※本サイトはPR/アフィリエイト広告を含みます

Core i7-14700とCore i7-13700 性能比較!RAW現像、動画編集するならどっちがおすすめ?

Core i7-14700F,14700K,比較,写真編集,RAW現像,おすすめ,どっち,性能,ベンチマーク,Core i7-13700

第14世代Intel CPUが登場したので新旧モデルの性能差をチェックします。

対象は「Core i7-13700」と「Core i7-14700」を比較していきます。絶対外せないクラスだけに気になっている人も多いかとお思います。ベンチマークテストやRAW現像、動画編集にどれくらいの差が出るのかを見ていきましょう。

参考にしてもらえると嬉しいです。

Core i7-13700 vs Core i7-14700

解説に入っていく前に「CPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「CPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

注意

当記事で掲載されたスコアは性能を約束するものではございません。

CPUスコア(PASSMARK)性能一覧

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i9-14900K 60897 P:3.2GHz(6.0GHz)
E:2.2GHz(4.4GHz)
24コア32スレッド
(P:8コア/E:16コア)
125W
Core i7-14700K 53512 P:3.4GHz(5.6GHz)
E:2.5GHz(4.3GHz)
20コア28スレッド
(P:8コア/E:12コア)
125W
Core i7-14700F 51355 P:2.1GHz(5.4GHz)
E:1.5GHz(4.2GHz)
20コア28スレッド
(P:8コア/E:12コア)
65W
Core i5-14400F 25728 P:2.5GHz(4.7GHz)
E:1.8GHz(3.5GHz)
10コア16スレッド
(P:6コア/E:4コア)
65W
Core i9-13900 48407 P:2.0GHz(5.6GHz)
E:1.5GHz(4.2GHz)
24コア32スレッド
(P:8コア/E:16コア)
65W
Core i7-13700K 47156 P:4.2GHz(5.4GHz)
E:2.5GHz(3.4GHz)
16コア24スレッド
(P:8コア/E:8コア)
125W
Core i7-13700 39657 P:2.1GHz(5.2GHz)
E:1.5GHz(4.1GHz)
16コア24スレッド
(P:8コア/E:8コア)
65W
Core i9-12900 38502 P:2.4GHz(5.1GHz)
E:1.8GHz(3.6GHz)
16コア24スレッド
(P:8コア/E:8コア)
65W
Core i7-12700 32117 P:2.1GHz(4.9GHz)
E:1.6GHz(3.6GHz)
12コア20スレッド
(P:8コア/E:4コア)
65W

インテル製のCore i7-14700Fのスコアは51000ほどで、従来のCore i7-13700と比較すると約30%ほど性能がアップしていることになります。感度の高い人なら買い替えを検討するレベルかもしれませんね。

ちなみに各ショップの価格をチェックすると第14世代Core i7-14700搭載モデルはグラボ搭載機で18万円くらいから、メインの価格帯は20万円以上ですね。旧型の第13世代Core i7-13700搭載モデルでも18万円くらいが中心という感じなので価格差は意外とないのかもしれません。それなら最新を選びたいですよね。

比較に使ったパソコン

名前 raytrek 4CXFi DAIV FX-I7G6T
画像 ドスパラ,raytrek_4c,性能,価格,感想,レビュー,写真 DAIV,デスクトップ
CPU Core i7-13700 Core i7-14700
GPU RTX4070Ti RTX 4060Ti
メモリ 16GB 16GB
ストレージ 1TB SSD 1TB SSD
レビュー >レビューを見る >レビューを見る
公式サイト >チェックする >チェックする

ドスパラが販売するクリエイトモデルとゲーミングパソコンで比較を行います。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

CPU-Zによるスコア

raytrek 4CXFi,レビュー,感想,口コミ,評価,ブログ,ドスパラ,CPUZ,Core i7-13700F
Core i7-13700

DAIV FX-I7G6T,FXI7G6TB7ADCW102DEC,レビュー,感想,口コミ,評価,ブログ,マウスコンピューター,mouse,daiv,Core i7-14700F
Core i7-14700

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i9-14900KF 914.2 16917.6
Core i7-14700F 854.8 14014.0
Core i9-13900 895.1 13326.3
Core i7-13700 815.7 11231.6
Core i9-12900 813.8 9885.0
Core i7-12700 782.5 9021.6

Core i7-14700Fのシングルスレッドのスコアが854.8、マルチスレッドが14014.0です。インテルの第13世代Core i7-13700Fと比較するとシングルで約5%、マルチで約25%スコアが上がっています。

CINEBENCH R20によるベンチマークスコア

raytrek 4CXFi,レビュー,感想,口コミ,評価,ブログ,ドスパラ,CPU,Core i7-13700F,R20
Core i7-13700

DAIV FX-I7G6T,FXI7G6TB7ADCW102DEC,レビュー,感想,口コミ,評価,ブログ,マウスコンピューター,mouse,daiv,Core i7-14700F
Core i7-14700

