>> RAWCOM限定パソコン販売中

RTX2060搭載で映像処理能力を高めたDAIV-DGZ530S4-M2SH2レビュー!

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 レビュー

マウスコンピューター様よりクリエイター向けの「DAIV-DGZ530S4-M2SH2」をお借りしました。

Core i7-9700KとGeForce RTX2060の組み合わせで処理能力を高めてあり、RAW現像をはじめ、動画編集などのクリエイティブ用途としても使いやすい仕様になっています。もちろんゲームも快適に遊べます。

RTX2060はコストパフォーマンスの高さで人気が出てきていますし、実際に使ってみるとその性能の高さに感動しました。

静止画だけでなく映像的な処理も得意としている本機は、趣味でも仕事でも使えるパソコンに仕上がっていると感じました。それでは「DAIV-DGZ530S4-M2SH2を開封しながら、ベンチマークスコアをとってレビュー」していきます。

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV DGZ530シリーズの性能

DAIV DGZ530シリーズ 公式

マウスコンピューターのDAIV-DGZ530シリーズは、画像・動画・写真・イラストなどのクリエイティブ制作に向けてデザインされたデスクトップパソコンです。

これまでDAIVのデスクトップパソコンを何度も使ってきましたが、処理能力の高さを最優先にしながらも、安定した動作性や、冷却性能といった部分まで含めて非常に完成度の高いパソコンに仕上がっていると感じます。

まずはラインナップを確認してみましょう。

DAIV DGZ530のラインナップ

DAIVのデスクトップパソコンは10万円を切るような格安の物から50万円以上もする高価なモデルまでラインナップが豊富です。個人的に特徴的だな、おすすめだなと思うものをピックアップしてご紹介します。

型番

DGZ530E3-SH2-DGP

DGZ530S4-M2SH2

DGZ530S3-SH2-RAW

DGZ530U2-M2SH5

CPU Core i5-9400F Core i7-9700K Core i9-9900K
GPU GTX1050 RTX2060 RTX2070 RTX2080
メモリ 16GB 32GB
SSD 240GB 256GB NVMe対応 240GB 512GB NVMe対応
HDD 3TB 2TB 3TB
価格 129,800円(税別) 199,800円(税別) 239,800円(税別) 289,800円(税別)
公式HP 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

※表は記事執筆時の内容で、変更になる可能性があります。

DAIV DGZ530シリーズはCPUが一新されて第9世代になり処理能力がより高まりました。ちなみにどのモデルも筐体に差はなくドライブやカードリーダーの有無くらいです。DAIVのデスクトップパソコンは武骨なデザインでカッコ良いので飽きもこないでしょう。ビギナーからプロまで幅広い層から見ても選びやすいパソコンだと感じます。

今回テストしたのは、DAIV-DGZ530S4-M2SH2です。このモデル以外にも、SSDが2基搭載されているモデルや、メモリ容量を変更したモデルなども選べます。もちろんそれによって価格も変わってくるので予算に合わせて選らんでみてください。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2のスペック

テストで使ったモデルの詳細はこちらです。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-9700K
グラフィックス GeForce RTX 2060(6GB)
メモリ 16GB(最大64GB)
SSD 256GB NVMe対応
HDD 2TB
チップセット インテルZ390チップセット(ATX)
電源 700W【80PLUS BRONZE】
サイズ 190×490×490
重量 約 10.5kg

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

CPU Core i7-9700の性能

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 cpuz Core i7-9700K RTX2060

搭載されているCPUは第9世代の「Core i7-9700K」です。8コア8スレッドのCPUで、通常は3.6GHzで動作し、負荷がかかった時にはオーバーブーストで最大4.9GHzまでオーバークロックします。デスクトップパソコンのCPUの中でも最高峰の性能と言ってよいでしょう。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-9700K
17696 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
Core i7-8700 15171 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i5-9600K 14444 3.7GHz(4.6GHz) 6コア6スレッド 95W
Core i5-8400 11745 2.8GHz(4.0GHz) 6コア6スレッド 45W

Core i7-9700Kは、スコア的にはCore i7-8700の1~2割ほど高性能といった感じです。しかし実際に使ってみるとスコア差以上の快適さを感じます。両CPUを比較した記事も書いていますので参考にしてください。

・Intel「Core i7-9700K」「Core i7-8700K」比較!

