>> RAWCOM限定パソコン販売中!

DAIV Z7をレビュー!写真編集・動画編集におすすめできるのかテストしてみた

DAIV Z7,レビュー,ブログ,評価,感想,口コミ,比較,おすすめ,

マウスコンピューターより「DAV Z7」の実機をお借りしましたのでレビューします。

第11世代Core i7-11700×RTX3060を搭載しており、クリエイターが求めるパフォーマンスをクリアしています。RAW現像や動画編集といったクリエイティブ作業を快適にこなせ、利便性や拡張性も備わっています。クリエイターからも信頼をよせるスタンダードモデルと言ってよいでしょう。

各ベンチソフトの結果や、実際にRAW現像にかかった時間なども掲載していますので参考にして下さい。

DAIV Z7の特徴

DAIV Z7,レビュー,価格,比較,公式写真,
公式HP:https://www.mouse-jp.co.jp/

マウスコンピューターのDAIV Z7はミドルユーザー向けのデスクトップPCです。

ミドルユーザー向けとは言え、その対象はクリエイターなので基本的に性能は高めです。高解像度フルサイズカメラのデータ処理や動画編集などで積極的に使いたいモデルです。

インテル第11世代CPUやGeForce RTX3000番台を採用するなど、最新パーツを惜しみなく搭載しているところも特徴の1つと言えるでしょう。無骨なデザインながらハンドルやタイヤを装備し、事務所間の移動や、背面へのアクセスなど利便性の高さも魅力です。

まさに最新を追い求めるクリエイターのためのモデルと言えるでしょう。

DAIV Z7のスペック

DAIV Z7,レビュー,開封,分解,中身,パーツ,メーカー,クーラー,

型番 DAIV Z7
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-11700
グラフィックス GeForce RTX 3060
メモリ 32GB(最大64GB)
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD
 電源 700W 【80PLUS BRONZE】
サイズ 約190×490×410
重量 約11.4kg
価格 230,780円〜
リンク >詳細を見る

DAIV Zシリーズの中核をなす存在として、構成自体はしっかりしているイメージです。ただ価格帯やグレードのことを考えると、もう少しこだわりを見せて欲しかった印象でしょうか。

DAIV Z7のネーミングがつくモデルも多数存在しており、旧パーツを搭載したモデルやQuadroなどの専門性が高いグラボを搭載しているモデルもあるので注意してください。

また、この他にもRyzen CPUを採用したDAIV Aシリーズがあり人気があります。→Ryzen 9 3900X搭載!DAIV Aシリーズをレビュー

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

DAIV Z7の外観チェック

DAIV Z7,本体写真,価格,比較,公式画像,マウスコンピューター

DAIVのデスクトップのデザインは共通で、無骨かつ力強いイメージでデザインされています。全体をマット仕様にしていることで指紋も目立ちにくくなっています。

DAIV Z7,本体写真,価格,比較,公式画像,マウスコンピューター

電源スイッチはダイヤル式となっており、車やバイクにキーを刺して点火させるイメージなんだとか。こうした工夫のあるデスクトップは多くありませんので、ちょっと気分が上がりますよね!

フロント部はUSBコネクタ、イヤホンジャックなどの各種デバイスを接続しやすいようになっています。少しだけ斜度をつけているのも「こだわり」なんだとか。

DAIV Z7,本体写真,価格,比較,公式画像,マウスコンピューター

エアフローはフロントとサイド側から吸気し、熱をもちやすいグラフィックに直接風があたるような設計になっています。フロントにはメッシュパネルも付属していますのでホコリの侵入を防ぐ徹底ぶり。

DAIV Z7,本体写真,価格,比較,公式画像,マウスコンピューター

スタジオ内での移動を想定しているため、ハンドルやキャスターが標準装備されています。仮にそうしたクリエイターではなくても、デスク下から引き出す際や、パソコンをかつぐ際に上下のハンドルを両手でつかめたりと便利です。

重量があるモデルなので少し心配ですが、形成部分とつなぎ目には板金補強しているので重量を気にすることなく使っても平気なんだとか。

DAIV Z7のインターフェース

・DisplayPort×3、HDMI×1
・USB2.0×2(背面 Type-A×2)
・USB3.0×7(前面 Type-A×2 / 背面 Type-A×5)
・USB3.2×1(背面 Type-C×1)
・ネットワーク×1(背面 2.5GBASE-T/1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T対応(RJ-45)×1)
・インテル Wi-Fi 6 AX201+ Bluetooth 5
・ヘッドフォン出力、マイク入力、等

