>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Ryzen 7 5800H搭載!RAW現像や写真編集におすすめのノートパソコンは?

Ryzen 7 5800H,おすすめ,ノートパソコン,性能,比較,ベンチマーク,mobile

パソコンパーツの中でも最も重要なのが「CPU」です。

写真編集RAW現像といった、クリエイター向けの作業はCPU負荷が高いのでできるだけ性能の良いパーツを選択しましょう。

今回はAMD CPUのRyzen 7 5800Hが搭載されたおすすめのノートパソコンを紹介していきたいと思います。もちろん性能面やベンチマークを行ってチェックしていきますので参考にしてください。

Ryzen 7 5800Hの性能・スコアは?

ここ最近では「Ryzen CPUが高性能だぞ」「コスパが良いぞ」なんて言われることが多く、シェア面でもIntelをかなり苦しめているRyzen。とは言え、これまではシングル性能がやや低めで、ゲームやクリエイト用途では十分に性能を発揮できない傾向もありました。

ところがRyzen 5000シリーズになって性能が大幅に進化!状況は逆転・・は言い過ぎかもしれませんが、ほとんどの用途でIntelと変わらないか、それ以上のパフォーマンスを見せるようになっています。

一体どこにそれほどの魅力があるのか?まずは簡単な比較表をご覧ください。

Ryzen CPU参考スコア(PASSMARK)

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 7 5800H 21724 3.2GHz(4.4GHz) 8コア16スレッド 45W
Ryzen 5 5600H 17681 3.3GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 45W
Ryzen 7 4800H 19292 2.9GHz(4.2GHz) 8コア16スレッド 45W
Ryzen 5 4600H 15022 2.9GHz(4.2GHz) 8コア16スレッド 45W
Core i7-11800H
21794 3.0GHz(4.0GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-10750H 12688 2.6GHz(5.0GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i7-10700K 19737 3.8GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 125W
注意

掲載されたスコアはPASS MARK社が開示しているデータであり、性能を約束するものではございません。

PASSMARKの公開データによると「Ryzen 7 5800Hが約21700」をマークしています。Ryzen 7 5800HとライバルのCore i7-11800Hを比較すると、ほぼ同等のスコアになっています。

このスコアを見る限り、ノートパソコン用のCPUではトップクラスのパフォーマンスを備えていることがわかります。一般的な用途はもちろん、高負荷なゲームやクリエイト用途でもしっかりと使っていける性能を発揮してくれます。

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

CPU-Z ベンチマークスコア

G-Tune E5-165,Ryzen 7 5800H,レビュー,CPU,Core i5-11400,性能,ブログ,

 CPU シングルスレッド マルチスレッド
Ryzen 7 5800H 580.7 5731.2
Ryzen 5 5600H 558.6 4256.8
Ryzen 7 4800H 521.9 5486.4
Core i7-11800H 621.3 5381.9
Core i7-10750H
535.1 3642.6
Core i7-11700
659.1 6127.0

シングルスレッドのスコアが580.7、マルチスレッドが5731.2となりました。

シングルスレッドではCore i7-11800Hに劣るところはありますが、マルチスレッドの高いスコアは魅力的です。

CINEBENCH R20 ベンチマークスコア

G-Tune E5-165,Ryzen 7 5800H,レビュー,CPU,R20,性能,ブログ,ベンチマーク

 CPU シングルスコア マルチコア
Ryzen 7 5800H 558 4691
Ryzen 5 5600H 528 3607
Ryzen 7 4800H 484 4303
Core i7-11800H 581 4162
Core i7-10750H
488 3190
Core i7-11700 592 3788

CINEBENCH R20によるスコアは、シングル558、マルチコア4691となりました。

デスクトップCPUのCore i7-11700と比較しても遜色ないスコアで、マルチコアに至っては勝利しています。ノート用CPUがデスクトップを超えてくるってすごいですよね!

