>> RAWCOM限定パソコン販売中!

ドスパラ GALLERIA XL7C-R36レビュー!RTX3060搭載でしっかり遊べるゲーミングノート

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,レビュー,ブログ,評価,感想

ドスパラよりGALLERIA XL7C-R36をお借りしましたのでレビューします。

Core i7-10875H×RTX3060を搭載したゲーミングパソコンが登場!ゲームはもちろん、性能の高さを利用して写真編集や4K動画編集なども楽しめます。このパフォーマンスで税込16万円台は競争力のある製品と言えるでしょう。

それでは、各ベンチソフトの結果や、実際にRAW現像にかかった時間、動画編集時の感想などを含めてレビューしていこうと思います。



ドスパラ GALLERIA XL7C-R36をレビュー

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,価格,比較,公式画像,

公式HP:https://www.dospara.co.jp

ドスパラのGALLERIA XL7C-R36は、ゲーミングノートパソコンの中でもハイエンドの位置づけのモデルです。

デスクトップPCに匹敵するパフォーマンスをもち、かなり本格的な作業も楽しめます。プロカメラマンや動画クリエイターのメインPCとしても選択肢に入る1台ではないでしょうか。

まずはスペックと外観をチェックしていきましょう。

GALLERIA XL7C-R36のスペック

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,レビュー,感想,写真,編集

テストで使ったモデルの詳細はこちらです。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-10875H
グラフィックス GeForce RTX3060
メモリ 16GB
SSD 512GB NVMe SSD
駆動時間 約5.8時間
液晶 15.6型フルHDノングレア(144Hz)
サイズ 359(幅) × 243(奥行き) × 24.3(高さ) mm
重量 約 2kg
公式HP >詳細を確認する

ドスパラにはクリエイターモデルのraytrek R5-CAも存在しており、メモリが32GBになっているなど、よりクリエイター向けにチューンナップされています。→レビューはこちら

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

GALLERIA XL7C-R36の外観写真

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,レビュー,感想,写真,編集

GALLERIA XL7C-R36のサイズは、359(幅) × 243(奥行き) × 24.3(高さ) mmで、重量は約2kgです。天板にブランドロゴが入りますが、シャーシと似た色合いのため主張は強くありません。

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,レビュー,感想,写真,編集

側面からも見ても液晶パネル部は薄いです。144Hzリフレッシュレートに対応するため、滑らかな映像を楽しむことができます。ゲームプレイ時にもRTX3060搭載モデルは描画性能も高いので、しっかりとその恩恵を享受できるはずです。

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,レビュー,感想,写真,編集

ACアダプターは高いパフォーマンスを安定して発揮させるためか大き目のサイズです。バッテリーの駆動時間は約5.8時間とのことですが、実際の駆動時間はもっと短くなるはずです。持ち歩きは必須でしょう。

キーボードはやや特殊な配列

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,レビュー,感想,写真,キーボード

キーボードはやや特殊な配列です。DELや右側のShiftの位置が慣れるまで時間がかかりそうだと感じました。加えてそれぞれのキーがやや小ぶりな印象を受けました。タッチ感はソフトでバックライトにも対応しています。

GALLERIA XL7C-R36のインターフェース

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,レビュー,感想,写真,編集

インターフェースは以下の通りです。

USB 3.1 Gen1 Type-A x2,USB 3.1 Gen2 Type-C x1(DP1.4対応),USB 2.0 x1,マイク入力 x1,ヘッドフォン出力x1 /HDMI2.1 x1

Type-CはPower Delivery非対応、カードリーダーが搭載されているのはありがたいです。Wi-Fi6にも対応しているため、高速で安定した無線通信を楽しむこともできます。

CPU Core i7-10875Hの性能

DAIV 5N,CPUZ,Core i7-10875H,,性能

GALLERIA XL7C-R36に搭載されているCPUは、第10世代のCore i7-10875Hです。8コア16スレッドのCPUで、通常は2.3GHzで動作し、負荷がかかった時にはオーバーブーストで最大5.1GHzまでオーバークロックします。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-10875H 15997 2.3GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-9750H
11427 2.6GHz(4.5GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-8750H
10241 2.2GHz(4.1GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-9700
13726 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W

PASSMARKの公開データによると「Core i7-10875Hが約16000」をマークしています。Core i7-9750Hと比較して約40%高性能化していることになります。

デスクトップCPUのCore i7-9700よりも高いスコアになっており、メイン機として使えるノートパソコンに仕上がっていると言えるでしょう。

デスクトップとノートPCCPUの性能の違いとは?

