>> RAWCOM限定パソコン販売中

動画編集に必要なスペックは?YouTubeにも使えるおすすめのパソコン

動画編集用にパソコンを新調したい!サクサク編集できるパソコンを教えて欲しい!

今回はそんな人に「動画編集におすすめのパソコンと必要なスペック」を解説したいと思います。動画編集にはそれなりの性能が必要ですが、無理をして購入したところでオーバースペックになってしまいます。

パソコンは高い買い物なので、後悔がないように慎重に決断をしてくださいね。

動画編集に必要なスペック

今回紹介するパソコンの用途は、ユーチューブなどの動画共有サイト向けの動画を作成したいという人、これから一眼動画を始めてみようかな?という人向けです。動画編集でもライトな層という言い方もできるかもしれません。

動画編集ができるパソコンなら、RAW現像や写真編集も快適ですしゲームも遊べます。多用途に使えるパソコンを持っておくのは、自分が成長した時にも対応できるということでもあります。

そんなあなたにおすすめしたいスペックは以下の通りです。

おすすめのスペック
  • CPUはCore i7
  • メモリは16GB以上
  • グラボはGTX1060以上
  • ストレージはSSD + HDD

ちなみに扱いたい動画が4Kということであれば、より高性能なパソコンをおすすめします。→4K動画編集におすすめのパソコン

CPUはCore i7がおすすめ

CPUの選び方

CPUはパソコンの処理能力の中枢ですので、高性能なパーツを選ぶにこしたことはありません。

一般的に普及しているインテル製のCPUですと、Core i7-8700といった名称がついています。Core i〇 にはCore i7やCore i5といった製品があり、基本的には数字が大きいほどグレードの高いCPUになっています。下四桁の最初の数字は年代を意味しています。

Core i7 8700
i3<i5<i7<i9 の順番でグレードがUP。動画編集にはCore i7がおすすめ! 第8世代のCPUを意味している。基本的に世代が新しいほど高性能。

YouTubeなどの動画サービスは1080pのフルHDあたりが主流だと感じます。もちろん4Kなどの高画質な動画もありますが、動画の容量が重く視聴環境によっては快適とは言えないからです。ですので選ぶべきスペックは、フルHD以上の動画編集が快適に行えるCPUになります。

フルHDの動画編集なら第8世代のCore i5-8400あたりを最低限のラインとして選びましょう。とは言え、デジタルデータもどんどん大容量になってきていますし、このジャンルの成長はとても速いです。性能に余裕を持たせることで動画編集も快適になりますし、長い目で見て後悔をなくすためにも「Core i7」搭載パソコン一択!です。Core i5だと速い段階で物足りなくなるでしょう。

逆に選んではいけないのは、CereronやPentiumという名称がついているCPUです。Core i3も高性能にはなってきていますが、僕なら除外して考えますし友人が購入しようとしていたらきっと止めると思います。

CPUの種類はたくさんあるので、別記事で性能別にまとめていますので参考にしてください。

>>CPUの性能比較スコア一覧

メモリは16GB以上でサクサク編集

メモリ デュアルチャンネル

メモリはCPUの指令を伝える伝達する働きをするので、大いにこしたことはありません。たくさんの荷物を運ぶなら人が多いほうが良いのと同じです。容量が不足しているばかりにソフトが快適に動かなかったり、途中で止まってしまったら苦労が水の泡です。

動画編集ソフトを使っての高度な編集や、文字や効果を多数入れるのであれば最低でも16GB以上のメモリが搭載されているパソコンを選びましょう。希望にあう製品がなければカスタマイズしてしまうのも手です。

メモリ容量 用途や目的
8GB ゲーミングモデルに採用されていることが多い。動画編集などのクリエイティブ作業においては最低限のライン。
16GB 動画編集目的なら16GBがスタートライン。YouTube向けの動画コンテンツ作成ならここがおすすめ。
32GB~ 4K解像度や、日常的に動画編集をするような人は32GB以上がおすすめ!

