>> RAWCOM限定パソコン販売中!

AMD Ryzen搭載!G-Tune E5-165はゲームもクリエイトもこなせる性能だった

G-Tune E5-165,レビュー,ブログ,限定,評価,口コミ,感想,比較,

マウスコンピューターからAMD Ryzen 7 5800Hを搭載した限定モデル「G-Tune E5-165-R7」が登場。

※当サイトを含め、わずかな販路でしか販売されない超貴重なモデルとなっています。

15.6型WQHDモニターを採用したボディは、約1.73kgとスペックからは考えられないほど軽量!本来のインテルCore i7-10870Hと比較して、Ryzen搭載の限定モデルがどの程度差があるのかもしっかりチェックしていきます。

各ベンチソフトの結果や、実際にRAW現像にかかった時間なども掲載していますので参考にして下さい。

G-Tune E5-165 レビュー

G-Tune E5-165,マウスコンピューター,限定,レビュー,ブログ,公式,価格,比較
公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

マウスコンピューターのG-Tune E5-165シリーズは、高いゲーミング性能を誇っており、そのパフォーマンスはRAW現像や動画編集に転用可能となっています。実際クリエイトモデルのDAIV 5Nとはブランドロゴのちがいだけで中身は同じです。

15.6型のスタンダードなモニターは、WQHDかつ165Hzリフレッシュレートに対応。Ryzen 7 5800H×RTX3060のパフォーマンスはデスクトップと張り合えるほどです。それだけ高性能なのに重量も比較的軽く、マウスコンピューターの製品の中でもトップクラスにおすすめのモデルです。

※この記事ではDAIV 5Nの内容を一部混じえて紹介させていただきます。

G-Tune E5-165のスペック比較

DAIV 5Nの新旧でどこが違うかを確認していきます。

型番 G-Tune E5-165 G-Tune E5-165-R7
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-10870H Ryzen 7 5800H
グラフィックス RTX 3060 RTX3060
メモリ 16GB(最大32GB) 16GB(最大64GB)
SSD 512GB SSD(NVMe対応)
動作時間 約7.5時間 約6.0時間
サイズ 355.5×236.7×20.6mm 355.5×236.7×20.6mm
重量 約1.73kg 約 1.73kg
詳細 >公式サイトで確認する

公式サイトで販売されている通常モデルと、限定モデルの大きなちがいはCPUのみ。この差で動作時間にも若干変化があるようです。

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

Ryzen 7 5800H VS Core i7-10870H 性能比較

G-Tune E5-165,Ryzen 7 5800H,レビュー,CPU,Core i5-11400,性能,ブログ,Ryzen 7 5800H

DAIV 5N,CPUZ,Core i7-10870H,,性能Core i7-10870H

公式サイトで販売されているG-Tune E5-165に搭載されているCPUは、第10世代のCore i7-10870Hです。もちろん高性能ですが、AMD Ryzen 7 5800Hに特徴がなければ限定モデルとして販売されるはずがありません。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 7 5800H 21724 3.2GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 45W
Ryzen 7 4800H 19292 2.9GHz(4.2GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10870H 16195 2.2GHz(5.0GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10875H 15997 2.3GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-10750H 12688 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-10700K 19737 3.8GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 125W

PASSMARKの公開データによると「Ryzen 7 5800Hが約21700」「Core i7-10870Hが約16000」をマークしています。スコア差で言うと約34%にものぼります。

これが本当ならば、デスクトップ用CPUのCore i7-10700Kを凌ぐ性能ということになっています。少なくとも数あるノートパソコンの中でもトップクラスの性能にあることは間違いありません。

デスクトップとノートPCCPUの性能の違いとは?

CPU-Zによるベンチマークスコア

G-Tune E5-165,Ryzen 7 5800H,レビュー,CPU,Core i5-11400,性能,ブログ,
Ryzen 7 5800H

G-Tune H5,Core i7-10870H,CPU性能,ベンチ,
Core i7-10870H

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
 Ryzen 7 5800H 580.7 5731.2
 Ryzen 7 4800H 521.9 5486.4
Core i7-10870H 543.1 4754.4
Core i7-10750H
535.1 3642.6
Core i7-10700
559.4 4841.8

シングルスレッドのスコアが580.7、マルチスレッドが5731.2となりました。Core i7-10870H搭載モデルよりもシングル性能は約7%高く、マルチ性能は約20%も高い計算になります。

デスクトップ用のCore i7-10700より本当に高いスコアになっている・・・排熱とかどうなってるんだろうかと心配になりますが、そこまでアチアチでもないので時代の進化が速すぎる(笑)

