>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Core i7-12700H搭載!写真編集やRAW現像におすすめのノートパソコンは?

Core i7-12700H,おすすめ,ノートパソコン,性能,比較,ベンチマーク,mobile

パソコンパーツの中でも最も重要なのが「CPU」です。

写真編集RAW現像といった、クリエイター向けの作業はCPU負荷が高いのでできるだけ性能の良いパーツを選択しましょう。

今回はノートパソコン用に開発された、Intel製第12世代CPUの「Core i7-12700Hが搭載されたおすすめのパソコン」を紹介していきたいと思います。

Core i7-12700Hの性能(スコア)は?

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-12700H 27581 2.3GHz(4.7GHz) 14コア20スレッド 45W
Core i7-11800H 21794 2.3GHz(4.6GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10875H 15812 2.3GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10750H 12688 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i5-10300H 9501 2.5GHz(4.5GHz) 4コア8スレッド 45W
Core i7-9750H 11600 2.6GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-8750H 10516 2.2GHz(4.1GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-11700 21469 2.5GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 95W

Core i7-12700Hはデスクトップに負けないほど処理能力が高く、Core i7-11800Hと比較すると約25%も性能を伸ばしています。ノートパソコンの軽さを武器に、デスクトップ並みの処理を行えると考えるとすごいですよね!

PassMarkスコアによるとCore i7-12700Hのスコアは275814です。当然ながらモバイル用としてはトップクラスです。デスクトップのCore i9-11900のスコアが23100なので、旧世代のデスクトップCPUは軽く凌駕するスコアということになります。

スタンダードタイプのCore i7-10750Hと比較すると2倍以上のスコアです。ほんの数年前(なんらな現行モデルですら)のパソコンでさえ凌駕するパフォーマンスを備えている点に注目です。はっきり言って「買い」ですね。

Ryzen CPU搭載モデルが気になる方はこちらの記事をどうぞ>Ryzen搭載のおすすめノートパソコンをチェックする

パーツの選び方については「パソコン・スペックの選び方」という記事でも解説しているので参考にして下さい。

Core i7-12700H ベンチマーク比較

CPU-Zによるベンチマークスコア

ドスパラ,raytrek R5-AA6,公式写真,レビュー,評価,口コミ,比較,Core i7-12700H,CPU性能,

CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-12700H 748.5 6416.2
Core i7-11800H 621.3 5381.9
Core i7-10870H 543.1 4754.4
Core i7-10750H 503.1 3169.5
Ryzen 7 5800H 580.7 5731.2
Ryzen 5 5600H 558.6 4256.8

シングルスレッドのスコアが748.5、マルチスレッドが6416.2となりました。

Core i7-11800Hと比較すると、シングル性能で約20%、マルチスコアで約19%も性能がアップしています。クリエイトやゲーミング領域でしっかりと結果を出せるCPUでしょう。

CINEBENCH R20によるベンチマークスコア

ドスパラ,raytrek R5-AA6,公式写真,レビュー,評価,口コミ,比較,Core i7-12700H,CPU,R20

 CPU シングル マルチ
Core i7-12700H 700 5316
Core i7-11800H 581 4162
Core i7-10870H 490 3869
Core i7-10750H
465 3089
Ryzen 7 5800H 558 4691
Ryzen 5 5600H 528 3607

CINEBENCH R20でも高いスコアをマーク。Core i7-11800Hに比べてシングル性能は約20%、マルチ性能は約28%もアップしています。CPU-Zよりも良好な結果ですね。

RAW現像にかかる時間は?

無料現像ソフトの「RawTherapee」で約150枚(5GB)のRAWデータの一括変換を行いまし

CPU 処理時間
Core i7-12700H 3分42秒
Core i7-11800H 4分13秒
Core i7-10870H 4分54秒
Core i7-10750H
5分10秒
Core i7-11700 4分16秒
Ryzen 7 5800H 4分42秒
Ryzen 5 5600H 4分23秒

RAW現像もとても高速で3分42秒で処理を完了。デスクトップ用のCore i7-11700よりも30秒近く速いです。

個人的にRAW現像目的でパソコンを購入するなら、このテストで5分以内には入ってほしいというところですが余裕で切っちゃっています。むしろ積極的に使っていってほしいレベルですね。本当になにをやらしても速い・・・