モデルによって表記内容と異なる場合があります。

CPU Core i7-11700の性能

DAIV Z7,CPU,Core i7-11700,比較,性能,レビュー,ベンチマーク

DAIV Z7に搭載されているCPUは、第11世代のCore i7-11700です。8コア16スレッドのCPUで、通常は2.5GHzで動作し、負荷がかかった時にはオーバーブーストで最大4.4GHzまでオーバークロックします。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i9-11900K 25579 3.5GHz(5.2GHz) 8コア16スレッド 125W
Core i9-10900K 23934 3.7GHz(5.3GHz) 10コア20スレッド 125W
Core i7-11700K 25090 3.7GHz(5.3GHz) 8コア16スレッド 125W
Core i7-11700 21469 2.5GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 95W
Core i7-10700 17632 2.9GHz(4.8GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 7 5800X 28493 3.8GHz(4.7GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 5 5600X 22161 3.7GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W

PASSMARKの公開データによると「Core i7-11700Kは21469」となっており、従来のCore i9に迫るスコアです。ただしライバルの「Ryzen 7 5800X」や「Ryzen 5 5600X」よりも低いスコアなのが気がかりです。

スコアだけで見るならCore i7-10700よりも20%以上も高いものの、最新CPUとしてはやや物足りない印象を受けるのはRyzenが強すぎるのか・・・?

デスクトップとノートPCCPUの性能の違いとは?

CPU-Zによるベンチマークスコア

CPU-Zによるスコアは以下の通りです。

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-11700 659.1 6127.0
Core i7-10700K 568.8 5629.0
Core i9-11900K 713.5 6546.1
Core i9-10900K 627.4 7510.1
Ryzen 7 5800X 669.4 6739.4
Ryzen 5 5600X 645.4 4873.0

シングルスレッドのスコアが659.1、マルチスレッドが6127.0となりました。シングル性能もマルチスレッドもバランスが良い印象ですね。

スコアではかなり離されていたRyzen 5 5600Xよりもスコアは高くなっていたので少し安心しました(笑)Ryzen 7 5800Xと比較してもシングル性能は誤差範囲ですし、マルチ性能の差も10%程度です。

CINEBENCH R20のスコア

DAIV Z7,CPU,Core i7-11700,比較,性能,レビュー,ベンチマーク.R20

CPU シングル マルチ
Core i7-11700 592 3788
Core i7-10700 492 3564
Core i9-11900K 645 5880
Ryzen 7 5800X 621 5993
Ryzen 5 5600X 599 4233
Ryzen 7 3700X 504 4822

CINEBENCH R20のスコアは、シングルで592、マルチで3788となりました。

最新世代の傾向としてはシングル性能が高まっているのが特徴みたいですね。ただ・・CPU-Zとちがってマルチスコアはかなり低くなってしまいました・・・一体どうしたんだい?

RAW現像や動画編集といった実作業でどれくらい差が出てくるのか?この後にしっかりと確認していきましょう。

ストレージ性能

DAIV Z7,ストレージ,SSD,転送速度,実測値,レビュー,

ストレージは実測値で2100MB/s程度の読み込み速度でした。この規格のSSDとしては平均的ですが、23万円という価格を考えるともう少し高いグレードのパーツを採用してほしかった気もします。

SSDHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

GeForce RTX3060のグラフィック性能・ゲームスコア

DAIV Z7,性能,ベンチマーク,グラボ,RTX3060,メーカー,ゲーミング性能,ゲーム,RTX3060,比較

DAIV Z7に搭載されているグラフィックはGeForce RTX3060です。

RTX3060TiやRTX3070とどれくらい性能差があるのか?注目ポイントの1つです。

ゲーム(FF15)のベンチマーク

DAIV Z7,性能,ベンチマーク,グラボ,RTX3060,メーカー,ゲーミング性能,ゲーム,RTX3060,比較,FF15

モデル 設定 結果
DAIV Z7
(RTX3060)
3840×2160(標準品質) 普通(4331)
1920×1080(標準品質) とても快適(11613)
GALLERIA RM5C-R36T
(RTX3060Ti)
3840×2160(標準品質) 普通(5341)
1920×1080(標準品質) とても快適(12738)
raytrek ZF
(RTX3070)
3840×2160(標準品質) 快適(6705)
1920×1080(標準品質) とても快適(16314)

重量級タイトルのFF15ですが、4K解像度でも普通という結果になりました。

このスコアはモバイル版RTX3060と似たような数字です。デスクトップ用としては正直に言って物足りないと言わざるを得ません。

上位パーツのRTX3060Tiとの差は大きく、RTX3070に至っては別次元と言っても良いほどの差がついています。12GBのVRAMにも期待したのですが、それほどじゃないのか?

