>> RAWCOM限定パソコン販売中!

【モバイル版】GeForce RTX3050(Ti)とGeForce RTX3060の性能比較!おすすめパソコンは?

GeForce RTX3050,3050Ti,おすすめ,ノートパソコン,写真編集,RAW現像,比較,RTX3060

モバイル版の「GeForce RTX3050(Ti)」と「GeForce RTX3060」の性能比較をします。

GeForce RTX3050(Ti)自体はエントリークラスではありますが、ミドルクラスのRTX3060と比較してどれくらい食い込めるのかを確認します。

ゲームのベンチスコアはもちろん、写真編集や動画のレンダリングにかかった時間も掲載していますので参考にしてください。

GeForce RTX3050(Ti) vs GeForce RTX3060

解説に入っていく前に「GPUの見分け方や意味がわからない」という人がいれば、「GPUの選び方(スコア)」という記事を参考にしてください。

ちなみにこの記事では、仕様や規格といった情報はあえて紹介しておりません。その代わり「実行速度」をできるだけ重視してお伝えしておりますので参考にしてもらえると嬉しいです。

注意

掲載されたスコアは参考データであり性能を約束するものではございません。

GPUスコア(PASSMARK)

GPU PASSMARK
GeForce RTX3060 12151
GeForce RTX3050Ti 9534
GeForce RTX3050 9330
GeForce RTX2060 11458
GeForce GTX1660Ti 10176

GTX3050(Ti)搭載のおすすめパソコン
RTX3060搭載のおすすめパソコン

GeForce GTX3050TiとGeForce RTX3060の性能差を見てみると、およそ27%ほどの差があることがわかります。

単純に考えても30%に迫る差は小さくなく、選べるならGeForce RTX3060を選びたいかなという印象。従来のRTX2060でも高解像データ処はも行えましたが、RTX3060は当然そこで結果を出せる進化をしているはずです。反面、RTX3050シリーズだと難しさを感じるかもしれません。個人的にRTX3050はGTX1660Tiに近い性能のような印象もうけました。

GeForce RTX3050(Ti)とGTX1660Tiを比較

比較に使ったパソコン

名前 RL5C-R35T XL7C-R36
画像 ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T, ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,
CPU Core i5-11400H Core i7-10875H
GPU RTX3050Ti RTX3060
メモリ 16GB
SSD 512GB NVMe SSD
価格 約15万円 約17万円
レビュー レビュー記事 レビュー記事
ドスパラ:https://www.dospara.co.jp/

今回のテストではドスパラのゲーミングブランド「ガレリア」からノートパソコンを2台準備しています。2万円分の価格差を考えて、投資する価値があるかどうかを見極めます。

ベンチソフトによる性能比較

ここからは、実際に僕がテストした数値を公表しながら性能差を見ていきたいと思います。

ゲーム(FF15)のベンチ結果

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,レビュー,感想,写真,ゲーム性能,RTX3050Ti
RTX3050Ti

ドスパラ,raytrek R5,ゲーム,性能,ベンチ,FF15,RTX3060
RTX2060

GPU 設定 スコア
RTX3060 3840×2160(標準品質) 普通(4056)
1920×1080(標準品質) とても快適(10267)
RTX3050Ti 3840×2160(標準品質) やや重い(2739)
1920×1080(標準品質) 快適(7495)
GTX1660Ti 3840×2160(標準品質) やや重い(2839)
1920×1080(標準品質) 快適(7858)

RTX3050TiとRTX3060を比較すると、フルHDクラスで約37%、4K解像度で約48%の差が出てしまいました。そもそもRTX3050Tiは4K解像度は厳しいです。

RTX3060は高解像領域を扱いたい人にはうってつけのグラボというのがわかります。RTX3050シリーズのスコアはGTX1660Tiとかなり近いこともあり、どちらかと言うとフルHDゲーミングを目的としたグラボという印象です。

RTX3060搭載機でも案外安いノートパソコンは存在するので、ゲーミング性能を重視するならどちらを選択するかは明らかです。逆にフルHDまでで十分という人は、RTX3050搭載モデルでよりコストカットを目指すのもありでしょう。