CPU-Zによるベンチマークスコア

CPU-Zによるスコアは以下の通りです。ここからは、ほぼ同スペックのDAIV 5Nのスコアも比較ができるように載せています。

ドスパラ,ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,,Core i7-10875H,CPUZ

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-10875H
(GALLERIA XL7C-R36)
558.3 4352.7
Core i7-10875H
(DAIV 5N)
533.1 4988.9
Core i7-9750H
503.0 3431.8

シングルスレッドのスコアが558.3、マルチスレッドが4352.7となりました。第9世代のCore i7-9750Hと比較すると強化されているのがわかります。

シングルスコアのパフォーマンスは素晴らしいのですが、マルチスレッドの数値が控えめなのは気になります。Core i7-10875Hなら5000くらいはあってもよさそうなのですが。

CINEBENCHによるベンチマークスコア

CINEBENCH R15によるスコアは1473でした。

 CPU スコア
Core i7-10875H
(GALLERIA XL7C-R36)
1473
Core i7-10875H
(DAIV 5N)
1836
Core i7-9750H
1133
Core i7-8700K 1402

旧製品のCore i7-9750Hと比較すると約30%もスコアがアップしています。デスクトップパソコン向けのCore i7-8700Kと同等のスコアは前向きになれる情報です。

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,Core i7-10875H,R20

CHINEBENCH R20ではシングル492、総合3418となっております。やはりマルチスコアが低めな感じがします。

ストレージ性能

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,SSD,転送速度,実測値,

Cドライブは512GBのNVMe SSDです。Readで3300MB/sを超える転送速度になっています。SSDとしては割と良いランクのパーツが搭載されているのでしょう。アプリのインストールもパソコンの起動も爆速です。容量も多いので助かりますね。

SSDHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

GeForce RTX3060のグラフィック性能・ゲームスコア

GALLERIA XL7C-R36に搭載されているグラフィックはGeForce RTX3060です。4K動画編集にも対応できるほどのパフォーマンスを備えたグラボなので、クリエイターにとっては人気のラインだったりします。

FF15(重たいゲーム)のベンチマーク

ドスパラ,raytrek R5,ゲーム,性能,ベンチ,FF15,RTX2060

モデル 設定 結果
GALLERIA XL7C-R36
(RTX3060)
3840×2160(標準品質) 普通(4056)
1920×1080(標準品質) とても快適(10267)
raytrek 5R-CA(RTX3060) 3840×2160(標準品質) 普通(4433)
1920×1080(標準品質) とても快適(10672)
raytrek 5R(RTX2060) 3840×2160(標準品質) 普通(3128)
1920×1080(標準品質) 快適(8355)

FF15の4K標準品質で4000オーバーの結果を得られました。

従来モデルのRTX2060と比較すると、フルHDで約23%、4Kで約30%もスコアが伸びています。より高解像度で真価を発揮するようになっており、高負荷な作業が多い人にとっては魅力的だと思います。

RAW現像にかかる時間は?

現像に使ったソフトは無料ソフトのRawTherapeeで、JPEG品質は90%、高画質での変換です。このソフトはかなり重たいのですが、画像の読み込みも速く、編集を当ててストレスなく反映されるので快適に感じました。

150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「4分59秒」でした。

参考までに過去のテスト結果をご紹介します。

CPU A機 B機
Core i7-10875H 4分59秒(テスト機) 4分58秒
Core i7-9750H
5分44秒 5分35秒
Core i7-8750H 5分53秒 6分32秒
Core i7-8700 6分18秒 5分31秒

RAW現像でも確かな実力を発揮しており、GALLERIA XL7C-R36の汎用性の高さは目をみはるものがあります。

少し前の世代とは言え、デスクトップのCore i7-8700の処理速度を大きく上回っているのもポイントと言えそうです。もはやノートパソコン=非力という構図は成り立たなくなってきていますね。

数年パソコンを更新していない人なら時間短縮に一役買ってくれるでしょう。

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約4分49秒でした。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

動画編集も快適で、かなりこだわったレベルでの編集作業にも耐えてくれそうです。ただし高解像度のデータ処理をされる方は、メモリを32GB以上にすることをおすすめします。

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

ドスパラは翌日出荷に力をいれているので早いモデルは翌日出荷されます。記事執筆時点ですと、このモデルは「翌日出荷」となっていました。

注意

当日お昼前までに注文が確定した場合の目安になります。出荷日は必ず公式サイトでご確認ください。

公式サイト:https://www.dospara.co.jp


GALLERIA XL7C-R36のデメリット

・カスタマイズ性に乏しい
・CPU性能(マルチスレッド)がふるわない
・キー配列が独特

GALLERIA XL7C-R36はパフォーマンスが非常に高く、RAW現像や動画編集といった実作業でも安心して作業に没頭できる性能です。ただしベンチテストではマルチスレッドのスコアがふるわない点や、キー配列には注意が必要です。

GALERIA XL7C-R36はこんな人におすすめ

おすすめな人
  • モバイル環境で本格的な作業を行う人
  • 写真・動画編集を快適に行いたい人
  • 4K動画編集などこだわった作業もしたい人
  • ゲーミング性能を重視する人

ドスパラ,GALLERIA XL7C-R36,価格,比較,公式画像,
公式HP:https://www.dospara.co.jp

GALLERIA XL7C-R36の感想まとめ

GALLERIA XL7C-R36を使って様々なテストを行ってきました。

16万円台であることを考えると、非常にパフォーマンスは高く、確かなゲーミング性能は流石といった印象です。RAW現像や動画編集に転用できるスペックなので、幅広い用途で使える点も魅力的です。

ドスパラは国内生産ですし、万が一の時は実店舗なんかで相談もできるので安心感があります。他にも多数のパソコンを販売しているので、チェックしてみても良いかもしれません!

>>ドスパラのおすすめパソコンをもっと見る

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。