メモリは後から増設すると相性問題が発生することもあるので、購入時に増やしておくのがおすすめです。

グラボはGTX1060以上を推奨

ビデオボード

グラフィックボードは、動画の表示を滑らかにしたり、動画の処理をスムーズにしてくれる働きをしてくれます。貧弱なグラボだとプレビューでさえ、画像表示が追いつかなかったり、止まってしまうことも考えられます。

動画編集ソフトによっては対応していない物もあるので、注意が必要です。使いたい動画編集ソフトの推奨スペックを必ず確認するようにしましょう。せっかく高いソフトを購入してもスペック不足で動かないといったことがないようにしましょう。

個人的にはGeforce GTX1060あたりを選べば、一般向けの用途としては足りると思います。ワンランク下のGTX1050では物足りないと感じる人が多いでしょう。

・GeForce GTX1060搭載のおすすめデスクトップPC
GeForce GTX1060搭載のおすすめノートPC

グラフィックボードもCPUと同じようにたくさんの種類があります。性能別の記事も用意しているので参考にしてください。

>>グラフィックボードの性能比較スコア一覧

ストレージはSSD+HDDのデュアルストレージ構成に!

意外と見落としがちなのがSSDやHDDと呼ばれるストレージです。

大量のデータを扱う動画編集では、データの移行の速度も重要になります。メインのストレージがSSDになっていれば、パソコンがサクサク動いてくれます。特に爆速のNVMe M.2 SSDがおすすめです。

HDDとSSDの速度比較【参考】>>HDDとSSDの選び方(速度比較)

HDDの速度を100とした場合に、一般的なSSDなら500となり5倍程度高速です。この時点で快適性には雲泥の差が出ます。一度使ったら二度とHDDの速度には戻れないでしょう。高性能なSSDを選ぶと出費が大きくなるのは事実ですが、購入後もずっと速度には差が出続けてしまいますので無理をしてでもSSDに投資はしたほうが良いというのが持論です。

常時扱うソフトやすぐに処理したいデータはSSDに入れて、保管用にHDDを選ぶのがスマートです。

余裕があればディスプレイにもこだわろう!

余談ですが、予算が許すのであれば液晶ディスプレイにもこだわったほうが良いでしょう。色再現に優れたディスプレイは正確な編集に不可欠ですし、4Kに対応したモデルなら作業スペースも確保できます。

小さな画面で編集していると気づかないことや、見落としてしまうことも多くなってしまいます。せっかく見てもらうための動画を作るなら、美しい色を忠実に再現できるディスプレイで作業をした方が良いです。いつかは必要になるので頭の片隅にでもおいておいてください。

ユーチューバー「はじめしゃちょー」推奨パソコン

はじめしゃちょー コラボパソコン

厳密には推奨ではなくコラボモデルになるのですが、はじめしゃちょーが推奨している性能を垣間見ることができます。ガンガン動画を作っている人が推すスペックなら安心感がありますよね。

価格は¥179,800(税別)で限定10台の抽選販売。そしてはからずともこの記事で推奨しているスペックと同等でした。

はじめしゃちょー コラボパソコン

動画編集にはデスクトップかノートパソコンか?

動画編集は高いスペックを求められるので、比較的性能が高いデスクトップパソコンを選ぶほうが無難と言えます。仮に性能不足を感じた時に、パーツを交換して処理能力を高めるカスタマイズ性が高いという点もメリットでしょう。

逆にノートパソコンは場所を選ばずに作業ができるのが最大の特徴です。デスクトップパソコンに比べて軽量で小型になので、省スペースで作業環境を構築できます。その分、性能が犠牲になったり、内部冷却性に課題を抱えてしまいます。

デスクトップ ノートパソコン
メリット ・高性能なPCが多い
・ノートPCと同性能なら安価
・カスタマイズ性が高い
・内部冷却性が良い
・持ち運びが可能
・限られたスペースに設置可能
・電源不要で動作可能
デメリット ・持ち運びができない
・ディスプレイが別途必要
・設置スペースが必要
・処理能力がやや落ちる
・性能を求めると価格が上がる
・画面が小さい

ユーザーの生活スタイルに左右する部分が多いので選択はその人次第になりますが、単純に性能だけを追うのであればデスクトップパソコンがおすすめです。

それではおすすめのパソコンをご紹介していきます。

デスクトップのおすすめPC

DAIV-DGZ530S3-SH2-VR

daiv dgz500

CPU Core i7-8700
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060 (6GB)
ストレージ 240GB SSD + 2TB HDD

マウスコンピューターのクリエイターモデル「DAIV」の人気モデルが一押しです。動画編集に必要なスペックを網羅しているので、デジタルデータを快適に処理してくれます。カスタマイズの必要もなく動画編集に必要なスペックを備えており届いたらすぐに使えるところもポイントです。


フロンティア GAシリーズ

フロンティア GAシリーズ 写真

CPU Core i7-9700K
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2070(8GB)
ストレージ 480GB SSD + 2TB HDD

高性能な第9世代Core i7-9700Kと、RTX2070搭載で処理能力を高めたモデルです。しっかりSSDも搭載されていますし、この性能なら20万円くらいしてもおかしくないのですが確認時は税別で15万円台でした。フロンティアは頻繁にセールを行っており、価格やパーツが変更される可能性があるので要確認です。売り切れていても定期的に確認すれば在庫が追加されることもありますよ!