動画編集の時間を計測

モデル 構成 処理時間
raytrek R5-AA6 Core i7-12700H×RTX3060 3分20秒
G-Tune E5-165 Ryzen 7 5800H×RTX3060 4分13秒
GALLERIA XL5R-R36 Ryzen 5 5600H×RTX3060 5分01秒
GALLERIA UL7C-R36 Core i7-11800H×RTX3060 4分49秒
DAIV 5P Core i7-11800H×RTX3050 4分15秒
DAIV 5N Core i7-10870H×RTX3060 4分36秒
DAIV Z7(デスクトップ) Core i7-11700×RTX3060 4分40秒

テスト機がCore i7-12700とRTX3060との組み合わせだったこともあり良好な結果を出していますね。

本格的な動画編集をパワフルに行えるほどのパフォーマンスで、高解像データ処理も快適です。少し前のデスクトップパソコンでは歯が立たないほどなので、ノートパソコンの処理能力もバカにできなくなっています。ただし、物理的に限界はあるので静音性、冷却性の面では犠牲になる部分もあるかもしれません。

Core i7-12700Hがおすすめな人

こんな人におすすめ
  • 性能に妥協したくない人
  • 外でも本格的な作業を行いたい人
  • デスクトップ並みの処理能力が欲しい人

ちなみに、少しでもお得に高性能なCPU搭載パソコンを手に入れたいなら、キャンペーンを狙ってみるのも手です。>BTOパソコンショップのキャンペーン・セール情報まとめ

Core i7-12700H搭載のおすすめPC

ここからはおすすめパソコンを紹介したいと思います。

ドスパラ raytrek R5-AA6

ドスパラ,raytrek G5,おすすめ,価格,比較,性能,スペック

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 1TB NVMe SSD

今回のテスト機でも扱ったモデルです。第12世代CPUのパフォーマンスは全く問題がありませんし、RTX3060と組み合わせることで多くの用途で使っていけると思います。ストレージも1TB SSDと速度、容量的にも十分です。この構成で20万円を切っているのはコスパ面でも魅力的です!

マウスコンピューター DAIV 6N

マウスコンピューター,mouse,DAIV 6N,おすすめ,性能,スペック,評価,公式写真,比較,レビュー

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

16型WQXGA(2560×1600)モニターを採用しながらも、重量を約1.64kgに抑えた意欲的なモデルです。パフォーマンス面の心配は全くなく、モバイル性をフルに生かした活動が行えます。バッテリー駆動時間は約11.5時間、ACアダプターもコンパクト、PD対応など利便性も兼ねそろえています。


Dell NEW ALIENWARE X14 プラチナ

ALIENWARE x14,性能,価格,比較,おすすめ

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050Ti
ストレージ 512GB M.2 SSD

CNC機械加工のアルミニウム、マグネシウム合金、ステンレス製の素材の独自な組み合わせを採用した14インチのゲーミングパソコンです。軽さと耐久性を備えながら、パフォーマンスもしっかり引き出せるのが特徴です。時間や場所にとらわれたくないクリエイターやゲーマーにおすすめです!


ASUS TUF Gaming F17/F15

ASUS TUF Gaming F17/F15

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050Ti
ストレージ 512GB SSD

ASUSのTuf Gamingシリーズはコスパが魅力のモデルです。このパーツ構成で18万円台で販売されていますが、セール時期にうまくハマれば15万円前後というのも確認済みです。最新モデルかつ高性能なパソコンが安く手に入る可能性もあるのでASUSは一度チェックすると良いことあるかもしれません。


ドスパラ raytrek R5-AA5

ドスパラ,raytrek G5,おすすめ,価格,比較,性能,スペック

CPU Core i7-12700H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050
ストレージ 1TB NVMe SSD

Core i7-12700H×RTX3050の組み合わせなので、描画性能はそこそこといったところ。目的がゲームや4K解像度の動画編集じゃないよという人なら性能は足りるでしょう。sRGBカバー率99%の性格なモニターを採用しているので、RAW現像などの利用におすすめですね。

まとめ

・Core i7-12700Hはデスクトップ並みの処理能力!
・本格派も満足できる性能なので乗り換えを推奨!

Core i7-12700Hは高い処理能力が魅力だということが伝わったでしょうか。しっかりしたGPUを選ぶことでゲーム、動画編集、RAW現像などマルチユースに対応できます。価格も15万円~20万円程度で購入できるものもあって選択肢が多いのも良いですね。

数世代前どころか1つ前の世代のハイクラスデスクトップCPUさえ凌駕するので、安心して乗り換えてもらって大丈夫だと思います。

もし他のCPUが気になるのであれば「RAW現像・写真編集におすすめのCPUは?」という記事でチェックしてください。

Ryzen CPU搭載機もおすすめですよ!>Ryzen搭載のおすすめノートパソコンをチェックする

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてくださいね。

関連記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】