5分のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

モデル 構成 処理時間
DAIV Z4 Core i7-1360P×Iris Xe 7分21秒
DAIV 4P Core i7-1260P×Iris Xe 7分43秒
DAIV 4P Core i7-1165G7×Iris Xe 12分11秒
raytrek A4-A Core i7-12700H×Iris Xe 9分31秒
raytrek R5-AA6 Core i7-12700H×RTX3060 3分20秒
DAIV 5P Core i7-11800H×RTX3050 4分15秒

内臓グラフィックだけで4K動画編集という無茶なテストですが、高負荷時の挙動を確認するという意味で行います。さすがに専用グラフィックを搭載するモデルには適いませんが、Core i7-1360Pは頑張っているほうだと思います。

個人的には「フルHDクラスの動画編集なら対応可能」という結論ですが、本格的に動画をやっていきたいなら専用グラフィックを搭載したモデルを選択するほうが無難ですね。

Core i7-1360Pがおすすめな人

こんな人におすすめ
  • そこそこ強めのCPU処理能力が欲しい人
  • 従来CPUの性能に満足できない人
  • エンタメ、オフィスワークがメインの人
  • RAW現像、イラストなど静止画編集を楽しみたい人

Core i7-1360Pは一般的なユーザーに向けたCPUというイメージで、SNS、動画編集、ブログ、YouTubeなどのコンテンツ消費、オフィスワークが中心の人にぴったりです。

CPU内臓グラフィックの性能もほんのり高いので、RAW現像をはじめとする静止画編集にも最適だと思います。一方で描画性能を必要とするゲーム、動画編集などには物足りなさを感じるかもしれません。そこはやはり専用グラフィック搭載モデルを選ぶほうが良いでしょう。

Core i7-1360P搭載のおすすめPC

マウスコンピューター DAIV Z4

DAIV 4P,レビュー,公式写真,評価,価格,比較

CPU Core i7-1360P
メモリ 16GB
グラボ Iris Xe
ストレージ 500GB Gen4 SSD

1kgを切る軽量ボディにパワフルな第13世代Core i7-1360Pを採用したクリエイター向けノートパソコンです。普段使いはもちろん、動画視聴などのエンタメやコンテンツ制作にも使えます。Core i7-1260Pを採用したDAIV 4Pもおすすめ!


ASUS Zenbook 14 Flip OLED

ASUS,ASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZAASUS Zenbook 14 OLED UX3402ZA

CPU Core i7-1360P
メモリ 16GB
グラボ Iris Xeグラフィックス
ストレージ 1TB SSD

ASUSなら有機EL(OLED)パネルを搭載したノートパソコンが購入できます。美麗で正確な色再現が可能ですので、RAW現像が楽しくなってしまうモデルです。14型WQXGA+ (2880×1800)で作業性も良く、重量も約1.54kgと軽量です。手軽に写真編集環境を整えたい人にはめちゃくちゃおススメです!


MSI Summit E16 Flip A13V

MSI Summit E16 Flip A13V

CPU Core i7-1360P
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 4050
ストレージ 1TB SSD

16型WQXGA(2560×1600)大画面を採用したモデルです。迫力ある映像が楽しめるだけでなく、フルHDよりも表示領域が広いので効率的な作業が行えます。RTX4050搭載なので描画性能も高いですしゲームや動画編集なども快適!パソコン工房で取り扱いがあります。

Dell Inspiron 13

Dell,Inspiron 13 プラチナ,ブログ,おすすめ,比較,価格,レビュー,性能,ベンチマーク

CPU Core i7-1360P
メモリ 16GB
グラボ Iris Xe
ストレージ 512GB SSD

13.3型WQXGA (2560×1600)モニターを採用し、緻密かつ効率的に作業が行えるのがポイント!重量も約1.25kgに抑えた軽量ノートなのでフットワーク重視の方にもおすすめです。他社に比べて圧倒的に安いのが魅力!


まとめ

・Core i7-1360Pは色々使える性能!
・作業時間の短縮に貢献してくれる!
・割と万人におすすめできるCPUです!

Core i7-1360Pはデスクトップ並みの性能を持ち歩ける優秀なCPUです。内臓グラフィックもそこそこ強いので、専用グラフィック搭載モデルを選ばなくてもイラストやRAW現像が楽しめるメリットがあります。もちろん費用も抑えられますしバランス感に優れたCPUだと思います。

もし他のCPUが気になるのであれば「RAW現像・写真編集におすすめのCPUは?」という記事をご覧ください。BTOパソコンショップのキャンペーン・セール情報まとめをご覧いただくとお得なパソコンが見つかるかもしれません。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。