>> RAWCOM限定パソコン販売中!

DAIV-NG5720S1-SH2実機レビュー!RAW現像や写真・動画編集におすすめの優等生ノートPC

DAIV-NG5720S1-SH2 レビュー

マウスコンピューターがクリエイターに向けて販売している「DAIV」!写真編集や動画編集に使いたいと注目している人も多いモデルです。

今回はCPUにはCore i7-7700HQ、グラフィックはGTX1060という人気のある構成が魅力のノートパソコンをお借りしました。

それではDAIV-NG5720S1-SH2を開封しながら、ベンチマークスコアをとりながらレビューしていきます。

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-NG5720S1-SH2の性能

DAIV-NG5720S3-SH5 公式

DAIVは高性能なパソコンを提供している、マウスコンピューターのクリエイター向けブランドです。日本の会社さんですから、サポートや品質にも定評があります。

そんなDAIVのノートパソコンでも最も人気があるのが15インチクラスです。他社との競争も激しいミドルクラスということもあって、かなりコスパの良い構成に仕上げて勝負しているなという印象があります。

グラフィックにGTX1060を搭載していながら¥119,800~という価格帯で、CPUはCorei7-7700HQ、液晶パネルが広色域(sRGB比95%)ですから、かなりお買い得なパソコンでしょう。

DAIV-NG5720S3-SH5 CPUZ

DAIV-NG5720S1-SH2のスペック表

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i7-7700HQ
グラフィックス GeForce GTX 1060(3GB)
メモリ 16GB(最大64GB)
SSD 512GB SATA
HDD 1TB
チップセット モバイル インテル HM175 チップセット
液晶 15.6型 フルHDノングレア
サイズ 385×271×31.5
重量 約 2.8kg

パーツの話がピンとこない方は、下記の参考記事をご覧ください。基本的なことが理解してもらえるはずです。

CPU「 Core i7-7700HQ」の性能

搭載されているCPUは第7世代の「Core i7-7700HQ」です。4コア8スレッドのCPUで効率的に処理をしてくれます。

名称 スコア クロック(OB) コア(スレッド)数 TDP
Core i7-8700 15171 3.2GHz(4.6GHz) 6コア12スレッド 65W
Core i7-8750H 12573 2.2GHz(4.1GHz) 6コア12スレッド 45W
Core i5-8400 11745 2.8GHz(4.0GHz) 6コア6スレッド 45W
Core i7-7700HQ 8979 2.8GHz(3.8GHz) 4コア8スレッド 45W

さすがに第8世代CPUには見劣りするものの、RAW現像や、動画編集だって充分にこなすことができます。そういう意味ではよほどこだわりが強くない限り不満は出ないでしょう。むしろNG5720シリーズのようにコスパの良いパソコンが見つかることもあります。逆にCore i7-7700HQでも新世代並みの高い価格で売られている場合もあるので注意が必要です。

CPU-Zによるベンチマークスコア

CPU-Zによるスコアは以下の通りです。

DAIV-NG5720S3-SH5 CPUZ ベンチ

  シングルスレッド マルチスレッド
Core i7-7700HQ 396.1 1976.6
別PC(SENSE) 353.1 1945.8
Core i7-8750H 456.9 3354.3

性能が良いことで知られる第8世代CPUと比較すると、少し差をあけられてしまっています。その代わり別のCorei7-7700HQを搭載したノートパソコン(パソコン工房のSENSE)でテストした時よりも結果が良くなっています。DAIVはうまく性能を引き出せている感じですね。

CINEBENCHによるベンチマークスコア

DAIV-NG5720S3-SH5 CHNEBENCH CPU

CINEBENCHによるスコアは「723」となりました。最近のCPUでは1000を超えるのが当たり前になってきているので、正直物足りない印象は受けてしまいます。CPUの性能を重視するなら同じDAIVでもデスクトップのCPUを搭載した「NG5500シリーズ」がおすすめです。⇒DAIV NG5500シリーズのレビューはこちら

 

ちなみに先ほど比較で登場したパソコン工房のSENSEでの結果は「687」です。テストの結果ではDAIVのほうが良好な結果を出しているのが印象的です。⇒Core i7-7700HQ搭載!パソコン工房のSENSEのレビュー