CPU-Zによるベンチマークスコア

CPU-Zによるスコアは以下の通りです。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 cpuz Core i7-9700K

  シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-9700K 566.0 4326.4
Core i7-8700K 508.5 3811.7

Core i7-9700Kはシングルスレッド、マルチスレッド共に良いスコアをたたき出しています。RAW現像などのクリエイティブな作業は、CPU性能に依存しますので期待が持てるといってよいでしょう。

CINEBENCHによるベンチマークスコア

CINEBENCHによるスコアは1493でした。

  スコア
Core i7-9700K 1493
Core i7-8700K 1402

DAIVのパソコンは処理能力を発揮できるように設計されているのがウリの1つになっています。CPUの性能が良ければ快適というだけでなく、長く現役で使える可能性も高まりますので結果的に低コストで使える結果になることもよくあることです。

ストレージ性能

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 Cドライブ

Cドライブ

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 Dドライブ

Dドライブ

Cドライブは爆速のNVMe対応のSSDですので、DドライブのHDDと比較して、Readで10倍以上の差が出ています。パソコンの起動も一瞬ですし、使おうと思った時に使えるのはありがたく「瞬間の閃き」を形にする上でも欠かせません。クリエイターはデータのやりとりも必然的に多くなるのでSSDは必須です。

・SSDとHDDどちらを選ぶ?性能を比較してみた

「GeForce RTX2060」のグラフィック性能・ゲームスコア

DAIV-DGZ530S4-M2SH2に搭載されているグラフィックはGeForce RTX2060(6GB)です。

ゲーミングマシンではこれまでGTX1060あたりが人気でしたが、新技術に対応したRTX2060はそれに代わるモデルとして期待されています。性能的にはGTX1070と同等クラスとも言われているので、高画素フルサイズ機を使っているユーザーや、4K動画編集、重量級のゲームで遊ぶことを想定しているなら良い選択になるはずです。

CINEBENCHのベンチマーク

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 cinebench rtx2060

結果は142.57fpsでした。以前にテストしたGeForce GTX1080搭載のパソコンでも111fpsという結果が出たこともあるので性能をうまく引き出せています。

・「GTX1080」「Ryzen CPU」搭載のLITTLEGEARをレビュー!

FF15(重たいゲーム)のベンチマーク

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 FF15 RTX2060

4K解像度でも快適

標準品質 3840×2160 普通(3782)
標準品質 1920×1080 とても快適(10405)

GTX1060だとフルHDの解像度で5500前後のスコアだったので、RTX2060は倍近くの結果が出ていることに驚きます。4Kの解像度でも快適に遊べるのは良いニュースと言えるのではないでしょうか。

GeForce RTX2060は安いモデルなら4万円前後でも購入できるわけですが、この価格でこの性能ははっきりお得だと思います。これまでのGTX系のミドルクラスを使っている人なら買い替えを検討するのもありでしょう。

RAW現像にかかる時間は?

約150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「4分35秒」でした

現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee5.4」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。このソフトはかなり重たいのですが、画像の表示も速く、編集を当てても一瞬なので快適でした。

以前にCore i7-8700搭載機で6分18秒という結果でしたので2分近くの短縮というのはさすがとしか言えません。一度で何千枚もRAW現像をするユーザーなら恩恵は計り知れないでしょう。

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約4分46秒でした。データ容量は3.67GBです。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

ちなみに過去にテストした結果だとCore i5-8400だと4分53秒、Core i7-8700だと3分27秒でした。今回はちょっと時間がかかってしまっているので、どこか設定を間違えたのでしょうか・・・こうしたテストはタイミング次第で結果が左右するので仕方ないことでもありますが、複数回テストしても良かったなと感じます。

参考までに、同じDAIVのデスクトップパソコンでCore i7-9700K×RTX2070の組み合わせでは1分57秒でした。

・DAIV DGZ530シリーズレビュー!第9世代CPUとRTX2070の実力はいかに

×264 FHD BENCHMARKによるスコア

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 264

x264 FHD BENCHMARKでは「スコアが53.6」「エンコード時間が47秒」という結果になりました。参考までにCore i7-8700ですと「スコアが45前後」「エンコード時間は55秒前後」です。

パソコンはうるさい?静音性は?