CINEBENCH R20によるベンチマークスコア

G-Tune E5-165,Ryzen 7 5800H,レビュー,CPU,R20,性能,ブログ,ベンチマーク
Ryzen 7 5800H

G-Tune H5,Core i7-10870H,CPU性能,ベンチ,R20
Core i7-10870H

 CPU シングルスコア マルチコア
 Ryzen 7 5800H 558 4691
 Ryzen 7 4800H 484 4303
Core i7-10875H
495 4151
Core i7-10750H
488 3190
Core i7-10700 492 3564

CINEBENCH R20によるスコアは、シングル558、マルチ4691でした。Core i7-10870Hとの比較は・・・もういいですかね?って感じです。。

特にシングル性能の高さは眼を見張るものがあり、多くのシーンで有利に働いてくれそうな予感がします。

ストレージ性能

G-Tune E5-165,SSD,転送速度,実測,ベンチマーク,ベンチ性能

Cドライブは512GBのSSD(NVMe対応)です。Readで2000MB/sを超えてくるので、アプリのインストールもパソコンの起動も高速です。このクラスのパソコンとしては標準的といったところでしょうか。

SSDHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

GeForce RTX3060のグラフィック性能・ゲームスコア

G-Tune E5-165に搭載されているグラフィックはGeForce RTX3060です。ここは公式サイト販売モデルと共通ですね。

ミドルクラスのグラフィックボードですが、ゲームや4K動画編集にも対応できるくらい高性能なパーツです。従来モデルから変更になったところでもあり見どころでもあります。

FF15(重たいゲーム)のベンチマーク

G-Tune E5-165,ゲーム,ゲーミング性能,比較,RTX3060,FF15,

モデル 設定 結果
G-Tune E5-165
(R7 5800H×RTX3060)
3840×2160(標準品質) 普通(4259)
1920×1080(標準品質) とても快適(10236)
DAIV 5N
(i7-10870×RTX3060)
3840×2160(標準品質) 普通(4427)
1920×1080(標準品質) とても快適(10573)
DAIV 5N
(RTX2060)
3840×2160(標準品質) 普通(3299)
1920×1080(標準品質) 快適(9044)

面白いことにFF15のベンチ結果は、わずかにCore i7-10870Hを採用したモデルが良好な結果になりました。しかしその差はわずかで体感できるほどのちがいではありません。

どちらのモデルを購入したとしても、快適なゲーム生活を送れることでしょう。

RAW現像にかかる時間は?

現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee5.4」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。このソフトはかなり重たいのですが、画像の読み込みも速く、編集を当ててストレスなく反映されるので快適に感じました。

150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「4分54秒」でした。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
 Ryzen 7 5800H 4分42秒
 Ryzen 7 4800H 5分38秒
Core i7-10870H 4分54秒
Core i7-10875H 4分58秒
Core i7-10700 4分47秒

RAW現像はインテルCPUが得意とするところですが、結果的にはRyzen 7 5800H搭載モデルが10秒程速く処理を終えました。AMD製のCPUの弱点とも考えられていた分野なだけに、これは良いニュースと言えるでしょう。

デスクトップのCore i7-10700搭載モデルと遜色ない性能が持ち運べると考えると、アドバンテージは非常に大きいと思います。もうデスクトップいらない可能性すらある・・・

動画の書き出しにかかる時間は?

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約4分13秒でした。Core i7-10870Hが約4分36秒だったので、Ryzen 7 5800Hが約20秒ほど速い処理です

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

動画編集はグラフィック性能も大きく左右するので、RTX3060になったことで安心して作業を行えるようになりました。モバイル環境でこれだけしっかりと処理が行えるのなら、外に出る機会の多いクリエイターの制作活動を助けてくれるはずです。

もしも日常的に4K動画編集をするのであれば、デスクトップのほうが有利になります。RTX3060以上を搭載したパソコンを選択するほうが無難でしょう。

RTX3060(Ti)搭載のおすすめパソコン
RTX3070搭載のおすすめパソコン

パソコンはうるさい?静音性は?

G-Tune E5-165は、高性能なパーツを搭載しながらも薄型化しているので静穏性はいまいちです。パフォーマンスモードにするとうるさいくらいで、カフェやロビーなどでの作業は現実的ではないかもしれません。

そんな時は、電源ボタン横のパフォーマンス切り替えボタンをポチっとすることで、静かに動作させることもできます。(パフォーマンスは落ちます)簡単に指一本で切り替えできるのが良いと思いました。

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

パソコンがいつ手に入るか気になる人も多いでしょう。DAIVの出荷予定日はだいたい「注文が確定してから45日程で出荷」です。これはカスタマイズをした場合でも変わりません。

注意

当日15時までに注文が確定した場合の目安で、土日祝は注文が確定されません。早く手元にパソコンが欲しい場合は注意しましょう。

G-Tune E5-165を開封!