ドスパラ ガレリア DJ キャンペーンモデル

ドスパラ ガレリア

CPU Core i5-9400F
メモリ 16GB
グラボ GeForce GTX 1660(6GB)
ストレージ 240GB SSD + 1TB HDD

ドスパラの人気モデルである、ガレリア DJ C4 LAN 2019 SPRING 出展記念モデルです。CPUはCore i5ですのでライトな動画編集向けになりますが、価格は税別で10万円を切っており激安です。キャンペーンモデルですのでいつまで販売されるかわからないのがネックですが、ホームページを確認してみても損はないでしょう。


パソコン工房 SENSE-R037-i7K-QZR

パソコン工房 SENSE

CPU Core i7-8700K
メモリ 16GB
グラボ Quadro P2000 (5GB)
ストレージ 120GB SSD + 2TB HDD

こちらはCPUにCore i7-8700Kが搭載されている、ハイスペックなパソコンです。メモリも多いので動画編集にガンガン使っていけますし、グラボには10bitのカラー出力に対応したQuadroが搭載されています。よりプロフェッショナルな環境を求める人におすすめです。


動画編集におすすめのノートPC

DAIV-NG5800M1-S5

daiv_ng5800 写真

CPU Core i7-8750H
メモリ 16GB
グラボ GeForce RTX 2060 (6GB)
ストレージ 480GB SSD

sRGB比換算 約102%相当する広色域に対応するディスプレイを搭載し、忠実な色で編集が可能です。狭額縁の採用により15.6型ですが14型相当のコンパクト化に成功しています。さらに新世代のRTXシリーズのグラフィックボード搭載で映像処理能力も高くなっています。ノートにも処理能力を求めたい人にはピッタリのモデルと言えるでしょう。


DAIV-NG7700S1-M2S5

daiv_ng7800 写真

CPU Core i7-8750H
メモリ 32GB
グラボ GeForce GTX 1070 (8GB)
ストレージ 240GB M.2 SSD + 1TB HDD

4K-UHD+AdobeRGB比100%を達成した17.3型のディスプレイ搭載モデルです。扱うデータが4Kなら、このクラスのパソコンを使う方が無難です。決して小さくはないパソコンですが、デスクトップ並の性能を持ち歩けると考えれば相当なメリットになります。


ドスパラ ガレリア GCF1060NF

CPU Core i7-8750H
メモリ 8GB
グラボ GeForce GTX 1060 (6GB)
ストレージ 250GB SSD + 1TB HDD

CPUには6コアになった「Core i7-8750H」が搭載、SSDもM.2対応で爆速です。17.3インチの液晶ディスプレイはフルHDですが、リフレッシュレート120Hzでとても滑らかに動画を見ることができます。動画編集をがっつりやるならメモリは16GBにするのがおすすめです。15.6型の「ガレリア GCF1060GF」もあります。


まとめ

・動画編集に必要なスペックをおさえて賢い選択をしよう!
・ハイスペックなパソコンは多用途で使えて、長寿命!
・4K動画編集ならより高性能なパソコンを選ぼう!

いかがでしたか?動画編集に必要なスペックをおさえることはできましたか?

動画編集はパソコンにとって負荷のかかる作業ですし、高性能なパソコンが必要になるのはお分りいただけたかと思います。性能に妥協してしまうと、製品寿命が短くなってしまったり、本来やりたかったことができない、というリスクも招きます。決して安い買い物ではないので、慎重に検討してください。

当ブログは予算や目的、パーツなどからおすすめのパソコンが選べるような作りになっております。ぜひトップページからお気に入りのパソコンを探してみてください。

関連記事

RAW現像・写真編集のパソコンに必要なスペックと選び方 ゆうやけ RAW現像・写真編集におすすめのデスクトップパソコン しずく RAW現像・写真編集におすすめのノートパソコン!選び方やおすすめモデルを徹底解説 ビデオボード 写真編集におすすめのグラボの選び方!デスクトップ・ノートPC別にベンチマーク(性能)をまとめました BTOパソコン買うなら実店舗とネットショップどっちがおすすめ? sale BTOパソコンショップのセールやキャンペーン情報!【随時更新】