 

ストレージ性能

メインストレージはSSDが搭載されています。DライブのHDDと比較すると読み込みや書き込みが早いのがわかります。よく使うソフトやデータは高速なSSDに入れて使い、写真などの保存用のデータは1TBのHDDに入れて使いましょう。

Cドライブ(512GB SSD SATA)のスコア

DAIV-NG5720S3-SH5 Cドライブ

CドライブはSATA接続のSSDとしては標準的な速度です。より快適さを求めるなら読み込みで3000MB/Sを超えるNVMe M.2 SSDにカスタマイズがおすすめですね。

Dドライブ(1TB HDD)のスコア

DAIV-NG5720S3-SH5 Dドライブ

転送速度はHDDですからこれくらいでしょう。むしろ少し遅いくらいかもしれません・・・とは言えHDDは速くても200MB/s程度ですので、速度を求めるものではないでしょう。

「GeForce GTX1060」のグラフィック性能・ゲームスコア

DAIV-NG5720S1-SH2に搭載されているグラフィックは「GeForce GTX1060」です。性能と費用的なバランスが良いということで非常に人気のあるパーツですね。

ベンチマークテストを見てみましょう。

CINEBENCHのベンチマーク

DAIV-NG5720S3-SH5 CHNEBENCH GPU

結果は88.02fpsでした。GeForce GTX1060(3GB)搭載ということで、もう少し良い結果が出そうな気がしていたのですが・・・少し残念な結果になっていしまいました。とは言え、ベンチが全てではありません!この後には実際に動画編集やRAW現像もテストしますので期待しましょう。

重たいゲーム代表!FF15のベンチマーク

DAIV-NG5720S1-SH2 FF15

軽量品質 3840×2160 普通(3115)
標準品質 1920×1080 快適(6255)

パソコンでゲームを遊びたい人も多いと思いますが、GTX1060を搭載したDAIV-NG5720S1-SH2なら4Kの解像度でも普通に遊べるという結果になっています。FF15は重たいゲームですが少し設定を落としてやることで快適までもっていくことも可能です。

GTX1060の本領発揮といったところでしょう!外出先でゲームを遊ぶなんてことも可能ですね!

RAW現像にかかる時間は?

約150枚(5GB)のRAWデータを一括変換した時にかかった時間は「7分34秒」でした

現像に使ったソフトは無料ソフトの「RawTherapee5.4」で、JPEG品質は90%、高画質での変換です。

CPUの性能やスコアを考えた場合、想像どおりといった感じで、処理の速さは遅くも早くもありません。大量のデータを頻繁に扱わないのであれば全く問題はないはずです。ただしデスクトップや、新世代のCPUのほうが当然処理が速く終わります。毎日大量のRAW現像をする人ならその差は重くのしかかってくるはずなので、CPUの性能にはこだわりましょう。

・デスクトップ用CPU搭載のDAIV-NG5500シリーズ

動画の書き出しにかかる時間は?

使用した動画編集ソフトはDAIVが推奨パソコンを販売しているResolveです。

4K動画(24P)約5分間の映像のレンダリングにかかった時間は、約6分44秒でした。データ容量は3.67GBです。

書き出しの条件は以下の通りです。

レンダー設定

・フォーマットはMP4
・コーデックはH.264
・解像度は3840×2160
・フレームレートは24
・品質は最高品質

やはりここでも処理に時間がかかっている印象です。第8世代のCore i7-8750H×GTX1050でも5分34秒ですから、CPUがボトルネックになっている感じがしますね。

×264 FHD BENCHMARKによるスコア

DAIV-NG5720S1-SH2 264

x264 FHD BENCHMARKでは「スコアが24.9」「エンコード時間が1分40秒」という結果になりました。

DAIVの出荷日は?

パソコンがいつ手に入るか気になる人も多いでしょう。DAIVの出荷予定日は「注文が確定してから4~5日程で出荷」です。これはカスタマイズをした場合でも変わりませんでした。

注意

当日15時までに注文が確定した場合の目安で、土日祝は注文が確定されません。早く手元にパソコンが欲しい場合は注意しましょう。

マウスコンピューター/G-Tune

DAIV-NG5720S1-SH2を開封!