ゲーミング性能にウエイトを置いて選ぶのであれば、RTX3060TiやRTX3070以上を選ぶべきです。DAIV Z7と同価格帯の製品の中から探せば十分に選べるはずです。

RTX3080搭載!おすすめパソコン
RTX3070搭載!おすすめパソコン
RTX3060Ti搭載!おすすめのパソコン

RAW現像にかかる時間は?

現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。このソフトはかなり重たいのですが、画像の読み込みも速く、編集を当ててストレスなく反映されるので快適に感じました。

150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「3分56秒」でした。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
Core i7-11700 4分16秒
Core i7-10700K 4分30秒
Core i9-11900K 3分56秒
Core i9-10900K 3分56秒
Ryzen 7 5800X 3分46秒
Ryzen 5 5600X 3分55秒
Ryzen 9 3900X 4分23秒

Core i7-11700の処理時間は4分16秒です。

この表に登場しているトップクラスのCPUと比較しても20秒前後の差しかありません。処理能力が十分に高いことは理解してもらえるかと思います。それにしても最新のRyzen勢は強すぎる気がします…まだIntelの苦戦は続くのかもしれない。

「RAW現像といえばIntel」というイメージも少し変わりつつあるのかもしれません。

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約4分40秒でした。データ容量は3.67GBです。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
Core i7-11700×RTX3060 4分40秒
Core i9-11900K×RTX3070Ti 3分24秒
Core i7-10700K×RTX2070S 3分34秒
Ryzen 7 5800X×RX6700XT
3分02秒
Ryzen 5 5600X×RX6700XT 4分04秒

動画編集能力も高いのは間違いないのですが、全体的にパッとしない印象がぬぐえません。

編集作業中にもたつきを感じたりすることもなかったのですが、書き出し時間を比較してしまうと物足りない気がします。せめてCore i7-10700K×RTX2070SUPERには買って欲しかったのに1分以上離されていしまっています…

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

パソコンがいつ手に入るか気になる人も多いでしょう。マウスコンピューターの出荷予定日はだいたい「注文が確定してから4~5日程で出荷」です。これはカスタマイズをした場合でも変わりません。

今回DAIV Z7の出荷予定日を確認してみると14日程度で出荷が可能となっていました。半導体不足の影響がきているのか出荷までは時間がかかるようですので、急ぎの人は早めの注文をしたほうが良いかもしれません。

注意

当日15時までに注文が確定した場合の目安で、土日祝は注文が確定されません。早く手元にパソコンが欲しい場合は注意しましょう。→納期を確認する

DAIV Z7のデメリット

・冷却面にこだわりが欲しい
・性能面で決め手がない
・納期が遅い

DAIV Z7は存在感のある無骨な筐体でカッコいいのですが、内部を見てみると結構スカスカな感じがします。CPUクーラーも普通ですし、冷却ファンが多い訳でもありません。水冷を載せろとまでは言わないですがクリエイトモデルらしいこだわりを見せてもらいたかった気がします。(そういえばSSDの転送速度も普通)

ベンチマーク、RAW現像、動画編集、ゲームなどの結果的には、無難なスコアに留まっておりどこかの分野に突出している訳でもないのが気がかりです。総じてRyzen5000番台を搭載しているモデルに押されてしまいました。

DAIVにはRyzen搭載モデルもあるのですが、記事執筆時点ではRyzen 7 3700Xで止まってしまっているんですよね。これが5000番台になった暁には競争力のある製品が生まれそうです。→Ryzen搭載 DAIV A7レビュー

また価格を考えると、上位GPUを搭載したモデルも選べるし、納期的にも少しかかってしまうのが気がかりです。

DAIV Z7はこんな人におすすめ

DAIV Z7,レビュー,価格,比較,公式写真,

おすすめな人
  • クリエイトPCが欲しい人
  • 写真現像、動画編集など1台でなんでもやりたい人
  • カスタマイズして楽しめる人
  • 費用より満足度を重視したいという人

DAIV Z7の感想まとめ

DAIV Z7をレビューしてきました。

パフォーマンス的には突出して高いことはありませんが、どんな作業でも無難にこなせて十分納得できる水準に達しています。無骨ながら使い勝手のシャーシや国産モデルであることを考えると検討範囲には入ると思います。他にないハンドルやタイヤ、電源スイッチなど「相棒」として高揚感を与えてくれるモデルが欲しい人にはおすすめです。

マウスコンピューターは国内生産ですし、サポート体制や、アフターフォローも手厚いので万が一のトラブルの時にも誠心誠意対応してもらえるだろうという期待感がもてますから安心です。

>>マウスコンピューターのおすすめパソコンをもっと見る

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。