>> RAWCOM限定パソコン販売中!

Ryzen 7 3800X(XT)搭載!RAW現像や写真編集におすすめのパソコンは?

Ryzen 7 3800XT 写真編集 パソコン おすすめ

パソコンパーツの中でも最も重要なのが「CPU」です。

写真編集RAW現像といった、クリエイター向けの作業はCPU負荷が高いのでできるだけ性能の良いパーツを選択しましょう。

今回はAMD製第3世代CPUのRyzen 7 3800X(XT)が搭載されたおすすめのパソコンを紹介していきたいと思います。もちろん性能面にもしっかり目を向けていきますので参考にしてください。

マウスコンピューター/G-Tune

Ryzen 7 3800X(XT)の性能・スコアは?

これまでは「CPUと言えばIntel」という時代が続いていましたが、ここにきてRyzenの逆襲が止まらない状況になってきています。Ryzen CPUはパフォーマンスの高さと価格の安さ、つまりコスパを武器にシェアを確実に伸ばしています。

僕がおすすめさせてもらっている「マウスコンピューター」「ドスパラ」「フロンティア」「パソコン工房」と言ったBTOショップでの取り扱いがどんどん増えている状況からもユーザーから求められていることが伝わってきます。

もはやインテル一強の時代ではなくなっていることは明確ですし、僕もRyzenに魅力を感じ自作PCのパーツの入れ替えを行ったくらいです。

Ryzen CPUのスコア(性能)

まずは簡単な比較表をご覧ください。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Ryzen 7 3800XT 23954 3.9GHz(4.7GHz) 8コア16スレッド 105W
Ryzen 7 3700X
22742 3.7GHz(4.3GHz) 8コア16スレッド 65W
Ryzen 5 3600 17825 3.6GHz(4.2GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i9-9900K
18894 3.6GHz(5.0GHz) 8コア16スレッド 95W
Core i7-10700K
19737 3.8GHz(5.1GHz) 8コア16スレッド 125W
Core i7-9700K 14650 3.6GHz(4.9GHz) 8コア8スレッド 95W
注意

掲載されたスコアはPASS MARK社が開示しているデータであり、性能を約束するものではございません。

Ryzen 7 3800XTは、従来モデルのRyzen 7 3700Xと比較すると約5-10%ほど性能が向上しているようです。

これだけを見ると物足りない印象かもしれないですし、買い換えるまでもないと思うかもしれません。しかしIntelのCore i9-9900Kよりも高いスコアを見せていることに注目してください。電力消費( TDP)で優れるRyzen 7 3700XTのほうがCore i9よりも約25%もスコアが上なのです。

第2世代Ryzenや第8世代以前のマシンを使っている人なら、買い替えを検討する余地は十分にあるという訳です。

RAW現像の時間を比較

いくら数値で良いと言っても実際に動かしてみないと実力はわかりません。そこで、一眼レフで撮影したRAWデータ150枚をJPEGに変換する時間を計測してみました。

CPU A機 B機
Core i9-9900K 3分19秒
Core i7-9700K 4分56秒 4分35秒
Ryzen 7 3800XT
Ryzen 7 3700X
4分58秒
Ryzen 5 3600 5分39秒

Ryzen 7 3800XTをまだ試せていない関係で処理時間は掲載できていませんが、機会があれば試したいと思います。

RAW現像は1コアあたりの性能に依存する傾向が強く、インテルCPUが得意とする分野という印象があります。実際にRAW現像を試すとスコアで大幅に上回っていたCore i9に大きく差をあけられ、Core i7に並ばれる結果となっています。

インテルCPUを搭載したモデルのほうがコストがかかる傾向にはありますので、性能面と天秤にかけながら冷静に見極める必要がありそうです。

RAW現像を主とした目的でPCを購入するなら、Ryzen搭載機でよほど価格面で見せてもらわないと難しいかもしれません。

動画編集の時間を比較

CPU A機
Ryzen 7 3800XT
Ryzen 7 3700X
3分33秒
Ryzen 5 3600 3分47秒
Core i9-9900K 3分58秒
Core i7-9700K 4分46秒

動画のレンダリングは、コア数が多いRyzenの得意とするところです。Ryzen 7 3700XでさえCore i9-9900Kよりも短い時間で処理を完了します。

Ryzen 7 3800XTならば3分30秒を切ってくる可能性が高く、動画編集を主としたパソコン選びをされるなら良い選択になりそうな気がします。

Ryzen 7 3800XTがおすすめな人

こんな人におすすめ
  • 高性能なPCを安く手に入れたい人
  • 最新CPUが搭載されたパソコンが欲しい人
  • 動画編集を楽しみたい人
  • コスパを追求したい人

Ryzen 7 3800XTは非常に優秀なCPUですが、より性能を求めるならRyzen 9などの道も残されています!

Ryzen搭載のおすすめパソコン

Ryzen 7 3800X(XT)搭載のおすすめPC

DAIV A7

daiv dgz520

CPU Ryzen 7 3800XT
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060
ストレージ 512GB NVMe SSD + 2TB HDD

マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV A7」です。Ryzen 7 3800XT×RTX2060 SUPERの組み合わせは人気の構成。高解像の動画編集にも対応できるパフォーマンスを備えています。メモリを増やして使うのもおすすめ!


パソコン工房 LEVEL-R0X6-R73X-VWX

パソコン工房 LEVEL

CPU Ryzen 7 3800XT
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2080 SUPER
ストレージ 500GB NVMe M.2 SSD

グラフィックにRTX2080SUPERを搭載しており描画性能はトップクラスのデスクトップです。動画編集やゲームに強みをみせ価格も税別20万円代と安めだと感じます。赤の差し色がかっこいいデスクトップPCです。


ASUS ROG Strix G15

ROG Strix G15,ASUS

CPU Ryzen 7 3800X
メモリ 32GB
グラボ GeForce RTX 2070 SUPER
ストレージ 512GB SSD + 2TB HDD

ASUSのゲーミングブランドROG Strix G15です。クリアなサイドパネルとLED装飾が美しいモデルで所有する喜びを演出。パフォーマンス面にも不満はなく長く使えるモデルになっていると思います。


フロンティア GAシリーズ(カスタム)

フロンティア GAシリーズ

CPU Ryzen 7 3800XT
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX1650 SUPER
ストレージ 500GB NVMe SSD + 1TB HDD

フロンティアのGAシリーズならカスタマイズでRyzen 7 3800XTが選べます。他のモデルよりもグラフィックをおさえることで価格も税別15万円を切ることが可能。フロンティアはセールも頻繁に開催しているのでぜひチェックしてください。


まとめ

・Ryzenはコスパ最高!
・インテルCPUの上位クラスに匹敵する性能!

Ryzen 7 3800XTは高いパフォーマンスとコスパが魅力のCPUです。搭載されているパソコンもラインナップが豊富で、ニーズに合わせてグラフィックを選ぶのがおすすめです。

少しでもお安く手に入れたいなら「BTOパソコンショップのキャンペーン・セール情報まとめ」というページも参考にしてください。

他のRyzen CPUが気になる方はこちらの記事もどうぞ。>「Ryzen」搭載のおすすめパソコンをチェックする

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由

おすすめ記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】