それでは届いたパソコンを開封していきたいと思います。

DAIV-NG5720S1-SH2 開封

 

▼化粧箱はなく直接パソコンがダイヴしています

DAIV-NG5720S1-SH2 開封

 

付属品はシンプルで有線の「サポートマニュアル」「保証書」「バッテリー」「電源ケーブル」などなどです。U-NEXTのお試しチケットも同梱されていました。

DAIV-NG5720S1-SH2 付属品

相変わらずACアダプターが大きいのですが、安定した電力を供給することでパソコンが本来の力を発揮するのは事実ですから仕方ないのかもしれません。(でもいつか小さくしてね)

DAIV-NG5720S1-SH2の外観写真

DAIV-NG5720S1-SH2 外観

外観は金属を思わせるデザインで、スタイリッシュです。パソコンを使ったのは11月ですが、手に取るとヒンヤリとして、どこか高級感を感じます。

パネル部も薄く、スタイリッシュでかっこいいと思いました。筐体全体を見ても薄めに作られているのでモバイル性はかなり良さそうです。(ACアダプター除く)

 

DAIV-NG5720S1-SH2 外観

サラサラのタッチパッドと指紋認証。手を置く場所も金属調でカッコいいのですが、指紋は目立ちます。

DAIVのインターフェース

DAIV_NG5720 インターフェース

・mini DisplayPort×2
・HDMI×1
・USB3.1×2(Type-C 右側面×2)
・USB3.0×3(背面×1、左側面 ×1、右側面×1)
・マルチカードリーダー
・他

sRGB比95%対応ディスプレイがきれい!

DAIV_NG5720 RGB診断書

NG5720シリーズの良いところはスタイリッシュなデザインと、性能が優等生なところですが液晶ディスプレイも忘れてはいけません。色域の広いsRGB比95%パネルを採用しているので、写真や動画本来の色に近い表示が可能になっています。

安いノートパソコンにありがちな「なんだか青白い」「色が薄く感じる」「チカチカする」といった印象は全く受けません。

色域の広いディスプレイを別で用意しようと思うと数万円しますから、それが最初から搭載されているDAIV-NG5720S1-SH2は素直にすごいと思います。

DAIV-NG5720シリーズはこんな人におすすめ

おすすめな人
  • 万能感のあるノートパソコンが欲しい人
  • RAW現像に使いたい人
  • ゲームをそこそこの設定で遊びたい人
  • コスパの良いノートパソコンが欲しい人
  • 人気のGTX1060搭載パソコンが欲しい人
  • 広色域ディスプレイが必須の人

DAIV_NG5720 公式

DAIV NG5720シリーズの感想まとめ

DAIV-NG5720S1-SH2」を開封しながらスコアをとってきましたが、いかがでしたか?このパソコンを例えるなら「全てが70点のパソコン」なんだと思います。言い方を変えれば、そこそこ何でもできちゃう優等生パソコンです。

CPUの処理能力は旧世代ということもあり、若干見劣りするのは事実です。動画編集のタイムが優秀ということもありません。だけどちゃんと編集できちゃうんですよね。

高いパソコンを買えば処理能力問題は解決しますが、どうしても金銭的問題がついてまわります。CPUだけにこだわれば、今度は動画編集やゲームに支障をきたす可能性もあります。でもやりたいことができなければ意味はないですよね・・・その点、完璧ではないけどなんでもできるNG5720が光ってきます。

何でもできて、液晶ディスプレイも良い、しかもそこそこ値ごろ、と思えばパーフェクトにも見えてくるので不思議なものです。すべてを天秤にかければ本当にバランスの良いノートパソコンです!

ちなみにDAIVを展開しているマウスコンピューターは評判の良いBTOパソコンメーカーですし、アフターサービスもばっちりです!DAIVの口コミや評判

当ブログは予算や目的、パーツなどからパソコンが選べるようになっております。ぜひトップページからお気に入りの1台を見つけてください。

マウスコンピューター期間限定セール
マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由