RAW現像で比較

RawTherapeeというソフトを使ってRAWの一括変換150枚にかかった時間を測定します。

RAW現像はどちらかと言えばCPU性能が重視される作業ですが、GPUやメモリでどれくらい差が出るのか見てみましょう。

モデル 処理時間
RL5C-R35T 4分40秒
XL7C-R36 4分59秒

Core i5-11400Hの4分40秒が速すぎますね・・・Core i7-10875Hはかなり処理能力的に長けたCPUなので、圧倒的に差をつけて勝利するかと思えば結果はわからないものです。

RAW現像ではCPU性能が重視されるので、グラフィック性能はおまけ程度にしか効きません。わかった上でテストしましたが面白い結果になりました。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

製品 構成 処理時間
RL5C-R35T Core i5-11400H×RTX3050Ti 6分10秒
XL7C-R36 Core i7-10875H×RTX3060 4分49秒

動画編集では、ハッキリと結果がわかれました。Core i7×RTX3060を搭載したガレリアが1分30秒ほど速く処理を終えました。

今回は高解像度領域で勝負していますが、編集作業中にRTX3050シリーズではやや心もとない感じました。無理ということはないのですが、ライトな4K動画編集にとどめたほうが無難という気がします。やはり本格的な編集を行うならRTX3060のほうが安心感があります。

結論:GeForce RTX3060を選ぶのがおすすめ

・RTX3050(Ti)とRTX3060は理論値で30~50%ほどの性能差
・同じ作業でもRTX3060のほうが安心!
・高解像ならRTX3060、フルHDならRTX3050でもOK!
・コスパ次第でRTX3050Tiもあり!

RTX3050(Ti)とRTX3060を比較してきました。

単純に性能をグラフィック性能を求めるならRTX3060がおすすめですが、フルHD領域で十分ならコストをかける必要はありません。RTX3050(Ti)も選択肢としてはありだと思います。グレードの差はハッキリと出ていますので、検討しているモデルの構成次第で決断したいところです。

RTX3050(Ti)は安ければ12~13万円前後で購入可能。一方のRTX3060も案外安いモデルが存在しており13~15万円あたりで選べるので悩ましいですね。

では、ここからは僕が厳選したおすすめパソコンを紹介します。

RTX3050(Ti)/RTX3060搭載のおすすめパソコン

ドスパラ GALLERIA RL5C-R35T

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,

CPU Core i7-11400H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3050Ti
ストレージ 512GB NVMe SSD

今回の比較に登場したモデルです。一見するとエントリーモデルのようなスペックですが、その実は従来のミドルクラスに匹敵する性能をがあり、メインマシンとしても十分通用します。144Hzリフレッシュレートにも対応しており、ゲームからクリエイトまでこなせるコスパ優良なゲーミングPCです。


msi GF65-10UE-256JP

msi,GF63-10UD-059JP

CPU Core i5-10500H
メモリ 8GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

税込129,800という低価格ながら、RTX3060を搭載しているのが魅力的なモデルです。重量も1.86kgと軽量で、フルHDモニターは144Hzリフレッシュレートにも対応しています。ゲーミングPCを少しでも安く手に入れたい人にはおすすめのモデルです。BTOやサポート対応もしてくれるのでmsi認定店舗のArkで購入するのがおすすめです。


ASUS ROG Zephyrus G15

CPU Ryzen 9 5900HS
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 1TB NVMe SSD

15.6型WQHD液晶搭載で165Hz、100%P3カバーとリッチな仕様。Ryzen 9×RTX3060を採用しているので、高解像モニターをしっかり活かせるのも見逃せません。約1.99kgの軽量と完璧な一台と言ってもよいレベル。ゲーマーだけでなくクリエイターにこそ使ってほしいモデルです。


Dell G15 Ryzen Edition

Dell G15

CPU Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

デスクトップ並みの処理能力をもったRyzen 7 5800Hを採用したゲーミングノートです。重量が2.57kgなので持ち運びには向きませんが、税込15万円前後と性能を考えるとかなり安いです。初心者から上級者まで納得できる製品だと思います。


マウスコンピューター DAIV 5P

DAIV 5N

CPU Core i7-11800H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3050
ストレージ 512GB NVMe SSD

Core i7-11800H×RTX3050搭載で、より高負荷な処理を可能にしたDAIV 5Pです。従来モデルの約2倍近い性能をもち、パソコン更新を考えている人にはうってつけの理由になるでしょう。重量も約1.73kgと軽くモバイル性にも長けているのもポイントです。


当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】