今回はすぐ横の足元においてテストをしました。RAW現像やゲーム動作時などは、ややファンが回り音が発生していました。静音性の感じ方は人それぞれですが、個人的には気にならないレベルです。遠くで炊飯器が動いているくらいの音ですかね?(←わかりづらい笑)

出荷は遅い?どれくらいで到着するの?

パソコンがいつ手に入るか気になる人も多いでしょう。DAIVの出荷予定日は「注文が確定してから4~5日程で出荷」です。これはカスタマイズをした場合でも変わりませんでした。

注意

当日15時までに注文が確定した場合の目安で、土日祝は注文が確定されません。早く手元にパソコンが欲しい場合は注意しましょう。

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-DGZ530S4-M2SH2を開封!

運送用の段ボールは結構大きなサイズになっています。納品時は開封のためのスペースをあけて到着を楽しみにまちましょう。

付属品はシンプルで「電源ケーブル」と「納品書」「説明書」などです。

外観写真

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 外観写真

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 外観写真

DGZ-530シリーズの筐体は黒をベースとした武骨なデザイン。前面のメッシュ加工やハンドルなど、使い勝手とスタイリッシュさを兼ねそろえています。指紋や汚れも目立ちにくいです。10kgを超える重量ながらキャスターもついているので片手で移動させることもできます。設置だけでなくスタジオ内や家の中で場所を変えるのも楽です。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 外観写真

電源はボタン式ではなくダイヤル式なのが特徴的です。Type-AのUSB3.0ポートも全面に2個あり、やや傾斜がついていることで機器接続がしやすくなっています。

 

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 外観写真

キャスターつきで移動が簡単。電源は700Wで余裕があるので、後々パーツを追加したり交換したりといったカスタマイズにも対応ができます。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2のインターフェース

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 インターフェース

Type-Cが嬉しい

・HDMI×1、DisplayPort×2
・USB3.0×6 (背面×4、前面×2)
・USB3.1 Type-A×1、Type-C×1
・イーサネット×1(1000Base-T/100Base-TX/10Base-T対応(RJ-45))
・ヘッドフォン出力、マイク入力

内部写真

デスクトップパソコンなので内部構造が気になる人もいるでしょう。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 内部 中身

グラボ大きい

DAIVのデスクトップパソコンは、内部までこだわっており全てが黒で統一されています。マウスコンピューターの製造工場に見学に行った時に教えてもらいましたがマザーボードも特注しているそうです。

ストレージ拡張スロットにも空きがあるのでHDDを安価で購入して追加してもよさそうですね!メモリも最大で64GBまで増やせます。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 内部 中身

違う角度から

注意:キーボードやマウスは別途準備しよう

DAIV-DGZ530S4-M2SH2は、余計な付属品や装飾を減らすことで価格的なメリットを高めています。そのためマウスやキーボードは付属していませんでした。別途好みに合わせて準備しておく必要があるでしょう。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2 カスタマイズ

カスタマイズ画面でも注文可能

カードリーダーやドライブも付属していませんので注意してください。

DAIV-DGZ530S4-M2SH2はこんな人におすすめ

おすすめな人
  • 写真編集やRAW現像にも使えるパソコンが欲しい人
  • 重たいゲームも快適に遊びたい人
  • 最新のパーツで構成されたパソコンが欲しい人
  • 数年は現役で使えるパソコンが欲しい人
  • カスタマイズ性が高いパソコンが必要な人

DAIV-DGZ530S4-M2SH2の感想まとめ

DAIV-DGZ530S4-M2SH2を開封しながらスコアをとってきました。

高性能なCPUとグラフィックボードが搭載されているので、RAW現像、動画編集、ゲームなどあらゆる用途で快適に使えるパソコンに仕上がっています。

しばらく使わせてもらいましたがストレスのないパソコンがこれほど有難いものだとは思いませんでした。このまま返したくないくらい満足度の高いパソコンだったと思います。

マウスコンピューターは国内生産ですし、サポート体制や、アフターフォローも手厚いので万が一のトラブルの時にも誠心誠意対応してもらえるだろうという期待感がもてますから安心です。

>>GeForce RTX2060搭載のおすすめパソコンをもっと見る

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター/G-Tune