RAWの一括変換にかかった時間を比較

RAWの一括変換にかかった時間を測定するために、一眼レフで撮影した150枚(5GB)の写真を現像します。

CPU 処理時間
Ryzen 7 5800H 4分42秒
Ryzen 5 5600H 4分23秒
Ryzen 7 4800H 5分38秒
Core i7-11800H 4分13秒
Core i7-10750H
5分10秒
Core i7-11700 4分16秒

RAW現像はシングル性能が生きる作業で、インテルCPUが比較的良好な結果を出しやすい作業でもあります。

なぜかRyzen 7 5800HがRyzen 5 5600Hよりも時間がかかってしまっていますが、Core i7-11800Hと比較してもそこまで大差をつけられているという印象はありません。

処理能力だけを見るなら「RAW現像目的だからRyzenは避けよう…」といった心配は無用なのかなと感じます。とくに趣味で写真を撮っている人、週末に撮り溜めたデータを編集するようなユーザーなら神経質になる必要はないと感じました。

動画のレンダリングにかかった時間を比較

一眼レフで撮影した5分間の4K動画のレンダリングにかかる時間を計測しました。使用した動画編集ソフトはResolveです。

CPU 処理時間
Ryzen 7 5800H×RTX3060 4分13秒
Ryzen 5 5600H×RTX3060 5分01秒
Core i7-11800H×RTX3060 4分49秒
Core i7-11800H×RTX3050 4分15秒
Core i7-11700×RTX3060 4分40秒

動画編集ならRyzenのマルチスコアの強さを活かせます。Ryzen 7 5800H×RTX3060の組み合わせで、デスクトップのCore i7-11700×RTX3060の組み合わせより30秒も速い処理時間です。

動画編集においてはCPUだけでなく、グラボの性能や、ストレージの転送速度、冷却性といった総合力が求められます。言わばそのモデルのクセだったり特徴が左右するということです。動画編集を目的としているなら、ネットのレビューを読み込んだほうが良いかもしれません。

Ryzen 7 5800Hがおすすめな人

こんな人におすすめ
  • デスクトップ並みの処理能力が欲しい人
  • 持ち歩けるPCが必要な人
  • 写真編集、動画編集などを専門に行う人
  • グラボの性能をしっかり引き出したい人

各テストの結果を見てもらってわかったように、Ryzen 7 5800Hは高い処理能力を持ったCPUです。外でデスクトップ並みの作業ができるというのは大きなメリットになるでしょう。

どちらかと言えば動画編集を得意としているので、動画クリエイター、ユーチューバーなんかにも向いていると思います。もちろんRAW現像やゲームなんかでもしっかり結果が出せます。

Ryzen 7 5800H搭載のおすすめPC

ドスパラ GALLERIA XL7R-R36

ドスパラ,GALLERIA RL5C-R35T,

CPU Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 512GB NVMe SSD

Ryzen 7 5800H×RTX3060の組み合わせで15万円台という圧倒的コスパのゲーミングノートです。価格が安いからといって処理能力が低い訳はなく、設定を落とさなくても最新ゲームを遊べます。リフレッシュレートが144Hzに対応しているのもポイント!


ASUS TUF Gaming A17 FA706QR

CPU Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3070
ストレージ 512GB NVMe SSD

ASUSの高コスパゲーミングノートで知られる「Tufシリーズ」の1台。17インチの大型モニターを採用し、デザインもシンプルです。RTX3070採用なのでワンランク上の世界観を体験できるのが魅力的!高くなりがちな17インチクラスで20万円を切っており、価格でも勝負できるモデルになっています。


G-Tune E5-165

マウスコンピューター,mouse,G-Tune E5,おすすめ,価格,比較,性能,スペック

CPU Ryzen 7 5800H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 3060
ストレージ 1TB NVMe SSD + 4TB HDD

今回のテストでは良好な結果を示したRyzen 7 5800Hが採用された限定モデルです。グラボの性能も高く、165Hzリフレッシュレートにも対応しているので滑らかな映像を楽しめます。また解像度もフルHDより高く、WQHDとなっているので作業性が抜群です。重量も約1.73kgと持ち歩きも楽ちん。とても完成度の高い1台に仕上がっています。

まとめ

・Ryzen 7 5800Hはデスクトップ並みの処理を実現!
・インテルにも決して負けていない!

Ryzen 7 5800Hは、ノートパソコンとは思えないほどの処理能力を有しています。きっと数年前のパソコンを使っている人なら、あまりの進化に驚くと思います。

少しでもお安く手に入れたいなら「BTOパソコンショップのキャンペーン・セール情報まとめ」というページも参考にしてください。他のRyzen CPU(Ryzen 5 3600など)が気になる方はこちらもどうぞ。>「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】