G-Tune E5-165,液晶モニター,パネル,ディスプレイ,感想,評価,口コミ

ここからは外観について言及していきます。冒頭にも伝えた通りDAIV 5Nと共通のため、以下はDAIV 5Nからの転用となります。ブランドロゴがDAIV→G-Tuneに変わる意外に差はありません。

G-Tune E5-165シリーズの外観写真

DAIV 5N,2020,写真,感想

G-Tune E5-165の筐体はシルバーがベースとなっており、ゲーミングモデルながら明るい印象になりました。指紋や汚れも指紋も目立ちにくくて良いです。

高性能PCとは思えないくらい薄く、重量が約1.73kgなのでモバイルにも最適です!従来モデルは重たかったので持ち出そうという気にはなりませんでしたが、新モデルなら外で作業しようという気分になります。

DAIV 5N,2020,写真,感想

G-Tune E5-165の付属品やバッテリー駆動時間

付属品はシンプルで「電源ケーブル」「ACアダプタ」と「納品書」「説明書」などです。

ACアダプターと電源ケーブルで650gを超えます。サイズもやや大きいのでモバイル性にはやや欠けます。

ベゼルレス仕様で作業に集中できる

G-Tune E5-165,液晶モニター,パネル,ディスプレイ,感想,評価,口コミ

G-Tune E5-165は165Hz対応のモニターとなっており、速い動きでもヌルヌルと表現してくれます。

DAIV 5Nと共通ということなので、sRGB比で100%をカバーしWEBコンテンツ制作にも向いています。使ってみた感想としては、発色も良く、黒のしまりや明るさも良くなった気がします。文字もくっきりと表示されて視認しやすいです。

個人的にツボだったのが、フルHD→WQHDに変更されたことで作業性が一気にアップしたことです。これまではRAW現像や動画編集では「せまい」と感じることが多かったですが、新モデルではしっかりと作業に没頭できます。

静かなタイピングが可能なキーボード

DAIV 5N,2020,キーボード

テンキーも付属したキーボードは自然な配列ですね。上下や最上部のキーはちょっと小さいですが、打ち心地はソフトで悪くありません。ここでもモバイル環境に最適化してきたなという印象です。

G-Tune E5-165シリーズのインターフェース

DAIV 5N,2020,インターフェース

DAIV 5N,2020,インターフェース

・UHS-Ⅰ対応micro SDカードリーダー
・HDMI×1
・USB3.0×2(Type-A 右側)
・USB3.1×1(Type-A 左側)
・ネットワーク×1(1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))
・ヘッドフォン出力、マイク入力、等

UHS-Ⅱ対応SDカードリーダー、Type-C端子はDisplayPort Alt mode に対応。

G-Tune E5-165のデメリット

・ACアダプターが大きい!
・ファン音も大きい!

処理能力で抜群の強さを見せましたが、排熱のためのファンは勢いよく回ります。その分しっかりと冷却できるとも言えますが、ゲーム音の邪魔になるレベルです。しっかりと性能を出しながら長時間プレイするならヘッドホンなどを用意したほうが作業に集中できるはずです。

それとせっかくスリムな本体なんだから、ACアダプターもスリムになってほしかったところです。バッテリー駆動時間は約6時間なので、ちょっとしたミーティングやプレゼンは乗り越えられるでしょうが、1日使うには足りません。

G-Tune E5-165はこんな人におすすめ

おすすめな人
  • モバイル環境で闘うクリエイター
  • ゲーム、写真、動画編集など1台で全てやりたい人
  • 家でも外でも本格的な編集作業をする人
  • モニター品質にこだわったノートPCが必要な人
  • デスクトップ並の処理能力が必要なユーザー

G-Tune E5-165,マウスコンピューター,限定,レビュー,ブログ,公式,価格,比較
公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

G-Tune E5-165の感想まとめ

G-Tune E5-165の限定モデルをレビューしてきました。

もはやデスクトップ並みの処理能力と言っても差し支えない性能で、スリムかつ軽量なボディは好印象でどんな人にもおすすめできるレベル。デキる奴という印象そのままに、Ryzen 7 5800Hでマッチョさ(パワーアップ)も手に入れました。高解像モニターで作業効率も抜群、もはや死角がほとんど見当たりません!

何度でも言いますが、AMD製Ryzen CPUを搭載したモデルは販路が限定されています。このサイトを離れてしまうと再び会える可能性も少ないです。もし検討中でしたら、とりあえず公式サイトを確認してブックマーク登録をされることをおすすめします。→限定モデルを確認する

マウスコンピューターは国内生産ですし、サポート体制や、アフターフォローも手厚いので万が一のトラブルの時にも誠心誠意対応してもらえるだろうという期待感がもてますから安心です。

>>マウスコンピューターのおすすめパソコンをもっと見る

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。