CPU シングル マルチ
Core i9-14900KF 894 14967
Core i7-14700F
811 9277
Core i9-13900 822 8799
Core i7-13700 777 7407
Core i7-12700 733 6215

Core i7-14700のスコアはシングルで811、マルチで9277です。Core i7-13700との比較だとシングルで約5%、マルチで約25%の差です。傾向としてはCPU-Zのスコアと似ていますね。

RAW現像性能チェック

約50枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時間を計測しました。

CPU 50枚
Core i9-14900KF 55秒
Core i7-14700F 58秒
Core i7-13700F 1分07秒
Core i5-13400F 1分20秒
Core i7-12700 1分12秒

Core i7-14700Fは58秒で処理を完了。前世代Core i7-13700Fよりも10秒ほど速く処理を終えています。少ない枚数しか処理をしない人は差がないと感じるかもしれませんが、何千、何万枚と処理を行うようになれば無視できる差ではなくなってきます。

動画編集能力チェック

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU 処理時間
Core i9-14900KF×RTX4070Ti
1分37秒
Core i7-14700F×RTX4060Ti 2分27秒
Core i7-14700F×RTX4060 2分31秒
Core i9-13900F×RTX4070 2分40秒
Core i7-13700×RTX3060Ti 2分54秒
Core i9-12900KF×RTX3080 2分12秒
Core i7-12700×RTX3060 2分52秒

Core i7-14700Fは高解像データ編集も快適に行えるパフォーマンスですが、従来のCore i7-13700×RTX3060Tiでも十分に処理は行えていました。旧世代が使用感を大きく損なうようなことはありませんが、最新に切り替えることで作業の短縮化ができます。

Core i7-13700 vs Core i7-14700 まとめ

・処理能力重視ならCore i7-14700を選ぶべし!
・シングル約5%、マルチ約25%ほどの差がある!
・趣味使いならCore i7-13700でも十分
・価格差がそれほどないので最新を選ぶのがベター!

第13世代CPUを比較してきましたが、処理能力だけならCore i7-14700を選んでおけば間違いないです。記事執筆時点だと価格差もほとんどなかったので、最新CPUを選んでおくのがベターという結論です。ただしこれからCore i7-13700が処分価格に入ってきた場合、処理時間さえ我慢できれば購入するのもありです。最新世代が高性能なのは確かですが使用感が大きく損なわれることはありませんからね。

Ryzenと比較しても安定性やアプリとの親和性の面ではインテルが強いでしょうし、第12~第13世代はかなり狙い目だと思います。>Ryzen搭載のおすすめパソコンをチェックする

おすすめパソコン

ドスパラ raytrek 4CXFi

ドスパラ,raytrek_4c,性能,価格,感想,レビュー,写真

CPU Core i7-13700F
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 4070Ti
ストレージ 1TB NVMe SSD

第13世代インテル Core i7-13700F×GeForce RTX4070Tiを採用し、高いパフォーマンスで快適に処理が行えるデスクトップパソコンです。RAW現像、動画編集、ゲームなどでその性能をいかんなく発揮してくれます。ケースデザインも一新され、目新しさ満載のモデルです。


マウスコンピューター DAIV FX-I7G6T

DAIV,デスクトップ

CPU Core i7-14700F
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 4060Ti
ストレージ 1TB Gen4 SSD

今回のベンチテストに使った、マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」のデスクトップパソコンです。Core i7-14700F×RTX4060Tiはクリエイターにも人気の構成で高負荷作業も快適に行えます。テスト結果も上々でしたし、標準で3年保証がついているのもポイント。クリエイターの制作活動をサポートしてくれます!


フロンティア GAシリーズ

フロンティア,FRGH670

CPU Core i7-14700F
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 4070Ti SUPER
ストレージ 1TB NVMe SSD

フロンティアのセールモデルで、この構成でありながら30万円後半は結構安いです。Core i7-14700F×RTX4070Ti SUPERなら処理能力不足を感じることはまずないでしょう。フロンティアはセールを頻繁にやっているので、お得なPCが手に入りやすいのは嬉しいですよね。


Legion Tower 5i

レノボ,Lenovo,Legion Tower

CPU Core i7-14700KF
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX4060
ストレージ 1TB SSD

レノボのデスクトップといえばLegionシリーズです!Core i7-14700KF×RTX4060搭載でありがなら17万円台はかなり安いです。サイドはクリアパネルでおしゃれかつ存在感もありますし、デスクに設置して楽しく使えると思います。迷ったらコレでいいかもしれません。

ドスパラ raytrek MV

ドスパラ,Magnate MV 2,

CPU Core i7-14700F
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 4060
ストレージ 1TB NVMe SSD

Core i7-14700F×RTX4060搭載で20万円切りというコスパ抜群のモデルです!拡張性などは他のモデルに劣りますが、パソコンなんて購入したままで使うとか、カスタマイズなんてしないからちょっとでも安くして欲しいという人にはピッタリのモデルです。


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

おすすめ記事

[card id=DAIV Z